Poi

ポイとは、ジャグリングの一種で、紐の先にボールがついているものを振り回すパフォーマンスです。
基本的に音楽と一緒に踊るような感じで演じることが多いです。技を動画で紹介しています。

演技など コメント
技名
基本的な技
Forward Swing 縄跳びの前回しの要領で回します。簡単ですが、体と平行になるように回した方が綺麗に見えます。このように左右のポイを同じタイミングで回す事を「パラレル」といいます。
Split Swing 左右のポイのタイミングをずらして回す事を「スプリット」といいます。
Opposite Swing 上のように左右同時の方向に回す事を「セイム」といいますが、動画のように左右逆方向に回す事を「オポジット」といいます。
Opposite Split オポジットでもパラレルとスプリットがあります。つまり普通に回すだけで「セイム・パラレル」「セイム・スプリット」「オポジット・パラレル」「オポジット・スプリット」の4種類存在します。さらに言えば、それぞれ逆の回転でも出来るため、8種類存在することになります。
Backward Swing 縄跳びの後ろ回しの要領です。これも体と平行になるように回した方が綺麗です。
Low Turn 前回しから後ろ回しに回し方を変えようと思ったら、回転を一度止めなくてはなりませんが、回転を止めずに自分が向きを変えれば自然に回し方を変えることができます。腰の辺りでポイを一回転させる感じです。
High Turn 後ろ回しから前回しに回転を変える方法です。自分が横を向いたときにポイを肩の辺りで回転させる感じです。
F-Carry Turn 「キャリーターン」と呼ばれるターンです。前回しの常態から後ろ回しになります。大きな円を描くような形でポイを動かします。
B-Carry Turn 今度は後ろ回しから前回しになるキャリーターンです。
Tuck Turn ポイを抱え込むようにしてターンします。
Back Spining(by I氏)New! 特別な回し方ではないのですが、手が常にバックにある状態での回し方です。
バタフライ  
Butterfly 体の前で平行にポイを回す技です。最初はポイ同士がぶつかってしまいがちですが、どちらかの手首を少し上にして回すように練習すればそのうち慣れてきます。非常に綺麗な技です。
Over Head Butterfly バタフライの状態から両手で頭の上を通す技です。バタフライができればすぐにできると思います。エンジェル・ウィングとも言います。
Mexican Wave これもバタフライの状態から、今度は左右交互に手を頭の後ろに持っていく技です。テイク・アウトの一例です。
Low Wave 腰の位置でのメキシカン・ウェーブです。
One Hand Butterfly バタフライをやっている時に片手で持つ技です。下においた状態からでも、うまく引き上げると最初からワンハンドで入る事も可能です。
One Hand Over Head Butterfly ワンハンド・バタフライでオーバーヘッド・バタフライを行います。予想以上に難しい技です。
Thread The Needle バタフライの派生技です。手を交互に前に押し出します。
Butterfly U 逆回しでバタフライをやります。勿論、逆回しでもオーバーヘッドバタフライや、メキシカンウェーブ等もできます。
Butterfly U Take out テイクアウトとはバタフライの状態から一度違うところで回し、再びバタフライの状態に戻す事をいいます。つまりテイクアウトを連続して行うと、実際にはバタフライの状態に戻ることがありません。テイクアウトは無数に存在します。動画はその一例です。
Butterfly Take out(By I氏)New! テイクアウトの一例です。
Giant Butterfly バタフライをやっている時に大きく腕を伸ばして回転させます。連続して行う事も可能です。
Giant Butterfly Lock Out 腕を大きく回している途中でポイを止め、そこで小さく一回転させます。このように回転させる事を「ロックアウト」といいます。腕を大きく伸ばす技なら、どれにでもはさむ事が可能です。一回だけでなく、連続してロックアウトをはさむ事もできます。
Split Butterfly 普通のバタフライは上下に移動する感じですが、バタフライをスプリットのリズムでやると、左右に動く感じになります。最初はタイミングがとれずに戸惑うかもしれません。
Behind the Back Butterfly BTBバタフライです。体の後ろでバタフライをやります。最初はスプリットのリズムから入り、徐々にパラレルのリズムに近づけていった方が早く習得できると思います。どちらかの手を上にするとやり易いです。
Doublehand Butterfly 両手でワンハンド・バタフライをやります。
ホリゾンタル
Horizontal Spin 誰でもできそうですが、一応、技です。両手を広げて回転するだけです。
ホリゾンタルとは「水平面」の事です。
Horizontal Butterfly 頭の上で水平面に沿ってバタフライをやります。
Horizontal Mexican Wave 同様に、水平面でメキシカンウェーブをやります。
Cork Screw 水平面でのウィンドミルです。
Horizontal Thread the Needle スレッド・ザ・ニードルから面を傾けていき、地面と水平になるようにします。
ウィーブ
