七五三フォトスタジオ 栃木県真岡市の日の丸写真館

オシャレ753専門スタジオ

HINOMARU PHOTO STUDIO

ブランド衣装X写真集

栃木県真岡市にある創業1922年の写真スタジオです。
現在四代目のオーナー天堤太朗が撮影を担当しています。
七五三の衣装・美容・着付けのトータルコーディネートに特化したオシャレママにも満足していただけるスタジオ作りを目指しています。
新作ブランド衣装とドレスを1冊の写真集に製本したアルバムが大人気です!!

七五三とは?

11月15日に、3歳、5歳、7歳の子供の成長を祝い、宮参りをする習俗。 幼児期の通過儀礼としては公家や武家の社会で、そっていた髪をのばす髪置(かみおき)、はじめて袴(はかま)をつける着袴(ちゃっこ)、着物の付け紐(ひも)をやめて帯をむすぶ帯解(おびとき)などがみられる。 男女の別や年齢は確定していなかったが、江戸時代には庶民にもひろがり、江戸では中期以降、髪置は3歳の女児、着袴は5歳の男児、帯解は7歳の女児の祝いとなり、やがて七五三というようになった。

日の丸写真館クレド

常に感謝の気持ちを持ち、自分たちもお客さまも幸せになり、世界を変える活動に貢献していきます


私たちは水と空気のありがたさを忘れません。すなわち、お客様が来ていただける事、お客様がお金を使って下さる事、を当たり前とせず「ありがとうございます」という感謝の気持ちを常に持って仕事をします。

私たちは来ていただいた全てのお客様に幸せいっぱいの笑顔になっていただくために
、私たち自身も幸せいっぱいの笑顔でいたいと思っております。自分たちだけでなくまたお客さまだけでなく、お互いに最高の笑顔でいれる関係を作るため、楽しんで仕事をします。

私たちはひとりひとりが少しずつ世界をより良くしてゆく為に貢献していきます。
「ひとりの力は微力だが無力ではない」

日の丸写真館は世界の飢餓、貧困、紛争に苦しむ子供たちを支援する国際NGO団体、World Visionのチャイルドスポンサーシップに毎月売上金の一部を寄付し支援しています。
LinkIconWorld Vision

そして2010年、「学校アルバムが世界を変える会」を設立し、売り上げの一部を寄付しカンボジアに学校を建設する事業を開始し、その活動が新聞各紙で記事になり,テレビ番組でも特集されました。
LinkIcon真岡新聞
LinkIcon下野新聞
LinkIconとちぎテレビ