真空管アンプ御伽草子

高校生の頃から真空管アンプを製作していました。部品の性能がアップして格段に真空管アンプの音は よくなりましたね。高校生の時代昭和40年代後半ですが 秋葉原に行けば真空管も今にして思えばとても安く手に入りました。
ラックスからキットが発売されていて何回も欲しくなりましたが 結局自作しました。6GA4、KT66、EL34のシングルアンプで作っては壊し、また作って一番長く使用したのはEL34のシングルアンプだったです。当時6GA4や6BQ5,6BM8,6GW8は 駄球と見ていて全然手も出さなかったのですが 今は貴重になりつつありますね。そして6BM8や6GW8は、最近製作してその音のクオリティに驚いていしまいました。きっとパーツとりわけ電解コンデンサーの改良が大きく物を言っているような気がします。さて、その頃のプレヤーは DENONのDP3000にオーディオテクニカのトーンアーム DL103を使用していました。スピカーはダイヤトーンのP610を並列接続してツイッターにYL音響をしようしていました。いい音だったなぁ。1m程の平面バッフルに取り付けていました。その頃のEQは、SRPP式でしたがいい音がしていたと思っています。平面バッフルの音も低音が出ていてそれなりに満足していたと思っています。就職と同時に大きなアンプ、スピカーは持ち込めないのでメーカー製の半導体アンプを購入しましたが どれも真空管アンプで聞いていた音のほぐれが 全然なく特性こそ良いのだろうけれど全然つまらなかった。昨年増築をしてやっと6畳ほどのオーディオルームを増築できたが音漏れとかするので夜は9時終わりです。

1975年頃の私の装置


現在のオーデョオルーム約7畳あります。DVD観賞用として自作6BQ5PPを使用しています。さらにSPレコード観賞用として45シングルを使用しています。これで両親が購入した江利チエミの曲を聴いております。
メインは 300Bシングルアンプですがサンバレーから353切り替え機を購入して完成したら色々なアンプで鑑賞してみたいと思っています。なかなかキットの製作に手が回りません。ところで私の使用しているスピカーは なんだと思いますか?壁に吊ってあるのは FOSTEX FE103ですが メインに置いてあるのは リチャードアレンゴールデン8Tという代物です。今は製造中止になってしまいましたがフルレンジ一発で鳴らしていますが 初めはキンキンした音でしたが今はしっとり落ち着いています。リチャードアレンなんてご存じの方は少ないかな。設置は 真鍮ステンレスをサンバレーから購入して使用していますが音の透明感がさらに出てきたと思っています。

サンバレーからキットを購入して楽しんでいます。自分で製作したアンプもありますので順次取り上げていきますね。
S275と切り替え機のSV353を購入したのですが なかなか時間がなくてまだ組み上げていません。

1 サンバレー 真空管アンプsuper subとipodmini

2 サンバレー SV−7ver2 真空管式ラジオ

3 サンバレー 真空管式D/AコンバーターMODEL 2

4 エレキット TUー873LE 300Bシングルアンプ

5 エレキット TUー870 6BM8シングルアンプ

6 サンバレー SV−9T 6GW8PPアンプ222

7 サンバレー SV−722 マランツタイププリアンプ

8 サンバレー SV−275 KT−88,EL−34、PPアンプ

9 自作6BQ5PPアンプ

10 自作45S

11 自作2A3

10 自作SRPP EQアンプ

ホームに戻る