その36 ジェミニ近代化計画!! ヘッドライトをHIDに!!  

 2008年7月26日(土)
CIBIEハーネス逝く・・・


何かライトが暗いな〜と思ったら、本当に薄暗くなっていた。試しにたたくと直った。何かな〜と調べると、バルブと接続するコネクタが焦げていた。端子の酸化が進んだのだろうか、接触不良でかなりの熱を持ったに違いない。このハーネスは果たして何人目のオーナーがおごったものなのか、何年経過しているか手掛かりはないが、かなりの年代ものに違いない。

果たして今時ハーネスが手に入るのだろうか。もしも手に入るとしても、決して安くは無いはずで、どうせならということで、究極のライト(?)チューン、HID化を決意した。

我がジェミニにしては珍しい、近代化計画であった。
 2008年7月26日(土)
HIDキットがやってきた!!


そんな訳で選定したHIDキットは、秋月電子通商のネット通販で購入した。
価格は21,080円、コスト優先である。
どこを探しても、MADE IN どこどこと言うのが見当たらず心配ではあるが、それくらいのリスクは覚悟の上だ。信頼性に問題が無ければ、ゆくゆくはフレンディーへの水平展開も考えようと思う。


キットの内容は、バーナーとバラストが左右セットと、Hi/Low切り換え用のハーネス。
 2008年7月26日(土)
さっさと取り付けます!!


まずは邪魔なバッテリーを外し、旧いハーネスやら、ハロゲンバルブを除去する。

これがHIDバーナーが収まる、ハロゲンバルブ型ケースである。


ハロゲンバルブを取り付けるようにライト内に収め固定する。


こちらはバーナー。
H4タイプは、ケース内にソレノイドが内臓され、Hi/Low切り換え時にバーナーが前後に移動する。


バーナーを装着する前にダストカバーを加工する。適当な大きさに穴を広げ・・・


こんな感じで・・・・


ライトに装着。

左側のバラストはエアフィルタ下のフラットな面に両面テープで固定する。


右側のバラストの位置に悩んだが、この位置に斜めフラットの面を発見してしまったので、ありがたく使わせてもらった。


Hi/Low切り換えのリレーはバッテリー前に固定。左側バラストまでのハーネスはラジエター前を通してある。


ダストカバーの隙間をコーキング剤で埋めて完成である。

あとは暗くなるのを待って、光軸の調整を行なう。
 2008年7月26日(土)
夜のテスト走行

点灯しての第一印象・・・・も、ものすごく明るい!!

光軸を適当に調整し、テスト走行。

ロービーム

ノーマルレンズ故の欠点かもしれないが、カットがボヤけてしまい、光が拡散している感じで、対向車はちょっと眩しいかもしれないが、今のところパッシングは受けていない。
配光にもムラが見られる。手前がものすごく明るいため、奥が暗く感じてしまうのは贅沢な悩みかもしれない。とにかくハロゲンに比べればものすごく明るくなった。


ハイビーム

意外と遠くを照らさないために、ロービームで対向車に迷惑をかけない、ギリギリのところまで光軸を上げる必要があった。


HID恐るべし!!












終わり

作業日報一覧へ  トップへ