バンクーバーのぶつくさ男        The Mumbling Man in Vancouver
HOME  ぶつくさ目録 バンクーバー     情報  日本情報  ハイテク情報  ネットで   音楽を
コンピュータのすすめ
あまり頻繁にコンピュータを使わない人にも役に立つコンピュータ情報

☆「コンピュータ役立ち情報」の書き込み量が増えて動きが鈍くなったので、別ページにした。2016.01.30
ソフトウェアとウェブサイト テレビ電話、地球儀、地図など、主に無料ソフトを紹介。
ショートカットキー 数あるショートカットキーから使用頻度の高いものを集めた。
コンピュータ・テクニック集 トップページに掲載したコンピュータ・テクニックのまとめ。
パソコン習得関連サイト パソコンを習得した人たちのための情報。特に、中高年者への情報サイトをリストアップ。
<以下は、別ページで>
Vivaldi Internet Explorer や Google Chrome よりも使いやすいウェブブラウザ
コンピュータ役立ち情報  知っておくと便利なコンピュータ情報。 
スカイプ SKYPE "ご存知"インターネットテレビ電話
表計算ソフト比較 表計算ソフトは Excel が有名だが、実は他にもある。しかも無料だ。
Windows 10 & 8.1 研究  Windows 10 の便利テクニックなどをまとめた。また、以前からあった 8.1 についてもそのまま残した。

ソフトウェアとウェブサイト

最近は無料ソフトウェアやウェブサイトのサービスがとても便利になってきている。特に便利そうなものを以下にあげたが、これらのほとんどを私は使っている。

(注)無料ソフトウェアにはウィルスの混入が全くないとはいえないので、ダウンロードは自己責任で行われたし。ほとんどのソフトウェアは問題ないが、あまり名前の知られていないソフトウェアには注意が必要だ。
セキュリティ・最適化 ファイル管理 通信・動画・画像・音楽 仕事・事務
ウィルス対策 ファイル格納・共有 通信・テレビ電話 オフィス・パッケージ
スパイウェア・マルウェア対策 ファイル転送  写真  コピー&切り取り
迷惑メール対策 ファイル復元 動画・テレビ  付箋・メモ 
コンピュータ最適化 ファイル形式変換 メディアプレーヤー
強制アンインストール YouTube関連
言語・タイピング・地図 音楽 その他
  日本語入力 画面共有 仮想ドライブ
閲覧 タイピング練習 圧縮解凍 
ブラウザ 地図 ロック解除
PDF閲覧&作成 発音 遊び
ホームページ作成 飛行機情報


種類 ソフトウェア&
 ウェブサイト
詳細
飛行機情報 Flightradar24.com

世界のどこを飛行機が飛んでいるかを調べることができる。使い方は以下のとおり。

①マウスホイールを前後に回すと、地図がズームインしたりズームアウトしたりする。
②飛行機マーク上にカーソルを置くと便名が見える。
③便名をクリックすると、左側に便の詳細が表示される。
④詳細欄には、中程で横に並んで、Show Route、Follow Aircraft、3D(Cockpit View)、Shareの4つのボタンがあり、飛行ルートを確認したり、飛行機を追跡したり、コックピットからの視界が(デジタル的に)見られたり、情報を人に送ったりすることができる。


飛行機マークの黄色とオレンジ色の区別は以下のとおり。
黄色=航空機から発信される電波情報ADS-Bに基づく位置情報で、リアルタイム表示される。
オレンジ色=アメリカ合衆国やカナダの領空内をカバーするFAA(アメリカ連邦航空局)のデータに基づく位置情報で、5分遅れで表示される。

発音 howjsay.com

検索欄に英単語を書き込んで Enter キーを押すだけで、発音が出てくる。発音はアメリカ英語とイギリス英語が両方出てくる。たとえば、eitheradvertisement を検索してみれば、それが分かる。なお、繰り返し聞きたい場合は、カーソルを単語からいったん離した後、再度、単語の上に置けばいい。

遊び Quick Bridge 

コントラクトブリッジの無料ソフト Quick Bridge がけっこう使えそうだ。ときどき、変なビッディングが行われることがあるが、かなり頻繁にソフトウェアを更新しているらしいから、じきに改良されるだろう。先日も、新バージョン3.3が出て、以前はカードがかなり小さかったのが改良されて、大きなカードになって見やすくなった。

付箋・メモ Evernote Evernote(エバーノート)は、ノートを取るように情報を蓄積するソフトウェアないしウェブサービスである。パーソナルコンピュータやスマートフォン(高機能携帯電話)向けの個人用ドキュメント管理システムとも言える。開発・提供の会社はエバーノート社である。
ホームページ作成 Microsoft Expression Web 4 SP2 (無料版)

ダウンロード
以前のホームページ作成ソフト Microsoft Frontpage を元にして作られた。Expression Web は、現在無料でダウンロードできる。新しいバージョンは開発されていない。

ファイル形式変換  Any Video Converter さまざまな動画形式をAVI、WMV、MP4、MPEG-1、MPEG-2、FLV、SWF、MKV、3GP と3G2 などポータブル プレイヤー(iPod、iPhone5s、iPhone5c、iPhone5、PSP、ウォークマンなど)、携帯電話(Google Nexus One、NookHD/HD+、BlackBerry 、Nokia )、ゲーム機(PS3、Xbox360、Wii)用の形式に変換することができます。好みのキャプチャー、オーディオ言語、字幕などを選択できます。

