ぽこ☆あじ 過去もコント




過去もコント10月(1)


←過去もコント目次        ぽこ☆あじTOP→



2001年 10月1日


今日は英語の授業とボランティアの日本語教師で忙しかったので、ちょっとだけ更新。




こないだのコントで
マレーシアはさすが違うぜ! インドネシアとは雲泥の差だ! ってことを書きましたが、こんなニュースが飛び込んできました。




2000年度のマレーシアの税収率!






税金を支払っているのは、国民総人口のうち…

















































あまりに少なすぎる(笑)として、税務局が動き出したといいます(そりゃ、そーだよなー)。






脱税もここまで来るとスペクタクルですね〜。






しかし、マレーシア人。勇気がありすぎます。超チャレンジャー。


その辺の大企業とか、どっかの
芸能会社の社長なんかより、無謀なプレイです。




僕たち日本人は結構まじめに税金はらっていたんですが、
こーゆーのアリなんですね。




インドネシア人もマレーシア人も共通していると思うのですが、マレー系の人たちの発想と、
埼京線の痴漢の発想とは似ていて、ちょっと悪事をやってばれなかったら、どんどんえげつな〜くエスカレートしていくというのが特徴のようです。




まあ、この辺の国の
マルサの女は、ちょっとお金握らせると、とたんに「にっこり」笑って見逃してくれますから、仕方ないんでしょう。




とにかく、彼らの現状や国際状況、悪事などに対するモラルの
見通しは異常に悪く、常に雨が降って曇った窓ガラス越しに世界を見つめているようなものです。




そうそう! それゆえの、ちょっと
危ないニュース!


あまり、声を大きくしては言えないのですが、ジャカルタのとある日本の企業が、社員の家族あてに、インドネシア退避命令を出したそうです。






ねえねえ。




これ、まじ
やばい?(焦)




2001年 10月2日


グチ



直射日光で電子レンジのようになったミニバスの中



















満員電車のように人がぎゅうぎゅうにつまったミニバスの中



















あまりに
暑いのでミニバスの窓を開けると



















インドネシア人は



















必ず窓を閉じる!(怒)



















あああああ














いんじゃあああああ!


マジで! インドネシア人! があ!



インドネシア人と日本人の体感温度は2度以上違うといわれています・・・。




2001年 10月4日


え〜、今日もまた停電です。




ここんとこ、一日に3回ほども停電しております。




ほんと、停電になると、
な〜んもできませんね、文明ってやつぁ。







そうそう、停電で思い出したお話を今日はお送りします。




名瀬潤がまだ小学生だった頃、お母さんが名瀬潤を連れて、珍しくスーパーマーケットへ買い物に連れて行ってくれました。




実家がすし屋をやっているせいで、忙しくて滅多にお母さんと一緒にいれなかった僕は、
とても嬉しくウキウキしながらお母さんのあとをついて歩いていました。




やがてお母さんが近所の人とであって立ち話。




「いやね、最近、停電ばかりで」


「ほんと、どうしたんでしょうねえ? 最近多すぎよ、困ったわ




この会話を聞いていてお母さんが困ってると思った名瀬潤! 




お母さんを、なんとか助けてあげたいと思いました(^o^)。




そして・・・!











名瀬潤が思いついたズバ抜けたアイデア!それは!













名瀬潤「お母さん! 停電で困っているんだったら…、この…












スタンドライトを買えば、家の中が停電でも明るくなるよね! ね!お母さん☆















・・・・














↑名瀬潤の母














いやいや、小学生時代の名瀬潤くん。











だから停電なんだって(笑)





いやあ、我ながらアホですね。






以上、ちょっと涼しくなってきた日本のあなたに、
ハートウォーミングなお話をお届けしました。




2001年 10月6日


いつのまにか、5ヶ月突破して、同時に2万ヒットもいったようですね。


本当にありがとうございます。
皆様のおかげです!


っていうか、完全復活しろって?


いやあ。しばらく無理っす。


ということで、時々更新の今日もコント。


今日のお題は?




こんなんコントになるのか? この事件?!




それではどうぞ!






おそらく無謀というか怖いと皆さんから思われるかもしれませんが、僕はインドネシア人とよく宗教の話をします。




どんなガイドブックを見ても、
「外国の人としちゃいけない話は、政治と宗教だ、危ないよん♪」とか書いてありますが、僕の性質というか、なぜかわからんのですが、どうしても自然にそうなっちゃうことがあるんです。




また僕はそんな機会が多いために、
「コーラン」の日本語訳を読んだり、イスラムの歴史を調べたりして、結構イスラム教には詳しくなりました。




これはインドネシアの文化を理解するための知識にもなりますし、彼らが適当こいていたときの
武器にもなります。




どう武器になるかというと?




例えば、インドネシア人が、自分の失敗を隠すために、嘘に嘘をぬりかためて、逆ギレしたとします。




そういうときに、こう言うのです。




こら。お前!


日本人が何もわかってないと思ってそんなを並べているが


アラーの神はすべてお見通しなんだぞ。


イスラムの教えでは、人間の肩には天使がついていて、アラーの神に逐一、お前達の報告をしているらしいじゃないか。


いいか。今、お前が俺に怒られて、嫌な思いをしているのも実は、

アラーの神からの警告だっていうのがわからないのか?


アラーの神が慈悲をしめしてくれて、今、お前の中のイブリス(イスラム世界の悪魔)を追い出そうとしてくれているのに、お前はまだをつくのか?


モーゼが受けたアラーの神の教えにそむくのか?


アラーの神が恐ろしくないのか?


地獄の業火で焼かれたいのか?!


このチャンスを逃したら、ひょっとしたらお前はアラーの神から見放され、惨めな死を迎えるかもしれない。


このチャンスをアラーの神の慈悲を無視しようとするのか?!






田舎から出てきた人や、それほどの学歴がない人だったら、このしかり方は結構、効果があるそうです。




彼らが一番怖いのは、
アラーの神の怒りだからだ、とのこと。




なるほど!と僕も膝をうち、この
しかり方が使える日を今か今かと待っていたのですね。




そして、だいたい1年半ぐらい前に、
そのチャンスが訪れたのでした!




以前、僕たちと一緒に住んでいたインドネシア人夫婦が、僕たちとの約束を破り、それについて大喧嘩になったのです。




どんな約束か?




