関西の写真史
中川繁夫:著


タイトル
ザ・フォーラム


<自主運営ギャラリー「ザ・フォーラム」>

1980年当時、関西にも自主運営ギャラリーがほしいという、多くの若い写真家たちの希望がありました。雑誌では大阪に「オン・ザ・シーン」誌があり、京都には「映像情報」がありました。「ザ・フォーラム」は、そういった状況をベースにして、生まれてきたと言えます。関西で、専用スペースを持った、最初の自主運営ギャラリーであったと思います。

オープンは1982年5月4日、場所は大阪市南区南船場にあるマンション「パレロワイヤル順慶町」の901号室。思いとしては、ステーグリッツがニューヨーク五番街に開廊した「291ギャラリー」のようであってほしい。オープンに先がけ、3月6日には、<映像作家「大阪82」ー映像作家の集いー>が開催されます。

その案内から引用します。
写真・映画・ビデオといった映像と、その作家をとりまく現状はどうなのか。こと関西とりわけ大阪においては、映像メディアを担う作家が共有する「場」の創出が、いま望まれています。
そこで、これからの関西とりわけ大阪で、新しい波を起こすべき方向を探るために、話し合う機会を設けました。各ジャンルのアーティストに参加を呼びかけます。日時・1982年3月6日、場所・デルタ・オフィス、会費・500円。

4月24日(土)の午後6時から、ザ・フォーラムにて、<映像ギャラリー5月4日オープン「ザ・フォーラム設立」作家の集い>が開催され、設立同人の打ち合わせ会が開催されます。そうして5月4日から、オープン記念イベントが開催されます。THE FORUM、関西若手映像作家達自身による表現とコミュニケーションの空間、写真家・フィルム作家・ビデオ作家達が今、新たなヴィジュアル・ウエーブを起こす。

イベント内容は、三つの写真展と一つのビデオアート展、それにシンポジウムが行なわれました。

5/4〜5/9 「フォト・セッション」
   新見輝人、太田順一、園田恵子、高嶋清俊
5/10〜5/16「写真展・無名碑」
   中川繁夫
5/17〜5/23「ビデオアート展・光速者宣言」
   岡崎純
5/24〜5/30「写真展・サンセットタイム・イン・アメリカ」
   畑祥雄
5/30シンポジウム「映像世界のゆくえ」

毎週土曜日のPM6:00より、各作家を囲んでのティーパーティーがあります。お茶代500円。

    

自主運営ギャラリーがほしい。メーカーギャラリーが主流だったその当時、若い写真家たちの思いは自主ギャラリー。ザ・フォーラムがオープンするまでのいきさつを書きしるしておきたいと思います。場所の賃貸者は、ビデオオフィス・デルタの岡崎純さん、瀬川恵美さん。中川との関係は、1979年12月、京都の「聖家族」で開催した「写真展・釜ヶ崎」のときに、ビデオ取材したいと言ってきたことに始まります。

彼らは当時、テレビモアという名前でグループを組み、ビデオアートのイベントをやっていました。当時まだ19才だった瀬川恵美さんが、釜ヶ崎にボランティアで来ていて、ビデオ作品を作っていたんです。プレイガイドジャーナル、プガジャに載せた写真展とトーク案内を見て、取材を申し入れてこられた。そこで、主宰者の岡崎純さん、瀬川恵美さんと意気投合。その後大阪の天王寺にあったオフィスへ、釜ヶ崎取材の帰りに、立ち寄っていろいろ話をしました。

ビデオカメラで作品を、家庭の記録、8ミリフィルムからビデオへ、その走りの時代で、彼らは小松左京さんの紹介で、家電量販店のビデオフロアの管理を請け負うということで、収入を得られるようになり、堺筋のマンション、パレロワイヤルの一室へ入居したんです。ギャラリーが出来るスペースを確保して、オフィスを兼用する。写真と映像を中心とした展示・イベントスペースとして、展開していこう。

1981年から1982年にかけて、関西在住の若い写真家たちが、「東松照明の写真展、いま!」開催のために集まっていたこともあって、オンザシーンのメンバーにギャラリーの話を持ちかけると、やろう、ということになり、ザ・フォーラムのオープンに至ります。

オープンから一年、1983年5月まで、写真の展示スペースとして、ビデオアート作品のの上映スペースとして、ザ・フォーラムは続きますが、主宰者の一人、瀬川恵美さんの突然の死により、閉鎖をよぎなくされます。時代の変わり目といえばいいのかも知れません。東京で1974年から1975年にかけて行なわれた「写真ワークショップ」そこに集まった若い写真家たちが起こす「自主運営ギャラリー」、ある意味その閉鎖性による限界が見えてきたころ。その前後には、オリジナルプリントを扱う専門ギャラリーができます。

ともあれ、場が出来ると人が集まる。人が集まる場を作る。ギャラリー機能をベースにして、集まれる場。学校機能をベースにして、集まれる場。その後には、自主運営ギャラリーから、若い写真家は、徐々に場の運営をほかに委ねられる環境が生まれてきます。写真専門の美術館が誕生してくるには、もう少し時間が必要ですが、大きな流れは、できつつあったと思える1980年代前半だったのでは、ないでしょうか。

    













































































































































































































写真史のホーム

最新更新日 2014.1.14


<写真史>HOME

フォトハウス京都



写真史のホーム

関西写真史のご案内



はじめに(前史)

釜ヶ崎青空写真展

リトルフォトスペースin聖家族 1979

フリースペース聖家族 1980

ギャラリー・DOT 1980

写真情報 1975〜

映像情報 1980〜

オン・ザ・シーン 1980

私設写真の日

京都写真シンポジューム

図書館に写真集を!

ザ・フォーラム1982〜

013京都写真壁1982〜

東松照明の世界・展

015イエローブロマイド

016写真塾1983〜

写真の現在展’84

018春爛漫浪漫宴会

写真舎「フォトハウス」1984〜

020フォトワークショップ畑祥雄

021話のキャッチボールの会

022フォトストリート

023映像表現’82

024出町世界1978〜

028祇園祭アートフェスティバル

026フォト・インターフォーム

027ピクチャーフォトスペース

028リトルギャラリー

029リバティー表現大学写真講座

030大阪国際写真センター

031写真図書館1992〜

032ブレーンセンターギャラリー1990〜