其の24 フューエルフィラ・ドアーのヒンジが裂けた・・の巻

ガソリンスタンドでお姉ちゃんが騒いでいた。 ん? やっちゃった? と思い・・覗き込むと、みごとにフューエルフィラ・ドアー、いわゆる給油口扉のヒンジが裂けていた。2箇所ともに完全断裂!! ん〜確か扉を開けたのは若い兄ちゃんだった。無茶した? でも・・初めてって訳じゃないし、あれこれ疑ってもしょうがない。いつかはこの日が来ると思っていたので、覚悟は出来ているはずだ。「貴方が気にすることはないよ」とスタンドウイメンに言い聞かせ(女の子には甘い)、その場を後にした。
2006年5月1日(月)
ヒンジを修理する


みごとに断裂した、ヒンジ。


あわてず、騒がず、スタンドでトランクからガムテームを取り出し応急処置を施した。


扉からヒンジの部分を取り外す。 モールドの溶着部分をカッターで削り・・・・


プレス部の耳をマイナスドライバーで浮かせると、ヒンジが引っ張り出せる。


ホームセンターで入手した金属製ヒンジを移植するために、あちこち切った、削った、貼ったと、あらゆる技術を駆使し、初期の状態を復元していく。


ヒンジはネジとナットで固定していく。 しかし、ネジ頭とナットの厚みがヒンジを折りたたんだ時に邪魔になるので、ディスクグラインダで削った。 しかし、削る際に発生する摩擦熱により、モールド部分が溶けてユルユルになってしまった。仕方ないので、ひとつひとつヤスリを使い手作業で削るという地道な仕事となってしまった。


形になったら扉に取り付ける。 いい感じ?


いい感じなので、適当に溶着してボディーに取り付け。


何とか様になったようなので、今回はとりあえず良しとしよう。

いや〜まったく予期せぬ、余計な仕事でした。





おわり
作業日報一覧へ