B'zとの出会い

 

  

小学校時代。

何気なく見ていた歌番組。

1992年のシングルセールスのTOP100をやっていた。

その年の年間シングルセールス第2位にランクイン

していたのがB'zの『BLOWIN'』。

「いい歌だ」

真っ先にそう思った。

しかしこのときまだB'zというアーティストのことも

存在もよく知らなかった。

歌がいいと思っただけでまだB'zという名前も

このとき覚えたわけじゃなった。

だけどこのときのインパクトは今でもはっきり覚えている。

でもまさかその後ファンクラブに入るほどに

好きになるアーティストとなるとは想像もしていなかった。

 

 

 

『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』

「なげ〜タイトルだなぁ〜。」

このときはまだこの程度の感想しか持たず。

この曲もB'zの定位置となる初登場第1位。

この曲も「BLOWIN'」を歌っているB'zのものだとは知らなかった。

この曲をB'z好きの友達の家で聴かせてもらったのを

覚えている。

その友達や、所属していた少年野球チームの

先輩もB'z好きだった。

この時はまだ俺はこう思っていた。

「B'zってそんないいのかぁ??」

 

 

 

 

中学1年のとき。

世間よりも遅く『LOVE PHANTOM』をレンタルで

借りたら超イイと思った。

そしてその際「BLOWIN'」もB'zが歌っていると初めて知る。

小学生の頃に感動したあの「BLOWIN'」を歌っていたのは

B'zだったのか!

それがきっかけでB'zのさまざまなシングル曲を借りてきて

聴きまくる。

「超イイ!!」

どの曲を聴いてもそう思った!

こんなすばらしいアーティストの曲をレンタルではダメだ!!

CDを買おう!

と息巻いてレンタルしたCDもすべて購入する。

「B'zってイイ!!」

俺の中でのB'z熱がここで一気にヒートアップ!!

何度聴きまくったかわからない。

 

 

 

1998年。

B'z初となるオフィシャルベストアルバムが

発売されることが決定!!

テンションがあがりまくった!!

シングルはけっこう買ったがまだ聴いたことのない

シングル曲もいっぱいある。

【B'z The Best "Pleasure"】の収録曲の中でも、

『裸足の女神』や『Don't Leave Me』や

『Bad Communication』など、

まだまだ聴いたことのない代表曲もいっぱいある!

早く欲しい!!

発売日が待ち遠しかった。

クラスのみんなにも買うよう宣伝しまくってた。

 

 

そして発売日。

たくさんの特典と一緒にCD購入。

そして聴きまくる。

買ったばかりのCDウォークマンでも聴きまくる。

このベストアルバム発売当初、ちょうど学校の

テスト期間だったのを覚えている。

そんなことはおかまいなしに聴きまくってた。

そしてこのときに衝撃を受けた曲、それが『裸足の女神』だった。

正直『裸足の女神』は他のB'zの曲の数々の中では

そんなにイイ曲ではないんだろうなぁ〜と

勝手に思っていた。

だからCDをレンタルも購入もしたことなかった。

このベストアルバムで初めて聴いた。

 

 

 

 

今でも『裸足の女神』を初めて聴いたときの衝撃を

はっきり覚えている。

だからこそ『裸足の女神』が自分の中で一番思い入れのある

曲となった。

このベストアルバムが決定的となった!

この年にB'zファンクラブ[B'z Party]に入会!!

 

 

 

翌年、高校に入学した1999年。

ついに人生初のB'z LIVE-GYM!

その年に発売されたアルバム【Brotherhood】のツアー。

一曲目『ギリギリchop』。

遠かったけど初めて生で見た稲葉さんと松本さん。

初めて生で聴いた稲葉さんの声と松本さんのギター。

 

 

 

2006年。

アルバム【MONSTER】収録の『ALL-OUT ATTACK』のPV収録。

観客エキストラに奇跡の当選!

リアルに目と鼻の先という距離でB'zのお二人と

サポートメンバーの皆様を拝んでしまった。

そしてB'zのファンになって早数年となっていたが、

この時ついにB'zのお二人にタッチしてしまった!!

このときの感激は一生もの!!

「あの日のことは夢だったんじゃないのか!?」と

自問自答してみたくなってしまうほどの出来事だった!

 

 

 

  

いまや俺の人生において重要な位置付けとなったB'z。

死ぬまで好きでい続けるだろう。

 

 

B'zの曲を聴いたときやライブに行ったとき、

いつも心からこう思う。

 

 

 

B'zを好きになって良かった☆

 

 

 

トップへ