Homeopathy
**** Homeopathy: Champion of Pseudoscience ****

(ホメオパシー: 擬似科学の帝王)

If you notice any mistakes or errors on this website, please email us and we will publish a correction.
Please note that corrections will not be accepted unless accompanied by robust, peer-reviewed, scientific data
(This disclaimer is borrowed from the 10:23 campaign site)



Creative Commons License
(Crick for English description)
This site is licensed under a Creative Commons License.
(Crick for Japanese description)


"Homeopathy is one of the longest running forms of pseudoscience in the modern world. "

(Harriet Hall, MD at http://www.skeptic.com/eskeptic/09-01-14/)


ホメオパシーはしばしば漢方薬、あるいは生薬治療のような、薬草 herb を利用した医療であると誤解されている。それは誤りであり18世紀末期にSamuel Hahnemannが提唱して以来彼らなりの理論(実際には主張あるいは想像に過ぎないが)がある。その第一は、「症状を起こす原因となる物質が治療にも効果がある」とするThe Law of Similarsであり (Homeopathyはギリシャ語の homoios = similar と pathos = suffering or diseaseを組み合わせた言葉である)、睡眠障害に対してはカフェインが効果があるとするような考え方である。その第二は、「その物質を限りなく希釈を繰り返せば繰り返すほど薬効が増す」とするThe Law of Infinitesimals (無限小) である。極端な場合にはアボガドロ数 6.0221367 × 1023 mol-1に近いほど希釈を繰り返した結果、最初は溶液中に1モルあった分子も最終溶液中には1分子しか残っていない、というような状態になっている。その希釈度が高ければ高いほど薬効が高いと主張するのである。さらに奇怪なのは、第三の、「溶液を激しく振れば振るほど効果が高まる」、という主張である。

このようなホメオパシーの擬似科学性は、少なくとも中学、高校で化学、物理、数学、などを修了している学力があれば容易に見破ることが可能であるが、未だに世間で、特に海外で、大手を振って生き残っている。アメリカ合衆国においてはホメオパシーの実践家であった上院議員が1938年にFederal Food, Drug, and Cosmetic Actという法律を議会を通してしまい、ホメオパシーの薬局方という書物に記載されている物質を薬剤として認めるということになってしまった。その一方で、FDA(米国食品医薬品局、食料品や薬物の監督官庁)は他の薬剤と同様の厳しい基準ではホメオパシーの産物を審査しないという困った状況にある。最近では、わが日本においても我々の税金で運用されている健康保険制度でホメオパシーをカバーしろ、というような政治的な動きさえある。

更年期障害のごとき不定愁訴を毒にも薬にもならないただの水で治療してもらい、自分の財布から高額の請求に支払いをするのは、推奨できることではないが、自己責任の世界とも言える。しかし、胃癌、大腸癌、乳癌、白血病、膠原病、天然痘などの現代医学で救える可能性がある疾患の患者をホメオパシー治療師が抱えてしまい、診療所、病院に紹介しないことが海外で問題になっている。ちょうど、左肩から左上腕の痛みを訴える中年男性をカイロプラクティック治療師が抱えて治療しているうちに当該患者が心筋梗塞で急死する事態と類似している。一方、有効だ、と評判のホメオパシーの処方を科学的に分析してみたら、旧来の標準医療に使用されている認可済み薬剤を意図的に混ぜていたという報告もある。

現代の医療は科学的、客観的根拠に基づいて行われており (evidence-based medicine)、保険制度への採用に際してはその多くは専門家のpeer reviewの出版前審査がある国際雑誌、あるいは学会誌に掲載された論文を根拠にしている。薬剤の認可に当たってもプラセーボを含む厳密な対照を置いた培養、動物、そして臨床実験の結果という客観性科学性が判断の基盤に保障されている。そのような背景のもと、世界中の正統的な医学者、医者、科学者(Richard Dawkinsは下記の10:23 Campaign siteの中でThe Enemies of Reasonという講義をしている、http://www.1023.org.uk/videos.php)はホメオパティーに対する啓蒙を行っている。以下は英語圏におけるそのような活動を紹介するものである。ただし、誤解されないように追加すれば、これは植物などの生物から治療に有効な成分を科学的客観性を基礎として抽出するオーソドックスな研究に反対しているのではない。


