20.[祝20回!(20周年だけに♪)]

B'z20周年の日

 

 

 

1988/09/21。

この日、B'zというロックバンドが産声をあげた。

 

 

 

 

ちょうど20年後。

時は2008/09/21。

俺は今、ちょうど20年を迎えた記念すべきこの日、その記念すべきライブに参加している。

 

 

 

 

20年・・・

なんと長いことでしょう。

自分が5歳のとき、僕らファンにとってなくてはならないお二人がデビューを飾った。

 

 

 

 

繰り返すが、そのまさに20年を迎えたこの日のライブ、自分は本当にいろいろな感情がこみ上げてきた。

もはやB'zは体の一部、人生の一部。

大げさではなく、本当にB'zというものが存在しなかったら、

今頃自分の人生はどこまで現在と違っていたのだろうかと本気で思う。

 

B'zの曲一つ一つを生で聴き、その都度いろいろな想いが駆け巡り、

時に興奮し、時に感動し、それが涙となってライブ中何度も頬を流れた。

 

 

 

辛いとき、楽しいとき、どんなときでも、自分の傍らにはいつもB'zの音楽があった。

どれだけ支えられたかは表現できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

2008/09/21、この日のライブに参加できて良かった。

この日で良かった。

この日ライブ会場にいた他のファンの方々も、同じように思っているのではないだろうか。

 

本当に多くのファンに愛されているB'z。

皆自分と同じ気持ちでB'zを想っているのだろう。

B'zファンは自分の仲間でもある。

Brotherhood。

多くの良きファンの方々と、ずっとB'zを応援してこれたことを誇りに思う。

そしてこれからも、そんなファンの方々と一緒にまたB'zの音楽を聴き続け、応援していきたい。

 

 

 

 

このちょうど20年を迎えたライブの際、思ったことはこれ以外にない。

 

B'zを好きになって本当に良かった☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B'zのお二人へ

20年間お疲れ様でした。

これまで、自分の人生の至るところでお二人の音楽に支えられてきました。

どんなに感謝しても感謝し尽くせません。

本当にありがとうございました。

これからも、なにがあろうとお二人をずっとずっと応援し続けます。

次の20年へ向け、これからも頑張ってください。

お二人のおかげで、自分も頑張れるのです。

このメッセージが届かなかろうが、いつもお二人への感謝は忘れていません。

また、ライブでお会いしましょう☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B'zのお二人、

Brotherの皆様、

ありがとございます。

 

これからもまた☆☆

 

 

 

 

 

 

※翌日の地元の会社の最終面接は、その日のうちに結果の電話があり、見事受かって内定をGETしたのであった☆

やっぱB'zのお二人から前日にパワーもらったおかげだな♪

ということで、この会社に入社することが決定!

めでたしめでたし☆☆

 

 

  前の画面に戻る        トップへ