作品

すべてはここから始まりました。

2002年の夏の事、家内の
「トイレの床のビニールクロスを張り替えたいね。」
その一言から私の木工が始まりました。

どうせやるなら

便器をはずしてフローリングに張り替えて
Doit通販の腰板キットでウッデイなトイレに
壁は珪藻土を塗って癒しの空間に
壁はニッチを掘ってプロバンス風?
収納も壁収納よねぇ(右壁手前)

全部やってみました。
この時点ではノコギリ、金槌、電動丸鋸、くらいしか持っていません。
今にして思えば丸鋸はキックバックという言葉も知らず恐ろしい使い方をしていました。
それでも、壁収納の扉を端材で組み上げ、ぴったりとはまったりなんかしたものですから、もうやめられません。
そんな時、今は無き「手作り木工辞典」という雑誌に出会い、電動工具を駆使すれば、すごい物が作れるらしいということを知ってしまいました。
それ以前にも、アントステラの家具なんかをよく見に行っていて、「確かにいいけど、これくらいのモンなら作れそうジャン」などとナメた根性も下地に持っていました。
楽しいドロ沼木工道楽の始まりです。

トイレ用扉

前述のトイレリフォームの総仕上げ、まだ、手押し、自動カンナが無かったので、ホームセンターのプレーナー仕上済みのSPF材で作りましたが、ソリ、ねじれ等、狂いとの戦いでした。
初めて、本格的にテーブルソー、ルーターテーブルを使いました。
いろいろ怪しい作りではありますが、切ったり削れたりするだけで嬉しかった作品です。

私が木工に専念できるのは週3時間程度、日曜日の夜の趣味です。
工房づくりを始めて約1年、主な作品は工房そのものです。
紹介できる作品がろくにないので、このホームページを作ること自体躊躇していましたが、この1年、どんな道具が必要なのか、又、必要でないのか、全くの手探りで工房作りをはじめた試行錯誤をどなたかに見ていただいて、もし、参考にでもなればと思い書いています。
作品が少ない事の言い訳でした。

パイン材、SPFが主な材料です。早く広葉樹デビューがしたい。

冷蔵庫上収納の扉

レール&スタイルビットの為の習作です。
鏡板は、トイレ腰板の残材。
トイレ扉製作の前の練習作です。
いつかキッチンすべての扉を自作したいと思っています。

カレンダーフレーム


上部にクラウン、下部にペグをつけてみました。
ハートくりぬきはどうも抵抗があります。

でも、あまり遊びがないデザインでした。
これだけ物をぶらさげると毎月のカレンダーめくりが大変

コーナーキャビネット

食品庫なので全面スリットの扉にしてみました。
上にパンケース、開口部にオーブントースターを置いて使っています。朝ご飯ステーションです。

コーナーキャビネットは普通、収納力が貧弱ですが、これは違います。

後方の白い壁は鉄骨梁の都合で20cm厚の空洞となっていました。キャビネット背面板は取り付けず、壁をくりぬいて、つなげてあるので、収納力はかなりのもの。(実は壁の仕上げが終わっていないので、お見せできません。)

オレンジシェラックとステイン仕上げ、上品な艶と手触りが気に入っています。

ポケットホールで組み立てています。

子供椅子と机

幼稚園のバザーに供出するために作りました。曲線に自信がないので、直線直角です。
ホゾ組で作っていますが、椅子のゲタは取り外して高さ調整が可能。

本当は机にかわいい引き出しを付けたかったのですが、子供のヒザが窮屈になるので、できませんでした。
誰が使うかわかりませんが、これで子供がお絵かきでもしてもらえたら、などと想像しながら作りました。

トイレの子供用踏み台

角のみ盤を手に入れたのでホゾ組の習作です。
始めは、ストレートの4本足でしたが、子供がひっくり返ってしまったので、ゲタを追加しました。
しかし、それ以来この踏み台は使ってもらえず、下のプラスティック台を使っているようです。もう、だいなし,,,,,,,,,

ステインとシェラック仕上げ。

キーボックス

やはりバザー供出用
小物に19ミリ厚の板は野暮ったいので、38ミリ厚の2×材をスライスして、幅38mm厚さ15mmの板を集成して作りました。
背面板はトガの建築荒材薄板、割れるかもしれない,,,,,,

キーボックスその2

好評だったので、デザインを、ひとひねりして、プレゼント用に製作。
プレゼント作りも木工の楽しみの一つということがわかってきました。

ドア下部に5枚スリット、上部にステンドグラスをはめ込んでいます。
ノブは真鍮、楕円形。
2つの大きなフシは死にフシと呼ばれる物、こういう板取りはやってはいけないということを後で知りました。ハハ

ステインとオレンジシェラック仕上げ

壁の厚みは10cmですが、正面と右側の壁の向こう側は押入になっているので、ニッチは奥行き15cm壁収納は奥行き25cm取ることができてます。

ランプは天井灯と連動して点灯。白い壁は珪藻土、トイレ内の空気が気持ちよく感じるのは気のせいか?

壁にぴったり着けるためドア枠に乗り上げるように設置、高さの差を薄い板で解消してます。

壁収納

1/18

初めての、広葉樹作品、ブラックウォールナッツとメイプルです。
文字盤は9cm幅の板を引き割りして直径18cmのブックマッチです。
広葉樹は高級感いっぱいで切り出したパーツをさわっているだけで嬉しくなってしまいます。

上の魚はチョコエッグのおまけ、大きさのイメージのために、ちょっと置いただけです。30cm×20cm

04/6/25

ドレッサー

製作期間6ヶ月、家内の誕生日に間に合いました。ていうか、まさか誕生日プレゼントになるとは思わなかった作品。

製作の詳細は

こちら

コレクションボックス

万年筆をディスプレイするための箱です。
友人のために作りました。

詳細は

こちら

04/8/13

シルバーウェアーチェスト

銀食器の収納です。
プレゼント用

詳細は

こちら

04/10/15

幼稚園バザーの提供品です。
アヒルのシェルフ
ネコのタオル掛け
カモのペーパーフォルダー
ケトルの時計、動きますよ
ネームプレート

04/12/30

動く木のオモチャ

作り方
ホーム