「神栖ヒ素汚染」資料リンク集

環境省資料

発掘されたコンクリート様の塊。
クリックすると拡大します。1200x848。
内容は中間報告<追補版>の2参照
クリックすると拡大 1200x848

《 HTML化で読みやすく 》

環境庁のPDFファイルの一部を、操作が軽いHTMLファイルにしました。読み易く引用などもし易くなるようにと思ったからです。しかし、最新のPCマシーンをお持ちの方には、PDFファイルのままでも、それほどの不便が無いのかもしれません。

茨城県神栖町における汚染メカニズム解明のための調査中間報告書
<概要版>  <全文版>  <追補版>

茨城県神栖町における有機ヒ素化合物汚染等への今後の取組について


《 環境省サイト 》

環境省のホームページ

毒ガス弾等とは何か 〜旧日本軍製造の毒ガス兵器〜

旧軍毒ガス弾等の対策について

旧軍毒ガス弾等の発見・被災状況、クリックすると拡大 441x556
クリックすると拡大 441x556

昭和48年の「旧軍毒ガス弾等の全国調査」のフォローアップ調査

同上 サイト「環境化学情報」よりFlashPaper変換版
PDFより格段に読み易いけど文字や画像のコピーはできません

国内における毒ガス弾等に関する総合調査検討会(第12回)
資料5: B/C事案に関する評価結果について
資料6: D事案及び新規事案について


茨城県と神栖市のサイト

茨城県のホームページ

茨城県の「環境いばらき」
立派なコンテンツだが神栖のヒ素中毒への記述はない。
「神栖町における有機ヒ素汚染源調査についてのお知らせ(PDF)」へのリンクもあるが半年以上前の号だ。

神栖市のホームページ

神栖市:有機ヒ素化合物による地下水の汚染について(一覧)
住民に一番近いところから
被害の経緯がわかりやすく、ここから読むことにした


Webで見つけた参考資料へのリンク

《 事件の経緯 》

茨城県のサイト:神栖町木崎地区の飲用井戸ヒ素汚染について
これまでの経過等 (H15.8.1更新)
報道発表資料

神栖町のヒ素被害  石井講師の診断が端緒
茨城大学新聞(6.16. 2003)

地図:神栖市木崎、クリックすると拡大 500x500
クリックすると拡大 500x500

(資料49)研究所関係新聞記事一覧(PDF 32KB)
国立環境研究所

米から有機ヒ素化合物フェニルメチルアルシン酸(PMAA)が検出されたという発表について
平成16年12月14日 厚生労働省医薬食品局食品安全部

生体試料から有機ヒ素化合物フェニルメチルアルシン酸が検出されたという発表について
平成17年5月10日 厚生労働省医薬食品局食品安全部

- 茨城県神栖町の4ヶ所の水田の平成15年産米を常食していた人の体内から検出 -


《 汚染源が絞られる 》

神栖町におけるヒ素含有コンクリート様の塊の発見について
環境省 平成17年1月14日

「神栖町井戸水ヒ素汚染−汚染源ほぼ確定か?
−もしこれが正しいなら、茨城県の責任は大きい−」

中西準子 雑感245-2004.2.5

「環境省頑張れ! 神栖井戸水ヒ素汚染」
中西準子 雑感299-2005.4.12


《 中間報告をめぐって 》

汚染源はコンクリ塊 茨城ヒ素問題、廃棄物処理法適用へ
朝日新聞 2005年06月29日

井戸水の汚染源は投棄コンクリ塊 茨城・神栖
SankeiECO 6/29

冤罪の説明責任は?
退屈をブッつぶせ!

