ホーム レシピ マイナーレシピ 裏ワザ アルバム 留学への道 ダイアリー ペ☆キング リンク

北京で買う




割り切ってニセモノ買う


たくさんのデパートがありますが、安くて良いものを探していると必ずニセモノに出会います。そういうものがが多い中国では、いっそのこと現地にいるときだけでもニセモノで身をかためるのもひとつの手かもしれません。


地図

秀水街
地下鉄永安里駅近く

ここは旅行客や芸能人御用達のニセモノブランド市場でしたが、05年に立派なビルに生まれ変わりました。
ニセモノのイメージを払拭させるためのリニューアルだったらしいのですが、売っているものは今だにニセモノです。
各フロアに服や靴、カバンなどの狭いブースがひしめき合っていて、客引きをするおばさんや価格交渉をする旅行客でごった返しています。
ノースフェイスのダウンジャケットやアディダスのシューズなどがたくさんありますが、多分100%ニセモノと思われます。
店頭に並べられているものに偽高級ブランド品はあまりありませんが、見た目だけは良いのが揃っています。そういう商品に埋もれている偽ブランド品を1つ見つけて欲しそうな素振りをすると、奥から次々と出してきます。
店員はかなり外国人慣れしているので、値引かせるのは容易ではありませんが、ニセモノに100元以上するものはありません。



珠宝市街
前門(天安門広場南端)の南側にある通り

前門から南に伸びる前門大街の西隣に平行して通るのが珠宝市街で、狭い通りに土産屋や服屋がひしめき合っています。
庶民的な雰囲気がなんとも言えない通りですが、一大観光地である大柵欄に続く道なため、観光客でごった返しています。
服や靴、工芸品などの品を安く買えるのが長所ですが、偽高級ブランド品目当てでショッピングをすると必ずぼったくられます。
日本人のツアー客が列を成して通るのを何度か見かけましたが、ニセモノには手を出さない方が得策です。
「日本人はこれ(ヴィトンのバック)を欲しがるからおまけして400元(5000円)で売ってるんだ。あんたには300元にしてあげるから買っていきな」
と言うような感じでよく店員に言われましたが、しつこく価格交渉をしたら40元になりました。
バックにライターの炎を当てて、「本革だよ〜」と売り込んでいる店員がたくさんいますが、ここで売られているものは100%合皮です。

価格交渉のコツ


大柵欄
前門(天安門広場南端)の南側にある通り

珠宝市街を南下すると、少し広い通りにぶつかります。そこが大柵欄です。
かつては北京一の繁華街だった所で、昔は柵を張って夜間通行禁止にしたところからこの名前がついたようです。
今でもお茶屋や薬屋などの老舗の商店が立ち並び、珠宝市街とセットで何度行っても飽きないレトロ風の街並みが魅力です。


西単購物市場
西単の通り(地下にマクドナルドのある建物)

ちょっと古ぼけたような感じのするデパートですが、周辺の店よりも価格設定が低くて品揃えも豊富なことからいつも混み合っています。
上階にあるアクセサリー売り場は北京の若者でごった返してますが、偽ブランドの財布や腕時計、香水もちらほらと売られています。繁華街の老舗デパートで堂々とこのようなものが売られていることに驚きました。
値引率はそこそこですが、目立たない売り場の店員は結構安くしてくれます。




万通(世界商品交易市場)
地下鉄阜成門駅上(マクドナルドのあるビル)

ここは大きなデパートですが、中国でよく見られる個人商店が狭いブースで区切られている迷路のようなデパートです。
フロアごとに化粧品、カバン、服、工芸品、電気製品と言うように分かれていて、最上階にはフードコートもあります。
おすすめは日本・韓国料理の店の石焼ビビンバと、ひとり火鍋屋です。
生活必需品から土産品までありとあらゆる物が割りと低価格で手に入れることが出来るのが特徴です。
地下には靴やカバンなどの革製品のフロアになっていて、偽ブランド品もちらほらと見られますが、有名メーカーのものはニセモノが多いです。
高級偽ブランド品に関しては上記の秀水街と同じく、おおっぴらに売っているわけではないので、直接店員に要求すれば奥から出して来るといった感じです。
1階の奥には腕時計の店があり、レプリカ腕時計がずらりと並んでいて、分厚いカタログに載っている商品を指すと、同じ商品を奥から出してくれます。が、なかなか値引いてくれません。
また、普通の旅行客が訪れるデパートではないので、安く買いたい場合は中国人になりきって値引き交渉をする必要があります。



西単にある迷路のような商店群
西単文化広場の北側

通りから見ると服屋がずらりと並んでいますが、路地を入ると迷路のように洋服や靴などの小さな商店がひしめき合っています。品はあまりよくはありませんがぶらぶらすると楽しい所です。











スーパーで買う

97年当時、私が山東省にいたときは対面式の商店や市場で買い物をするのが通例だったのですが、北京ではほとんど近所のスーパーにお世話になりました。(でも野菜や米、卵などは市場で買ったほうがずっと安いです)

家楽福(カルフール) 
店舗多数

普通のスーパーでは、店の中に入る前にカウンターで手荷物を預けますが、カルフールではコイン式のロッカーに入れるのが一般的なようです。
食料品や家電、衣類など、生活に必要なものはデパートに行かなくてもここで比較的安く手に入れることが出来ます。
日本や韓国からは撤退したり、中国では爆弾騒ぎがあったりと多難な営業のようですが、店舗も着実に増えているので大繁盛のようです。




