全国写真師一覧表



五十音






瀧川 慶雲(たきがわ けいうん)
営業地:東亰中橋廣小路
館名:瀧川寫眞舘・光陽堂
経歴:定かではないが、明治二七年以前に瀧川寫眞舘を開業した。傍

ら台紙製造業も営み、自身の写真館で瀧川寫眞舘石印の台紙を使用

し化粧品卸問屋 平尾賛平が経営する岳陽堂の広告を其台紙に刷る等

思考を凝らした。東京写真材料商組合創立に尽力。

戻る
 上へ

竹下 佳治(たけした よしぢ)
営業地:長嵜本石灰町
館名:竹下寫眞館
経歴:長崎派画人 打橋半雨の後裔で本名は打橋辰彌。上野彦馬の門

に入り写真術を研究し、焼付仕上げに於ては館中随一の名手と称され

た。竹下家に入り竹下佳治と改名、竹下寫眞館を開業した。技師として

高橋慎二郎が居た。

戻る 上へ

武林 盛一(たけばやし せいいち)
営業地:東京麹町區一番町
北海道札幌出張
館名:武林寫真舘
経歴:調査中

戻る 上へ

田中 武(たなか たけし)
営業地:東京芝~明社内
館名:−
経歴:明治十三年に東京芝神明町で写真業を開業した。明治中期、東

京下の高名写真師であった。

戻る 上へ

田村 景美(たむら かげとし)
営業地:心斎橋塩町東
館名:−
経歴:弘化元年大阪天満の山野家に生まれる。幼名は宗次郎。難波御

蔵跡の米穀清酒を業とする田村家の養子となったが、養家の衰退に伴

い硝子器洋燈商を営んだ。二枚折懐中硝子を考案製作し一面に鏡を

一面に美人俳優等の写真を挿入した商品を販売し巨利を得るも写真印

画が不足し自製を試み、写真術を研究するに至った。其後、内田九一

から写真術の教えを受け、明治三年鰻谷心斎橋東で写真業を開業、硝

子鏡の製作に兼ねて撮影も行った。明治六年に塩町に移り新式硝子

屋根を備えた写場を設け撮影を専業とした。明治三三年大阪写真会を

起こし会長となり、同年京阪神総合写真会の創立に寄与し明治三六年

の全国写真写真師大会では主催者となった。大正元年没。

戻る 上へ

徳力・T(とくりき・T)
営業地:東亰下谷仲町通
館名:−
経歴:調査中

戻る 上へ




戻る 上へ




堤 董子(つつみ とうし)
営業地:西京二條通新町之東
館名:−
経歴:赤染業 堤彌兵衛の次男として京都に生まれる。本名は徳三郎。

明治の初め家業から分家し京都二條通新町に写場を設け写真業を開

業、平素から風流を好んだ。明治二十年頃に病が元で没したが嗣子が

無く写真館は本家に因って処分された。

戻る 上へ

角田 吉三郎(つのだ きちさぶろう)
営業地:東京日本橋區人形町通り新和泉町壱番地
館名:角田寫真廛
経歴:慶応三年岡山西大寺町に生まれる。写真材料商 桑田商会、浅

沼商会に勤務し、後に東京日本橋久松町明治座裏に写真館を設け写

真業を開業、明治三十年頃には人形町に絵葉書書店を開業した。明治

中期頃、東京浅草写真師 松林堂製の写真版権を取得し、一手販売し

ていた。東京製版経営、写真製版、石版、木版を開拓し、史料編纂御

用となった。大正十年没。

戻る 上へ




戻る 上へ




徳田 孝吉(とくだ こうきち)
営業地:静岡県静岡市
館名:−
経歴:調査中

戻る 上へ

富重 利平(とみしげ りへい)
営業地:熊本明十橋通
館名:−
経歴:天保八年福岡県山門郡三橋に生まれる。文久二年に長崎に出て

亀谷徳治郎から初めて、写真術の教えを受けた。元治元年には上野彦

馬から写真術の教えを受け、慶応二年に筑後柳川町で写真業を開業し

た。明治二年に肥後国高瀬藩主 細川能登守の招きに応じて高瀬に移

り、その四ヵ月後には熊本藩家老 米田監物の招きに応じて熊本に赴き

明治三年には新町一丁目に移り、明治九年に塩屋町裏二番町に移っ

た。明治十年の西南の役に際しては熊本城内、谷干城、幹部将校、負

傷兵等を撮影した。明治三十年に熊本写真同盟会を設立し会長に選任

され、翌明治三一年には九州写真師同盟会熊本支部長、明治三三年

には大日本写真協会熊本支部長を務めた。明治三六年第五回内国勧

業博覧会ではプロマイド紙引伸写真を出品し三等賞牌を受賞した。大

正十一年没。

戻る 上へ


古資料を参考に作成している為、一部内容に誤り、異説がある場合が有ります。上
記写真師に関して何かお知りの方が居ましたら情報の提供を宜しくお願いします。







Copyright (C) 2003青木執 All Rights Reserved