関西の写真史
中川繁夫:著


ギャラリー・DOT

    

写真の展覧会において、オリジナルプリントと呼ぶ写真作品がギャラリーに飾られるようになるのが1980年初頭です。京都は下鴨にオリジナルプリント専門のギャラリーとして、「ギャラリー・DOT(ドット)」が1980年11月、オープンします。また、神戸では、中央区北野に「キタノサーカスフォトイン」がオープンします。

ギャラリー・DOTは主に日本の写真家たちの作品を集め、展覧会を開き、展示された作品が売買される、いわゆる写真を売るギャラリーとして京都に誕生したものです。神戸のキタノサーカスフォトインは、ギャラリーオーナーが自分で収集してきたアメリカのプリント中心に売るギャラリーとして1980年11月にオープンします。

1980年は、関西の写真シーンにおいて、オリジナルプリントを扱うギャラリーが誕生する記念すべき年となります。オープニング展は1980年11月17日〜11月23日、子供のアトリエ展(鈴木基寛氏指導)による4才から11才までの子供たち 。ギャラリーオーナーの岡田悦子さんは、絵本作家を目指したこともある経験から、この展覧会企画になったようです。続いて第二回目の展覧会は、1980年12月09日〜12月21日「BELCA HOUSE EXHIBITIO '80」出展者は、相川佳久雄、鈴鹿芳康、高田宣夫、和田矢代依という顔ぶれ。

いよいよ1981年には、1981年01月25日〜02月15日、写真家6人によるオリジナルプリント展、出展は杉本博、鈴木俊宏、高木松寿、橋本文良、服部冬樹、松尾幹生という写真作家たちでした。このようにして、関西在住の写真家にとどまらず、日本人写真家が作品発表の場として、オリジナルプリントを売るためのギャラリーとして、展覧会を開催しることになります。1981年10月13日〜11月22日には、フランスの写真家エルスケンの「セーヌ左岸の恋、パリ1950〜1954」(Ed Van Der Elsken)を開催し、オリジナルプリントギャラリ−としての地位を不動のものにします。

オリジナルプリント、それはいったい何ぞや?。写真愛好家たちにも、まだその意味合いが十分に理解されないことが多かった年代に、若い作家、中堅作家、写真作家としての誕生を育む土壌を作っていきます。関西において、特に京都において、その存在は、写真への認識を変えさせていく場となっていくものでした。のちに別企画でフォトハウスが京都に誕生しますが(1984年11月)、その事務局としての機能、つまりギャラリーとして、作家を育ませるための教育を実施していくことになります。

レンタルギャラリーではなく、オリジナルプリント展示を主体にしたギャラリー・DOT。作品制作のための基礎技術、ゾーンシステム取得を基礎に置いたワークショップ開催の事務局として、ギャラリー空間が機能してきます。とはいえ、関西の写真家たちが盛んに展覧会を開くというには、まだ時期が早くて、おおむね東京在住の写真家たちが展示することになります。その後において、大阪をメインにオリジナルプリントギャラリーがオープンしますが、京都におけるギャラリー・DOTが、その先を走ったといえます。

それから30数年を過ぎて、いま現在(2012年9月)においても継続して運営されているギャラリー・DOT。オリジナルプリントの歴史を語るうえで、欠かせない貴重な存在であることは間違いありません。関西という地方のことが話題になることが少なく、京都の話題はなおローカルな話題ですが、ここに関西の写真史、1980年代を書き起こしてきて、紹介するところです。























































































































写真史のホーム

最新更新日 2014.1.14


<写真史>HOME

フォトハウス京都



写真史のホーム

関西写真史のご案内



はじめに(前史)

釜ヶ崎青空写真展

リトルフォトスペースin聖家族 1979

フリースペース聖家族 1980

ギャラリー・DOT 1980

写真情報 1975〜

映像情報 1980〜

オン・ザ・シーン 1980

私設写真の日

京都写真シンポジューム

図書館に写真集を!

ザ・フォーラム1982〜

013京都写真壁1982〜

東松照明の世界・展

015イエローブロマイド

016写真塾1983〜

写真の現在展’84

018春爛漫浪漫宴会

019写真舎「フォトハウス」1984〜

020フォトワークショップ畑祥雄

021話のキャッチボールの会

022フォトストリート

023映像表現’82

024出町世界1978〜

028祇園祭アートフェスティバル

026フォト・インターフォーム

027ピクチャーフォトスペース

028リトルギャラリー

029リバティー表現大学写真講座

030大阪国際写真センター

031写真図書館1992〜

032ブレーンセンターギャラリー1990〜