ソーケスロックに登ろう

ポナペの空港に到着すると一番初めに目に飛び込んでくるのがこのソーケスロック。
島のシンボル的な存在といっていいでしょう。ここから見る景色は素晴らしく、何度かポナペを訪問することがあればいってみてはいかがでしょうか。

ハイキングコースといわれていますが、軽く考えすぎると大変です。ビーチサンダルではなく、スニーカー程度の靴でいかないと登り切るのが厳しいでしょう。

ソーケスロック

写真の高橋さんの頭上に見えるのがソーケスロック。現地の名前では Paipalap / パイパラップという名前のようです。490フィートの岩山で、ソーケスロックに登るツアーで行くか、直接タクシーで下までいって、そこから歩いて登るかということになります。

ハイキング時間は60分から90分。

最後に岩登りをする箇所が出てきますので、両手が空くようなザックであるとベターです。
軍手なども。
レンタカーをどこかにおいて登るのもありですが、今回はタクシーで近くまでいってもらい、そこで一緒に登ってくれるガイドの子供を雇って一緒に登ることにしました。現地に着いてからタクシーの運転手さんにガイドをやってくれる人を探してもらうように頼みましたが、学校に行っちゃっているみたいで子供が見つからず、普段は大工さんをしている人にお願いすることにしました。

最初は緩やかなハイキング

ハイキングコースは一本道で迷うことはありませんが、ココナッツや椰子の実を取ってくれたりすることもありますし、万が一怪我などをしたときなどには困らないので。ツアーを利用しないで登る人はソーケスの登り口近くの家に相談してみてください。チップの相場は不明なので、タクシーの運転手やホテルのフロントにどの程度が正しいかは聞いてみてください。

最初は、そんなにきつくないジャングルの中の登りをしていきます。水飲み場を超えて、ソーケスロックの姿が見えたところから岩登りの開始になります。

最後に岩上りを開始

写真で見ると結構急斜面に見えるでしょう? ロープにつかまって登らなくても、足場の良い岩に足を運べばいいだけなので、子供達でもトコトコと登っていきます。ギリギリの下まで来てあきらめて帰ってしまう人もいるそうですが、もうちょっとだけなので、挑戦しましょう。

結構下から見ると急に見えるけど、なんとかなる

岩登りは5分程度。この日は結構風もあって、かぶっていたキャップが飛ばされてしまいました。(取りに行ってくれましたけど)雨じゃない日を選ぶ必要はあるかも知れませんね。

目の前に見えるのに、この日は風がありました

既に景色は、コロニア側が綺麗に見えているので、時々座りながら、水でも飲みながら楽しんで行きましょう。

景色が拡がって気持ちのいい風が吹いていました

丘の上に出ると結構平らな広場のように拡がっています。写真だとすぐそこに海があるように見えていますが、海はかなり先の下にあるわけで。ずーっと見渡せる海やラグーンの景色を飽きるだけ眺めます

空港側の景色も眺めることができます

飛行場から見えたのですから、ここから飛行場を見えるのは当然。滑走路が見えています。
逆側には、パリキールの街も見ることができます(写真が見つからないでここには出せていませんが)

パリキールを眺めることもできます。海がきれい

是非、お弁当を持って遊びに来てみてください。なかなかない景気と思い出になると思います
(お弁当は、ホテルに前日に頼んでおけばサンドイッチなどを作ってくれます)