PM                  プロマネWiki

                 Project Management Factory|活動内容Profileご利用条件

△更新2018年1月23

 

【SE稼業は忘己利他】 

技術評論社のサイトにて掲載中です。

カード版【SE稼業は忘己利他】もご利用ください。

 


 

【コミュニケーション】

◎【あなたはなぜヒトの話しを聞けないのか】2017.5.22

『ヘタレのためのケンカの作法』2017.01.18(全75頁)

開発ドキュメントの期待される姿2011.7.16

プロマネ(コミュニケーション文書編)2010.6.8 

プロマネ(コミュニケーション会話編)2010.1.29 

 

【改善活動】

【カイゼン活動カタログ】 2016.12.05

プロマネ(改革アプローチ編2009.5.11

【リスクマネジメント】

【空戦のエースに学ぶ「プロマネ行動の原則」】 2017年11月24日

◎【プロマネバトル100戦】2017.08.20

今日のチェックリスト】2017.7.30

◎【SEプロマネ愚行録】全編まとめ版(全58頁)2017.06.07

◎【リスクヘッジ クイックリファレンス】(全75頁)2017. 2.22

  【要件定義書リスク_クイック・リファレンス】2016.11.5

【設計製造評価リ スク_クイックリファレンス】 2016.11.14

  『ソフトウェア開発メソッド クイックリファレンス2016.10.29

『プロスペクト理論とソフトウェア開発』2016.10.24

行動経済学用語集

2016.11.11

『銀の弾丸チェックリスト』(リスク管理総集編)2016.10.15(全107頁)

『プロジェクトレスキューマニュアル』(全109頁)2016.10.01

フ゜ロシ゛ェクトリスク回避実行編2011.8.2

フ゜ロシ゛ェクト失敗回避マニュアル2011.6.14

フ゜ロシ゛ェクト振り返りマニュアル2011.5.12

「失敗の本質」(野中郁次郎)2007.8.18

 

 

 

 

 

 

 

 















