AG黄黒ウィニー

クリーチャー
x3 巡霊者バティアス 15弾
x3 時空の守護者ジル・ワーカ 9弾
x1 予言者マルタ 14弾
x3 雷鳴の守護者ミスト・リエス 4弾
x3 ねじれる者ボーン・スライム 2弾
x4 飛行男 7弾
x2 デクロワゾー・ブローチ 15弾
x3 卵胞虫ゼリー・ワーム 2弾
x4 暗闇に潜む者バット・ドクター 9弾
進化クリーチャー
x1 守護聖天ラルバ・ギア 2弾
呪文
x1 マーシャル・ロー 14弾
x1 ダイヤモンド・カッター 2弾
x1 アポカリプス・デイ 14弾
x2 煉獄陣 17弾
クロスギア
x2 シャイニング・ディフェンス 14弾
x2 クイック・ディフェンス 15弾
x3 クエイク・スタッフ 14弾
x1 イモータル・ブレード 16弾

|||||||||||||||||| マナ x8 マナ x1 11マナ x0
  マナ x12 マナ x0 12マナ x0
|||||||||||||||||||||| マナ x13 マナ x0 13マナ x0
  マナ x1 マナ x0 S・T x7
  マナ x5 10マナ x0 S・T率 0.8枚

―解説―
AG版白黒ウィニー。

名前の通り、小さいクリーチャーでまとまっています。
小さいが故にバースト・ショットやスクラッパーに簡単に焼かれてしまいますが、『破壊されたとき〜』の効果を持つクリーチャーを多く入れることにより逆にアドバンテージを奪えるようにしました。

また、クリーチャー戦ではクエイク・スタッフ、イモータル・ブレードによるスレイヤー化で挑みます。
ミストリエスのおかげで息切れすることはそうないですし、またクイックディフェンスとのシナジーも見逃せません。

そして一番問題なのがノーブル・エンフォーサーですが、AG環境では案外見かけないため、気にする必要は一切無しです。
もしエンフォーサーが出されてしまってもマーシャル・ローとダイヤモンドカッターでどうにか乗り切れるかと思います。


↑DECK↑ ↑TOP↑


AG除去

クリーチャー
x1 ディオーネ 14弾
x1 ストーム・クロウラー 6弾
x4 パクリオ 15弾
x3 アクア・サーファー 5弾
x3 ブラッディ・シンバル 14弾
x3 解体人形ジェニー 16弾
進化クリーチャー
x0 なし  
呪文
x4 マーシャル・ロー 14弾
x2 アポカリプス・デイ 14弾
x3 エナジー・ライト 6弾
x1 トリプル・ブレイン 14弾
x2 煉獄陣 17弾
x4 デーモン・ハンド 1弾
x2 ロスト・ソウル 2弾
x4 地獄スクラッパー 14弾
クロスギア
x1 クイック・ディフェンス 15弾
x2 インパクト・アブソーバー 16弾

||||||||| マナ x0 マナ x9 11マナ x0
||||||||||||| マナ x8 マナ x6 12マナ x0
|||||||||||||| マナ x4 マナ x0 13マナ x0
|||| マナ x8 マナ x0 S・T x18
  マナ x5 10マナ x0 S・T率 2.3枚

―解説―
AG対応の除去デッキ。
まだまだ練り足りませんが、いちおう形にはなっています。

SGLではバジュラズが猛威を振るっているとのことなので、ギア破壊であるローは4枚積みにしました。
また、パクリオとジェニーを計7枚も投入し、相手の戦略をうざいぐらいに邪魔します。

バジュラズを大変にメタっているために、普通のデッキに対してはもろいのが痛いところ。
ドロー系のカードが入っていないデッキに対しては殴って勝つしかありませんが、殴り手が貧弱なのでそうとうつらいです。

ちなみに某サイトの管理人である某でめりっとさんは、SGLでこのデッキを使用したとか。
そしてバジュラズに一度もあたらずに、全敗で見事に散ったとか。
しまいにはスターターデッキにも負けたとか負けないとかorz orz


スターターにも負けられるほどのポテンシャルを持ったこのデッキ。
どなたか極めてはくれませんでしょうか?