- 毒ガスは無関係と早とちりか -

平成5年以降に埋められたもの?
神栖町で新たにヒ素を含むコンクリート様の塊発見

EICネット(国内ニュース) 2005.07.22

- 環境省中間報告、後から出た<追補版>の解説 -

神栖ヒ素 投棄者を告訴へ 別のコンクリ塊も発見
茨城新聞 2005/07/13(水)

ヒ素汚染で県警に告訴状 神栖住民、殺人未遂などで
共同通信 - 8月3日17時37分

神栖ヒ素 コンクリ塊の一部押収 県警が現場検証
2005/10/22(土) 茨城新聞


《 陸軍の毒ガス製造 》

毒ガス島歴史研究所
広島県大久野島の毒ガス工場のこと
中国での毒ガス弾使用と廃棄のこと
毒ガス問題全般の研究と史料の宝庫

ルイサイト製造工室
(大きな写真と説明は下記サイトで) ルイサイト製造工室内部
(大きな写真と説明は下記サイトで)

秘録 大久野島の記/服部 忠著
毒ガス工場生産現場の写真も多数


《  海軍の毒ガス製造 》

相模海軍工廠(戦後撮影)
説明は下記サイトで

かながわの学徒勤労動員(2)
『有隣』 393号
勤労動員された中学4年の生徒が イペリット爆弾をつくっていた


《 日中戦争での毒ガス弾 》

記念講演:「中国遺棄毒ガス調査について」
中央大学教授 吉見義明 1996年1月28日

中国大陸の毒ガス弾について。だれが遺棄したのか?
西村眞悟の時事通信 平成15年9月30日

ソ連軍に『毒ガス』弾をちゃんと引き渡したはず、記録が残っていないのもソ連や中国のせいだ

84歳元日本兵「毒ガス弾埋めた」 東京高裁で「償いの証言席に」
東京新聞夕刊 04.11.30

中隊長に呼ばれ、『部隊本部から命令があった。ソ連軍に毒ガス弾を押収されないように、穴を掘ってすべて埋めろ』と

昭和12年11月
南京へと行軍する歩兵第16師団第9連隊

毒ガス戦
「きい」は使用されたか / 中国軍の「毒ガス」使用 / 「あか」は「合法」か
ゆう "小さな資料集"


《 戦後の毒ガス処理と遺棄 》

「毒ガス」の捨て方 -『告白的「航空化学戦」始末記』より
思考錯誤掲示板投稿

AUSTRALIAN WAR MEMORIAL PHOTOGRAPH DATABASE
オーストラリア戦争記念館の写真データベース(英文)
入り口で「OKUNOSHIMA」を Searchすると
大久野島での戦後処理時の写真90枚と解説がある

遺棄化学兵器は今(国内編)

遺棄化学兵器は今(海外編)

中央に見えるのが「赤筒」。
クシャミ性の毒ガス「赤1号」(ジフェニール・シアンアルシン)を軽石の粉に付着させ、この筒に詰め、点火とともに煙を出す。
詳細は下記ページで。

大久野島の9個の大赤筒
1999年3月、大久野島の旧防空壕から大赤筒9本が発見されました


《 総合情報 》

毒ガスの過去・現在・未来を考え旧日本軍の被害者をサポートする会
・毒ガス兵器の過去と現在  ・ニュースリリース  ・資料パンフ紹介など

ここは常石のホームページです
基本的に文字ばかりです

 

内閣府資料

内閣府のホームページ

ハルバ嶺での発掘調査の模様。
 大きな写真や説明は、
 下記『概要』参照のこと。

遺棄化学兵器処理担当室
概要  トピックス  資料
中国における遺棄化学兵器に対する日本政府のとりくみ

外務省へリンク
化学兵器禁止条約(CWC)

 

《 番外編 》

人体を内側から焼く 「ウィリー・ピート」
イラク戦争で『白燐弾』が使われた=イタリア国営テレビが放映した番組

白リン弾とアカ筒
常石ブログ 2005年12月 3日 (土)

白リン弾:米軍がイラクで民間人に使用疑惑
Mainichi >国際 2005年2005年11月30日

 

Google ロゴからGoogleの説明へのリンク
サイト内
WWW内

| Home pageに戻る | Page top へ |

 

誤りのご指摘、ご意見やクレームはメールでどうぞ
Copyright © 2005- [pippo]. All rights reserved.