※こちらは、原田知世さん本人とは関係のない、ただのミーハーによるファン・サイトです。





★出演 原田知世、斉藤工、山口紗弥加、大後寿々花、小市慢太郎、
渋谷謙人、西山潤、久保田紗友、河井青葉、岡本信人、
草笛光子、奥田瑛二ほか
★脚本 北川悦吏子
★音楽 Youki Yamamoto
★主題歌 Cocco「樹海の糸」
★デザイン協力 佐藤オオキ
 NHKドラマ・オフィシャルサイト

 



★2016年5月11日リリース★ユニバーサル・ミュージック★【通常盤】UCCJ-2137【初回限定盤】UCCJ-9211
 
原田知世オフィシャルサイト紹介ページ & 原田知世vs伊藤ゴロー対談
「Discography」「恋愛小説2〜若葉のころ」
アルバムでは、少女時代の思い出の曲をカバー。長崎ですごした少女時代、知世さんは姉の貴和子さんといっしょに音楽番組の真似をして遊んでは家族で楽しんだという。
「TOMOYO事典」「“ザ・ベストテン”ごっこ」の項
収録曲「異邦人」のオリジナルを作詞作曲&歌っていた久保田早紀さん。彼女は、知世さんが大きな影響を受けたアーティストのひとりだという。
「TOMOYO事典」「久保田早紀さん」の項
「Blog」「原田知世がカバーした曲のオリジナルをYou Tubeで聴いてみる(8)」
■GYAO! トレンドニュース
原田知世が歌うラヴソング 歌いながら、彼女が気づいた本当の「愛」とは?
■クロワッサン倶楽部(雑誌「クロワッサン」と連動するWEBマガジン)
「その時」のきらめきを大切に、 演じるように歌うラブ・ソング集。
■MUSICCSHELF『恋愛小説2〜若葉のころ』 インタビュー
■エンタメステーション[entertainment station]
原田知世が演じるように歌い上げる少女時代の名曲ポップス
■Men'sJOKER PREMIUM注目のカバーアルバムが発売! 原田知世スペシャルインタビュー
■ニューヨーカーマガジン[NEWYORKER MAGAZINE]美人白書(BEAUTY STATEMENT)vol.43 原田知世
■朝日新聞デジタル《前編》音楽の楽しさを初めて教えてくれたもの 原田知世
         《後編》演じるように歌う。両方やってきたからできること 原田知世



ドキュメンタリーTV番組「生きるを伝える」

テレビ東京=毎週曜日よる54
BSジャパン=毎週曜日よる54


テレビ東京・番組サイト:これまで放送された過去の番組の動画も見ることができます。
【ナレーション】原田知世【プロデューサー】栗本宏、米山尚子
5分番組ですが、内容の濃い5分間。
逆境や挫折を乗り越えた人たちを追うミニドキュメンタリーで、その前向きな姿勢をさわやかに伝えてくれます。

 

「O3 Harada Tomoyo Official Site」原田知世・公式サイト
「haratomo(=原田知世)on Twitter」
原田知世(@o3a3_haratomo)「Instagram」のページ
「Orange House」知世さんの音楽を中心としたR1さんのホームページ
「AGF」テレビCM・紹介ページ










……「Euro Cafe」は……
原田知世さんがパーソナリティをつとめていたFMラジオ番組の名前です。
洗練された音楽と、気取らないおしゃべりが、ほわあんとなごむひとときを運んでくれました。
番組は今はありませんが、そんなくつろげる時間っていいよなあと思い、
「“New” Euro Cafe」の名前を使わせてもらいました。
というわけで、
これは、番組とも知世さん本人とも無関係な、ただのミーハーによるファン・サイト。
ま、ブレンディのコーヒーなぞ飲みながら(“紅茶派”の方は紅茶なぞすすりつつ)、
どうぞ、おくつろぎ下さい。
(あ。ただし、セルフサービスです。)


「New Euro Cafe」マスター
兼皿洗い担当:porepore。





励まし、ご意見、苦情、ご批判、その他はこちらへ。