◆ は じ め に ペット文化を欧米と我が国日本を比べると、精神的にもアウトソーシングも、明らかに遅れています。  感覚としては100年ほどでしょうか… 米では、人と動物が同じ生活空間で生活する文化は、古代から中世に始まり、現在では、ペットは「生活のパートナー」という考え方が一般化されています。 日本に於いては、人と動物が同じ生活空間で生活する事が一般化したのは、ここ20年程度でしょう。 ペットに対する感覚も変わりつつあり、ペットは「生活のパートナー」と感じている飼主も増えてきたようですが… 歴史上では、更に5〜6世紀は遅れています。

ットが「単に可愛がる存在」から、「生活のパートナー」と変わりりつつある我国に於いて、 また、欧米とは違う文化と風習や宗教、それに培って生まれた死生観(命についての観念)が、やがて時を経て、日本独特の成熟したペット文化を花開かせる事でありましょう。 ペットと共生する文化が、今はまだ超未熟な我国に於いて、飼主から鍵を預かり、飼主とペットが生活する空間に入り、業務を遂行する「ペットシッター」こそが、ペット業界の中で、唯一飼主目線で、そしてその立場から 「適正飼養」「終生飼養」を導き 、そしてその事が「人と動物の幸福な共生社会」を実現する「礎」になるものと確信に至りました。 かし、現実では… ペットシッターのイメージについて、ペットの飼主にアンケートを募ったところ、 @「誰にでも簡単にできる仕事」67% A「簡単にできそうでできない仕事」21% B「有資格者が扱うべきプロの仕事」12% という散々な結果となりました。 た、ドッグトレーナー、トリマー等の確立されたペット業界のプロに同じ質問をすると、異口同音に、「何をやっても駄目だった人や、仕事を引退した老人や、ペット好きの暇な主婦が、ペットの世話なら簡単だろうと、割と気軽に始めてしまう仕事」との答えが返ってきました。

際に、ネットで検索をすると、スタイリッシュで綺麗なホームページをで溢れ返り、「業界初」を連呼したり、「圧倒的なサービス」と謳い上げてはいるが、その実は非現実的で身の無いサービスだったり、雇用したばかりで、研修も教育もせず、技術も対応力もない未熟なアルバイトを、いきなり派遣している店舗があったり、賠償保険に加入もせず、問合せには「保険には加入しておりませんが、当方が責任をもって賠償します。」などと、まるで根拠の無い絵空事を言い放つ無責任な店舗まであります。 実際、東京都の愛護セン ターにも、年々常識外れのクレームが増加し、管轄行政の環境省が「ペットシッター各々総登録制」を検討し始めた様です。 ※ペットシッターの業に就く者が全て、登録料(1.5万円)を支払って自治体登録する。 在、未成熟なペットシッター店舗が乱立し、1〜2年で消えていく ペットシッター業界に於いて、「ペットシッター」という職が、社会的な信用と存在価値を高めるために… ペットシッター業界が襟を正し、ペットシッター各々の意識を改革する時期が来たのではないでしょうか。 「個がベース」のペットシッターが、地域で情報を共有し、時に協力し合い、切磋琢磨し、またペットの専門家として、専門的な勉強会や研修会により高いレベルを目指す場として、『ペットシッター (ペットライフシッター®) 首都圏ネットワーク』を設立した所以です。  こそこの意に賛同する、プロとしての姿勢と矜持を持った、向上心のあるペットシッターの参加を求めます。             2016年4月吉日          発起人 鶴田 英寿
◆ペットシッター (ペットライフシッター®) 首都圏ネットワーク とは              ◇ 5 つ の 目 的         ◇ ペットシッター と ペットライフシッター®         ◇ 活  動         ◇ 組 織・沿 革         ◇ 参 加 規 約         ◇ 参 加 店
ペットシッター(ペットライフシッター®)首都圏ネットワーク 本部・事務局 〒164-0012 東京都中野区本町4-18-4 グリーンアレイB01F TEL 03-5340-6101  FAX ?03-5340-6103 E-mail PetLifeSitter_MNW@yahoo.co.jp