japagatop
japagajp●yahoo.co.jpjp
news Biography Works Exhibitions Blog


江津 匡士  ごうづ ただし

1970年生まれ、長野県出身。
1995年多摩美術大学デザイン科卒業。
1996年アートユニット、ザ・ビークルを結成し第5回「大アート展」において「家電収納表層家具しらかば」が審査員特別賞を受賞。
国内外で多数の展示を行う傍らビークルを母体としたデザイン会社を設立、デザイナーとして勤務する。
現在独立しデザイン業と平行して日本少女を題材にした作品群「ジャパガ」を制作している。
2003年より、映画、舞台劇中映像に美術監督として数多く参加。
主な作品に第57回ベルリン国際映画祭正式出品作品「カインの末裔」、
宝塚歌劇団『薔薇の封印』、東宝ミュージカル『エリザベート』『モーツァルト!』、愛・地球博/瀬戸日本館『一粒の種』アニメーション製作 他。






『女生徒』
文豪・太宰治の隠れた名作と呼ばれる『女生徒』を、 新進気鋭の映像作家「奥秀太郎」と、画家「江津匡士」が画ニメ化。
* DVD 画ニメ「女生徒」原作:太宰治 作画・美術監督 東映アニメーションより発売中-
A movie "joseito"-
The masterpiece ' schoolgirl ' of Osamu Dazai director Syutaro Oku and artist Tadashi Gozu animation conversion. Presently the plan under way.




桜図案研究所 (サクラズアンケンキュウジョ)
印刷を用いたデザインツールの企画、制作をメインとし多様な分野のクリエイティブに関わっております。シンプルかつ独創的なビジュアル、そして的確なデザインによる視覚伝達をモットーに活動しております。



個展
1996

・「ジャパガ」カフェギャラリー宵待草(吉祥寺、東京)
1997 ・「THE VEHICLE モトラマ」モリスギャラリー (銀座、東京)
・「THE VEHICLE In The Familyway」モリスギャラリー (銀座、東京)
2000 ・「JAPAGA 2000」ギャラリーツープラス(日本橋 、東京)
・「THE VEHICLE トウキヨラマ」 現代美術製作所(墨田区、東京)
2001 ・「JaPaGa 2001」ギャラリーフォレスト(銀座 、東京)
2003 ・個展「衣萌」カフェギャラリー宵待草(吉祥寺、東京)
2004 ・個展「日本娘印」カフェギャラリー宵待草(吉祥寺、東京)
2005 ・個展 カフェギャラリー宵待草(吉祥寺、東京)
・個展「JaPaGa」Hapworth16(吉祥寺、東京)
2012 ・「JAPAGA-日本少女画譜-」展 ヴァニラ画廊(銀座、東京)

グループ展
1992 ・「POTOS展」 永谷ギャラリー(銀座、東京)
1993

・「POTOS2展」 東京芸術劇場(池袋、東京)
1994 ・「POTOS3展」 東京芸術劇場(池袋、東京)
1999 ・「Art in Livingroom」 現代美術製作所(墨田区、東京)
・とっておきの扇子展4リビングデザインセンターOZONE(新宿 、東京)
・「Tokyo Tatami Space」(川崎、神奈川)
・「PHOTO×FRAME」リビングデザインセンターOZONE(新宿 、東京)
2000 ・「2000系」グラフィックステーション(原宿 、東京)
2001 ・「What the defference between...?」
クンストビューロ他3会場(ウィーン、オーストリア)
・「BEST12」-Showtime at the Factory-
・現代美術製作所(墨田区、東京)
2002 ・カケルフク展 リビングデザインセンターOZONE(新宿 、東京)
2005 ・「美少女展」マリアの心臓(渋谷、東京)
2010 ・「アリス展」マリアの心臓(渋谷、東京)
・「谷根千界隈の文学と挿絵展
周辺を舞台にした“ものがたり”」 弥生美術館(文京区、東京)
2011 ・「セーラー服コンプレックス」ビリケンギャラリー(青山、東京)
・「海の聖母展」マリアの心臓(渋谷、東京)
・「Arrivederci Maria Cuore」マリアの心臓(渋谷、東京)
・「吉屋信子「花物語」に寄せて」画廊 珈琲 Zaroff(渋谷、東京)
ギャラリー亞廊(福岡)
2012 ・「セーラー服コンプレックス2」ビリケンギャラリー(青山、東京)
・「Anotherへのオマージュ− 眼球と少女たち −」
Bunkamura Gallery(渋谷、東京)
・《英国文学十四行詩集 》vol.1 ディケンズの夢〜『大いなる遺産』と『クリスマス・キャロル』 画廊 珈琲 Zaroff(渋谷、東京)
・「吉屋信子「花物語」に寄せて 其の2」画廊 珈琲 Zaroff(渋谷、東京)

入選・受賞暦
1996 ・第22回現代童画展 奨励賞 東京都美術館(上野、東京)
・第5回ソニーアートビジネス・オーデション石井竜也賞
(THE VEHICLEしらかば)ラフォーレ原宿(原宿、東京)
1997 ・JACAグランプリ97日本ビジュアルアート展入選
1998 ・第22回現代童画展 出版美術学研賞 東京都美術館(上野、東京)
2003 ・第29回現代童画展 奨励賞 東京都美術館(上野、東京)





Tadashi Gozu

1970 born in Matsumoto-shi, Nagano
1995 Tama art university graphic design graduation
1995. He formed the art unit, “The Vehicle”, in 1996 and won the jury’s special prize of the 5th “Great Art Exhibition” with the work “Kaden Shuno Hyoso Kagu Shirakaba”. As well as exhibiting domestically and overseas, he formed a design company based on “The Vehicle” and worked for this company as a designer. Now he is a free designer and creating the works “Japaga” which features Japanese girls. Since 2003,he is doing work of the movie and stage. His works are “AKA-SEN”(as a chief designer), “Bara no Fuin” (Takarazuka Revue “Moon” troupe), “Elisabeth” and “Mozart!”(TOHO musical), visual design of “Run, Merusu!” (NODA・MAP), Akinori Nakagawa’s Live Act “himself”, Kazunori Kumagai’s “TAP MAN”(as a stage design), animation of “GUNDOKU, group recitation: Epic poetic drama “Seeds of ”(EXPO2005 AICHI JAPAN, Japan Pavilion).




1998-2012 Tadashi Gozu All Rights Reserved.