約束:


僕と一緒に住んでいる日本人の
雨井さんは、孤児院にお金を寄付しているのですが、それを見て、雨井さんとは古くからの友人だった当件のインドネシア人夫妻がこう言ったのです。




「雨井さんは素晴らしいです。私たちにも、もし、自分たちの家でもあれば、孤児院に寄付したい。世の中のためになりたい」




これを聞いた雨井さんやめればいいのにいたく感動しまして、孤児院に寄付する予定のお金で彼らに家を買ってあげて、雨井さんの代わりに、毎月できるだけでいいから孤児院へ寄付をする、という約束を交わしたのでした。




ちなみに、彼らとは
一緒に生活していたわけですから、生活費はすべて僕と雨井さんが払います。




彼らにとっては破格の条件だったはずです。




彼らは買ってもらった家を人に貸して、その家賃とダンナさんの給料から約4分の1の金額を孤児院に寄付することに決めたのでした。




ところが、この約束、3年の間、ほとんど守られなかったのですね。




それで雨井さんも、ついにキレて、




「約束はどうした!」




と怒ったところ、彼らは逆ギレ。






「寄付っていうのは、自分からすすんでやるもので、人に指示されるものじゃない! それにそんな約束知らない






このボンズ! と思った雨井さん。




「じゃあ、お前らに買ってやった、あの家を返してもらう!」




と彼らとの関係をゴワサンにしようとしたのです。




ところが家の権利はすでに
彼らの名前になっている。


彼らはそれを利用して、




「もし家を返して欲しければ、今まで俺たちが一緒に住んで手伝ってあげた分の給料をよこせ! じゃないと家は返さない!」




んで彼らが掲げた値段が






日本円で
30万円相当







これは、一ヶ月・5千円ぐらいが国民大半の基本収入であるインドネシアでは大金です。


彼らの給料の
60ヵ月分なのですから。


しかも、彼らの生活費は僕らが払っていたのにですよ?!


そのうえ、あることないこと、嘘を近所に撒き散らし、
僕達はこの地区の悪者に。




雨井さんを騙して家を買ってもらい、


約束を守らず


逆ギレして


最後には、お世話になった雨井さんから大量のお金の請求


しかも近所に嘘をつきまくり


あくまでも日本人が悪者


しかも、これまでお願いした買い物、その他、すべてマージンをとられていました。




人間のクズです! こいつら!




んだもんで、満を待して、僕は言ってやりましたね!(ニヤリ)


こらー!









恥ずかしくなのか?


アラーの神はすべて見ているのに恥ずかしくないのか?


地獄におちたいのか?


いつも自分がイスラムの教えを強く守ってるとか自慢していたが、それも嘘なのか?


イスラムでは嘘をつき、人を騙すことは罪ではないのか?


イスラム教徒として、
君達の行為は恥ずかしくないのか!?









それに対する彼らの答え



















イスラムの教えだって?



















それは
それ!!




コレは
コレ(* ̄m ̄)ぷっ

























君たち…



















どういう言い草だそりゃ?! そんなら何か? お前らの頭はあんこか? それともうんこか?
うんこの中にあんこが入っているのか? それじゃただの
うんこやないかい、こんのドアホ!


お前のどたま粉々にして、
あらびきネルドリップ方式でうんこのミクロン単位のカスまで濾しちまうぞコラ!

























結果、雨井さんは泣く泣く大金を払って4年間以上の友情に終止符をうち、僕もとんでもなく脱力したのでした。




ああ。


コントにしようと思いましたが、
あまりにも悲惨なのでコントにもできませんでした。




せっかく、5ヶ月記念の、2万ヒット感謝のコントなのに、こんなことになってしまい、
すみません。。。。




2001年 10月7日


緊急速報!


ロイター通信が伝えるところによると、アメリカのアフガン首都に対する攻撃が始まった模様です。


ジャカルタでは、お金をもらったバカどもの偽ジハードが起こる可能性もあります。


ジャカルタ在住の皆様はくれぐれもご注意ください!






えー、能天気ですみませんが、さきほど更新したコントはそのまま掲載しております。




2001年 10月7日


え〜と、あまりにもできすぎなんで、ひょっとしたら信じてもらえないかもしれませんが









以前、僕たちの家を占ってくれた風水師の話、覚えておいでですか?






ええ。
部屋の模様替えをしなさい! ベッドはこっち、頭はこっち!なんて言うから、それに従った途端




パソコンは
カミナリを喰らい




名瀬潤は
血のまじったうんこが出た




…りした
あの事件の風水師さん。









その
風水師さんがですね。









この
金曜日に、ブカシという場所で




















交通事故
で死んだそうです!



















インドネシア…











脚色なしでも
コントなの。


















名瀬潤、思わず一句。









いや、そんなことより
一時期でもその風水信用してた俺も死ぬんちゃうか?(焦)


マジ、怖くなってきた・・・。


…と、今日の更新はここまでだったのですが、これさあ。マジ、インドネシアに住んでいる日本人大丈夫かいな?


これからどうなるの、僕たち?(泣)


これも
風水のせい?




2001年 10月8日


相変わらず、なんだか世界はきなくさいですね〜。




ここ最近、やたらと
平和平和と叫ぶ人がいらっしゃるようですが、それ自体はとってもラブアンドピースでいい感じです。




まあ、冷戦も終わったし、みんな
のほほーんとしたいのはいいことなのですが、問題なのはその平和を叫ぶ人間の方。




平和を叫ぶ人間の方が、平和を守るためなら、頭に花の女子高生をすべて抹殺しかねない勢いで、目とおちんちんが血走っているわけですな。




「お前、平和平和いうて叫んびながら、こないだ
阪急百貨店で、タイガータンクと、オカモトのコンドーム買ったやろ! 鬼!」




阪急百貨店で戦車を売っているかどうか、
調べたことないのでわからないのですが、いやあ、インドネシアでデモ起こしているような若者っちゅーのは、だいたいそんなもんですわ、はい。




あ、コンドーム買うのは紳士的でいいですね。エイズ対策にもなるし。




ただインドネシアのコンドームは故意に穴をあける悪戯をしていることがあるんで、
気をつけなければいけませんが。




いや、これある意味、使えますけどね。
ある意味。









さてさて。


もう、本当に平和ってなんでしょうか?