[参考文献]

1. 2005年に英国の権威ある医学雑誌ランセット(Lancet)に掲載された論文においては、「今回の研究結果は、ホメオパシーにおける臨床的な効果とされるものは単なるプラセーボ(偽薬)効果にすぎないとするこれまでの見解に合致するものである。」 (Interpretation: This finding is compatible with the notion that the clinical effects of homoeopathy are placebo effects.) と結論付けていることを付記しておきたい。
Aijing Shang MD, Karin Huwiler-Müntener MD, Linda Nartey MD, Peter Jüni MD, Stephan Dörig, Jonathan AC Sterne PhD, Daniel Pewsner MD, Prof Matthias Egger MD: Are the clinical effects of homoeopathy placebo effects? Comparative study of placebo-controlled trials of homoeopathy and allopathy. Lancet 2005:366;726-732. (抄録はこちらを参照してください。)

2. 2007年のランセット(Lancet)には、医師と科学者の積極的な運動により、一部のホメオパシー病院において国家医療保険 (National Health System; NHS、税金で運営されている) の補助金が停止されるに至った経過が報道されている。ここにおいてはホメオパシーの推奨者たちが、HIV/AIDSに対してホメオパシーが有効であるという荒唐無稽の主張をしていることとともに、既にマラリア、チフス、デング熱、あるいは黄熱病などに対して彼らの処方がされているという危険な実態が明らかにされている。David Colquhounロンドン大学教授の「風邪にホメオパシーが効く、という嘘の主張はともかくとして、ホメオパシーがマラリアに効くという主張はまったく異なる(レベルの問題である)」との指摘はまことにもっともである。
Udani Samarasekera: Pressure grows against homoeopathy in the UK. Lancet 2007:370;1677-1678 (全文のpdfがダウンロードできます、簡単な登録を要求されるかもしれませんが無料です).

3. 更には英国議会の下院科学技術委員会は2010年2月8日に4回目の報告書を公表し、以下のように結論づけている (Science and Technology Committee - Fourth Report Evidence Check 2: Homeopathy4 の第1ページ)。

4. Conclusions

157. By providing homeopathy on the NHS and allowing MHRA licensing of products which subsequently appear on pharmacy shelves, the Government runs the risk of endorsing homeopathy as an efficacious system of medicine. To maintain patient trust, choice and safety, the Government should not endorse the use of placebo treatments, including homeopathy. Homeopathy should not be funded on the NHS and the MHRA should stop licensing homeopathic products (結論のページ).

NHS(国家医療保険)上にホメオパシーを提供し、最終的に薬局の棚に並ぶことになる製剤に対してMHRA (Medicine and Healthcare Products Regulatory Agency、 医薬品の安全性、効能などの水準維持に対して責任を負う英国政府の組織) の免許を与えることは、政府がホメオパシーに対して有効な (efficacious、定義が本文で詳細に記載されている) 体系であると承認する (endorse) リスクを負うことを意味する。患者の信頼、選択、安全を維持するために、政府はホメオパシーを含むプラセーボ治療の利用を承諾すべきではない (should not endorse)。ホメオパシーはNHSの補助金を与えられるべきではなく、MHRAはホメオパシー製品 (products) に対する免許を停止すべきである


5. オーストラリアの国立健康医学研究審議会 (National Health and Medical Research Council - NHMRC)は2014年の4月に「ホメオパティには病気を治療するのに効果があるとする信頼すべき証拠はなかった」とする答申(draft report)を出した。

NHMRC DRAFT INFORMATION PAPER: EVIDENCE ON THE EFFECTIVENESS OF HOMEOPATHY FOR TREATING HEALTH CONDITIONS [APRIL 2014]
Overall finding:"NHMRC concludes that the assessment of the evidence from research in humans does not show that homeopathy is effective for treating the range of health conditions considered."
オーストラリア ABC放送: "Homeopathy: National Health and Medical Research Council says Australians 'wasting money' with the alternative therapy"

英国 The Guardian: "Homeopathy is bunk, study says - Medical experts tested research and treatments for 68 conditions and found they had no impact"