音楽 Free Audio Dub 簡単に不要部分のカットが行える音声加工ソフト。対応するファイル形式はMP3、WAV、AAC、M4A、OGGなど広範。

ファイル復元 EaseUS Data Recovery Wizard 誤って削除してしまったファイルを復元できるソフト。
参考サイト:窓の杜「プレビューできるファイル復元ソフト・・・」

DataRecovery ごみ箱から削除したファイルを復元できるソフト。

PDF  PDF-XChange Viewer
PDF 閲覧ソフト
複数のPDF文書をタブで切り替え表示できるほか、開いているすべてのタブをサムネイル表示することも可能。私は Foxitを長らく使っていたが、Foxit がうまく作動しないことがあって、こちらに切り替えた。

<レターサイズで印刷をかけると下のほうが切れてしまう問題>
「印刷」ウィンドウの「ページ処理」で、「PDFのページサイズに合わせて用紙を選択」のチェックマークを外せば、うまくいくかもしれない。

<参考サイト:窓の杜「PDF-XChange Viewer」

Foxit
PDF 閲覧ソフト
読むだけでなく、書き込みができるのが特徴。たとえば、テキストや付せん、図形などを貼り付けられる。また、元のPDF文書に用意されたインタラクティブフォームだけでなく、記入欄が線で提示されただけの部分にも文字を書き込める。

<レターサイズで印刷をかけると下のほうが切れてしまう問題>
「印刷」ウィンドウの「ページ処理」で、「PDFのページサイズに合わせて用紙を選択」のチェックマークを外せば、うまくいくかもしれない。

<参考サイト:窓の杜

doPDF
PDFファイル作成ソフト
シンプルで軽快な動作のPDF作成ソフト。使い方も簡単。仮想プリンターとしてWindowsに組み込まれるので、プリンターに“doPDF v5”を選択して印刷実行すればOK。

<参考サイト:窓の杜

圧縮解凍 Lhaca 
解凍ソフト
Windows の圧縮機能で圧縮したファイルをこれで解凍できる。XP以前の Windows には解凍機能があるから、このソフトは必要ないが、Vista 以降では解凍機能がない場合がある。その時に、このソフトが役立つ。
ファイル転送      firestorage  
ファイル転送
オンラインストレージ
ファイルの最大容量250MB。使い方は以下のとおり。

firestorageで、「著作権侵害や違法なファイル・URLではない (利用規約)」にチェックマークを入れる。
②「アップロード」をクリック。
*クリックする前に、必要に応じて「保存期間」を変更する。
③転送したいフォルダを選択して、アップロード開始。
*複数のファイル(写真など)を送る場合は、それらが入ったフォルダごと圧縮すると一度に送れる。もちろん、受信者はフォルダを解凍する必要がある。
④アップロード終了後、表示されたURLをコピー。
⑤URLをメールで転送先の相手に送る。

データ便
ファイル転送
サイズ(バイト数)の大きな写真や音楽を送るときに便利。以下のような送付方法がある。

無料(登録なし)  100メガバイトまで
無料(登録済み)  300メガバイトまで
有料         1ギガまで

圧縮ファイルの場合、正常に送れないことがあるが、どうやら使用するブラウザによるようだ。

画面共有   TeamViewer 
画面共有ソフト

インストール
Windows 用 
Mac 用




参考YouTube
2分くらいの動画がいくつか連続して映され、TeamViewerの使い方をかなり丁寧に説明している。
これを使うと、相手の画面を自分のコンピュータ上に映し、しかも操作までできる。コンピュータ操作を教えあうのに便利。

スカイプと併用するのが便利。Teamviewer 自体にもビデオ会話やタイプチャットの機能はついているが使いにくい。


<使い方:相手の画面を見て操作する>

相手の「使用中のID」と「パスワード」使って相手の画面に入ることができる。詳しくは次の通り。

①スカイプで通話する。
②双方でTeamViewer を立ち上げる。
③相手から「使用中のID」を教えてもらい、それを「パートナーID」欄に記入して、Enterキーを押す。
④「パスワード」を要求するウィンドウが出る。
⑤相手から「パスワード」を教えてもらい、それを「パスワード」欄に記入して、Enterキーを押す。なお、パスワードは毎回変わるため、それを使って相手が知らない間にコンピュータに侵入することはできない。
⑥相手の画面が表示され操作できるようになる。



<ハウリングを消す>


スカイプを併用した接続では、スカイプのハウリングが発生して会話にならないことがある。これを消すには、以下の方法を取る(2015年11月の11.0.51091 Beta版以降の場合

