バンクーバーのぶつくさ男        The Mumbling Man in Vancouver
HOME  ぶつくさ目録 バンクーバー     情報  日本情報  ハイテク情報  ネットで   音楽を
コンピュータのすすめ
あまり頻繁にコンピュータを使わない人にも役に立つコンピュータ情報

☆「ソフトウェアとウェブサイト」を別ページにした。2016.06.18
ソフトウェアとウェブサイト テレビ電話、地球儀、地図など、主に無料ソフトを紹介。
Vivaldi Internet Explorer や Google Chrome よりも使いやすいウェブブラウザ
コンピュータ役立ち情報  知っておくと便利なコンピュータ情報。 
スカイプ SKYPE "ご存知"インターネットテレビ電話
Windows 10 & 8.1 研究  Windows 10 の便利テクニックなどをまとめた。また、以前からあった 8.1 についてもそのまま残した。
表計算ソフト比較 表計算ソフトは Excel が有名だが、実は他にもある。しかも無料だ。
   
ショートカットキー 数あるショートカットキーから使用頻度の高いものを集めた。
コンピュータ・テクニック集 トップページに掲載したコンピュータ・テクニックのまとめ。
パソコン習得関連サイト パソコンを習得した人たちのための情報。特に、中高年者への情報サイトをリストアップ。


ショートカットキー

ショートカットキーは無数にあるが、特に使用頻度の高いショートカットキーは以下のとおり。とりあえず、「上書き保存」(1)と「アプリケーションの切り替え」(2)をやってみてはどうだろう。また、カナダで英語専用キーボードを使う人には、「言語変更」ショートカットキー(3)も便利だ。
*左手だけで操作する(キーボードによっては別の指を使ってもよいが、できるだけ両手は使わない)。
*Windows、ブラウザ、メーラー、エクセル、ワードなど、ほとんどのアプリケーションに共通。
No.  操作(カッコ内は左手の指) 機能 解説
 1 小指
&
人差し指 
Ctrl (小) + S(人差し) 上書き保存 ワードやエクセルなどほとんどの"書き込み"ソフトに使える。特に、メール作成中、時々これを行うとメールは「下書き」に保存され、コンピュータが一時的におかしくなっても、書いた部分を失うことがない・・・言い換えると、「上書き保存」してないと書き込んだ部分が失われてしまう。左手で習慣付けておこう。

 2 親指
&
中指
Alt (親)
  +
Tab (中)



*Vista の場合は、次の操作でもよい:
Windowsキー + Tab
アプリケーションの切り替え


複数のアプリケーションを立ち上げている時に、"後に隠れている"アプリケーションを引っ張り出す操作。
①親指で Altキーを押したままにする。
②中指で Tabキーをポーンとたたく。
③使用アプリケーションのアイコンがすべて表示され、左端のアイコンが選択される。
④Tabキーをたたく度に選択アイコンが右へ移動する。
⑤開きたいアプリケーションに到達したら、親指を Altキーから離す。
⑥アプリケーションが画面に現れる。


 3 親指
&
中指
Alt (親)
  +
* (中)
* 左端にあるタブキーの上のキー
言語(日英)の変換 (カナダで使われている)英語専用キーボードでのみ必要な操作。
日本で使われている日英切り替えキーがあるキーボードでは、この操作は不要。

 4  小指
&
人差し指
 
Ctrl (小) + X(人差し) 切り取り 切り取り部分を選択(ハイライト)してから行う。

 5 Ctrl (小) + C(人差し) コピー コピー部分を選択(ハイライト)してから行う。

 6 Ctrl (小) + V(人差し) 貼り付け 貼り付ける場所にカーソルを置いてから行う。

7 小指
&
人差し指
    
Ctrl (小) + F(人差し) 検索 画面上で語句を検索する。

 8 Ctrl (小) + A(人差し) すべて選択 画面全体を選択する。

 9 Ctrl (小) + Z(人差し) 元に戻す 直前に行った動作を取り消す。

10 (注)おそらく、これは英語版キーボードのみの作業
Windows + スペースバー 
基本言語の変換 基本言語の日本語(MS-IME、Google日本語入力)と英語(Eng US)の間の変換を行う。上記の「言語(日英)の変更」と似ているが、こちらは基本言語の変換を行う作業。
11  小指
&
人差し指
Shift (小)
 +
スペースバー(親)
半角スペース 半角スペースをあける。
(注意)Shiftキーは「Shift」がなくて「↑」だけ書かれていることがある。
 12 親指
&
薬指
(注)これは右手
Alt (親)
  +
Enter (薬)
セル内改行
(エクセルのみ)
右手親指で Altキーを押したまま、薬指か中指で Enterキーをポーンとたたく。
 13 小指

