ハチの干潟調査隊
上関原発を考える広島20代の会
上関原発を考える広島20代の会
広島県知事選候補者に対しての公開質問状の回答が届きました!!
 広島県知事選候補者5人に対しての公開質問状の回答が戻ってきました。このたび、上関原発を考える広島20代の会も共同で、県内の市民団体と公開質問状を出しました。

投票日は11月8日です。選挙で私たちの意見を反映させましょう。

広島県知事候補者アンケート集計pdf
公開質問状別紙 湯崎氏回答.pdf

なお、公開質問状については、このページの今後の動き★というところにアップしていますので、ご参照ください。
 ★★ カンパ協力をよろしくお願いします。 ★★
 現地での阻止行動を今後も続けていくにあたり、物資の供給の協力が必要です。ご協力おねがいします。
以下の使わなくなった物資があればぜひ、阻止行動に有効に使わして下さい。

LEDライト ・ 自動車用緊急保安炎筒(有効年数が切れたものでも可) ・ 船舶用緊急保安炎筒(有効年数が切れたものでも可) ・ ロウソク ・ ※テント ・ ※カヤック ・ ※パドル ・ ※ゴムボート ・ ※ダイビングスーツ

なお、※印が付いているものについては、物資の状況をお聞きしたいと思いますので、まず連絡をおねがいします。また、物資の届け先についても、電話連絡で受け付けています。よろしくお願いします。
連絡先:080-3882-2372(岡田)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 また、カンパを募っています。上関原発阻止行動に使わせていただきます。よろしくお願いします。

振込み先: 広島銀行 三原西支店 名義人・オカダカズキ 普通預金口座番号・3069271

なお、振込みをされた方は、お手数ですがメールにて連絡をおねがいします。
メール:Earth_166@hotmail.com
僕たちは、原発を背負いたくありません!!
 現地(山口県熊毛郡田名埠頭)での阻止行動も50日を経過しました。50日を迎えた日、明朝の日が昇る前に、7隻の台船がそれぞれに仮のブイを積んで原発予定地にブイを設置しました。しかし、本物のブイはまだ田名埠頭で私たちが阻止を続けています。この間、反原発の大集会があったり、申し入れがあったりと忙しい毎日でした。座り込みでの行動は大きな広がりを見せています。僕たちの熱い熱意が伝わるよう、活動を続けます。

 僕たちの世代は絶対に原発を背負っていきたくありません。今工事をしている人たちがいずれいなくなってしまったら、僕たちが後始末をしないといけないのです。もっと責任をもって判断してください。もう一度良く考えてみてください。普段電気を使っている以上、原子力発電は私たち一人ひとりの問題です。
虹のカヤック隊 陸上班 祝島島民の会
ブイの前で 全国から集まるメッセージ 若者がたくさん参加している
今後の動き★
● 公開質問状
任期満了に伴う広島県知事選に出馬表明をしている5人に対して、上関原子力発電所建設についての公開質問状を計画しています。公開質問状は共同で、回答はマスコミ各社へ公開することにしています。なお、公開質問状の結果は28日ごろに出ます。それを受けて、できるだけ早い時期にホームページへのアップを計画しています。

上関原発を考える広島20代の会
環瀬戸内海会議
環・太田川
原発はごめんだヒロシマ市民の会
鞆まちづくり工房
広島フィールドミュージアム
森と水と土を考える会

共同での公開質問状で4項目について質問しています。特に原発の問題を大きく取り上げています。
今回知事選に出馬する方の中には、資源エネルギー庁原子力産業課課長補佐の肩書きを持った方もいます。しっかりとした目で見極めて投票をすることが望まれます。
公開質問状(PDFファイル)県知事選公開質問状.pdf


● 嘆願書
中国電力が海上阻止行動をしている祝島島民の会38人とシーカヤック1人に対して妨害行為をしないようにとの仮処分申し立てをしました。このことに対して、未来につながる命を育てる会と共同で、申し立てをしないようにお願いする嘆願書を提出します。
山口県庁へ声を届けてきました。
 たくさんの賛同ありがとうございました。10月14日に山口県庁にて商政課の課長に20代の会の要望書を手渡しました。2週間あまりで広島県内に住む、20代を中心とした若者の賛同者が371人も集まりました。当日まで、山口県は申し入れを拒否してきました。県外ということと、市民団体すべてに対応できないという理由にならない理由でした。しかし、当日佐々木県議が掛け合ってくださり、ようやく県の方が対応をすることになりました。しかし、記者は入れない。答弁もしないとの条件により、私たちの意見が本当に知事のところまで届くのか不安が残ります。今後を担っていく私たちが、上関原発を自分の問題として捉え、意見を言うことはとても大切なことです。今後も輪を広げながら、広島県や広島市、中国電力などに対しても申し入れができたらと考えています。今後もよろしくお願いします。

 なお、申し入れの様子はYouTubeにて動画がアップされています。ぜひご覧ください。
申し入れの様子http://www.youtube.com/watch?v=IsPtrArNsCQ&feature=related
記者会見の様子http://www.youtube.com/watch?v=teLGHHG1CgY&feature=related

 山口県への申し入れの賛同ありがとうございました。メールにて賛同いただいた方の中には、返信ができないでいるものもあります。たくさんのメールに何とか対応したかったのですが、返信できなかった方本当にごめんなさい。ありがとうございました。

要望書(PDFファイル)山口県知事二井関成知事様 要望書2.pdf


新聞記事







賛同者を募っています!! 僕らの声を届けましょう。
 広島市から車で2時間ほどの距離、山口県上関町で原子力発電所建設工事が進められているのをご存知でしょうか?