通信 → インターネット電話の開始 → 音声設定 → 音声会議 → (音声のプレイバック → 音量) → 「ミュート」にチェックマークを入れる。

ただし、古いバージョンの場合は、以下の操作で消せる。
「音声/動画」をクリックし→「コンピュータでの音声」のチェックマークを外す。


<相手のカーソルを見る>

通常の接続では相手のカーソルは見ることができないが、以下の方法で見ることができるようになる。
表示→「リモートカーソルを表示」にチェックマークをいれる。


<Teamviewer を終了する>

自分の画面を相手に見せていた場合は、下図の X 印をクリックすれば終了できる。
 
ただし、 をクリックすることによって、画面右端で の形に最小化されている場合は、ボタンをクリックして最大化してから、X 印をクリックする。

私はよく、Teamviewer を使って友だちのコンピュータ操作をヘルプするが、Teamviewer を終了するのを忘れてしまうことがある。そうすると、20~30分も経ってから接続状態に気付いたりして、まるで相手を覗き見し続けていたような結果になる・・・(^^;)。実際には、自分のコンピュータでは他のプログラムを立ち上げていて相手の画面は見ていないから、そんな意図はまったくないのだが・・・。ともかく、そのようなわけで、できるだけ相手にも終了方法を覚えてもらっている。



<永久パスワードを使う方法>


永久パスワードを設定して
他人に教えれば、相手が好きな時に遠隔操作することができる。永久パスワードの設定方法は以下のとおり。(注意)当然のことだが、永久パスワードは信頼できる人にだけ教えること。

(2015年11月の11.0.51091 Beta版以降の場合)
(Teamviewer の画面で)接続 → 無人アクセスのセットアップ → (「無人アクセス」画面で)新しいパスワードを二度入力 → 終了
(その後、Teamviewer の画面に戻って)「Windows と同時に Teamviewer を・・・」にチェックマークを入れる

(2015年10月以前のバージョンの場合は)
(Teamviewer の画面で)パーマネントアクセスの設定 → (「パーマネントアクセスの設定」画面で)パスワードを二度入力 → 「Windows と同時に Teamviewer を起動」にチェックマークを入れる →  OK

こちらのサイトにも図入りで同様の説明あり)



ファイル格納・共有  Dropbox 
格納・共有ソフト
指定フォルダ内のファイルをネットを介して自動同期・共有する格納ソフトウェア。ファイルは複数パソコンでの自動同期や複数のユーザー同士での共有が可能。2GBまでは無料・・・人に紹介すると250MBずつ増える。また、このソフトはデータ・バックアップ用としても便利だ。自分のコンピュータが壊れても、自分のDropbox アカウントに保存しておいたデータは、新しいコンピュータに取り込める。

インストールはこちらから。
そのサイトの矢印をクリックすると、Dropbox とはどんなものかの説明を動画で説明してくれる。

<参考サイト:マイコミジャーナル・Drpobox の使い方>

<削除したファイルも復元できる>
2015.09.19 あやまって削除してしまったファイルも、30日以内なら復元が可能であることを知った。詳しくはこちら

オフィス・パッケージ  LibreOffice 
オフィスソフト
「OpenOffice.org」から派生した。

文書作成、表計算などMicrosoft Office の機能がほとんどそろっている。
OpenOffice.org が2010年に、米 Sun Microsystems から Oracle に売却されたことを受けて、プロジェクトの独立性を守るために OpenOffice から派生した無料パッケージ。2012.05現在、私はこれを使っている。表計算ソフト Calc カルクの使用方法については、「表計算(エクセル&カルク)小技集」を参照。

なお、LibreOffice では Microsoft Office のファイル形式を使ってファイルを作ることが可能だ。たとえば、Libre Office で Word や Excel のファイル形式でファイルを作成し、それを Microsoft Office を使っている人に送ることができる。

インストール上の注意:OpenOffice を使用している場合は、それを先にアンインストールしてから LibreOffice をインストールすること。さもないと、不具合が発生する可能性がある・・・私の場合、実際に不具合があった。

参考サイト:窓の杜
OpenOffice 
オフィスソフト
文書作成、表計算などMicrosoft Office の機能がほとんどそろっている。
Microsoft Office に代わるオフィス・パッケージで、ワープロ、表計算など、ほとんどのオフィス用ソフトが入っている無料パッケージ。

何年もバージョンアップが行われず、文字が重なって読めないなど、いくつかの問題が放置されたままになっていたが、最近(2012.05現在)、新バージョン“Apache OpenOffice 3.4”を発表した。


写真 Ralpha
写真の一括リサイズ
Eメールに写真を添付して送ろうとする際、写真が大きすぎて送信そのものが出来なかったり、送れたとしても受け取る側が迷惑したりすることがある。そんなとき、複数の写真を一括して小さくできるソフトウェアがあれば便利だが、Ralpha がそれを可能にしている。インストールでの注意点は以下のとおりだ。

①ダウンロードサイトをクリックするだけでダウンロードのためのダイアログボックスが出てくるはず。それが出たら「開く」ボタンか「保存]ボタンをクリックしてダウンロードを開始する。
なお、ダウンロードサイトの下方にある「ダウンロード開始」ボタンは、全く別のソフト(KINGSOFT Internet Security 2014)のものだから、クリックしないこと。
②もし、ダイアログが出なかったら、「Ralpha_140412.zip をダウンロードしています」のあたりをクリックすれば、ダイアログボックスが出てくる。
③ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルなので、解凍作業(ダウンロードファイルを右クリック→[すべて展開]をクリック)が必要。

解凍後、以下の手順でデスクトップにショートカットアイコンを作成しておくと、便利かもしれない。
Ralphaファイル(アプリケーション 2,298KB)を右クリック → 送る → デスクトップ(ショートカットを作成)