戦争までして手に入れなければならないようなもんでしょうか?


というか、あなたはですか?


そして
俺様は何様?!




ああ、世界中で混乱している子供達の声が聞こえてきます。


わかります。せんせい、よーくわかります!


だからさ、みんな落ち着けって!


ドーナツ食え! ドーナツ!




僕の偏見ですが、ドーナツばっかり1ダースほど毎日食っている人は、なんだか世界のいざこざとは無縁に思えてきます。


実際、インドネシアのダンキンドーナツでドーナツを食っていると、なんだかあまりの平和な雰囲気に、無音でおならぷーぷーしそうになります。


渋谷のドーナツ屋ででいえば、毛糸のニット帽をかぶっている人ばかりがそろっていて、あまりにむわっと暖かそうで、眠くなってしまいそうになります。


これは偏見でしょうか?


いや、偏見でも一向に構わないのです。


別にドーナツで世界が平和になるとは思っていません。


なら言うなよというつっこみが聞こえてそうですが、もう、ほんと、今、名瀬潤、単にドーナツが食いたいのです。




とにかく、ほんと、落ち着けよ! インドネシア人!


デモしてんじゃないよ! 危なくてしかたないよ!




あ〜、そこの、平和平和と大騒ぎして、アンチアメリカを叫んでいる君!


カッコいい男の子とつきあえて浮かれていたら、その男のセックスが
異常に自分勝手で、へたくそな上に、アヌスばっかり求めてくるから、怒り沸騰してヒステリーをおこしているそこの女子!






とりあえず、
コレでも見て、気分をおちつけなさいって!

















コレ↓





































いや、せっかくスキャンしたんで、ちょっと載せてみたかっただけなんだけどね。


昔のネタひっぱり出してごめんね。


世界はどんどんきなくさくなります。


でも、アジアのコントセンスだけは忘れないよう、僕のちんぽと今日もコントは語っているのです。



















脈略なくてスマヌ! 実は名瀬潤、今、すっごい酔っ払ってるんだよ〜ん。




2001年 10月9日


お知らせ



えー、しばらく停止して放置していた期間限定の「ぽこ☆さみっと」ですが


皆様からの再開を求める声が、数人あったために


再開することにしました!みんなありがじゅう。


「新ぽこ☆さみっと」をよろしくお願い致します。なんでも議論してくださあい。


それでは今日もコントをどうぞ。





あいかわらずインドネシアはアメリカ許さんぞ〜!なんてデモしてますけどね。




その前に別にすることあるんじゃないかい? というのが今回のテーマ。




実はこの記事、掲示板の方でご紹介いただいたものなんですがインドネシア共和国、ちょっと目立ちすぎてるようです。




国連の
アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)というのがあるんですが、その人たちが、インドネシアが2003年までに女性売買の防止策を取らなければ、何らかの国際的な制裁を下すと警告しているんです。




報告によると、世界各国で働くインドネシアの出稼ぎ労働者は約500万人


そのうち、100万人が、女性や子どもの
人身売買シンジケートに売り払われているらしいんですよ。


これ、
すごい計算ですよ!






5人に1人!






10人に2人!






ゴレンジャー
バトルフィーバーが揃ったとしたら、モモレンジャーと、バトルフランスは、売り飛ばされているってことですよ!?(汗)




ドラえもん、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、すね夫だとしたら、
しずかちゃん!









「モーニング娘。」だったら!!!

















ん? 「モー娘。」って今、何人?









話は戻りますが、しかも彼女たちは、主に性関係の仕事に従事させられているらしいんですね。(あ、これ「モー娘。」のことじゃないですよ。念のため)




すごいです。いやあ。下半身にだらしないインドネシア人らしくてすごいです。




いや、あまりにインドネシアな記事なんで笑ってしまいました。




国連に目をつけられるあたりがまた、すごいです。




しかも、
国際的な制裁を下されるほど、ひどいってどういうこと?




まあ、インドネシアって、とにかくモラルとか命の尊厳っていうのが薄い国なんですよ。




たとえば、強盗が入りますわな。


んで、金目のものがないと判断するでしょ?


そしたら、あいつら、
子供を誘拐しちまうんですよ。


こういう事件、すっげえ
多いの。


子供誘拐して、どうするかって言えば、もちろん
売り飛ばすの。




実は最近、また上記のような事件がありましてね、親が必死になって、子供の行方を探したわけですよ。


普通はあきらめるんですが、その子供が、まるで
天使のような可愛い顔をしていたのと、親がお金持ちだったことで、捜査が続けられてたのですね。




そしたら、見つかったんですよ!




バリ島の山奥で!









売り飛ばされていたそうですよ。









6000円ぐらいで。
























安っ!






















子供、どんなつらい生活を強いられていたのか、まったくわからないのですが、発見されたときは、天使のような顔だったのが、ダークな組織にチューンアップされて完全に目つきが違っていたそうです。




そりゃそうだわなあ。しゃれになりません。




っちゅーか、金目のものがないからって、子供をさらって、それを安値で売り飛ばすって発想ができること事態が、
コントのレベルを超えております。




犯罪がここまでインダストリアルに発展してしまっているのに、人んとこの国の批判もないだろうと、つまりこういうことを言っているんですな、名瀬潤は。




他にすることあるだろ?(怒)




そりゃ、直接、犯罪をなくすのは難しいですよ。




でもね、仕事休んででもアメリカ大使館に石を投げるなんてエネルギーと情熱があるんだったら、もっと
別のことやればいいと思うんです!














靴みがくとか。














とたんに貧乏くさくなってすみませんが、とにかく、僕のチープな発想からするに、自分の靴を自分で毎日ゴシゴシ磨いている人に悪人はいません









…多分。









うん、だから、みんなも腹が立ったら、靴をみがきましょうね♪




2001年 10月10日


以前から言っておりますが、名瀬潤はビザ取得のためにボランティアで日本語を教えております。




「日本語を教える」という行為は意外とおもしろく、自分たちが知らなかった日本語の魅力とか、システムというものに気づかされたりもします。




それ意外にも
楽しみがあるんですよ、奥さん! 実は!






