全国写真師一覧表



五十音






片岡 如松(かたおか じょまつ)
営業地:栃木町相生橋際日光~橋前
館名:−
経歴:日光山輪王寺宮の書役で明治三年日光山撮影に訪れた横山松

三郎から写真術の教えを受けた。名を片岡久来から片岡如松と改め写

真師となり栃木営業写真師開祖となった。

戻る 上へ

片山 猿O(かたやま せいぞう)
営業地:廣嶋市中島本町元安橋西
片山支店 廣嶋市大手町二丁目
館名:片山支店 陽明軒
経歴:安政六年大阪に生まれる。明治四年上野幸馬、実兄である葛城

思風から写真術の教えを受け、次いで上京し塙芳野の門に入った。明

治十年に帰阪、神戸に転じて写真業を開業した。明治十四年に全国の

写真行脚を試み、山陰山陽両道の同業者を訪ね歩き、時に技術を伝授

した。明治十七年に広島の地で止まり、写真業を開業し同年、広島鎮

台司令官 野津中将新任の際に鎮台将校一同を撮影、翌明治一八年

には呉鎮守の御用を受け出張撮影に従事した。明治二一年に陸海軍

機動演習撮影の許可を得て、明治二三年には有栖川宮熾仁を撮影し

賞辞を賜る等、以後も各宮殿下文武大官を撮影し日清戦争中に大繁

盛を極めた。また撮影業の外に大手町の支店でコロタイプ印刷業も兼

業した。大正十五年没。

戻る 上へ

葛城 悦(かつらぎ えつ)
営業地:大坂本町堺筋東
館名:如春軒
経歴:調査中

戻る 上へ

葛城 思風(かつらぎ しふう)
営業地:本店 大阪東區淀屋橋南詰南入
第一支店 宇和島橋一丁南ノ辻東ヘ入
第二支店 南地中ノ芝居裏手法善寺境内
館名:−
経歴:嘉永五年諸大名銀方御用達を業とする家の子として大阪堂島に

生まれる。幼名は米吉。幼少の頃父親を失い富豪 辰巳屋に奉公した。

明治元年に外国語研究の為、肥前国長崎の士 原田重兵衛の紹介で

神戸に赴き写真業を開業中であった守田来三の家に寄寓し、写真術を

志すに至り守田来三から写真術の教えを受け、また造幣局技師 久世

治作からも学び明治三年に大阪南地で写真業を開業した。明治五年に

四国中国地方を巡遊し一時、岡山で写真業を開業した。帰阪後、大阪

高麗橋通淨圓寺境内に写場を設け明治二三年には南地法善寺境内に

支店を設け明治三十年には淀屋橋南にガラス屋根を備え茶室を模した

豪華な写真館を建てた。京阪神総合写真会、大阪写真会等の設立発

展に寄与し小泉俊太郎、片山精三等を初めとする数多くの人材育成に

も努めた。大正元年没。

戻る 上へ

鎌田 永弼(かまた ながすけ)
営業地:西京八阪神社内
館名:−
経歴:京都の人で有栖川宮家に仕える傍ら写真術を研究し、明治初年

に京都八阪神社境内で写真業を開業した。当時、京都第一の大家で明

治十年頃に祇園町の名妓 山口千代、江良嘉代の両妓を撮影し、其れ

等を土産写真として数多く販売し驚異的な売上げを示した。明治二十

年頃に劇忙から写真業を廃業、写場器械等を成井頼佐に、種板其の

他材料は桑田正三郎に譲り自身は東上し、閑雅な晩年を送った。

戻る 上へ

鴨下 松溪(かもした しょうけい)
営業地:淺草公園第五區
館名:−
経歴:文久三年表具師 吉五郎の次男として浅草田原町に生まれる。幼

少より画道を志し菊地容齋高弟 了齋の門に入り俊秀を謳われたが、途

中で写真を志すに至り独学で写真術を研究、明治二一年浅草公園で

写真業を開業した。江崎禮二等の説を聞きつつ一家の風を創始し、写

場で用いる書割は自ら描き新機軸を出し世の称賛を得た。晩年は長子

直雄の三男に業を譲り、自らは風物に親しみ旅行を楽しんだ。大正十

五年没。

戻る 上へ




氣賀 秋ほ(きが しゅうほ)
営業地:東京駿河台御茶之水橋角
館名:玉翠舘
経歴:明治三十年に火災で開業中であった写真館を失い其後、光村写

真館に勤務した。遠州航行中に船上で不慮の死を遂げた。

戻る 上へ

鏡心亭(きょうしんてい?)
営業地:縄手三條下
館名:鏡心亭
経歴:定かではないが、幕末期から明治初頭にかけ京都で開業した写

真師で明治四年以前、かなり早い段階で東京に写場を移して営業した

と思われる。明治九年までの営業は確認出来るが、それ以降は不明。

戻る 上へ

清河 武安(きよかわ たけやす)
営業地:長崎縣長崎市本古川町九
館名:−
経歴:上野彦馬の許で写真術を習得し本古川町に写真館を開業した清

河磯二郎の子で父同様、上野彦馬の門下となり奇人であった。自製の

青写真を販売、暫し東上して諸大家と誼を通じた。明治十四年第二回

内国勧業博覧会に顕微鏡入景画及写真を出品、明治二三年第三回内

国勧業博覧会では銀印肖像写真を出品し褒状を受賞した。明治二五

年には清河氏修正法を発明し特許を得た。時期は不明だが欧州に渡り

十余年滞在し写真術を研究した。

戻る 上へ




工藤 孝(くどう たかし)
営業地:~田區錦町三丁目
館名:−
経歴:調査中

戻る 上へ




玄鹿館(げんろくかん)
営業地:東京京橋区五丁目麹町三番地
京都
館名:玄鹿舘
経歴:調査中

戻る 上へ




好美舘(こうびかん)
営業地:岐阜縣美濃大垣郭町
館名:好美舘
経歴:明治中期頃、早取写真師として営業した。

戻る 上へ

古賀 暁(こが さとし)
営業地:東亰麹町區平川町
館名:−
経歴:定かではないが、東京の内田九一門下で明治十一年に北陸沿

道各所の写真を撮影し宮内省に収めた。明治十七年に東京麹町平河

町で写真業を開業した。

戻る 上へ

小林 壽三(こばやし としぞう?)
営業地:東京日本橋通二町目
館名:−
経歴:調査中

戻る 上へ


古資料を参考に作成している為、一部内容に誤り、異説がある場合が有ります。上
記写真師に関して何かお知りの方が居ましたら情報の提供を宜しくお願いします。













Copyright (C) 2003青木執 All Rights Reserved