右上の的は一番よく使われるタイプの的です、
長距離(60m70m90m)では直径122p
短距離(30m50m)では直径80pの的を使用、またインドアでは直径40pのものを使います
一番外側から1点、中心に向うほど高くなり、
最高点は10点です、但し10点の中にはもう一つ小さな円があります、インナー10(エックス)
と言い、10点に変わりはありませんが、同点の
時、的中数が多い方が有利になります

競技について

1.的(ターゲット)

  当たり前かもしれませんがアーチェリーは
  的を狙い競い合います、ここでは主に使わ
  れる2種類の的について説明します

右下の的はフィールド競技で使われるタイプの的です、使われる的のサイズは弓の種類や競技の内容によって細かく分かれますが、20p40p
60p80pの4種類があります 一番外側から
1点、最高点は6点です
屋外の平坦な場所で男子90,70,50,30m、女子70,60,50,30mから各36射合計144射するのがアウトドアターゲットラウンドです。シングルラウンドまたはFITAラウンドとも呼ばれます。長距離は6本の矢を4分以内に6回、短距離は3本の矢を2分以内(1エンドといいます)に12回射ち得点を競います。
 
日本選手権は上記が予選となり、上位男子32名、
女子16名が決勝に進み、トーナメント方式で勝者を
決めます。この時は70mを18射(準々決勝以上は
12射)で争います。

 
このほか70mを72射する競技方法や50m30mを各36射するハーフラウンドなどは小さい大会によく用いられます。
アウトドアがオフシーズンの冬に室内で行われるターゲット競技です、距離はほとんど18mで行われます。
 1エンド3射で20回合計60射で行われます。通常
40p的を使いますが、最近では5点以下の部分をカットした的(直径20p)を縦に3つ並べて使っています
この場合3本の矢をそれぞれの的に1本ずつ撃たなければなりません。
 
特別なルールとしてコンパウンドボウのみですが
インナー10のみが10点と採点されます。
アウトドア同様決勝ラウンドがトーナメントで行われますが、距離が18mで行われる以外ほとんど同様です。

野に設置されたの標的を順に射って、採点しながら回ります。的までの距離を表示している(マークド)と表示されてない(アンマークド)競技方法があり全日本選手権などの大会などでは両方を合わせて予選を行います。
24の標的に各3本の矢を射ち、合計得点を競います
満点は一つの標的で18点、24の標的で432点になります。自然の中を歩きながらショットするというゴルフの感覚を合わせた楽しい種目です.
皆さんも是非挑戦してみて下さい。
@
A
B
C
D
E
F
G
H
I点の
エリア
ここもI点
ですが
特別にX
(エックス)
と呼びます
A
大きく分けて5つに分類できます
@アウトドア Aインドア Bフィールド C3D
Dスキーアーチェリーに分かれますが、
この内一般的な
@ABについて説明します
@
D点の
エリア
ここは
 E
A
2.種 目
C
B
@
@アウトドア
Aインドア
Bフィールド
 ここでは一般的な採点の仕方と記入方法を説明します。
各標的には得点記録員がいることになっているのですが
現実には競技者が兼ねる場合も多く、この場合同じ的を
使用する競技者同士で、記録・確認等相互にその責任を
持たなければならないことになっています。具体的には

自分の矢は自分で点数を読みあげ、他の競技者が
スコアーを記入する
ということになります。
 スコアカードはそれぞれの大会によって多少様式は
違いますが参考までに記入例の一部を示しておきます
 1〜10およびX(エックス)の英数字を記入しますが
的をはずした矢はM(ミス)と記入します。必ず高い得点
から順に記入しなければなりません。
 注意事項として、
採点が終わるまでは矢と的に触れる
ことはできません。一度書いた得点は勝手には訂正
できません
、必ず審判員に要請します
3.得点のつけ方
 1  2  3  小計  累計
@ 10  9  7  26  −
A 10 10  8  28  54
B  9  7  5  22  76
C  X 10  8  28 104
D  8  6  M  14 118
E  9  8  7  24 142
X=1本 10=5本 total 142
競技者 サイン
記録員 サイン