75 ピアノからの椅子の距離の目安



今まで椅子の高さ、何処に座るかは述べていましたが、

今回はピアノからの距離について。


よく教則本等で言われていますのは、肘を直角に曲げて、

チョットだけ前に伸ばした位置。

ところが、このチョット伸ばすは、確かにそのとおりなのですが、

どうチョットなのかを、今回具体的に述べます。


そもそも何故チョット前に出すのか?



そこでもしチョット前に出さないと何が起こるのか、下の図をご覧ください





もし肘を前に出さないと、自分のおへそあたりの、赤矢印ゾーンの鍵盤を弾くには、

胴体が邪魔で次のような図(肘からハの字に曲げる)て弾くことになり

とても窮屈になってしまいます。




そこで、今度は肘を少し前に出してみます。





このように肘が胴体より前に出ることにより、

肘から先と手が鍵盤に対して、真っ直ぐになるのがわかると思います。

下図




要するに胴体の目の前にある鍵盤を押す際、


肘から指先までが、真っ直ぐ弾ける距離を


保てば良いと、私は考えております。



したがって以前、別の章でも書きましたが、おなかの出ている人は、

ピアノから遠くなる、正確には遠くならざる得ないと、

言うことになります。


ブラームスの弾いている絵が残っていますが、

まさにこれが、当てはまるのではないでしょうか。


以上の事をふまえ、肘をチョット前に出すのさじ加減は、

左右でおなかの前の、狭い音域を弾く際に、

肘が鍵盤に対して大よそ、真っ直ぐになっているかを確認すれば、

自分の距離がわかると思います。


もしピアノとの距離にお悩みの方は、一度お試ししてみてはどうでしょう?

76 コンクールのメリットデメリット等


■千葉市 中央区 院内 1-2-5


■電話:043-222-5140


■電話:090-8462-3681


■JR東千葉駅徒歩6分 


■JR千葉駅より徒歩14分


お問い合わせ






Copyright 2014-  RICERCAピアノ教室   All rights reserved