私は、とりあえず以下の手順で使ってみた・・・他にもいろいろな使い方があるようだが、以下の操作だけでも十分使える。

①「倍率」を任意の%に設定する。
とりあえず、30%にしてみた。
②[ファイル]→[ファイルをリストに追加]または[フォルダごとリストに追加]、とクリックして、リサイズしたい(複数の)写真を選択する。
③[実行]ボタン([倍率]の右にある緑色横向きUターンの形)をクリックする。
④これで、元の写真ファイルと同じ場所に、一括リサイズされた写真が入ったフォルダができる。

PhotoScape
写真編集
トリミングや、一括リサイズ・補正、印刷、結合・分割などの機能も搭載する写真編集ソフト。

Picasa
写真閲覧・編集ソフト
写真の整理、検索、加工、バックアップ、印刷、YouTube 動画作成などの各種機能がある。私が主に使用する機能は次の通り。
*写真の加工(切り取り、レタッチ、明るさ、自動コントラスト、シャドウなど)。
*「Picasa ウェブアルバム」を使って、オンラインアルバムを作成。
*「ムービープレゼンテーションを作成」ボタンで、(音楽付き)スライドショーを作成。
*動画や(音楽付き)スライドショーを ボタンひとつで YouTube にアップロード。

動画・テレビ DVD Flick 幅広い動画フォーマットに対応したDVD 作成ソフト。自分でカメラ撮影した動画を、DVDに取り込めるファイル形式に変換できる。

Dailymotion
動画共有サイト
YouTube と同じで、動画をアップロードして友だちと共有できる。
KeyHole TV
テレビ送受信ソフト
インターネット経由で日本のテレビやラジオを無料で視聴できる。インストール手順は次の通り(Windows 使用の場合)。インストール(Windows用)はこちらから。

自分で映像送信したい人は、KeyHoleTVで「発信者用ソフト」をダウンロードする。
Youtube関連 YouTube Song Downloader
YouTube動画のダウンロード
YouTube から、動画または音楽だけをダウンロードすることができ、また、動画と音楽を別々に同時にダウンロードすることも簡単にできる。使い方については、こちらを参照。

なお、使い始めに英語で「新バージョンがあります。ダウンロードしますか」とメッセージが出ることがある。その場合、Yes をクリックして“新バージョン”をインストールしないと、正常に作動しないことがある。

(注意)このソフトとよく似た名前のソフトに YTD Video Downloader と YTD Youtube Downloader があるが、これらにはウィルスやマルウェアが入っているとの情報があるので、要注意だ。

メディアプレーヤー VLC
メディアプレーヤー・ソフト
Windows メディアプレーヤーやリアルプレイヤーと同様の機能を持つ、メディアプレーヤー・ソフト。

インストールはこちらから(マックはこちら)。途中で、言語選択が出るので日本語も選択できる。

* VLCをインストールすると、Windows メディアプレーヤーの作動に影響が出る場合があるようだ。

通信  スカイプ Skype
テレビ電話
無料のインターネット・テレビ電話。インストールと登録はいたって簡単。10人までの会議通話が可能。ファイル転送など付随機能も便利で、音質は電話よりいい。詳しくはこちら

Google Talk 
テレビ電話
Google のインスタントメッセンジャーで、テキストチャットとボイスチャットができる。また、英語版の最新版ではファイル送信機能が追加されている。Gmailと連携していてGmailの操作画面でGoogleトークのユーザーとメッセージのやり取りが出来る。将来的にはAIMやSkypeなどのサービスと互換性を持つ予定が公表されている。
地図  Google Earth
地球儀ソフト
Google Earth(グーグルアース)はバーチャル地球儀ソフト。まるでISS(国際宇宙ステーション)から地球を見ているかのような気分になる・・・(*^_^*)。 なお、以前は有料だった Google Earth Pro も現在は無料で使える。

<関連サイト>
Google Earth Official Channel

OpenStreetMap (Japan) 
地図作成サービス
オープン・ストリート・マップ(英語:OpenStreetMap、OSM)は自由に利用でき、なおかつ編集機能のある世界地図を作るための共同作業プロジェクト。GPS機能を持った携帯端末、空中写真やほかの無料機具からのデータをもとに作られていくのが基本である。
ブラウザ  Vivaldi
Opera の創業者が新たに開発中のブラウザ。
Opera が v. 12 まで持っていた特殊機能の多くを引き継ぐと言われるブラウザ。特に、Operaが「ウェブ検索」と呼ぶ機能が搭載されているのが嬉しい。まだ、お試し版しだが使い勝手はかなりよくて、すでに私のメインブラウザとなった。  2015.05.21
Opera オペラ
検索に強いブラウザ
タブ機能を最初に搭載するなど、独特の機能を搭載したブラウザだが、v. 12 を最後に大幅な変更が加えられて、“Operaらしさ”が多少薄れてきている。
コピー&切り取り Clibor クリップボード履歴ソフト。下のペースターと同じで、コピーや切り取りした語句を一度に数十個保存し、任意の語句を貼り付けることができる。また、メールアドレスや住所など、好みの定型文を保存することもできる。

(注意)インストール後、設定で「自動貼り付けを有効にする」にチェックマークを入れないと、貼り付けできない。手順は次の通り。
タスクバー上のCliborアイコン(右端時計の近く)を右クリック→設定→共通1(A)→「自動貼り付けを有効にする」にチェックマーク