さてさて、今回は、名瀬潤、生徒たちに
受動態の文章を教えました。






受動態といえば






わたしはりんごを食べます






りんごは私に食べられます 
←コレ






とかいった文章のことですね。




名瀬潤、ひとしきりこの文体、語尾の変化について教えたあと、彼らに
宿題を出しました。






いやー、みんな
間違っていますね〜(笑)






インドネシア語というのは、そもそも
やたらと受動態を使う言葉で、日本語の受動態と、インドネシア語の受動態では、状況がかなり違ってきます。




インドネシア人にとっては最も厄介なのがこの日本語の受動態なのかもしれないのですが、だからこそ、そこには日本語の魅力がてんこもりなのです!




例えば、このような間違いがよく目立ちましたね。

















母にお菓子を買われました(怒)

















なんで、ってんの?




ごめん! (怒)は、僕が付け加えたんですけどね。




いや、間違ってないですよ。




間違ってないんですけどね。




日本語の場合、目的語「を」がついた場合、そのあとに続く受動態は、ちょっと
ネガティブな意味合いをかねそなえていることが多いわけです。




そのため、日本語には、「買ってもらいました」という単語があるわけです。




正しくはこう↓




母にお菓子を買ってもらいました




もし受動態にするならこう↓




お菓子は、母に、買われました






ですね。




いや、これを理解してもらうには
往生しましたよ。




まあ、これと同じような間違いがこれ↓

















父に車を運転されています

















なんかい!?
オンドリャ!












思わず、僕の心の中の、横山やすしがつっこんでしまいますね。






まあ、まあ、やすし。どうどうどうどう!






まだこの辺は、
序の口でしてね。






こんな
間違いもありました。

















母にお金をあげられました

















いやあ、非常にするどい切れ味のあるミスです。




いや、ミスとは言えないんですが、やっぱしちょっとおかしいですね。




しかも
天然な感じが、その可愛さをまします。




さらにこんなのも。












ベルは千葉さんに鳴らされました












おおおおお!




鳴らされてるぞ! ベル!




なんかしらんけど
鳴らされとるぞ!












いや、それはそれでいいんだけどね、そもそも千葉って誰よ!?




しかし、日本語って不思議なもんで、こうやって書かれると、ベルが
ちょっと気の毒に思えてくるのは何故?!




だいたい、こういう間違いの中では、
「なるほど、インドネシア語から直訳しようとしたからだな」という雰囲気がぷんぷん匂うものが多いんですが、中には、何を間違ったらそうなるか、さっぱり理解不能なものもあります。












私は泥棒に財布を捕まえられました












いや、よくわからん。この文章。




なにか? 泥棒に捕まえられたのか? 財布が?




とにかく、なにやら、
悔しそうな雰囲気だけは伝わってきますが、やはりじぇんじぇん意味がわかりません。




やっぱり、天然には勝てないなあ。






かと思えば、すっげえ
きっちりした文章書いてくる人もいるの。



















電話はグラハム・ベル発明されました



















いや、すげえよ、すげえ!




ここまで書けたらすごいよ。




しかも、グラハム・ベルが電話を作ったって
ネタまで入ってるじゃん。




いや、
ネタじゃないけど、とにかくすげえよ。




それなのに、なんで、他の文章ができないのかは、
マジ謎です。









…さて。









これまで、天然な奇妙な日本語を紹介してきましたが、実は、これらの宿題の中で、ひときわ
異彩の才能をはなっている素晴らしい文章がありました。




僕は一応、文章をなりわいとしているフリーライターですが、それでもこんな
斬新な文章は思いついたことはありません。




激しくかつ、直接心に何かを訴えかけてくるえも知れぬパワー。この文章の背景にいったい何があるのか、どんなドラマが潜んでいるのか、想像させざるを得ない、その構成力!




いったい、彼の身に何が?!




みなさんも是非、この文章の背景にどんな物語が潜んでいるのか、想像してみてください。




その最高の文章がコレだっ!
























スープはあなたに熱くさせられました。
























がびーん!(感動の涙)




よくわからんけど、とりあえずスープを応援したくなってきたぜ!


どんな物語が背景にあるかはわからねえし、
しょせんスープなんだから、飲まれてなんぼのスープだろうけど、たとえ、どんな結果になったとしても、俺は君に拍手をおしむつもりはない!


そして、君を忘れない!




がんばれよ! スープ! うん。そいじゃ。ぐびぐび、ぷはー。




2001年 10月12日


ゲリラ更新を続ていたんですが、いつのまにかあれから一ヶ月近くたっているんですね。


んで、アメリカでテロがあって、ごたごたして、ジャカルタでもデモが盛んになったりして、いろいろありましたねそういえば。


一ヶ月というのは意外と長くて、コントには書けない、しゃれにならん事件とか、小さな小ネタっちゅーのは日常茶飯事でおこります。




例えば、日本語を教えていて、助詞がうまく使えないからといって、「俺、矢沢、よろしく」みたいな、矢沢エーちゃん言葉になってしまう生徒に笑ったりとか、僕の友達がマジで殺されかけたり、そいでびびったり、まあよくもこれだけ事件が起こるものだわ、とホントに感心しちゃっています。




これまでは、そういった事件が起こると、嬉々としてネタにしたり、ストックしておいたりしていたんですが、あまりこのようにコントを続けていくと、なぜか少しずつ恥ずかしくなってきます。


これは「性体験の多い女の子の方が、逆に裸になるのを恥ずかしがる」という矛盾みたいなものではないでしょうか?