 上関原子力発電所建設計画が持ち上がったのは、1982年のこと。私たち20代にとっては自分が生まれる前や、意思表示ができないほど幼い子どもの頃の話です。

 もし上関原発が建設されたら、そこで発電される電気のほとんどが、広島や関西方面へ消費されることになるそうです。私たちが使う電気が、原発によって発電された電気になります。原子力発電はCO2を排出しないクリーンなエネルギーとうたわれていますが、直接的に海水温度を膨大に上昇させ、さらには大量の核廃棄物が出ます。私たちが暮していく世の中が、ますます大変なものになってしまうのではないでしょうか?

 しかし、今ならまだ間に合います。今まさに埋め立て工事が進められようとしていますが、まだ地元の方をはじめ多くの人たちによる24時間体制の埋め立て阻止行動により食い止められています。

 山口県での世論調査では46%の人が原子力発電所建設に反対しており、24%の賛成を大きく上回っています。(2000年朝日新聞社世論調査)また、地元でも自分たちの生活と海を守るために、予定地から近くの祝島の島民たちをはじめ、多くの人が反対をしています。さらに、予定地には瀬戸内海の原風景とも言うべき豊かな自然が残り、絶滅が心配されているスナメリやカンムリウミスズメなど多数の生き物の楽園でもあります。上関原子力発電所はいったい誰のための発電所なのでしょうか?

 大きな権力に押し流されず、自分たちの強い意志を表示しなくてはなりません。
私たち20代は上関原発計画に反対です。山口県知事・広島県知事・さらには広島市長・中国電力にたいして計画の白紙をお願いしたいと思います。みなさんのご協力をお願いします。

賛同者呼びかけ文(PDFファイル)呼びかけ文.pdf


呼びかけ人
岡田 和樹(23歳) 広島県三原市幸崎町久和喜3045−1
山戸 明子(27歳) 広島県
遠藤 章人(27歳) 広島県廿日市市津田594
亀井 真希(32歳) 広島県


「上関原発を考える広島20代の会」公式ブログ http://hiroshima20.jugem.jp/
申し入れ内容(案)

@ 山口県上関町で計画されている原子力発電所建設に関わる埋め立て工事を中止し、計画の白紙撤回をしてください。

A 上関町の自然と地元の人たちの生活を取り戻してください。

B 第一次産業を尊重し、豊かな漁業と農業を支えてください。


参加の方法
賛同できる方は、10月12日までにメール 電話等で下記まで連絡ください。なお、12日以降も賛同者を募り、広島県庁や広島市などに申し入れに行きます。よろしくお願いします。
メールアドレス:earth_166@hotmail.com  電話:080-3882-2372(岡田)

尚、今回の申し入れの趣旨と有効性を高めるために、条件をつけてあります。この条件にかからない方には本当に申し訳ないと思いますが、ご理解ください。

賛同1: 広島県内に在住で、この会の趣旨に賛同してくださる中学生から35歳までの方を賛同者として要望書に連名集約させていただきます。

賛同2: また、山口県庁まで直接要望書を手渡しにいける参加者も募っています。

賛同1・賛同2どちらでも参加可能です。また、両方参加していただける方も募っています。参加できる方は、@名前、A住所、B年齢を記載して上記の連絡先までご連絡ください。尚個人情報については「上関原発を考える広島20代の会」の取り組み以外には使用せず、しっかりと管理します。よろしくお願いします。

その他、山口県の子どもを持つ母親たちを中心につくられた「未来につながる命を育てる会」が10月中に中国電力へ申し入れする予定です。こちらとも合流ができたらと思っています。こちらは、所在地・年齢などの制限はありません。こちらにも連名として参加される方は、その趣旨をお書きください。20代の会でもとりまとめをしています。
上関原子力発電所について


赤く記した●が山口県上関町の原子力発電建設予定地。広島市内からとても近く、瀬戸内海の玄関口にもなっている。この場所で原子力発電所ができてしまうと、隣の県に住む私たちにとっても大きな影響がある。ましてや、私たちが背負っていかなくてはならない大きな問題になってしまう。

Since 2008.2.27 『ハチの干潟調査隊ホームページ』is produced by okada kazuki
www.geocities.jp/pipipopo227/index.html