―カード解説―
【煉獄陣】
使ってみると意外と厄介がられるカード。
ブロッカーを回したり、パクリオを回したり、サーファーを回したり、187クリーチャーが多いこのデッキとの相性は抜群です。

【インパクト・アブソーバー】
サファイア対策。
サファイアだろうがふたつ牙だろうが、1枚しかシールドをブレイクできないので、時間を稼ぐにはもってこいです。
またブラッディ・シンバルなどにクロスするのもグッド。
クリーチャーで相打ちしに行くときにもクロスを。
↑DECK↑ ↑TOP↑


AGランデス速攻

クリーチャー
x4 爆走戦鬼レッド・ライダーズ 15弾
x3 襲撃者エグゼドライブ 6弾
x4 スナイプ・モスキート 3弾
x4 ダンディ・ナスオ 17弾
x3 青銅の鎧 1弾
x2 式神ガーデナー 17弾
x2 天真妖精オチャッピィ 17弾
進化クリーチャー
x0 なし  
呪文
x4 ドリル・スコール 16弾
x3 ボルカニック・アロー 3弾
x2 幻竜砲 6弾
x2 地獄スクラッパー 14弾
x2 ビースト・チャージ 5弾
x3 マナ・クライシス 2弾
クロスギア
x2 クリムゾン・ライフル 14弾

  マナ x10 マナ x0 11マナ x0
  マナ x13 マナ x2 12マナ x0
  マナ x12 マナ x0 13マナ x0
|||||||||||||||||||| マナ x3 マナ x0 S・T x10
|||||||||||||||||||| マナ x0 10マナ x0 S・T率 1.3枚

―解説―
AG対応デッキ。
実質1マナクリーチャー【ダンディナスオ】、ナスオとの相性抜群の【レッド・ライダーズ】、そして最軽量ランデスカード【ドリル・スコール】と、とにかく軽くて速いランデスデッキです。

プレイングが少し特殊なので、慣れるまでには多少時間がかかるかもしれませんが、一度使えるようになれば思った以上の力を発揮してくれること間違いなしです。
CGIで「牙サファイア」を相手に一人回しを何回かしましたが、勝率はかなりのものでした。

久しぶりの自信作です。
>↑DECK↑ ↑TOP↑


安定型AG牙サファイア

クリーチャー
x1 ディオーネ 14弾
x3 ストーム・クロウラー 6弾
x4 アクア・サーファー 5弾
x1 ボルベルグ・クロス・ドラゴン 14弾
x3 ボルメテウス・サファイア・ドラゴン CDP
x1 シビレ・アシダケ 1弾
x4 幻緑の双月 14弾
x4 青銅の鎧 1弾
x2 式神ガーデナー 17弾
進化クリーチャー
x2 大勇者「ふたつ牙」 2弾
呪文
x1 エナジー・ライト 6弾
x4 ストリーミング・チューター CDP
x2 地獄万力 7弾
x4 地獄スクラッパー 14弾
クロスギア
x1 ノーブル・エンフォーサー 16弾
x3 バジュラズ・ソウル 15弾

  マナ x0 マナ x6 11マナ x0
|||||||||||||| マナ x5 マナ x6 12マナ x0
  マナ x8 マナ x1 13マナ x0
||||||||||||| マナ x4 マナ x0 S・T x8
||||||||||||| マナ x7 10マナ x3 S・T率 1枚

―解説―
AG対応牙サファイア。安定性を重視したタイプになっています。
いろんなサイトに出ている情報をもとにして作ってみました。
プレイング解説などはもはや不要でしょう。
↑DECK↑ ↑TOP↑


