最新ノートパソコン性能比較「トップ」

ノートPC価格.com

 

数年で処理速度などが劇的に進化するノートパソコン。。だからこそ買いたい時が買い時!

ネットで安く、より良いノートパソコンを比較!

 

各メニューごとに、どこよりも安い人気の最新新品ノートパソコンを性能比較!!

 

各ノートパソコンの表示価格はサイト更新時の最安値です。

ランキング上位のノートパソコンのみを掲載しているため価格が変動する場合がございます。

 

くなる場合もございますので、目的のノートパソコン画像よりご確認下さい。

なお、「ノートパソコン画像」はヤフーショップ、「楽天市場」は楽天市場、「アマゾン」はAmazonでの

価格を比較できますのでご活用下さい。

 

ノートパソコン画像右上の各「メーカー名」にてメーカーの仕様詳細ページを参照出来ますので、合わせてご活用下さい。

 

 





●メール●

 

 

 

 

 

 

 

  

▼おすすめコンテンツ▼

 

 

■メーカー直販店■

 

人気パソコンメーカー直販店のリンク集になります。各種カスタマイズが可能なノートパソコン多数。台数、期間限定キャンペーンセールなどインターネット販売、メーカー直販店ならではの特典が多数ありますので、最適なノートパソコンの比較検討をおすすめいたします。

 

■メニュー■

トップ

メーカー直販店

おすすめ

スタンダード

モバイル

ハイスペック

低価格

ネットブック

初心者ナビ

 

 

 メーカー直販店人気ランキングはこちら 

 

 

 

■意外に安い!メーカー直販店「おすすめ」ノートパソコンはこちら■

 

 

 

ノートPC価格.comのおすすめ活用方法

 

 

1.市販モデル比較

 

気になるノートパソコンのジャンルをスタンダードモバイルハイスペック低価格ネットブックから選択し、価格と性能面を比較、一番の市販モデルを決定します。

※全ジャンル価格順に並んでいますがリアルタイムで価格は変動があり、表示価格とは違う場合もありますので、決定前に現在の最安値を比較し、ご確認されることをお勧めいたします。

 

2.メーカー直販店比較

 

続けて、メーカー直販店にて気になるメーカーで色々とカスタマイズ&見積もりを行い、先ほど決定した一番の市販モデルとの価格、性能面を比較し、より良いノートパソコンを見つける手助けになればと考えています。

※メーカーは人気順に並んでいます。また、カスタマイズ&見積もりは簡単に行うことができて、自分の使い方に最適なノートパソコンを比較し、容易に探すことができます。お買い得なキャンペーンセールが多々あるのも魅力のひとつです。

 

 

 

各ページ説明

 

■メーカー直販店 パソコンメーカー直販店リンク集(ウェブ限定商品や割引クーポン、各種カスタマイズ可能が魅力)

 

NEC、富士通、パナソニック、ソニー、東芝、アップル、Dell、hp、Lenovo、Epsonなど有名メーカーがダイレクト販売(通販)を行っている直販店の人気ランキング形式リンク集です。ウェブ限定商品や個数、期間限定キャンペーンセール、割引クーポン、各種カスタマイズ可能、カラー選択可能など、安くてコストパフォーマンスの高いノートパソコンが多数あります。カスタマイズ可能なことから、別名ではBTOショップとも呼ばれるメーカー直販店のウリはカスタマイズ可能なノートパソコンが多く、自分で必要な機能、不要な機能を比較、選択し、価格も考慮して自分にあったノートパソコンを購入出来るところにあると考えます。また、店頭モデルとは違いカラーが選べるものも多く、自分の個性を出せる部分になると考えます。まずは、メーカー直販店での比較検討をおすすめ致します。

 

おすすめ 今週のおすすめ(各ジャンルより今一番おすすめの商品を掲載)

 

各ページより、きわめてコストパフォーマンスが優れた選りすぐりのノートパソコンをスタンダードモバイルハイスペック低価格ネットブックの順に掲載しています。

おすすめ以外についてもコストパフォーマンスに優れたノートパソコンは多数ありますので、各ページにて性能比較してください。

 

■スタンダード 14〜15インチ(家庭、職場内での使用に一番最適なサイズおよびスペック)

 

現在のノートパソコンの主流ジャンルになります。解像度1280×800以上のA4ワイドサイズのため、インターネット、DVD鑑賞、写真のプレビューなど視野が広く快適です。また、無線LANがありますので家庭、職場内での移動は楽です。家電量販店ではCeleron、SempronのCPUが主流ですが、当サイトではCore 2 Duoのノートパソコンが主流のため、値段があまり変わらないように見えますが大きく違います。Windows VistaはXPと比較するとノートパソコンに高いスペックを求めますので、Core 2 Duo搭載のものを選択した方が良いと考えます。実際にWindows VistaでCeleronのノートパソコンを所有していますが、厳しいものがあります。。是非、Core 2 Duoのノートパソコンを中心に性能比較してください。