[インターネット上の啓蒙的なサイト]

1. Homeopathyがなぜ働くか(How does homeopathy work? It doesn't! ,,,, 実際にはまったく働かない)の紹介、解説のページは

The 10:23 Campaign


(ページの下の細かい活字のdisclaimer部分が 味わい深いので見落とさないでくださいね。左下 のthe 10:23 Homeopathyのアイコンをクリックする とサイトに入ります)

2. Homeopathy 医療の実態を辛辣に風刺したBBC (英国放送協会、1927年設立の英国の公営放送) の番組の Youtube編集版は

That Mitchell and Webb Look: Homeopathic A&E

(Hilarious sketch from the fourth episode of series three of 'That Mitchell and Webb Look.' )


上記のThat Mitchell and Webb Look: Homeopathic A&Eの英語脚本は以下のごとくです。小田原医師会とみず眼科矢吹淳先生が聴き取って作成した英語の脚本を、長谷川が北米の病理専門医のメーリングリストPatho-Lに紹介し、King's Englishの母国、英国の病理医J.C.氏 (Consultant Pathologist, Lanarkshire, U.K.) がご親切に監修してくれたものです。

----[Script, start]------------------------------------

- What have we got?
- RTA [Road Traffic Accident], broken arm, suspected internal injuries, severe contusions to the head.
- Okay, we need to move fast... Prep me a solution of arnica montana stat.
- Strength?
- One part in a million...
- Are you sure? It looks serious!
- You're right. We need to strengthen the dose, one part in ten million!
- On it, Doctor.
- What have you got ... [uninterpretable]
- Nothing we can't handle. Get me some wolfs bane also known as monkshood in here, and a whole tray of flower remedies!
- Whoa, his Chakras are fading. He needs some crystals.
- Nurse, fetch me some purple scinted quartz.
- [Hmm..]
- Dammit, you're right. Make that aquamarine quartz.
- Good call.
- Okay, he is stabilizing. Now, does anybody know what sort of car hits him?
- Blue Ford Mondeo, apparently.
- Right. get me a bit of blue Ford Mondeo, put it in water, shake it, dilute it, shake it again, dilute it again, do some more shaking, dilute it more, then put three drops on his tongue. If that doesn't cure him, I don't know what will...

-----------------------------------------------
- [????] look at this, Simon.
- What is it?
- I don't think this chap has got long to live.
- Why not?
- His lifeline. Very short... And his horoscope is not too clever, either: "Sagittarius. Brace yourself for a surprise. Things are about to change for you."
- [They..] certainly are, unless... wait!
- What?
- We could try drawing a bit more lifeline on with Biro.
- It will never work!
- You got a better idea? Let's see what happens.
- Huh! Dammit! Time of death: three thirty-four. ..ish! [= about 3:34, since he is reading the time from a sun dial]

-----------------------------------------------
- Tough day, ehh?.
- I just can't stand losing them.
- It happens.
- I don't know, but sometimes I think a trace solution of deadly nightshade or statistically negligible quantity of arsenic just isn't enough?
- That's crazy talk, Simon. Okay, so you kill the odd patient with cancer or heart disease or bronchitis, flu, chicken pox, or measles. But when someone comes in with a vague sense of unease or a touch of the nerves or even just more money than sense, you'll be there for them, with a bottle of basically just water in one hand and a huge invoice in the other.
- I suppose, you're right.

- Now, how about a drink?
- I need one.
- Excuse me! Two more homeopathic lagers, please! [lager=type of beer, homeopathic, because only a drop of the beer is diluted into a pint glass of water]
- Whoa. That's strong stuff.

----[Script, end]----------------------------------

3. その他、Homeopathyの問題点、実態を記載したページは

Homeopathy: The Ultimate Fake by Stephen Barrett, M.D.

Your Skeptical Guide to Homeopathic History, Theories, and Current Practices Operated by Stephen Barrett, M.D.

Homeopathy - Still Crazy After All These Years by Harriet Hall, MD

Science-based Medicine

The Healthfraud Discussion List, a forum for discussing frauds, quackery, and unscientific health matters




Back to Home Page (Translocated new web host)

2010-2014 Akio Hasegawa, MD
version 1.06 2014/5/13