AGゼファー

クリーチャー
x1 パクリオ 15弾
x4 アクア・サーファー 5弾
x3 ピーカプのドライバー 6弾
x4 旋風の闘士ヴィンジャー 16弾
x4 紅風の盗賊ビューラー 17弾
進化クリーチャー
x2 神風ゼファー プロモ
呪文
x2 エナジー・ライト 6弾
x4 ストリーミング・チューター CDP
x4 ボルカニック・アロー 3弾
x1 ドリル・ボウガン 14弾
x1 地獄万力 7弾
x4 地獄スクラッパー 14弾
クロスギア
x2 インビジブル・スーツ 14弾
x4 クリムゾン・ライフル 14弾

  マナ x4 マナ x4 11マナ x0
||||||||||||| マナ x17 マナ x5 12マナ x0
  マナ x2 マナ x0 13マナ x0
||||||||||||||||||||||||||| マナ x4 マナ x0 S・T x12
  マナ x4 10マナ x0 S・T率 1.5枚

―解説―
AG環境で唯一使えるプロモカード、ゼファーを使ったAGデッキ。
SGLで使うデッキの候補でした。

イメージとしては手札のつきない速攻、といった感じです。

出してアタック出してアタックの繰り返しなので簡単に扱えます。

ピーカプのドライバーとクリムゾンライフルは牙サファイアに意外とうざがられますよ。


―カード解説―
【紅風の盗賊ビューラー】
最軽量スピードアタッカー。
特に序盤なんかはSA化を気にせずに普通に出してOKです。 終盤はいかにして手札を使い切るかがポイントです。
↑DECK↑ ↑TOP↑


AB対応 霊騎コントロール

DMvault様のところでも公開中です。コメントをどうぞ。→
クリーチャー
x4 霊騎マリクス 19弾
x3 霊騎レングストン 19弾
x2 霊騎マルディス 19弾
x3 ダンディ・ナスオ 17弾
x3 青銅の鎧 1弾
x4 霊騎ラグマール 19弾
x1 霊騎スピリット・サティーク 19弾
x1 強襲の長 19弾
x4 霊騎サンダール 19弾
進化クリーチャー
x2 聖帝ソルダリオス 1/2deck
呪文
x3 ソーラー・コミューン 19弾
x2 バイス・サイクロン 19弾
x2 デス・スモーク 1弾
x2 デーモン・ハンド 1弾
x2 ロスト・ソウル 2弾
x2 ディメンジョン・ゲート 1弾
クロスギア
x0 なし  

|||||||||||| マナ x0 マナ x6 マナ x0
  マナ x12 マナ x2 12マナ x0
|||||||| マナ x5 マナ x0 13マナ x0
  マナ x11 マナ x0 S・T x7
|||||||||||||||||||| マナ x1 10マナ x0 S・T率 0.9枚

―解説―
AB対応の霊騎コントロール。
全体的に、AB環境下では猛威を振るうであろうグランド・デビルデッキを意識して作ってみました。

軸となるギミックはもちろん今や誰もが知っているであろう、サンダールとラグマールによるコンボ。
今回はこれをいかにして引き立たせるか、ということをテーマに組んでみました。

両者4枚積みと、一見やりすぎでは?というほど積んでみましたが、安定してコンボを発動させるために多く積みました。ハンデス対策にもなりす。

ハンデス対策といえばスピリットサティークの投入もこれにあたります。
単にブーストというだけでなく、破壊されてしまったラグマールやその他セラフィム、ナスであえて落としたカードなどをマナに戻し、再利用できます。

安定してコンボをする、というところではレングストンとその他小型クリーチャーの採用。
レングストンは呪文を回収できるだけでなく、疑似パルピィ・ゴービーとしても働きますから山札に眠っているサンダール、ラグマールを呼んで来れます。

ディメンジョン・ゲートもほぼ同上。

また、コンボ発動後に手札をためられるということを防ぐために黒の呪文をそれぞれチョイス。

バイス・サイクロンは半永久的なハンデスをするため、ロスト・ソウルは根こそぎ奪い取るために入れました。
デス・スモークは主にスナイプ・アルフェラス対策。
そして黒の呪文、といえばデーモン・ハンドということでデーモン・ハンドも投入。