<使い方>
①コピーや切り取りを何度かする。
②初付けたる場所で、Ctrlキーを二度トントンと叩く。
③コピーと切り取りの履歴が表示される。
④貼り付けたい履歴項目をクリックする。
⑤語句が貼り付けられる。

なお、定型文を書き込んでおいて、それを貼り付けることもできるようだが、私自身は使ったことがない。

日本語入力 Google日本語入力
Microsoft IME に代わる日本語入力ソフト

学習能力がすごい。「おは」と打つだけで、「おはようございます」が出てくる。

以前は、手書き入力ができなかったが、現在はそれも含めて MS-IME の機能を全てカバー。
Google製の無料の日本語入力ソフト。学習機能が優れており、使い勝手も軽くてスムーズ。言語バーを簡単に説明する。


*最新バージョンでは、Dictionary の上に Hand Writing (手書き入力)や Character Palette (文字パレット)の新機能が並ぶ。

MS-IMEで使用していた辞書をインポートする方法。
①Google日本語入力で、「ツール」アイコン(スパナの形)をクリック。
②「辞書ツール」アイコンをクリック。
③「ツール」をクリック。
④「Microsoft IMEのユーザー辞書をインポート」をクリック。
⑤「OK」をクリックして完了。

「手書き入力」が改良された:
以前、Google日本語入力の手書き入力はややこしくて、手書き入力画面が出たあとで、書きこむ場所をクリックしてカーソルを入れておく必要があった。しかし、今ではそれは改良されて、最初からカーソルのあったところに自動入力される。

手書き漢字認識
手書き入力サービス
Google日本語入力やMS-IME にもある手書き入力をウェブサイトでやらせてくれる。

初級日本語
げんきオンライン
 
日本語学習サイト
「ひらがな・カタカナ表(Basic Charts)」にある Hiragana ChartKatakana Chart が、文字の学習にとてもよさそう。

タイピング練習 富士通タッチタイピング  ホームポジションからかなり丁寧に教えてくれる。ページ上段にある「慣用句タイピング」は初心者には難しいので、後回しでいい。したがって、最初は「基本コース」で「ローマ字タイピング基本コース」を選択して、練習していく。「ローマ字タイピング」の他に「かなタイピング」があるが、「ローマ字タイピング」をすすめる。なぜなら、ローマ字タイピングを練習しておけば、そのまま英文を打てるからだ。

「キー配置を覚えよう!」の中断、上段、下段の練習では、かなりスピードが出てくるまで繰り返し練習する。「各指の動かし方を覚えよう!」も終了して「基本コース」が終わったら
(「チャレンジ検定コース」は飛ばしていい)、ブラウザの⇐ボタンをクリックして元のページに戻り、「実力アップコース」にすすんでいく。

これを一日30分以上練習すれば、子供なら1週間、大人なら2習慣でマスターできるだろう。
なお、練習を開始する前に、コンピュータ音量を下げておくことをすすめる。というのは、打ち間違いがあると、かなりショッキングな音が出るからだ・・・(^_^;)。

迷惑メール SpamBayes
迷惑メール排除
Microsoft Outlook、Outlook Express そのほかいろいろなメールソフトに使用できる。左のサイトの「spambayes のダウンロード」で「アーキテクチャ:all」をクリックしてダウンロード。

最初はまったく削除しないが、いくつかの迷惑メール(20通ほどで十分?)に印を付ける作業をすることで、学習機能が働いて、ほとんどの迷惑メールを自動削除する。削除されない迷惑メールがあったら、印をつければ以後は削除される。

(参考サイト:ケイムズ

SPAMfighter
迷惑メール排除
Microsoft Outlook、Outlook Express、その他のメールソフト用。試用期間(30日?)を過ぎても無料のまま使うことができる。毎回メールの下部にSpamFighter の宣伝が入るが、それほど気になるものではない。ともかく、迷惑メール対策ソフトの機能は十分に備えている。
スパイウェア・マルウェア対策

アダルトサイトのしつこい広告などは、これらをインストールするだけで消すことができる。
スパイウェア ドクター 
スパイウェア排除
友人のコンピュータにアダルトサイトの広告がしつこく出るようになったときに、これをインストールしただけで、広告が消えた。ウェブサイトを見ると有料のように見えるが、無料のようだ。 201104.15

Malwarebytes Anti-Malware 
マルウェア排除
ワームやトロイの木馬、ルートキット、ローグなどの、パソコンに悪影響を及ぼす有害プログラム(マルウェア)の検出と隔離を行うソフト。緑色のボタン(GETFREE VERSION)をクリックすると、ダウンロードが始まる。あるコンピュータにこれを使ってスキャンしたら、100個以上のマルウェアが検出されて、すべて排除することができた。2015.07.19

Ad-Aware*
スパイウェア排除
この2つを抱き合わせで使うと、かなり有効にスパイウェアの駆除ができる。インストール画面が英語なのがつらいが、インストール後は日本語画面を選択できる。①Ad-Aware、②Spybot の順で使う。

ただし、Ad-Aware は最近”大きく”なりすぎて、私の古いコンピュータ(2003年8月購入)の立ち上げを極端に遅くするようになった。そのため、使う度にインストールとアンインストールをしている。