いつもいつもフォントをいじり続け、おおげさに表現していくことに対して恥ずかしく思うこの気持ち。


そんなわけで、今日はちょっとテンションを低くしてお送りする今日もコントです。名瀬潤です。こんにちは。




インドネシアではラジオの人生相談が盛んです。


以前にも少し触れたことがあるのですが、まあ世の中にはいろいろな悩みがあるわけでして、その中でも一番面白いと思うのは、やはり「性」の悩みですね。




これは。ダントツで。




よくある質問としては


「ジャカルタに住む17歳高校生です。私はこの間、自転車に乗っていて転んでしまいました。そのときに強くあそこを打ってしまったのです。私の処女膜はもう破れたのでしょうか? 私はもう処女じゃないのでしょうか?!」


とかいう質問。


んなわけねーじゃんよー!というのは簡単なんですが、この国は


処女にあらずんば結婚対象にあらず


っちゅー何とも言えない不文律みたいなもんがありまして、彼女たちは真剣に悩んでいるみたいなのです。


これに対して相談役はこう答えます。









いや、処女です









うん。僕もそう思う(笑)


実に単純明快で、当たり前な答えを堂々と偉そうにいってくれる先生方もなかなかに魅力的なんですね。


僕もこんなことでお金をもらえるならやってみたいです。


また男性からはこんな質問が。


「あのー。言いにくいのですが、私は10回もたないのです」


先生答えていわく


「いや、あなた10回も一日にできたら、素晴らしいことですよ。アラーに感謝せねば!」


おじさん慌てていわく


「いや、そうじゃないんですよ」


先生、ちょっと慌てて


「じゃ、何が?」


おじさん思い切って


「なぜか、必ず10回目で出てしまうのです。必ずなんです。10回出し入れすると…。この数字に何か意味があるのでしょうか?」


こんな調子でたんたんと番組が続いていくのですが、他人の性の秘密を覗き見しているようですごく楽しいですね。


そして、僕は、性の相談をされるのが大好きです。


また、何らかの告白をされるのが大好きです。


告白をされている時、僕は何故か「風流だなあ」とか思ってしまいます。


その告白がハードであればあるほどよりその風流は増すのです。


だから、みんな誰かの告白を見るのは楽しいだろうと勝手に思って、ついでに僕も過去のことを告白するわけなのですが、僕は昔、埼京線で痴漢にあったことがあるんですね。


最初は、「うわ、痴女だ!」と思いますよね。実際。いや、絶対、みんなそうだ! そうじゃないやつはもう知らん!


だから遮断機があがりはじめる。


でも、どうも手がごっついのですよ。そのごっつい手が、力強く僕のを握ってるわけですよ。しかもこすってるんです。こすりあげるんです。上下運動するんです。


気づいたときには、すっかり大きくなってしまった僕のおちんちんはがっしりと捕まれ、満員電車のために逃げることもできず、もう触られるにまかせ。


悪いことに、僕はこのとき、こっぴどく女の子にふられた後でしたので、何を思ったか、


ああ、もうこのまま触らせておいてもいいや


ってな感じになりましたね。


いや、それなりに気持ちよかったですし、傷ついてしまっていたんですね。僕をなぐさめてくれる人なら誰でもいいか、とか今となれば、「なんで?!」と僕自身に問いただしたくなるほど精神状態が崩壊していたわけです。


でも、すんでのところで、理性を取り戻し、友人が待つ板橋駅で降りたのでした。


まあ、こんな話、よくある話だとは思いますが、問題はこのあと。


半年ぐらいして僕はとある飲み屋でアルバイトを始めたんですが、そこのチーフバーテンダーが、ある日、僕に告白をしたいと言ってきたのです。


僕も店に入ったばかりなのに、何を告白されるのだろうと思って、奥のウイスキー置き場に行ったら、


「お前、埼京線でホモの痴漢にあったことあるだろ?」


とか言ってくるわけですよ。んで、


「え、何で知ってるんですか?」


と僕が尋ねたら、





「いや、あれ、触ってたの俺! ごめん!」





後にも先にも、これは僕にとって一生忘れることのできない告白になったのでした。


あ、別にその人とホモ関係になったわけじゃないよ。告白されただけ。本当だってば。笑い話で終わったんだってば。


「なんだ、チーフ、ホモだったんですか〜」とか。


明るいもんでしょ?


と、淡々と語ってしまいましたが、みんなもそんな告白あると僕は信じています。


恥ずかしがらずに名瀬潤に教えてください。待ってます。




2001年 10月14日


実は僕、ここ最近、ココの管理人のSUNAOさんと仲良くさせてもらってまして、日本語を書いてあるTシャツを探して歩いているんですよ。




インドネシアにはあまりないと思っていましたが、これが意外とインドネシアにもありましてね、嬉々として街の中を散策しております。




ただ、
デジカメが盗まれたままですので、使い捨てカメラや、オートフォーカスカメラで撮影し、まず現像、それをレンタルコンピュータ屋さんでスキャンしたあと、メールでうちのコンピュータまで送るというわりと大変な作業をしなければなりません。




本当にやっかいです。




ボゴール市のほうは、わりと探し尽くしたって感じがしていたんですが、実は
今日も見つけましてね。




とても定番な日本語Tシャツなんですが、一応撮影しておきました。




こういうことが書いてありました。↓

















































うーん。何をやっているんでしょうね?




まあどうせ、教室で授業中に
スパイみたいに先生の手の中に手紙を握らせたり、物差しでお互いを叩きあってSMごっこをしたりしているんでしょうが、スタイルが抜群でしかもキュートだと言うのですから、「も、もしやそれ以上か?」 と期待してしまいます。




梨花さん、教えてください




というか、このTシャツをマジで買って、意味も知らずに着る人ってどんな人でしょうか?




ああ、ちなみに
男物ですよ。




日本人が着てたら、ちょっと
頭を疑われますね、きっと。






そんなことはいいんですが、結構、こういうTシャツを撮影するのは大変な作業なんですね。




今日のこれは、たまたまこのTシャツは屋台で見かけたものでして、ちょうどそのときにお店の人がいなかったんですわ。




んで、「今がチャンス!」とばかりにカメラを取り出して撮影しようとすると背後から声が!






「何か、欲しいのある?」






振り返ると、すっげえあごひげ生やした、テロリストみたいなおっちゃん。




腕の太さは平気で僕の
太ももぐらいあります。




あ、こりゃケンカしたら負けるな。




僕は思いました。




強姦とかしてそうだな。




僕はちょっとアヌスのあたりがキュンと縮まりました。




もう見つかったからには仕方ない。




おっちゃんに僕は正直に言ったのでした。




「あのー、このTシャツ、写真撮ってもいいでしょうか?」




「なんで、写真なんかとるんだ」




「いいえ、あの。こういうTシャツの写真を撮るのが僕の趣味でして、あとで現像して、気に入ったら買おうかと思いまして…」




おっちゃん、すごい目で僕を睨んでいましたが、ふにおちないといった表情で、「OK、早くしろよ」と言ってくれました。




ああ、こりゃあとで
チップかなんかあげんと殺されるなあ、と思いながら撮影。




パシャリ。




そのとき、おっちゃんが口を開きました。






「それ、なんて書いてあるんだ?」




「え?」




「お前、日本人だろ? それなんと書いてあるんだ?」






…。






僕は説明しましたね。ええ。説明しましたとも!






