本来なら今日ではなく、明日、釣行の予定だったのですが;今日行く場合なら親が車を出してくれるそうなので・・
今日の予定と明日の予定を変更して、今日行って来ました。残念ながら、後輩は練習試合で来れなくて、
毎度おなじみ!! 隊員5との釣行です。 

朝7時釣り場に到着。 「11時にむかえに来るから」と言って私たちに貰えた時間は4時間!!
一ヶ月ぶりに来たぜぇ! 湖(池)ことJ池!! (画像は5月のときのもの)
 


まず最初の一時間くっらいはコンクリート岸から攻めました。 
私は、ik-250。 隊員5は確か・・忘れましたw ドーバーかSDでしていた気がします。
ik-250でオーバーハング・シャロー・流木等にも通しても無反応。 
そこで、私はスピニングタックルに変更しガマカツのフック&ドーバーちゃんで攻めることに!!
が、両者釣れないままが続き30分経過・・。追いかけてくるのは相変わらずギルのみ・・。
よさそうな倒れ木があり、その根元にナイスキャストすると・・・。
(・∀・)キターーー煤i‘Д‘) ヒット!! が、何か変だぞ・・・!?!?



ギルでした(汗。 ギルは外道だから来なくていいよ! っと言い残しリリース。(23センチ)

それにしても、画像のギルでかくないですか!? この湖(池)ことJ池のギルはアベレージサイズが22センチくらい
っとマジデカですよ!! 

その後、ヤブ漕ぎを決意し森の奥へ・・。今度はバス(外道のギル)も・・たくさん集まっていたスポットを見つけて、
そこにキャスト!! 「よし!いい感じにバスが追いかけてるぞ!」 数秒後。ヒット!!
「よっしゃ^^これはバスじゃな!」 っと思いながらしているっと・・・;



ハイーお約束ですね【爆 来なくていいってお願いしたのに・・・。(23センチ)

しかも、ここのギル、体長があるだけじゃなくて無駄に元気が良いので一匹釣れば釣り場を必要以上に荒らしますーー;
モチロンもうこのスポットにはギルしかいなく、バスは散ってしまいました(泣

場所移動で、今度はまたまた良さそうな倒れ木を発見。 近くには流木もあっていかにも釣れそう!!
ドーバーちゃんを激良キャスト!! と同時にものすごい勢いで追う!! (ギルが)
「またかよ〜・・。」とかしぶしぶ思いながらとりあえずフッキング。 ググググ!!??
やけに引くな。 もしかして・・。 手前に来てわかりましたが、バスでした(汗



サイズは25センチでした。 

私達はその辺の野池で釣れるようなサイズのバスをここに釣りに来たのではない!!
  っとバス君にお願いして、 リリース。

その後、両者釣れないままが続き、湖の最奥のポイントへ・・。
この釣り場は、とにかく木々がすごくてキャストできないので、木々の間。ルアーを落とせそうな場所
で落として、釣る。っと言う感じです。 フッキングはかなり厳しい状態です。
左右。上に木があり、本当小さなスペースでフックアップさせることはかなりの困難です。

フッキングに注意して、落とせそうなところにドーバーちゃんを投下。
・・・・・・ただ今ギルに苦戦中^^; ・・・・・・

そして! 突然私の目に飛び込んできたものとは!なんと! 
推定40UPのバスが4〜6匹くらいの群れの姿が! 
すかさず、キャスト!! ギルがつつく・・。 フッキングをせずギルが離した後!
一匹のバスが食いに行く!! 【食ったぁ〜】 超全力フッキング!!  

・・・・乗らない・・・・。

まだ逃げていない! もう一回離れてキャスト!! 【食ったぁ〜】 超全力フッキング!!

・・・・乗らない・・・・。

まだ逃げていない! もう一回離れてキャスト!! 【食ったぁ〜】(ギル) スルー。

・・・・逃げた・・・・・。

チャンスだったのに、惜しかったです(泣 せめてもうちょい木々が無ければ・・・、。

が、しかしやっぱり良いサイズのバスはいましたねぇ〜。 気合が入りますよ!!





が、しかしこの後カバークロー。 ロックベイダー。 スタンブル。 を試しても無反応。
ジャバロン110はベンチ入りしていましたが、結局出番がなく納釣。 

一方隊員5の方はビースト。 バレット。 ラバジ。 ドーバー。 ポッパー。 を試しても同じく無反応。
ビースト。 ドーバーではバイトが結構合ったそうなのですが、乗らない病にかかってしまいw かなり苦戦していました。


結局今日は私:バス1 ギル2
   隊員5:疲れがたまったw

その他。 隊員5が浅瀬の池にハマって靴がヤバイことに。(画像上)
     ボウズ・ヤブ漕ぎ・前日の睡眠不足・乗らない病・靴等の影響で帰り際にはすっかりダウンw(画像下)