Spybot
スパイウェア排除
ウィルス対策 Avast 
ウィルス対策

私は現在、Avast を使っている。
この3つが無料ウィルス対策ソフトの御三家と言っていい。いずれもウィルス検出率がかなり高く評判が良い。たとえば、ダウンロードサイト download.com の人気ソフトランキングでも、これらは常に上位にランクされている。

ただし、無料ウイルス対策ソフトには、有料ソフトにある機能が備わっていない場合がある。したがって、そのあたりを別の方法で補完する必要がある。

【無料ソフトに欠ける主な機能】
迷惑メール対策(*1) 
フィッシング詐欺対策(*1) 
ファイアウォール(*2) 
有害Weサイトブロック(*3) 
Webサイトの安全評価(*3) 
個人情報保護(*3)

(*1) 迷惑メール&フィッシング=他の無料ソフトで防げる(SpamBayes など)。
(*2) ファイアウォール= Windows のファイアウォールを使えば十分。
(*3) その他の機能=コンピュータの使い方に注意すれば十分防げるし、よほどのことがない限り遭遇することのない問題だ。


参考サイト:
ウィルス対策研究所 
Let's HSP!
 
Memorva
 
コンピュータ周辺機器の比較
 
フリーソフト
 

AVG  
ウィルス対策
Avira  
ウィルス対策
Windows Defender    マイクロソフトが開発をしているマルウェア対策ソフトウェア及びアンチウイルスソフトウェア。Windows にプリインストールされている。 
Panda Cloud Antivirus 
ウィルス対策
2009年にデビューした“クラウド型”のウイルス対策ソフト。クラウド型というのが、どう違うのか、もうひとつ分からないが、かなり評判の良いソフトだ。個人および非営利団体に限り無償。

パンダというから中国製かと思ったら、中国語バージョンがないから、そうではないようだ・・・(^_^;。

<参考サイト> 窓の杜 

<危険ソフト>
ウィルスセキュリティゼロ
ソースネクスト社のこのウィルス対策ソフトウェアはとても危険だ。

2008年頃、私がノートパソコンを購入したら、二台続けて使用不可能になり、それぞれ返品する羽目になった。当初、原因が分からなかったが、しばらくして、このソフトが原因かも知れないことに気づいた。そして、三台目にはこれを入れずにスタートアップしたら、問題なくセットアップできた。ネットでも、似たような経験を持つ人の書き込みがたくさんあった。また、友達のパソコンはこれが原因で故障した・・・デルのサービスマンの証言(2011.09)。
仮想ドライブ  MagicDisc
仮想ドライブ作成ソフト
CD/DVD-ROMのイメージファイルをマウントし、実際のCD/DVDドライブのように利用できる“仮想CD/DVDドライブ”を作成するソフト。Virtual CloneDriveと併用して、CDを入れずに電子辞書などを使うことができる。「CDを入れずにソフトを使う」を参照。

Virtual CloneDrive
仮想ドライブ
このソフトを使うと、通常はCDをCDドライブに入れないと使えないようなソフトウェアを、CD を使わずに使用できるようになる。たとえば、頻繁に使う辞書ソフトなどをこれで使うととても便利。「CDを入れずにソフトを使う」を参照。

コンピュータ最適化  Glary Utilities
ゴミ掃除
不必要な常駐ソフトのせいで動作がもたついたり、アンインストールしたソフトの残骸や一時ファイルなどが溜まってハードディスクの容量を圧迫したりして、コンピュータのスピードを損ねた時に、メンテナンス作業がサクッと完了できるのがこのソフトウェアだ。

SPEEDTEST.NET
スピードテスト
インターネットの接続速度を測定できる。画面が出たら、"BEGIN TEST"をクリックするとテストが始まり、Download と Upload のスピードが計測される。"BEGIN TEST"ではなく、"START NOW"をクリックすると、ゴミ・ソフトを押し付けられるので要注意だ。

Shaw Speedtest
スピードテスト
インターネットの接続速度を測定できる。私が使うプロバイダーのサービス。

Smart Defrag 5 
デフラグ
デフラグエンジンが刷新され、並列処理に対応してより効率的なデフラグが可能になったほか、ディスクの特性に最適な処理を自動で選択することにより、ディスクのパフォーマンスをより引き出せるようになった。加えて、ディスクのアクセス状況に応じて最適化処理の優先度を賢く調整する“サイレント モード”が搭載された。 
<参考サイト>窓の杜「無償デフラグソフト『Smart Defrag 5』日本語版が公開、エンジン刷新でより効率的に」
Auslogics Disk Defrag 
デフラグ
断片化したハードディスクを高速に最適化できるデフラグソフト。Windows標準のデフラグツールに比べて最適化の効果は若干低いようだが、高速に最適化できるのが特長。 

Eusing Free Registry Cleaner 
ディスク清掃
シンプルなレジストリクリーナー。 無効になったレジストリエントリ等を、簡単な操作で検出&削除することができる。よく知られている CCleaner(クラップ クリーナー)よりも強力で、コンピュータにスキャンをかけると CCleaner よりも10倍くらいの数の“ゴミファイル”を検出した例もある。使い方は、Scan してから Repair するだけだ。
<参考サイト:PC Online
CCleaner 
ディスク清掃
CCleaner(クラップ クリーナー)は素早くHDD内の不要ファイルを掃除してくれるソフト。「クリーナー」画面で「クリンアップ開始」。「レジストリ」で「問題点をスキャン」し「問題点を解決」。そのほか、「プログラムの削除」などいろいろな機能がある。