Yahoo!ジオシティーズ

連載開始:2018年1月8日 更新:2018.1.23

第1章 【事前準備】 成功の枠組みを決定する事前準備

【妥当性の発揮<事前準備プロセス>】

 事前準備における妥当性の発揮に関する活動には以下の4項目がある。

1.自覚の喚起

 自分のことは自分が一番分かっていそうなものだが、実際は自分のことが一番分からないものだ。

 貧乏暇なしで日々の仕事に追いまくられていると全く自分のことを振り返る余裕もなく、ちょっと

した幸運に有頂天になったかと思えば、ちょっとした失敗に深く落胆し気持ちの落ち着く暇もない。

このような一喜一憂を繰り返しているうちに仕事をしている意味を見失うような状態に陥ることも

少なからずある。

 自覚ということは自分に目覚めるということであるが、どのように目覚めるのかということについてテレビ

ドラマ「女王の教室」(2005年、日本テレビ放映)でのせりふを思い出してみたい。

 24人の6年生の子供たちに悪魔のような女性鬼教師は次のように語った。

 「いいかげん目覚めなさい。人生に不安があるのは当たり前。大事なのは、そのせいで自信を失ったり

根も葉もないうわさに乗ったり、人を傷つけたりしない事です。分からないものを分かった様な顔をして

無理に納得する必要はないんです。それより今をもっと見つめなさい。

(中略)くやしかったら自分の力で何とかするのね。誰にも頼らず自分だけの力で。

 あなた達は何か気にくわない事があると親が悪い、教師が悪い、友達が悪いと人のせいにして。

 いいかげん目覚めなさい。

 そんな事ばかりしていると自分では何も考えられない思考停止人間になるだけよ。何かつらい事が

有ったときにあなた達にできる事なんかはせいぜい目をつぶる事くらいじゃない。でも目を閉じても問題

は消えてなくならないわよ。目を開けたときに事態はもっと悪くなっているだけ。」


   【分かっちゃいるけどやめられない 24の悪癖】 連載中 更新:2018年1月23日

悪癖12.丸投げ癖

【丸投げ癖 こころの処方箋】

丸投げ癖】 ◎時間がなければ時間を買え

 プロジェクトは時間が足りませんという声に満ちている。ではどうしているのかと見ればダメなプロジェクトは

時間切れタイムアウトということでQCD未達の結果を招いている。時間が足りないのならどうして時間を

買わないのだろうか。時間を買うということは自分たちの能力の及ばない部分について能力を持った人の

時間を買うということだ。タイムアウトになる前に必要な人材を組織の内外を問わずに求める必要がある。

【同時多処理法】

 一人の人間の能力には限りがある。全部自分でやろうとするのでなく、イベントに強い人、調査のプロなど、

それぞれの分野の専門家にお願いすることで時間も短縮できる。その道のプロと呼ばれる人と一緒に働くことは

、刺激にもなります。重要なのは丸投げは絶対に避けること。たとえば企画などの肝の部分は、自分が考え

抜く。自分はこういうことをしたい、ということをちゃんと伝えて一緒にやるのでないと、結果的に自分自身の

経験やノウハウになりません。

(増淵正明、プレジデント2004.6.14号『時間とムダの科学』)


◎連載中 プロマネ折々のことば #85/365 2018年1月23日アーカイブス

【話すべき相手を間違えないこと】

三者がからむ仕事において自分が直接相手にすべき相手は誰かということをしっかりと認識すべきであり、

そうでない相手を選んだ場合は必ず混乱が生じる。

【精神的な最短距離】

自分の心Aと他人の心Bの間に別の人物Cがいるときは、AとBの間の最短距離を選ぼう。

(G.M.ワインバーグ、「人間の斜辺の仮説」)


ときどきコラム】 更新:2017年12月10 

アーカイブスはこちらから



 

【品質】

◎『100分de分かる品質の作り込み2017.12.31 

【アジャイル】    

◎セブンイレブンのビジネスとアジャイル20170922

アジャイルソフトウェア開発スクラム2014.07.31

セフ゛ンイレフ゛ンとアシ゛ャイルスクラム2011.4.17 

【タイムマネジメント】

【クイックアクションのすすめ】(全5頁)2016.12.24

3倍高速&高品質開発2011.8.2

顧客価値ヘ゛ースによる効率的ソフトウェア開発2011.7.12

プロマネ(時間編)2008.6.28

「超整理法時間編」(野口由悠紀雄)2007.9.8

 

【格言・語録集】

◎【空戦のエースに学ぶ「プロマネ行動の原則」】

プロマネいろは歌留多

2017.07.26

【任侠いろは歌留多】2017.6.1

迷宮突破の365話』2016.10.21(全212頁)

元気の出る語録集2010.1.28

 【特別コーナー】

PM能力自己診断テスト

★80点以上取れるかな!

 

 

 

 

 

 

 

【日本人の行動原理】

◎【『日本_一つの試論』(ラフカディオ・ハーン著)を読む】(全58頁)2017.3.15

『プロジェクトマネジメント 仕法モデル2015.09.20

『パンドラの箱と論語』2014.7.16

『六つのパワー総括編』2014.7.6

継承循環の実行』2014.7.6

『相互性の実行』2014.7.5

『柔軟性の獲得』2014.7.3

『科学的合理性の獲得』2014.06.24

『妥当性』2014.06.24

自律性とジャイロ』2014.06.24

『現状を打開する六つの行動原理』2014.05.27

『フレームワークで読み解く日本人の行動原理』2014.05.18

『菊と刀』再考2014.05.18

日本_一つの試論』(小泉八雲著抜粋)2014.0518

『日本の伝統的行動規範2014.0513

「二宮翁夜話」(福住正兄)2014.07.31

乱世を生き抜くための「行動の原則」2013.9.3

常識の研究」山本七平)2010.4.23

「安心・安全の心理学海保博之)2009.3.27

「道は開ける」D.カーネギー)2008.3.18

「心の潜在力フ゜ラシーホ゛効果広瀬弘忠)2008.1.19

 

プロマネ概論】

プロマネsBeAmbitious2010.10.1

プロマネ(品質編)2007.12.17  

 

プロマネ(お金編)2008.1.15

 

ソフトウエアの法則(木下恂)2007.9.9

 

それは私の担当ではありません(ピーター・グレン)2007.9.4

 

組織論】

◎【IT組織 失敗の方程式〜分断と丸投げの行き着く所】 (全50頁)2017.5.18

『組織崩壊の一里塚』2016.12.31

 

『多重請負構造の問題点』2014.07.28

 

日本株式会社の深層崩壊2011.12.9

 

日本の組織』2014.05.18

 

循環再生の法則2012.10.14

 

日本人と組織」山本七平)2010.3.27

 

プロマネ(組織&文化編)2009.5.11