全国写真師一覧表



五十音






青山 三郎(あおやま さぶろう)
営業地:愛知名古屋大須公園内
館名:−
経歴:天保八年尾張に生まれる。明治五年に熱田会福女で写真業を開

業、翌明治六年には名古屋若宮八幡前に移り、同年鶏卵紙に因る紙

撮写真に着手した。明治十八年に八千久前、名古屋大須公園内に移り

明治二五年には名古屋公園内に移った。明治二一年に磐梯山噴火口

を撮影し宮内省等に収め、愛知県知事から賞状を受領、明治二五年に

は日本赤十字社名古屋支部で開催された幻燈講演会に際して、原板

を寄付し同社より感謝状を受領した。明治二六年に滋賀県知事の嘱託

を受け、同県小学校に奉安する明治天皇、皇后の尊影写真を複写調

整、明治三一年には出品写真に対して大日本帝国写真協会から二等

賞銅牌を受領する等した。明治四一年に名古屋写真業組合を創立し取

締役に当選就任した。

戻る 上へ

荒川 春(あらかわ たかはる)
営業地:麻布區芝森元町
館名:−
経歴:田中武とは同期で、明治十三年に写真業を開業した。下岡蓮杖、

江崎禮二等と親交が有った。弟は浮世絵師 豊原國周。

戻る 上へ

有本(ありもと)
営業地:和歌山京橋
館名:日陽軒
経歴:調査中

戻る 上へ




伊藤 廣治(いとう こうじ)
営業地:大阪道頓九良右エ門町
館名:−
経歴:天保九年肥前島原守山に生まれる。通称井森屋と号した。上野

彦馬の門弟で明治四年頃、大阪の御堂筋順慶町に西洋料理と写場を

有する店舗を設け写真業を開業したが営業不振で直ぐに廃業した。其

後、大阪南地九郎衛門町に移り写真を専業とし芸妓俳優、紳士富豪等

が数多く撮影を求めに訪れた。明治八年には土産写真の複写に対して

同業者間で其是非を問う論争が生じ、裁判所に出訴する事態になった

際、大阪写真師三十数名の代表者として守田来三と共に選定された。

また豪商 鴻池善右衛門に幾度か別邸に招かれ写真術を教えている。

明治二二年没。

戻る 上へ

今津 政二郎(いまづ まさじろう?)
営業地:東京淺草奥山三社前
館名:松林堂
経歴:明治初年に浅草で開業した写真師で俳優写真舗を開いた。明治

二一年に武州北吉見の百穴住居跡を撮影した。門下には鹿島清兵衛

等が居る。

戻る 上へ




上野 彦馬(うえの ひこま)
営業地:長崎中島
館名:上野撮影局・撮影處停車園
経歴:調査中

戻る 上へ

内田 九一(うちだ くいち)
営業地:横濱馬車道
東京浅草大代地
館名:九一堂万寿
経歴:天保年間医療器械薬種を業とした忠三郎の子として長崎銅座町

に生まれる。父を早くに亡くし伯父である吉雄圭斎に育てられ松本良順

の庇護を受け安政の頃、舎密試験所で前田玄造の元で写真術を学び

後に上野彦馬の元で蘊奥を極めた。慶応元年に大阪天満で写真業を

開業、この時天満橋向の九一として有名で多くの幕士を撮影した。翌慶

応二年に江戸へ赴き、明治二年石川新助の助力に因り横浜馬車道通

で写真業を開業、同年東京浅草瓦町に支店 九一堂万寿を設けた。当

時としては、大変珍しい洋式の写場で政府高官、紳士富豪、俳優、遊

女等を数多く撮影し、これらの写真を土産写真として販売、明治四年に

は横山松三郎と共に旧江戸城を撮影、明治五年には明治天皇の西国

巡幸に同行し各地を撮影、同年明治天皇、昭憲皇后、英照皇太后の尊

影を拝写し東都第一の盛名を得たが夭折した。没後、明治十四年に北

庭筑波が内田九一の名跡を絶えるのを惜しみ浅草の旧写真館を買い

入れ旧内田舎と名付け再業したが明治一八年に廃業、また内田九一

没後、門人の山際某が順慶町心斎橋東に写真業と写真材料商を兼業

し名跡を継いだが明治二二年頃に廃業した。明治八年没。

戻る 上へ




江木 松四郎(えぎ まつしろう)
営業地:本店 東京~田區淡路町二丁目四番地
支店 東亰新橋丸屋町三番地
館名:福山舘・江木商店
経歴:福山藩儒 江木鰐水の六男として生まれる。明治十三年に東京山

城町三で写真業を開業、同年ソラールカメラを米国より買求め、紙写し

、絹写にし扁額、掛軸に製して販売した。其後、写真術研究の為に米国

へ留学し明治十七年に帰朝、淡路町で写真業を再開業し、明治二四年

に新橋丸屋町に壮麗なる六層塔の支店を設けた。明治二六年には向

島言問間に軽便写真場を組立て写客の求めに応じて撮影した。写真業

以外に兼業として油画、絹画、クレヨン画、インデアンインキン画、写真

帖、写真建ゴム判各種製造を行った。技師には成田常吉、工藤孝等が

居る。明治一四年第二回内国勧業博覧会で受賞、明治十五年京都府

博覧会で受賞した。明治三二年没。

戻る 上へ

江崎 禮二(えさき れいじ)
営業地:東京淺草公園地
館名:−
経歴:弘化二年美濃江崎村に生まれる。初め久世治作に科学を学び明

治三年に東上、この時に本姓である塩屋から江崎と名を改めた。柳川

春三著の写真鏡図説で写真術を独学し、後に下岡蓮杖の門に入り薫

陶を受け明治四年に芝日蔭町で写真業を開業、翌明治五年には浅草

奥山に移った。明治十六年に隅田川水雷爆発、短艇競争の様子をスワ

ン乾板を以って撮影し、一躍早取写真師として盛名を得た。明治十七

年には成島柳北の葬儀を、翌明治一八年には打上花火、明治二三年

には軽気球乗りを撮影、明治二十六年には幼児1700人のコラージュ

写真を製作する等した。市参事会員等、政治家としても勢威があった。

明治四三年没。

戻る 上へ




大江 力太朗(おおえ りきたろう)
営業地:東京上野三橋東側
館名:揺光閣
経歴:明治中期頃、早取写真を専門として営業した。

戻る 上へ

岡嵜 一直(おかざき かずなお)
営業地:京都市新京極三粂下ル
館名:−
経歴:嘉永六年岡山藩士 岡崎如瓶一行の三男として生まれる。明治

六年から十年まで官職に就き其間、成井頼佐から写真術の教えを受け

た。明治十一年に京都新京極通三条に写真印画販売店を設け、鈴木

忠視から原版修正法、其他最新技術の教えを受けた。京都市写真業

組合副組長、大日本写真品評会京都支部副会長を務め博覧会共進会

の嘱託を受け出品審査等にも従事した。後年は古書画美術品を主とし

て撮影し明治二一年に写真業を廃し東京に移り住み書画骨董の取扱

を業とした。

戻る 上へ

岡本(おかもと)
営業地:長野縣s町
館名:岡本寫真舘
経歴:調査中

戻る 上へ

小川 一真(おがわ かずまさ)
営業地:麹甼區飯田町四丁目壱番地
館名:玉潤館
経歴:調査中

戻る 上へ


古資料を参考に作成している為、一部内容に誤り、異説がある場合が有ります。上
記写真師に関して何かお知りの方が居ましたら情報の提供を宜しくお願いします。

Copyright (C) 2003青木執 All Rights Reserved