ただし、このソフトを常駐プログラムにすると、コンピュータを遅くする可能性がある。それを考えると、ディスク清掃したい時だけインストールして使い、清掃が終わったらアンインストールしておくのがよいかもしれない。

DBAN 
ディスク清掃
ハードディスクの中のデータを掃除してくれるソフト。不要になったコンピュータをリサイクルに出したり他人に譲ったりする前に、これを使ってディスク内を清掃しておけば、個人情報を盗まれる危険性がほとんどなくなる。また、このソフトウェアは、ウィルスやスパイウェアの除去にも役立つようだ。

<参考サイト>
データ消去するフリーソフト
ハードディスクを完全消去する「DBAN」のインストールと使い方
「Darik's Boot and Nuke」の使い方

強制アンインストール IObit Uninstaller 通常の「プログラムの追加と削除」では削除できないソフトウェアを、強制的に削除してくれる便利ソフト。

ただし、この会社は”勝手に”他のソフトをインストールする悪癖があるので要注意。友だちは、そうしてインストールされた”コンピュータお掃除ソフト”がコンピュータの動きを遅くしてしまって、原因が分かるまで迷惑した。それを考えると、強制アンインストールに使ったら、このソフト自体をアンインストールしておくのがよいかもしれない。

ロック解除  Unlocker 
ロック解除ソフト
フォルダの右クリックメニューからフォルダ内でロックされているファイルのリストを表示して、任意ファイルのロックを解除できるソフト。詳しくは、こちらの紹介記事を参照。 


ショートカットキー

ショートカットキーは無数にあるが、特に使用頻度の高いショートカットキーは以下のとおり。とりあえず、「上書き保存」(1)と「アプリケーションの切り替え」(2)をやってみてはどうだろう。また、カナダで英語専用キーボードを使う人には、「言語変更」ショートカットキー(3)も便利だ。
*左手だけで操作する(キーボードによっては別の指を使ってもよいが、できるだけ両手は使わない)。
*Windows、ブラウザ、メーラー、エクセル、ワードなど、ほとんどのアプリケーションに共通。
No.  操作(カッコ内は左手の指) 機能 解説
 1 小指
&
人差し指 
Ctrl (小) + S(人差し) 上書き保存 ワードやエクセルなどほとんどの"書き込み"ソフトに使える。特に、メール作成中、時々これを行うとメールは「下書き」に保存され、コンピュータが一時的におかしくなっても、書いた部分を失うことがない・・・言い換えると、「上書き保存」してないと書き込んだ部分が失われてしまう。左手で習慣付けておこう。

 2 親指
&
中指
Alt (親)
  +
Tab (中)



*Vista の場合は、次の操作でもよい:
Windowsキー + Tab
アプリケーションの切り替え


複数のアプリケーションを立ち上げている時に、"後に隠れている"アプリケーションを引っ張り出す操作。
①親指で Altキーを押したままにする。
②中指で Tabキーをポーンとたたく。
③使用アプリケーションのアイコンがすべて表示され、左端のアイコンが選択される。
④Tabキーをたたく度に選択アイコンが右へ移動する。
⑤開きたいアプリケーションに到達したら、親指を Altキーから離す。
⑥アプリケーションが画面に現れる。


 3 親指
&
中指
Alt (親)
  +
* (中)
* 左端にあるタブキーの上のキー
言語(日英)の変換 (カナダで使われている)英語専用キーボードでのみ必要な操作。
日本で使われている日英切り替えキーがあるキーボードでは、この操作は不要。

 4  小指
&
人差し指
 
Ctrl (小) + X(人差し) 切り取り 切り取り部分を選択(ハイライト)してから行う。

 5 Ctrl (小) + C(人差し) コピー コピー部分を選択(ハイライト)してから行う。

 6 Ctrl (小) + V(人差し) 貼り付け 貼り付ける場所にカーソルを置いてから行う。

7 小指
&
人差し指
    
Ctrl (小) + F(人差し) 検索 画面上で語句を検索する。

 8 Ctrl (小) + A(人差し) すべて選択 画面全体を選択する。

 9 Ctrl (小) + Z(人差し) 元に戻す 直前に行った動作を取り消す。

10 (注)おそらく、これは英語版キーボードのみの作業
Windows + スペースバー 
基本言語の変換 基本言語の日本語(MS-IME、Google日本語入力)と英語(Eng US)の間の変換を行う。上記の「言語(日英)の変更」と似ているが、こちらは基本言語の変換を行う作業。
11  小指
&
人差し指
Shift (小)
 +
スペースバー(親)
半角スペース 半角スペースをあける。
(注意)Shiftキーは「Shift」がなくて「↑」だけ書かれていることがある。
 12 親指
&
薬指
(注)これは右手
Alt (親)
  +
Enter (薬)
セル内改行
(エクセルのみ)
右手親指で Altキーを押したまま、薬指か中指で Enterキーをポーンとたたく。
 13 小指

