ファブリック椅子の水洗い


我が家のリビングのダイニングチェアです。
カリモクのカントリーキャメルシリーズの食堂椅子で既に廃盤になっているものです。
座面が広く、どんな姿勢で座っても、疲れず長時間くつろいで座っていることができます。
気に入って10年ほど使っている椅子です。

しかし、さすがに10年使うとこれ、このとおり。
4脚あるこの椅子は4脚とも、同じような状態です。
臭いこそしませんが、座ると、なんとなくジメ〜っとした感じ。
クッションもだいぶ抜けています。

こうなると、普通は、座面の張替えとなるところですが、当然布地も変わってしまいます。
張替えの見積もりも2万円×4脚、、、!!
気に入っている柄でもあり、この椅子と揃いのソファーもあるので、なんとかこの生地を使いたいところです。
ここ数年の懸案事項、、、DIYでやってしまおうっ  オー。

数年前、やはりこの作業にトライしようとしたことがありました。
メーカーに意見を聞いたところ、とにかく難しいからやめた方が良いという回答。

主な理由は、
タッカーが強力なものでないと刺さらない→元に戻せないよ〜。
生地の水洗いは、型崩れや、色のにじみなどが起こるかもしれないよ〜
などなど。
そのときはそれを信じてあきらめました。

写真のタッカーはMAXの安物です。1000円位だったかナ。
試しに、座面の裏に打ち込んでみると難なくうちこむことができるではありませんか。話がちがうな〜。

座面は4本のモクネジで止めてあるだけなので取り外しは
簡単です。
薄いビニールシートをはずすと枠板が現れます、ラワン材のようで、
これなら、安物ステープラでも刃が立つわけだ。
枠の周囲に生地がステープラで固定してありますが、これを抜くのは
大変。隙間無く刺さっていて100本超と思われます。

これを抜くために安物の薄刃のニッパーを買いました、約300円
4脚分を抜くと寿命となりそう。

ステープラを抜く作業は、勢い余って、左手が危険。
皮手袋で作業中。

表の生地がはずれました。
中のクッションはだいぶヘタってます。
本来は全部入れ替えるべきなのでしょうが、
適当な材料がすぐには手に入りません。

厚み3cmの座布団用のクッションを適当な形に切って
足すことにしました。

生地の水洗い

洗剤の入ったぬるま湯につけこむと
液はたちまち茶色に、、、
10年間の怨念が染み出します。

押し洗いで優しく洗いましたが、この生地は
かなりラフな扱いにも耐えられそうな印象です。
洗濯機洗いにも耐えられるかもしれません。

縮みや型崩れも無く、簡単に綺麗になりました。

背もたれのクッションは中のクッション材を
取り出さず、丸のまま、水洗いしました。
全く問題なくきれいになります。

こんな簡単なら、背もたれだけでも小まめに
洗えば良かった。

洗濯後

洗濯前

タッカーを使っての張りなおしも
難しいものではありませんでした。

写真では差がわかりにくいですが、
別物のように綺麗になりました。

右の方が少し、くすんでいるでしょう?

左の方がクッションのふくらみも 丸く
大きくなっているのがわかるでしょうか?

かかった費用、
ニッパー300円
スポンジ500円(1脚分)

この椅子に張ってある生地はとても丈夫でラフな水洗いにも耐えられることがわかりました。
太腿が乗る部分など、こすれるところを見ても磨耗したようなところが無いのです
背もたれの裏など、全く汚れてなかった部分と、今回の洗いで綺麗になった部分を比べると
色の変化も少なくほとんど退色してないことがわかります。染色の耐久性もかなり強いようです。

今回足したスポンジはイイカゲンなものなので、ヘタるのが早いかもしれません。
しかし中身がわかったので自分でメンテナンスしながら長くこの椅子と付き合って行けそうです。

今まで、十年以上も長く使うなら耐久性の点で木の座面の椅子のほうが良かったかなと,
ちょっと後悔もあったのですが、今回のクリーニングでファブリックの椅子に対する認識もちょっとかわりました。
メンテナンスすれば生地の耐久性は10年くらいはラクラクです。相当長持ちすることがわかりましたし、
すわり心地も木よりはファブリックのほうが良いですよね。

ファブリックの椅子は汚れてしまえば高い金額で張替え、つまり元の生地は捨てられる。
あるいは、椅子ごと捨てられてしまうのが現状なのではないでしょうか?
メーカーももっと構造を考えて手入れしやすいものを作るべきですね。



ホーム