計8枚の黒呪文を投入しました。
これだけでは若干少ないように感じるかも知れませんが、ナスオがいるのでそれほど心配しなくても大丈夫です。
どうしても不安な方はもう少し黒を足しましょう。でも、実際回してみると8枚でも案外いけるもんですよ。


グランド・デビルデッキとは何回か戦いましたがなかなかの勝率をほこります。
ちなみにマーキュリー型のグランドデビルには勝ちやすいですが、プルート型にはちょぃときついです。プルートが出た後はなかなか破壊できなくて・・・・。

まぁなんにせよ、もっと磨けばかなりいいとこまでいけるはずです。
↑DECK↑ ↑TOP↑


AB対応 森の獣と緑のセラフィム

DMvault様のところでも公開中です。コメントをどうぞ。→
クリーチャー
x4 炎のたてがみ 1弾
x4 青銅の鎧 1弾
x2 無敵の咆哮 1弾
x2 霊騎シーリンズ 19弾
x4 霊騎パージオン 19弾
x2 鼓舞の化身 7弾
x2 強襲の長 19弾
進化クリーチャー
x4 大勇者「大地の猛攻」 2弾
x2 聖帝ソルダリオス 1/2deck
呪文
x2 ジェット・サイクロン 19弾
x2 幻竜砲 6弾
x4 ガトリング・サイクロン 19弾
x4 クリムゾン・コミューン 19弾
x1 ワンショット・フレーム 19弾
クロスギア
x0 なし  

  マナ x0 マナ x5 11マナ x0
  マナ x10 マナ x1 12マナ x0
  マナ x18 マナ x0 13マナ x0
||||||||||||| マナ x4 マナ x0 S・T x7
||||||||||||||||||||||||||| マナ x2 10マナ x0 S・T率 0.9枚

―解説―
出して殴って出して殴って・・・お、おもしれぇ! そんなデッキです。

勢いで作ったんでまだまだ荒削りで、それほど強い、とオススメできるほどのものではありません。

が、まぁとりあえず面白いので公開してみました。
グランド・デビルやラグマール&サンダールや除去ばっかりでは子供がおもしろくないではありませんか。
というより難しいじゃないですか、プレイングが。

というわけで単純なものを作ろう、ということでできあがったのです。
いってしまえばジュニアクラス向けに作ったわけです。

そうゆうわけなんであんまり本気にしないようにしてくださいね。本気にすれば結構強くなりそうですが。


ちなみにこのデッキの問題点は中盤の弱さ。
序盤はとりあえず殴る。
終盤は数並べたところに強襲の長でなんとかなる。
でも中盤は・・・?

どうにもこのデッキにはサンダール&ラグマールのような除去がないので中盤に流れがひっくり返ることが多いんですね。
そこをどうにかするかで勝率が変わってきそうです。

もしかするとプレイングが悪いんでしょうか?
とにかく中盤がやけに弱いです。序盤にウェバリスやサブナハルで固められたら黄色信号です。

うーん、どうすればいいんでしょうか?


―カード解説―
【霊騎パージオン】
え?って思った方もいますでしょう。でもこれがなかなか使えてしまうんですから世の中わかりませんよね。
意外な確率でトリガーします。
また、4マナ域がこれしかいないのでちょうどよい穴埋めになりました。

【鼓舞の化身】
強襲の長オンリーの構成でもいいとは思いますが、やっぱり一体出ただけでW・Bになってパワー+2000されるのは見逃せません。

【聖帝ソルダリオス】
奇襲効果抜群のカード。種が6枚しかありませんがこれでもしっかり進化できます。

【クリムゾン・コミューン】
ブロッカーで固められて勢いが止まるようでは話にならないので4枚フル投入。
自分のクリーチャーを犠牲にしないで済む、というのがなかなかいいです。

【ジェット・サイクロン】
相手が驚くこと間違いなし。
ぎりぎりまで見せずにいて、油断した相手に、寝耳に水風船並の驚きを与えてあげましょう。


↑DECK↑ ↑TOP↑