薩長同盟の政治 − 『竜馬がゆく』の歴史認識

『竜馬がゆく』をどう読むかは、司馬遼太郎の歴史認識をどう捉えるかという判断に直結する問題で あり、すなわち司馬遼太郎の思想とどう向かい合うかという問題になる。簡単に言えば、一方の極に、 あれは歴史とは無縁な荒唐無稽な大衆向け娯楽活劇だという評価があり、他方の極に、これこそまさ に真の歴史であるという主張がある。その両極の間に引かれた線分のどこか一点に自己の判断を位置 しなければならない。このポジショニングは結構難しい問題だと思われるが、これまでのところを言 えば、あれは真実の歴史ではあるまいという醒めた見方から、これこそ間違いなく幕末の実像を描いた歴 史であるという確信に立脚点を変動させてきたのが、自分自身の率直な事実に他ならない。そしてそ れは、若い頃の自分からすれば意外な変容であり視座の転換と言える。以前は、歴史の実証性や理論 性の要素に重きを置き、歴史の物語性や主観性に対して否定的な傾向があった。歴史小説家よりも歴 史学者の語る歴史を、より信用して聴く姿勢を保持していた。

『竜馬がゆく』が特別に歴史離れした印象が強いのは、作品の創作的要素のせいよりもむしろ坂本竜 馬の実像そのものが現実離れしているためなのだ。「天に意思がある。としか、この若者の場合、思 えない。天が、この国の歴史の混乱を収拾するためにこの若者を地上に下し、その使命がおわったと き惜しげもなく天へ召しかえした。若者はその歴史の扉をその手で押し、そして未来へ押しあげた」。 これは有名なラストの叙述だが、幕末の歴史に接近すれば接近するほど、そして歴史とは何かという 問題を考えれば考えるほど、この司馬遼太郎の言葉は、単なる文学的感傷を超えて、強い説得力をもっ て心に打ち響いてくる。坂本竜馬の奇跡は明治維新の奇跡でもあり、坂本竜馬の例外性は明治維新の 偶然性でもある。どう考えても明治維新は必然的な歴史的風景ではなく、偶然的で幸運的な人間ドラ マの果実であり、その偶然と奇跡の中核に坂本龍馬がいる。明治維新の成果と恩恵を受けていると感 じる現代の日本人は、その幸運に感謝する態度を持つべきだ。

龍馬がいなければ、薩長同盟は成し得なかっただろう。薩長同盟が成立しなければ、倒幕はなく、明 治維新の姿はなかった。その場合、革命長州は滅ぼされ、京で慶喜と久光の薩幕政権が樹立されただ ろうと想像する。薩摩はすでに強力な軍事勢力であり、幕府と組むも幕府を討つも自由であり、この 政局がどう転んでも勢力を失う事態はなく、どのような形態の新政権ができても、薩摩はその中枢の一 角を占める情勢にあった。薩長同盟は前提においてイーブンな同盟ではない。薩摩には慶喜の 構造改革路線と組むカードがあったのであり、長州と組んで革命をやるか、幕府と組んで改革をやるか、 どちらを取るかは藩首脳の意思決定次第であったのだ。一方の長州は、薩長同盟が実らねば、藩が滅 んでそれで終わりだった。長州にはカードは無かったのである。薩藩首脳の決断一つ。首脳とは西 郷吉之助である。西郷が薩長同盟を選択したのは、それを仲介したのが龍馬だったからとしか理由づけ できない。他であれば、西郷を革命のギャンブルに導くことは不可能だった。

久光と慶喜の薩幕政権。封建制の保守については久光が代表し、慶喜が上から近代化を遂行するポス ト徳川幕藩体制の新国家日本のイマジネーション。そのような日本の「近代」の出発点をイフヒスト リーとして想像する。その延長線上に自ずと予想されるのは、清朝末期の光緒帝の戊戌変法とか、李朝 末期の大院君の甲午改革とその頓挫であり、すなわち相当に屈折した奇怪な体制と構造の東アジアの 半近代国家が船出して、外においては国際政治の荒波に翻弄され、内においては民衆反乱とその鎮圧 で疲労し、後世の日本国民がそれを誇り高く認識できない、奇妙で卑弱な歴史が織り成されたであろう という確信である。無論、西郷がこの政治的賭博に応じたのは、単に愛すべき龍馬の仲介というだけ ではなく、この同盟に土佐も入れて、つまりいずれは土佐も長州と同様に革命派がクーデターを成功 させて藩政の実権を握るかも知れないという計算もあったということだろう。

薩長同盟を締結しても、局面の中でその気になれば薩摩は同盟を破棄できる。長州にその非を咎め る実力はない。またその秘密が仮に幕府に発覚したとしても、薩摩が幕府に討滅される心配はない。 慶喜の構造改革路線には薩摩は必須の存在なのであって、この政局において薩摩以上に政治的に優 越した立場の勢力は存在しないのである。それが薩長同盟の政治だろう。西郷からすれば長州と土佐 を自陣営に引き入れたことになり、龍馬からすれば薩摩を幕府から引き離して実力ある革命勢力を作 ったことになる。薩長同盟が成立した時点で革命は半ば成り、近代日本の歴史は屈折と歪育の危機を 免れた。龍馬を西郷に引き合わせるのは勝である。勝と龍馬の出会い、龍馬と西郷との出会いは劇的 だが、しかしそれは、人物と人物の出会いが無ければビジネスの成功がない我々の卑近な現実と同じ ものであり、それがスケールの大きな歴史ドラマとして演じられたに過ぎない。我々自身が偶然 の出会いによって自己を実現している。『竜馬がゆく』は空想物語ではない。