僕の説明を聞いたおっちゃん、目をまんまるに見開いてその直後!

















がっはっはっは!

その梨花って女、俺にも紹介しろ! 有名な女なんか?





























この後、おっちゃん、急に笑顔の上機嫌になりまして、屋台にあるほかの日本語Tシャツを指差しながら






「おい、これも撮っていいぞ! あれも撮れ!」






と取材にチョー積極的!




ですが、おっちゃんが教えてくれたTシャツは、すでに僕が撮影したものや、あまりおもしろくないものでしたので、






「いえ、実はもう買っているんです」






をついて、あたふたとカメラをしまいました。




そして逃げるように小銭を取り出し、500ルピアを感謝の気持ちで渡そうとしたところ。









「いいよ、いいよ。今日のところはいいよ」









おっちゃんすっげえ笑顔☆




っちゅーわけで、今日、インドネシア人のいいところ発見!




インドネシア人は




コントに弱い!









さすがコントの国!




プリンプリン物語という人形劇の中に、漫画の国というのがありまして、漫画のおもしろさを理解しない火星人だけが入国できなかったというエピソードがありましたが、インドネシアは、ギャグとコントセンスを理解しないと入国してはいけないのかもしれません。






あなたも、もしインドネシア人に困らされたら、ぜひ、笑いでその場をしのぐことをお勧めします。






あ、
中途半端なボケは通用しないと思いますけど。






「あ、強盗ですか? 強盗に襲われるなんて、潤ちゃん、
ごう、とう(もう、どう)しよう、あははは」














ズキューン!














ほら。一発で眉間を打ち抜かれてしまいましたね。




くれぐれも時と場合を考えてご使用ください。それでは。




2001年 10月15日


以前、僕は大チョンボをしたことがあります。




その日、僕は日本を毎週紹介するラジオ番組のDJというか、ゲスト
(どっちや)のアルバイトが入っていたのですが、番組開始直前まで、起きれなかったのです。




その前の日の夜、眠れなかったってのも原因なのですが、とにかく時計を見てびっくり。




早く起きなければいけない。




ところが、僕は人一倍、
寝起きが悪いんですね。




寝起きの僕を観察してもらえばよくわかるのですが、その動きは
アイボ以下になってしまいます。




目覚し時計がなっているのに
電話をとったり、バナナをとったり、エリカの話によると、目覚ましを止めようとして、卓上ティッシュを愛しそうになでていたこともあるそう。




そこまでいったら、ただの
バカなので、きっとそれはエリカの見間違いに違いないのですが、まあ、とにかくその日、僕は大慌てで、ラジオ局へ行く準備をしたのでした。




準備、といっても、シナリオはとりあえず読んでいたので、実際のところは、インドネシア人リスナーへのプレゼントのために、僕がもっている
日本の漫画雑誌を選んで持っていくだけ。









その漫画雑誌がやばかった。









インドネシア人は、女性の裸に対して免疫がまるでありません。




日本では
とってもナウで、いかした恋愛漫画とかいわれて一斉を風靡した「きまぐれオレンジロード」でさえも、ポルノだといいます。




そんなインドネシア文化で、しかも
大学がスポンサーの番組のために、僕が用意した雑誌は、あろうことか、あの天下のモーニング。






いい雑誌ですよね。けっこう好きです。






んで、なにが問題だったかっていうと、あんた。






あれ、連載してたじゃないですか。あれ!














デビルマンレディー!












やばいっすよね〜、よりによって永井豪先生の漫画ですよ。




永井豪さんといえば、
ハレンチ学園の漫画家さんですよ。




何かといえば、すぐ
おっぱい出す漫画を書き、初期の頃の作品のヒロインはことごとく強姦されるという、僕一押しのゴキゲンな作家ですよ。




そんなもんをリスナーにプレゼントであげちゃったわけですよ。




また「モーニング」っていえば、それだけじゃないですよね。




あの漫画もあるじゃないですか!




絶対、この人、
人間嫌いだろって絵を書いてる…、




畳の目のひとつひとつまで書いて、紙が真っ黒になっているように見える…、




いわゆる
ブサイクってこんな顔しているよなあってキャラクターばかりが画面のほとんどを占める…、









そう、そう。












カバチタレ!












絶対、日本人の顔を誤解されます!




ある意味
正しいのですが、絶対誤解もされます! あれは!




いや、おもしろいんですよ。




おもしろいんですけど、僕でも気分がダウナーになってるときにあの絵を見つづけていると、
失明しそうになります。






つまりは、いい雑誌だし、いい漫画もたくさん載っているけど、インドネシアのリスナープレゼントには向かなかったということを言っているわけです。






何しろ、インドネシア人にとって日本は




さくらの国


日本人形の国


折り紙の国


サシミの国


平和で清潔な国




決して、永井豪さんのゲーテ的な壮大でキレあがった暴力の世界や、青木雄二的、リアルなほくろから毛の絵なんて求められているわきゃないんですな。




ちょっと一線を
越えまくっていますしね、あれ。




あのときは、一緒に出演したインドネシアの教授も、雑誌をぱらぱら見て
「いやー潤さんは本当にいい人ですね、自分からプレゼントまで用意してくれて…」しかたなく言っていましたが、内心ではかなりひいているようでした。












スマヌ!