 

■モバイル 13インチ以下(出張での持ち歩きなど携帯できるサイズ・重量およびスペック)

 

このジャンルの特徴はなんと言っても1〜2kgが主流の軽さです。出張などで3kg以上のスタンダードなノートパソコンを持ち歩いた経験がある方は分かると思うのですが、肩や腕が物凄く辛くなりますので、まずは軽さを重視して性能比較することをおすすめいたします。次の特徴が5〜12時間が主流のバッテリーの持ちの長さになります。仕事で持ち歩く場合、最近何かと騒がれる企業の情報漏えいを防ぐためにも、暗号化ファイルシステム搭載のWindows Vista Businessなどのノートパソコンもあるため安心できます。また、Windows XP Professionalのダウングレード権やリカバリメディアが付いているノートパソコンもあるため、Vistaが使いづらい場合でもXPとして使用することもできます。

また、バッテリーの持ちをよくするためにもCPUは超低電圧版の場合が多く、熱をあまり発することもなく冷却について悩まされることもありません。

 

■ハイスペック グラフィック等高性能(ゲーム、地デジ鑑賞などの使用に一番最適なサイズおよびスペック)

 

このジャンルの特徴はGeForce、RADEONなどのGPU搭載、解像度1920x1200、18.4インチディスプレイなどのグラフィック性能が高いものや、CPUが高性能、ハードディスクが2台内蔵、地上デジタルチューナー内蔵など、さまざまな面で高性能なノートパソコンです。Windows Vistaではグラフィック性能も高いスペックを要求しますので、このぐらいの性能があれば遅いという不満は全く感じなくなると考えます。そして、ここまでの性能を求めるのであれば、デスクトップパソコンで良いのでは?と考えるかもしれませんが、やはり、ノートパソコンであるメリット、気軽に移動出来ることがあり、重要な要素となります。ゲームなどをされる方は特に、GeForce、RADEONなどのGPUが搭載されたノートパソコンを性能比較されることをおすすめいたします。

 

■低価格 10万円以下(インターネット、メールの使用に一番最適なお値段およびスペック)

 

10万円以下のノートパソコンとなるとCPUはCeleron、Sempronが主流となります。Windows Vistaで使用するには、あまりおすすめしませんが、1年前とは違い、メモリを1G積んでいるノートパソコンが主流ですので、インターネット、メールの使用で不満を感じることはないと考えます。解像度1280×800以上のA4ワイドサイズ、無線LANも搭載し、Office personal 2007が入ってこの値段なので選択肢の1つであると考えます。なお、最近はCore 2 Duoのノートパソコンも低価格になってきていますので、Core 2 Duoを中心に性能比較されることをおすすめいたします。

 

■ネットブック 10インチ以下、激安ロースペックネット、メールの使用程度を想定したミニノートパソコン

 

8から10インチ以下で軽く、CPUの性能は若干劣りますがWindows XP搭載のためCPUの性能は気にならず、SSDなどを搭載している場合もあるネットブックミニノート)は値段も激安で、可搬性にも優れているため、それこそインターネット、メールなどをするためだけのサブノートパソコンとして大変人気があります。ただし、DVDやCDなどのメディアドライブが存在しないため、1台目のパソコンとしては不向きで、メディアドライブがなくても使用できる中上級者向けのようです。なので、初心者の方で安さを求めるのであれば、低価格ノートパソコンの方で性能比較されることをおすすめいたします。

 

補足

 

おすすめ以外のスタンダードモバイルハイスペック低価格ネットブックページについては全て価格順で記載していますので、前後のノートパソコンのスペックと比較検討して頂ければと考えます。

ノートパソコンは春、夏、秋、冬とモデルチェンジを行うため、コストパフォーマンスを求めるためには、春モデルが出る前後のタイミングで冬モデルを検討するなど、1つ前のモデルを比較検討されることを提案致します。

なお、当サイトでは中古ノートパソコンを扱っていません。中古は価格でいけば激安になりますが、ノートパソコンを構成するハードディスクやディスプレイは消耗品のため、中古だと購入してすぐに故障する可能性が高い上に性能も何世代か前のため激安である代わりに性能がかなり低いものが多いためです。

中古を検討するのであれば、低価格ノートパソコンを比較検討した方が安く性能の高い新品を長く使えるため良いと考えます。

また、メーカー直販店ページも比較対象にし参考にして頂き、ネットで安く、より良いノートパソコン(ノートブック)に出会えることを願います。

  

 

▲最新ノートパソコン性能比較のトップへ

[PR] ノートPCメーカー.com  

 

※価格、スペックなどには誤りがある場合もございます。ご購入の際にはリンク先サイトおよびメーカーサイトにて十分ご確認下さい。

Copyright 2008-2009 「最新ノートパソコン性能比較」ノートPC価格.com