肺気胸(自然気胸)とは

肺気胸は再発性の高い肺の病気です。突然の胸の痛みは息切れが肺気胸の症状です。左右の肺を三度、肺気胸になった経験談などを綴ります。一般的には、自然気胸と言われています。


肺気胸とは >

肺気胸について

肺気胸とは、なんらかの原因で胸の膜に穴があき、肺が縮んでしまった状態の事をいいます。
もう少し詳しく説明すると、肺を覆う肺胸膜(内側の胸膜)と壁側胸膜(外側の胸膜)の間には胸膜腔があります。
この胸膜腔の圧力作用により肺は膨らむことができるわけです。
その圧力作用が働くなくなること、胸膜に穴が開いた状態になることにより肺気胸となります。
肺気胸のなかでも多いのが、胸にできたのう胞(空気の袋)が破裂して胸膜に穴が開く特発性の気胸です。
肺気胸は痩せ型の青年男子に多い病気ですが、のう胞ができやすいからのようです。ただ、なぜのう胞が出来やすいのか原因は分かっていません。
特殊な気胸に緊張性気胸があります。空気が一方的に胸膜腔に入り込み圧力を高め、肺を押しつぶし肺が著しく縮みます。これは、命にかかわりますので、早期診断、早期治療が望まれます。


自然気胸とは

一般的には、肺気胸とは呼ばれます。肺の病気であるからだと思われます。
しかし、正式名称ではなく、「自然気胸」が病名です。または、「気胸」と呼ばれます。


肺気胸の症状

肺気胸の症状は、突然の胸の痛み、突然の息切れです。
これらはなんの前触れもなく訪れますので、肺気胸は自然気胸などと呼ばれます。また、気胸とだけ呼ばれます。
一般的には肺の病気であることから、肺気胸と呼ばれます。
症状には大小がありますが、軽度の場合は軽い痛みでまったく問題ないですが、重度の痛みの場合は少し歩くだけでも息切れを起こしますし、安静にしていても息切れがある場合も。


肺気胸の予防

肺気胸に予防法はありません。


肺気胸の診断

胸の痛みと息切れの症状が出て、痩せ型の場合は、ほぼ肺気胸とみて間違いないでしょう。
手指で胸をたたく打診をすると鼓音がポンポンしたり、聴診器を当てても呼吸音が小さかったり、聞き取りにくかったら肺気胸と診断されます。
もっとも確実なのは、胸部X線写真です。肺の縮み具合で肺気胸と診断出来ます。
緊張性気胸では、血圧が低下し脈が速くなり、チアノーゼが出てきます。迅速に処置しないと命にかかわります。


肺気胸の治療

肺気胸でも軽度の場合は、自然治癒を図ります。胸膜に開いた穴が小さいと空気の漏れも少なく、一週間ぐらいで自然に胸膜が修復される可能性があります。
中度以上では、胸膜腔から空気を抜いてやる処置をとります。体の側面に小さな穴を開け、そこから胸膜腔へチューブを差し込んで空気を抜いてやります。空気を抜くと肺が膨らみ、息切れが治まります。この処置で経過観察し、治りが悪ければ手術となります。
重度の肺気胸では手術が必要です。手術では肺の破れたところを修復する作業が行われます。従来は開胸手術を行っていましたが、現在では胸腔鏡という内視鏡を用いた手術が主流となっています。メリットとして、入院期間の短縮、疼痛(とうつう)が少ない、など。


肺気胸のマメ知識

肺気胸の再発

肺気胸に再発はつきもの。
当サイトの管理人は、三度も肺気胸にお世話になりました。
すべて学生時代でしたが、夏休みに入った初日。そのまま入院となりチューブを指して二週間の入院期間を要しました。
二度目は一年後でしたが、その時は自然治癒で治りました。肺気胸になった瞬間は、「例のやつか?」と即座に分かりましたね。
それから更に一年後になりましたが、その時も自然治癒で治りました。
あれから十数年が経ちますが、再発はしてませんね。肺気胸になりやすい、青年男子じゃなくなったからでしょうか?

肺気胸の死亡率

肺気胸の死亡率に関する統計的なデータは見つかりません。
ただ、死亡するケースはまれのようですので、死亡率は1%にも満たないのでしょうか???
そうはいっても再発する可能性の高い肺気胸、用心するに越したことはありません。

肺気胸のお見舞い

肺気胸で入院した友人や知人などへのお見舞いに関して。
入院はしてますが、至って普通の生活を送れます。
ただ、手術の後は、少し遠慮したほうがいいかも?
それ以外は、することもなくボケっとするのが入院生活ですので、暇つぶしにでも付き合ってあげると非常に喜ばれます。
お見舞いの品ですが、特に避けたほうがいいものはなく、食べ物でも飲み物でもなんでもいいと思います。
ただ、お見舞いの品で果物を貰うことがありますが、あれは迷惑ですね。
自分では自発的に食べることができないので、誰かにあげるか???処分しなければいけませんから。

芸能人の自然気胸

嵐の相葉雅紀さん、ナインティナインの矢部浩之さんなどが自然気胸で入院したことがあります。


肺気胸とは >