でも雑誌の名前まであげたあとで僕もその教授も気がついたので、結局、一人の運のいいリスナーにあげちゃいましたけどね。






今、そのリスナーはどうしているんだろうなあ。






確か、
中学生ぐらいの女の子だったんですけどね。






いや、インドネシア人、しかも中学生にとっては、
リアルすぎますよね、あれは。






2年ぐらい前の話だから、インドネシア時間でいえば、もうそろそろ
性の快感を覚えて、中で出されて、妊娠している頃かもしれませんけど、せっかくだから末永く、愛読しておいて欲しいものです。






今日はオチなし。




2001年 10月17日





僕の友人Kは道路を渡ろうとして、右を見て左を見て、
もう一度右を見て、道路に足を踏み出したところ、から来たにはねられたことがあります。(実話)







2001年 10月18日


香港のコンサルタント会社がアジア太平洋地域14カ国を対象に行った「安全度ランキング」で、インドネシアが最も安全度が悪い国に選ばれてしまいました。




そんなインドネシアから、チビビスコをかじりながらこんにちは。




名瀬潤あらため、
NJ(エンジェー)です。




ちなみに、ベトナムが最も安全度の高い国だそうですね。




その他、香港、オーストラリアなんてのも安全度が高いそうです。まあ、納得ですね。ご旅行の際のご参考に。




さてさて。インドネシアの治安の悪さはいったい、なんなんだ? ということを皆様思われると思うのですが、簡単にいえば、
ひとりひとりのモラルが異常に低いってことじゃないかと思うんですね。




まあ、今回の結果は、
世界最大のイスラム国っていうのも関係ありますけどね。




たとえば、ココの管理人の真名さんなんて、実に典型的なインドネシア人男性と出会っております。




いやあ、
怖いですね。




偶然にも素晴らしいインドネシア人に出会われた方は本当に幸せです。わりといい大学へ行っている大学生はまだ、モラルを持っているんですが、社会に出たとたんに悪くなるのを僕も、数多く見てきました。




これだけモラルがない社会だと、自分だけモラルを持っていると
命が危ないんでしょうね、マジで。




さて、モラルの問題といえば、世の中には
著作権という問題がありますが、みなさんご存知の通り、東南アジアは著作権があってないような世界。




インドネシアでは、ビデオCDの海賊版がたくさん出回っており、僕も時々、そのお世話になります。




画像は汚いわ、PCでは読み込めないわ、結構、散々な目にあうことが多いんですが、やっぱりその安さに惹かれてしまうのです。




だいたい1枚
1万5000ルピア。




これ、日本円にすると、200円ぐらいでしょうか。




レンタルビデオとほぼ同じ値段で映画が一本手に入るという計算。




本物を買うと、
5万ルピア。日本円で、600円もしてしまいます。




さて、この
NJも、よくVCDの海賊版を買うのですが、これ、映画館でこっそり撮影されたものも多いのですね。




以前借りた、「ディープブルーシー」なんてサメ映画では、映画が終わってスタッフロールが流れ始めるやいなや、画面の下から
たくさんの黒ぼうしうじゃうじゃ。




映画を観終わって帰り始めた人々の頭がしっかりうつっとるわけです。




興ざめもいいとこ。




しかし、今回、ここに素晴らしい海賊版ヴィデオを発見しました。




タイトルは
「キス・オブ・ザ・ドラゴン」




ジェット・リー、ブリジット・フォンダ主演のアクション映画です。




これもどうやら映画館で撮影されていたらしく、画像は最悪。




でも、とりあえず見ることにしました。




音もあまりよくありません。こもっていますし、小さい。




でもとりあえず画像を見ることはできます。




あ、ジェット・リーが
暴れてる!




あ。ジェット・リーが飯くってる!




あ! ブリジット・フォンダがケツ出してる!




でも、ちょっとなんだかだな、と思い始めたのは、映画が始まってしばらくして。




気絶したブリジット・フォンダをジェット・リーが起こすシーンです!




ドアを開ける、ジェット・リー!




トイレの中では、ブリジット・フォンダがぐたーっと気を失っている。




息をのむ、ジェット・リー!




次の瞬間、ジェット・リーは、ブリジット・フォンダの頬をはたく!






ぱし!

















WAHAHAHAHAHA…





























え?





























そして、さらに映画は進み、ジェット・リーが大活躍!


ジェット・リーが
暴れる!


ジェット・リーが悩む!


華麗なるジェット・リーのアクション&ギャグ!









OH! YES!


OHHHHHHHHHHH!


HeyHeyHey!










えー、あんまおもしろいネタじゃないんで、さっさと白状しますが、これ、映画館で撮影された海賊版だったので、観客の声がいちいち入っているんですね。




だから、ジェット・リーが何かするごとに!




WAHAHAHAHA!
グーッド! グーッド!




とか




OHHHHHHHHH!
ブラボー!!!!!!!!!
パチパチパチパチ!
ぴゅーぴゅー!
いやー! へーい!
はっはー!
カモーン!
ごー! いやー!
ぼんぼやーじ!




とか拍手や歓声やフレンチジョークが入って、うるさいのうるさくないの。




っちゅーか、絶対、これ、アメリカかどっかの映画館ですね。




あんまりタイミングよく拍手や歓声が入るし、
おもしろくもなーんともないところで白人特有の爆笑があがるもんですからね、あんまりうるさいんで銃殺して、東京湾沖500メートルぐらいのところに沈めました。




会いたい人は、
サルベージしてあげてください。




しかし、この雰囲気って
何かに似てるんですよね。




キャラクターが何かするごとに、拍手があったり、無意味な笑い声があったり、驚きの声が響き渡ったり…。









なんだろう?




これ、何かと思ったら















バカ殿あいーん。
















ケン・シムラがお好きでない人には、ちょっとハイカラに
「Mr.ビーン」とでも言っておきましょうか。




無意味なお客の
笑い。


そしておしみなく送られつづける拍手喝采。


まさか、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」を見て、『ケンちゃんラーメン』(まだあるのかな? まだ新発売なのかな?)が食べたくなるとは思わなかったNJ☆(エンジェー☆☆)でした。
























NJからのお願いだぜ!


「ぽこ☆さみ」についにカキコが戻ってきたぜ! みんな参加してくれよな!


NJ☆でした!





お知らせ


あ、今週の土曜日、日本時間夜11時から、久しぶりに
酔っ払いチャットしたいので、もしお時間がある人は参加してください。




2001年 10月19日


こんにちはNJ(えんじぇー☆)です。




今日、ちょっと買い物に外へ出かけたのですが、なんと
ボゴール市のケンタッキーも燃やされているんですね。


まったく知りませんでした。




アメリカの象徴=ケンタッキー


ということでしょうが、まあ、ボゴールみたいな静かな街でも反アメリカ運動が起こっているみたい。




んで、今日、その辺を通ったんですが、すっごい
渋滞しているの。




何かと思ったら、ケンタのすぐ側の大通りで、40人ぐらいの得体の知れない男たちが
反米運動していて、アメリカの国旗とか燃やしてるの!




