Say You Love Me
Summer Breeze/2001年

WordsPatti Austin



ねえ、わからないの?
わたしは、あなたのただの友達になるよりも、もっと多くを望みたいの
手を握り合うのは素敵だわ
でも、心の中ではもっと素敵なことを想ってる
もしもあなたが 違う目でわたしを見てくれさえしたら
ねえ、わかるでしょう、それがきっと起こること
ベイビー、わたしたちが結局いっしょになったとき、
わかってもらえるわ  わたしが正しいってこと 

愛してると言って
わかるでしょう、それが素晴らしいこと
もしもあなたが愛してるって言ってくれさえしたなら
わたしを氷のように扱わないで
Ooo woo どうか わたしを愛して下さい
わたしはあなたのものよ、そして あなたはわたしのもの
もしもあなたが愛してるって言ってくれさえしたら、ベイビー
すべては、ほんとに素敵にうまくいく


ねえ、わからないの?
わたしは、あなたのただの友達になるよりも、もっと多くを望みたいの
手を握り合うのは素敵だわ
でも、心の中ではもっと素敵なことを想ってる
もしもあなたが 違う目でわたしを見てくれさえしたら
ねえ、わかるでしょう、それがきっと起こること
ベイビー、わたしたちが結局いっしょになったとき、
わかってもらえる わたしが正しいってこと 

愛してると言って
わかるでしょう、それが素晴らしいこと
もしもあなたが愛してるって言ってくれさえしたなら
わたしを氷のように扱わないで
Ooo woo どうか わたしを愛して下さい
わたしはあなたのものよ、そして あなたはわたしのもの
もしもあなたが愛してるって言ってくれさえしたら、ベイビー
すべては、ほんとに素敵にうまくいく


愛してると言って
わかるでしょう、それが素晴らしいこと
もしもあなたが愛してるって言ってくれさえしたなら
わたしを氷のように扱わないで
Ooo woo どうか わたしを愛して下さい
わたしはあなたのものよ、そして あなたはわたしのもの
もしもあなたが愛してるって言ってくれさえしたら、ベイビー
すべては、ほんとに素敵にうまくいく





古代、人類が「歌」というものをつくり出した最初は相聞歌、つまり口説き歌ではなかったかという説があるそうです。
この曲は、女性から男性に向けた口説き歌ですね。
詞をみると、今のところ、二人の関係は友人同士。
友情の関係から恋愛の関係に踏み出すというのは、なかなか難しいものかもしれません。
しかし、ストレートに気持ちを語る言葉はわりあいとシンプルで、そのストレートさにドキドキしてしまいます。

間奏で、ささやくような台詞が語られますが、言葉をひろってみると、次のような感じのことを言っているでしょうか。

Baby, would you say that you love me?
Would you say that you love me, honey?
Say you love me.
Honey, would you say that you love me?
Would you say that love……, say that……you love me?


ほとんど「愛してると言ってくれる?」という言葉のくり返しなのですが、知世さんの間のとり方や表現力で、なかなかにすてきな台詞に聞こえます。

英語では、恋人やパートナー、あるいは子どもに言う会話にも、
「baby(赤ちゃん)」とか、
「honey(蜂蜜さん)」とか、
「sweetheart(いとしいひと)」とか、
「precious(かわいい大切なひと)」
などなど、相手に呼びかける言葉がごく自然にさしはさまれ、歌の歌詞にも登場します。
日本語には訳しずらいこうした言葉を日本人が言うと不自然なのですが、知世さんの英語のささやきを聞くと、いや、なかなかにドキドキしてしまいます。