Weave ウィーブといい、難易度の高い技の一つです。体の左右で2回転ずつ回すのですが、手首の動かし方がポイントで、手が交互にクロスします。右手のポイは体の左、左、右と回るのを繰り返し、左手のポイは体の右、右、左と回ります。
Backward Weave ウィーブを逆向きで回す技です。縄跳びでもありますが、逆回しは顔に当たりそうで少し怖いです。
Weave turn ウィーブをしながらのターンです。上二つの技が出来て、手首の動きをよく見れば案外簡単です。
Weave turn U ウィーブのターンをしますが、足を動かさずに体だけをひねってターンします。
Wind Mill ウィーブをやっている時に横を向くとこうなります。手首をなるべく近づけるのが理想的です。体の前と後ろをポイが交互に通ります。
Fountain ウィーブ→バックワードウィーブ→ウィンドミルとつなげる感じの技。なるべく体の動きを大きくした方が派手です。
Bhind the Back Backward Weave 体の後ろでバックウィーブを行います。結構難しいです。バックウィーブが出来てきたら思い切ってポイを体の後ろに持って行きましょう。あまり体を倒しすぎるとポイが顔面に直撃しますので気をつけてください。
5beat Weave 通常のウィーブは3拍で、右手のポイが「左、左、右」と回りますが、5拍で回すウィーブが5ビートウィーブです。右のポイが「左、左、左、右、右」と回っています。手がすごくねじれます(笑)ビハインド・ザ・バックウィーブと同じく難易度の高い技の一つです。
Backward 5 beat Weave 5ビートウィーブのバックワードバージョンです。これまた手がすごくねじれます。
Hip Mill 腰の横でウィンドミルをやります。動画の向きだと、右手が常に左手の下にきます。体の前で一度ずつ、後ろで一度ずつポイが回ります。
Waist Wrap ヒップミルをつなげるとウェストラップになります。具体的には、ポイが体の正面に来たときにターンする感じです。ウィーブターンができるようになってから練習する事をお薦めします。最後は手を大きく伸ばしてキャリーターンみたいになるのが一般的です。
Back side Waist Wrap ウェストラップを体の後ろで行います。よく見るとバックサイド・バックウィーブとバックウィーブでターンしているのと同じです。
Arm Colss WeaveNew! 腕をクロスした状態で前後1回ずつ回します。
その他
Air Wrap(By I氏)New! 紐を絡ませる難しい技。普通の紐ではやりづらいので、ソックス系かチェーン系の方がやり易いかも。
Poi ThrowingNew! ポイを空中に投げる技。手を離すタイミングを如何に掴むかが大事。動画は2カウントだが、1カウントでも可能。
Saw ソーとは「のこぎり」の意味です。ストリングを短く持って回転させます。油断するとあごに当たるので注意が必要です。
Behind the Back Saw 後ろでソーをやるだけです。ソーが出来れば簡単です。
Kick 回っているポイを蹴って逆方向に回します。ミスするとちょっと恥ずかしいです。
Wrap 体に巻きつけて回転を逆に変えることを「ラップ」叩きつけて回転を変えることを「バウンス」と言います。ファイアーでやるには多少勇気が必要です。
Stall ストール、またはストップといい、回しているポイを止める技です。止めた瞬間にポイが棒のように見えるようにすると綺麗です。止めた後は動画のように逆回転にしたり、そのまま演技を終える事もできます。動画はバタフライですが、当然他の回し方をしているときでもストールできます。
Change string Length バックワードから手にストリングを巻きつけて短くします。短い状態からフォーワードスウィングで長さを元に戻す事もできます。
Miss Cover 演技中にポイが絡まってしまう事があると思いますが、慣れてくると、どのように絡まったかが分かるようになってくるのでポイを回しながら解きます。これで解けない場合はあきらめて普通に解きましょう。
Clover 前後と上下でのロックアウトです。
Diamond 体の回りを◇を描くようにポイを回します。
Weave and screw ウィーブをしながら一回転する技です。
Weave and back Screw ウィーブをしたまま一回転しますが、ターンと同時にポイをバックに回します。
3 Thread the Needle バタフライから三連続で片手を突き出す技です。スプリットのリズムのほうが成功しやすいです。
Matrix Weave ウィーブから体を大きく反らします。5ビートも可能です。
Back side Corkscrew ウィンドミルから体を後ろに反らせば簡単です。既にあるかもしれませんが、一応自ら考えたのでこの欄で。
One Hand Split Butterfly ワンハンドバタフライをスプリットでやろうというアイディアが閃いたので、やってみたら結構簡単でした。
お遊び
ハプニング等
6beat Weave 5ビートウィーブに1回転加えたウィーブです。最後の回転がスプリットのリズムになってませんが。
7beat Weave 5ビートウィーブにさらにもう2回転加えたウィーブです。未完成ですが一応紹介だけ。。。
8beat Weave ここまでくるとただの遊びになっています。
Happening 木に引っかかり、落ちはしませんでした。。
Happening 2 回す時は周りに気をつけましょう。

Top