今日は朝早く(2時起き)で3時には釣り開始!!っと言う計画でしたが;お決まりの寝坊。
朝8時の出発となってしまいました。今日は遠出はせず、私のホームの釣り場へ。
最初はコンクリートだけの池:通称K池に行きました。このK池は夏くらいになると池のほとんどの
部分がウィードで覆われていい感じな釣り場になります。私はik-250をセットし、開始。
釣ること30分。何も変化なし。しかも一投投げるごとにウィードがたくさん引っ掛かってきて、
釣りになりません(汗
仕方なくハードルアーを諦め、ゲーリーのクリーチャーをテキサスリグでセット。
インレットにキャストすると、豪快なアタリが!!
すかさずフッキング!!と同時にドラグがぁぁ悲鳴をぉぉ〜。
一瞬にしてウィードに潜りこまれてしまい、困った私は強引に引き抜くことに・・。
正体が見えた〜!ソイツは鯉でした。結局釣り揚げることは出来ずに逃がすことにしました。
でも一応写真&サイズは測っておきました。サイズは驚きの98cm(汗汗汗汗





いきなり大物(外道だけど^^;)をゲットしたのは良いのだが、付けていたクリーチャーのテール部分が、
ち切れてしまいました。が!しかしここで私はあることに気づいた。
クリーチャーのテール部分を切ると、なんとフットイカのようなものになるではありませんか!
「後で試してみよう」っと思い今日はこのくらいでK池を去ることに・・。
次に、私はY池へ。到着と同時に一言。「うぉ。激濁りマクリスティ・・」
普段の水位よりも大幅にUPし、水の色も緑っぽいのがまっ茶色でした【汗
「まぁ。何とかなるだろう」っと言うことで釣り開始。私はゲーリーのワームをテキサスでキャスト。
インレットを通ったところでヒット!!



本日一匹目です。
そして、またまた同じ場所に同じようにキャスト!!ヒット!!



二匹目。
そして、今度は激シャローにクリーチャーを普段からの逆さに付けてテキサスでキャスト。
即バイト!!ヒット!!



三匹目。
その後ワンドへ移動。キャスト=即ヒットというパターンが続きに続き。
同じ釣り方で何も変化がないのでコメントのしようがありません(爆





















その後ヤブ漕ぎをし、いい調子に釣れ、午後1時終了しました。

いや〜しかしすごいですねー。ゲーリーのクリーチャーのテール部分を切って逆さから付けたという
リグ。虫のような動きっぽくて爆釣でした。私は今までに何年もこのY池に通っていますが、
一日にこんなに釣れたのは初めてです。(陸で4時間)
サイズは20センチ前後のもので小さいのですが;いい日でした。