あまった香水は・・・

←戻る TOPへ

 せっかく買ったはいいけれど、ちょっと大きなボトル買いすぎて使い切れないことってよくありませんか?
 そのまま使わないで保存していても、どんどん香が劣化して変わっていってしまうだけです。
 香水は惜しみなく自分のために使っていきましょう♪

1、ルームフレグランスにする。

 わりと知られている手ですが、お気に入りの香水を薄めてルームフレングランスにする方法があります。
 やり方は簡単で、お気に入りの香水をアルコールで薄めてあげてスプレーに詰めればあっというまにできあがりです。家具とかに直接掛からないようにしてあげてください。
 でもこの方法は、いつも自分の香を決めている人はいいかもしれないけど、結構Sabosaboみたいに香をチョクチョク変える人は、どうしても匂いが混ざってしまったりするのであまりむかないかも・・・。
 でも、急に人がきた時とかは一瞬で部屋の匂いを変えられるので便利です。
 ちなみにSabosaboはアルコールで薄めるのがめんどいので、水で薄めて使ってしまいます。それでも結構普通に使えますよー(日持ちとかはしなさそうだけど)

2、洗濯機に入れてみる。

 これは他の人から教えてもらったんですけど、自分の香を決めている人に特にお勧めです。
 洗濯をする時に、洗濯機に1プッシュするだけらしいです。その方の話では、洗剤は無香料のを使ってねと言うことらしいです。
 なんか間違えてちょっと多めに香水を入れすぎるとすごいことになりそうなんで、Sabosaboはまだ1度も実践したことがありません。
 もしこのページを見て、やってみた方がいたらぜひ報告してください^^

→試してみた結果のご報告を頂きました。
Uruさんからのご報告 Hiroさんからのご報告

3、ムエットに染み込ませていろんなものに香りを移してみる。

 余ったらする使い方かどうか分からないんですが、私はよくお店とかでもらえるムエット(良く吸水する厚紙でも可)に香水を染み込ませます。
 そして、そのムエットを本にはさんでみたり、筆箱や机の引出しに入れてみたり、タンスに入れてみたり(香のするものは防虫効果があるみたいです)しています。
 なんか直接紙製品とかに吹きかけたりすると、しみになったり香りすぎたりしちゃうけど、これなら強烈に匂うことはまずないので、さりげなく使えてGOOD!って感じです。

4、お風呂に入れてアロマテラピー

 気に入った香が、余ったままほおって置いて、香が濃く濃縮されてしまったら、お風呂にいれてみるとゆう方法もあります。
 やりかたは簡単!!沸かしたお風呂のお湯に向かってシュッと吹き入れるだけです。
 お風呂は湿度も温度も高いので、香が予想以上に良く香ります。
 入れすぎると香にあっという間に酔ってしまうので、注意した方がいいです。

5、トイレの芳香剤に

 やっぱり香りといえばこれ、トイレの芳香剤でしょう。
 空気中にそのままスプレーしてもよし、スプレーしない時は棚にでも飾っておけばインテリアとしてもよし、と言う感じです。
 ただあまり同じ香りを使いつづけると、その香りをどこかで嗅いだ時におトイレを連想してしまうので気おつけた方がいいかもしれません。
 また、芳香剤としての使用の方法として、トイレットペーパーの芯の内側につけておくという(トイレットペーパーに直接ではないところがミソ。)方法があるらしいです。