ホイール
Ctrl (小)
  +
ホイール(右手中指)
文字の
拡大(ホイールを引く)
縮小(ホイールを押す)
ブラウザなどほとんどのソフトに共通。
(ホイールとはマウスにある回り車のこと)
特殊ショートカットキー
 解説 操作
複数プログラムを一度に閉じる ① [Ctrl] を押しながら、タスクバー上で閉じたいアプリケーションを複数選択する。
② 右クリックして [閉じる] を選択。
表示中のプログラムを閉じる Alt + F4
コンピュータの終了にも使える(使用プログラムがないとき)。




トップページの「コンピュータ・テクニック」まとめ

トップページに掲載したコンピュータ・テクニックをまとめた。簡単な操作なのに、意外と知られていないテクニックばかりだ。
黄色地 は、現在トップページに掲載中のテクニック。
 目的 操作 参考図  補足説明
画面の拡大縮小 Ctrlキー+Mouse Wheel (注)

左手で Ctrl キーを押したまま、マウスホイールを前後に回す。前に回すと拡大、後に回すと縮小。
  この操作は、一部のソフトウェアを除いて、ブラウザ(インターネット)、メール、ワープロ、表計算などほとんどのソフトウェアで有効。

(注)ただし、私が愛用するブラウザ Vivaldi(ベータ版)では Ctrl + Shift + Mouse Wheel になっている。 
日本語・英語の切り替え Alt+~(チルダ)キー

左手親指で Alt キー を押したまま同中指で ~(チルダ)キーを軽く叩く。

チルダとは
  左手だけでできるので、マウスで変換するよりも簡単。日英の切り換えは頻繁に行う作業だから、ぜひ習得をすすめる。10回くらい練習したら、身につくだろう。

この操作は日本語版キーボードでも有効だが、日本語版では「変換・無変換」キーを使ったほうが簡単。
漢字変換範囲の切り換え Shiftキー(左右)矢印キー

左手小指で Shiftキーを押したまま、右手で左右矢印キー(右図)を叩いて範囲を調整する。
  たとえば、「その人は言っている」と書こうとすると、「その人入っている」となってしまったりする。最初の変換対象が「そのひとはいって・・・」の4文字だけになっているのが原因だ。そんな時は、「Shiftキー+(右)矢印キー」で「そのひとは・・・」の5文字まで対象を広げれば、正しく変換できる。
 ④ 表示プログラムの切替え  Alt キー + Tab キー

左手親指で Alt を押したまま同中指で Tab を軽く叩く。
  複数のプログラムが立ち上がっている時にこれを使うと、
②画面中央に、起動中の全プログラムのアイコンが表示され()、左端のプログラムが選択される。
③Alt を抑えたまま Tab を叩くたびに、選択プログラムが右へ移動する。

*Alt+Shift+Tab で左へ移動することも可能。

④表示したいプログラムまで行ったら左手をキーボードから離す。
 ⑤ 人名の書き方 人名は全部書いてから漢字変換する たとえば、「愛川麗子」と打ち込む場合には、「あいかわれいこ」と一気に書いてから変換をかけ、「愛川」と「麗子」をそれぞれ確定する。二度目からは、「あいか」くらいまで書いた時点で、コンピュータの学習機能によって「愛川麗子」が優先表示される。これを、「あいかわ」と書いて漢字変換し「れいこ」と書いて漢字変換したのでは、「あいかわれいこ」への学習機能が働かない。

なお、漢字の変換対象が意図した形と異なる場合は、③「漢字変換範囲の切り換え」を参照。


 ⑥ 絞り込み検索 " "(半角引用符)でくくって検索する

Google 検索では、" "(半角引用符)で語句をくくると、その形だけを検索できる。
通常は、たとえば「山田太郎」と検索すると、「山田」だけのサイトや「太郎」だけのサイトまでもが検索されてしまう。これを「"山田太郎"」と半角引用符で挟んで検索すると、「山田太郎」に絞って検索される。

英語の場合も同じで、たとえば、”London, Ontario” などと半角引用符でくくって検索すると、 London, Ontario の形だけを探しだす。これを引用符なしで書いたら、 London, England までもが検索されてしまう。
全画面表示を元に戻す  Esc (エスケープ)キーをたたく。    YouTube などで全画面表示にした後、ふつうの画面表示に戻すには、Esc (エスケープ)キーを使う。キーボードの左上端にあるキーだ。
 ⑧ デスクトップの表示
(Windows 7 以降)

タスクバー右端でクリックする。  下図はタスクバー右端を切り取ったものだが、時刻「9:22」の右のほうをよく見ると、縦長の長方形になっているのが見える。これがデスクトップを表示するための”ボタン”だ。

   
Windows 7 以降では、プログラムが立ち上がっている時、タスクバー右端をクリックすることによってテスクトップを表示できる。

この方法を使えば、立ち上がっている(複数の)プログラムをXで消したり最小化ボタンで下に落としたりする必要がない。なお、デスクトップでなんの操作もしない場合は、同じ所をクリックすることによって元のプログラムを表示することができる。
検索で日本語サイトを出す ひらがなを一つ入れる。 例: たとえば、「中国」などと漢字だけで Google検索すると、中国語のウェブサイトがドバっと出てくることがある。そんな時には、「中国 あ」などとひらがなを一つ入れると、日本語サイトがたくさん出てくる。




パソコン習得関連サイト

中高年のためのパソコン入門講座