すっげー怖かったけど、やっぱせっかくだから撮影しときたいじゃないですか?




ほら、俺、昨日から
NJ(エンジェー☆)だしさ〜。




撮影しながらさあ、こうも言ってやりたいじゃないですか〜。









お前ら、オナニーしてるか? 体力がありあまっているのはある意味病気だ! そんなお前らは精神の健康のためにも体育! すなわちオナニー始め! ほーらしまっていこー!らっせーら! らっせーら!はい、撮るよ☆









でも、実際あいつらを目前にすると、無理でした。




背筋に冷たい汗が流れます。




いくじなし
NJ(エンジェー☆)・・・・。




怖いね、やっぱ今の状況、
すっげえ怖い!




ボゴールだからと言って、うかうか
オナニーとか言ってられなくなりました。




言ってますけどね。




しかも、今日はすっげえ
手抜きですね。




あ、今日、名瀬潤、疲れてます。




疲れているだけなんで、みなさん、
どうか、明日からコントを読むのをやめないでください。




おら、らっせーら、らっせーら、らっせーらっせーらっせーら! 血の気の多いインドネシア人はオナニーせー! んで、みんなは読め読め〜!! がああ!(半壊)。




2001年 10月21日




みなさんこんにちは。




NJ(えんじぇー)改め、名瀬潤です。元気してる?






…。






(笑顔で何度もうなづき)
そりゃ、よかった!




さて。




昨日、土曜日は久しぶりの
酔っ払いチャット、たくさんの人が訪れていただき、まことにありがとうございました。




結局日本時間の、朝6時半ごろまで続きまして、最後は僕も酔っ払って、インドネシア人の悪口ばかりになってしまったのが心残りです。




いやあ、いいインドネシア人もいるんですけどね。




大学の
一部の教授とか。




僕が今お世話になっている、IPB(ボゴール農業大学)の
N女史などは、日本で滞在された経験も長い、ということもありまして、とてもしっかりしておられます。




彼女は、日本で
日本人に大変に親切にされた、ということで、僕にもたいそう気を使ってくれ、時間や約束もしっかり守るし、ビザ取得のお手伝いをしてもらったときも




こんなに手数料がかかってしまい、私も非常に困惑しております。




私やうちの大学が、名瀬さんに大変お世話になっているのに、こんなにお手を煩わせたり、手数料が高くなったりしておりますことで、インドネシア人として恥ずかしいかぎりです。




私は日本では日本の人に大変お世話になりました。とてもよくしてもらいました。でもこの国では、外国人、こと日本人からは、イミグレーション職員、警察、一般の人々までが、お金を搾り取ろうとしておりまして、まったく日本とです。




どうしてインドネシア人は、外国人に親切にできないのでしょう?




私は、本当に恥ずかしいです。名瀬さん、ごめんなさい。




と、へたな日本人以上の丁寧な対応。




そして、これが本当に口だけではないところも、僕が彼女を信用している所以です。




人を気遣い、仕事はきっちりこなし、日本の大学から協力要請されるほどの能力を持ち、日本語はペラペラ。




こんな素晴らしい人、日本にだって今、あまりいないかもしれませんね。




インドネシアは人口が2億以上もおりますから、優秀な人は本当に優秀。




ただ、そのパーセンテージの低さが圧倒的なだけなんですね。この国。




さて、今日はそんな
インドネシアの教授のお話なんですが、この間、ローカルラジオ放送で、このように話している教授がいました。






こんな話↓






「私は、アメリカのアフガン攻撃に対しては、実のところ、反対している」






「ああ、こいつもか」と思ってしまいました。




もちろんアメリカのやってることは結局、
「全世界アメリカニズム」にすることですし、イスラム世界から見たらそれは好ましくないし、我々、日本国民としても「何を勝手な」という思いはあります。




ですが、テロリストをタリバンが隠すから、戦争になってしまったという一面もありますし、テロリスト撲滅のためには
いたしかたないこと。




んで、僕はインドネシアで一部起こっている原理主義的運動の方に頭をたてていたので、「この教授も結局、インドネシア人だ。世界状況が見えてね〜! 今は、アフガン国民を苦しめもしているタリバンを倒すのが先決だろ! このバカチンが!」とか思っていたのですね。




ところが。その教授はラジオでこう言ったのでした。












私がアメリカの攻撃に反対しているのは、もちろん、罪もない人を巻き込む可能性があるからだけではない。









もし、アメリカがこのままアフガン攻撃を続けるなら、、
インドネシア人は世界の情勢がまるでわかってないバカが多いから、意味もわからず「ジハードジハード」と暴れるやつが増えてしまうじゃないか!














わははははは!




す、鋭すぎるぞ、この教授!






この教授はさらにこう続けました。






もしインドネシアのバカが暴れ続けたら、インドネシアの経済、またガタ落ちだ!









アメリカが、発展途上国でしかもイスラム国であるインドネシアにはお金で動く
バカが多いし、意味もわからず暴れるボケナスが多いということを理解してないとなると、アメリカは世界の平和を守っているとはいえない!!
















パチパチパチ!













いやあ! こんな斬新な、「反アメリカコメント」初めてです!




っちゅーか、
ウケ狙いじゃないかとまで思ってしまいました。




読み書きもろくにできず、戦地でセックスばっかりしてる
アメリカ兵や、目を血走らせて「報復!」とか言ってるブッシーさんなんかよりは数段、センスがいい!




そのへんの、女子大生の尻ばっか触っている日本のハゲ教授なんかより、100倍リアリストかつ、愛国者です。




あまりに暇だからといって、カーデガンの
毛玉をぶちぶち取ったり、うんこの拭き具合を指先確認しているような暇があったら、みなさんも、このような、身のあるコントな会話を考えましょう。




いや、
うんこはきちんと拭いたほうがいいでしょうけどね。






最後に名瀬潤からもアメリカさんへ一言。




アメリカよ!




インドネシアには
バカが多いそうだから、下手にアフガンを攻撃するのはやめてちょうだいね☆




それではみなさん、またよい一週間を!




←過去もコント目次        ぽこ☆あじTOP→