ホイール
Ctrl (小)
  +
ホイール(右手中指)
文字の
拡大(ホイールを引く)
縮小(ホイールを押す)
ブラウザなどほとんどのソフトに共通。
(ホイールとはマウスにある回り車のこと)
特殊ショートカットキー
 解説 操作
複数プログラムを一度に閉じる ① [Ctrl] を押しながら、タスクバー上で閉じたいアプリケーションを複数選択する。
② 右クリックして [閉じる] を選択。
表示中のプログラムを閉じる Alt + F4
コンピュータの終了にも使える(使用プログラムがないとき)。
パソコン習得関連サイトに、さらに詳しくショートカットを説明するウェブサイトへのリンクがある。




トップページの「コンピュータ・テクニック」まとめ

トップページに掲載したコンピュータ・テクニックをまとめた。簡単な操作なのに、意外と知られていないテクニックばかりだ。
黄色地 は、現在トップページに掲載中のテクニック。
 目的 操作 参考図  補足説明
画面の拡大縮小 Ctrlキー+Mouse Wheel (注)

左手で Ctrl キーを押したまま、マウスホイールを前後に回す。前に回すと拡大、後に回すと縮小。
  この操作は、一部のソフトウェアを除いて、ブラウザ(インターネット)、メール、ワープロ、表計算などほとんどのソフトウェアで有効。
日本語・英語の切り替え Altキー+~(チルダ)キー

左手親指で Alt キー を押したまま同中指で ~(チルダ)キーを軽く叩く。

チルダとは
  左手だけでできるので、マウスで変換するよりも簡単。日英の切り換えは頻繁に行う作業だから、ぜひ習得をすすめる。10回くらい練習したら、身につくだろう。

この操作は日本語版キーボードでも有効だが、日本語版では「変換・無変換」キーを使ったほうが簡単かも・・・。
漢字変換範囲の切り換え Shiftキー(左右)矢印キー

左手小指で Shiftキーを押したまま、右手で左右矢印キー(右図)を叩いて範囲を調整する。
  たとえば、「その人は言っている」と書こうとすると、「その人入っている」となってしまったりする。最初の変換対象が「そのひとはいって・・・」の4文字だけになっているのが原因だ。そんな時は、「Shiftキー+(右)矢印キー」で「そのひとは・・・」の5文字まで対象を広げれば、正しく変換できる。
 ④ 表示プログラムの切替え  Alt キー + Tab キー

左手親指で Alt を押したまま同中指で Tab を軽く叩く。
  複数のプログラムが立ち上がっている時にこれを使うと、
②画面中央に、起動中の全プログラムのアイコンが表示され()、左端のプログラムが選択される。
③Alt を抑えたまま Tab を叩くたびに、選択プログラムが右へ移動する。

*Alt+Shift+Tab で左へ移動することも可能。

④表示したいプログラムまで行ったら左手をキーボードから離す。
 ⑤ 人名の書き方 人名は全部書いてから漢字変換する たとえば、「愛川麗子」と打ち込む場合には、「あいかわれいこ」と一気に書いてから変換をかけ、「愛川」と「麗子」をそれぞれ確定する。二度目からは、「あいか」くらいまで書いた時点で、コンピュータの学習機能によって「愛川麗子」が優先表示される。これを、「あいかわ」と書いて漢字変換し「れいこ」と書いて漢字変換したのでは、「あいかわれいこ」への学習機能が働かない。

なお、漢字の変換対象が意図した形と異なる場合は、③「漢字変換範囲の切り換え」を参照。


 ⑥ 絞り込み検索 " "(半角引用符)でくくって検索する

Google 検索では、" "(半角引用符)で語句をくくると、その形だけを検索できる。
通常は、たとえば「山田太郎」と検索すると、「山田」だけのサイトや「太郎」だけのサイトまでもが検索されてしまう。これを「"山田太郎"」と半角引用符で挟んで検索すると、「山田太郎」に絞って検索される。

英語の場合も同じで、たとえば、”London, Ontario” などと半角引用符でくくって検索すると、 London, Ontario の形だけを探しだす。これを引用符なしで書いたら、 London, England までもが検索されてしまう。
全画面表示を元に戻す  Esc (エスケープ)キーをたたく。    YouTube などで全画面表示にした後、ふつうの画面表示に戻すには、Esc (エスケープ)キーを使う。キーボードの左上端にあるキーだ。
 ⑧ デスクトップの表示
(Windows 7 以降)

タスクバー右端でクリックする。  下図はタスクバー右端を切り取ったものだが、時刻「9:22」の右のほうをよく見ると、縦長の長方形になっているのが見える。これがデスクトップを表示するための”ボタン”だ。

   
Windows 7 以降では、プログラムが立ち上がっている時、タスクバー右端をクリックすることによってテスクトップを表示できる。

この方法を使えば、立ち上がっている(複数の)プログラムをXで消したり最小化ボタンで下に落としたりする必要がない。なお、デスクトップでなんの操作もしない場合は、同じ所をクリックすることによって元のプログラムを表示することができる。




パソコン習得関連サイト

中高年のためのパソコン入門講座 
ショートカットキー一覧表 ショートカットキーは山ほどあるようだが、その中から主だったものをリストアップしている。ただし、日本語版キーボードの場合のショートカットキーなので、英語版キーボードとは少し異なる。