華堂商場(ヨーカドー)
四恵や西直門などに4〜5店舗

四川のヨーカドーには行った事がありますが、北京のは行った事がありません。なので何も書けませんが、抗日デモが盛んな時に新店をオープンさせたことで一時期有名になりました。





家具、DIYの店

家世界
南三環東路 分鐘寺

とても大きなDIYの店と、スーパー、家具の店からなるショッピングセンターがあります。

DIYでは照明から建具、浴槽、便器、ガーデニング品まで、ありとあらゆるものを扱っているので、自分で軽いリフォームをしたい人などに最適な店です。

家具の店は、モデルハウス式の展示をしているので、ソファーに寝転ぶことも出来ます。将来の自分の家を夢見ながら・・・。価格は日本よりも相当安いですが、見た目も質も良いものが揃っています。

スーパーは2階建てになっており、厨房併設のパンコーナーがあるのが特徴です。
この店の品揃えは他のスーパーと変わりないのですが、同じ商品でもおまけが付くのが多いようです。(例えばインスタントコーヒーに付くカップとか)

近くにはIKEAがありますが、規模が小さいために淘汰された感じがします。







無難な服を買う


デパートで買うのは少し値が張るし、かといって市場には購買欲を満たしてくれる商品がありません。繁華街にある若者向けの店で、定価で買うのが無難かもしれません。値引きは期待できませんが、大体日本の半額位で買うことが出来ます。

GIORDANO
西単や王府井、公主墳など店舗多数

繁華街で売られている服は質やデザインの良いものも結構あるのですが、ほとんどの服にロゴマークが刺繍されてしまっていて、着るのには抵抗を感じてしまいます。
ここのはシンプルなデザインで、ロゴが入っていても気になりません。
ただ、他の同種類の店と比べて高かったのでTシャツと靴下しか買えませんでした・・・
(貧)
価格はユニクロと同等か2/3ぐらいかと・・・。
西単の服屋通り


Meters bonwe
西単や王府井、公主墳など店舗多数

店舗はたくさんあるのですが、王府井大街の西側にある店が品揃えも豊富です。
特徴は最上階にバーゲンフロアがあるところ。
デザイン、質ともに合格点のものがシーズン中にもかかわらず、かなり安くなっています。
おばさんに揉みくちゃにされることなく、ゆっくりとバーゲン品を漁ることが出来ます。

Tシャツ10元〜。

※ここの会計方法は少し面倒です。
売り場店員に服を渡して伝票を書いてもらう→レジに伝票を持って行き会計→売り場店員に伝票を渡して商品と引き換え



LOUIES BERRY
西単、王府井、公主墳などいたるところ
おっさん臭い服を売っている店なのですが、靴やバックなどの革製品が豊富で値段も手ごろです。

普通の靴屋で売っている同等の物よりも質が良くて安いし、日本で履いても恥ずかしくないデザインです。

ビジネスバックや女性用のバックもあり、デザインや質もなかなかなのですが、変なロゴマークが付いている場合もあります。

革靴やバック100元(1400円)〜

←ラーメンマークのようなロゴ







本、DVDなどを買う

時間があるときは復習の意味でレシピ本やハウツービデオを漁っていました。また、日本が恋しくなった時はCDやDVDを買ったりと、本屋はまさに憩いの場でもありました。

北京図書大xia(新華書店)
西単文化広場横

北京で一番大きな本屋で、週末はかなり混みあいます。CDのフロアにはDVDやVCD、ゲームソフトなどがあり、品揃えもかなり豊富です。
ジブリ系からドラえもんまで、日本のアニメ物や映画も1本300円ぐらいから買うことが出来、DVDだと、音声の切り替えが出来るので、日本でも楽しめます。
(リージョンフリーのがほとんどですが、テレビの方式が違うために日本のテレビでは白黒画面になってしまうものがあります。media playerだとOKです)
地下には日本の雑誌や文庫本が売られているコーナーもあります。(値段は日本の2倍ぐらい。最新号よりもバックナンバーと言う感じ)
料理本やハウツー物のビデオCDも豊富です。
東隣りには日本のラーメン屋や民航ビルがあり、中国系航空会社の飛行機の予約や空港行きのバス(16元)に乗ることも出来ます。


※外で売っているDVD(海賊版)は正規品の半額以下ですが、新作の作品は映画館で撮影したものが多いです。不良品は返品に行っても行商人は既にいないか、いてもシラをきられるだけなので注意です。



王府井書店(新華書店)
王府井大街の東側

北京図書大xiaより規模は多少小さいですが、西単においてないものもここで買うことが出来ます。
外国人向けの中国語教材が豊富です。



北京大学 新華書店・学食
北郊外

外国人用の中国語教材は西単の書店や、語言大学などでも買えますが、私が愛用している教材がCDと売ってあるので、何回かいきました。
学内には新しいカフェテリア方式の学食があるのですが、私が行ったときは休憩中だったために食べることが出来ませんでした。私の友人の話では少し高めだけどおいしいとの事。
中国のエリートと一緒のものを食べると御利益があるかな〜なんて考えていたのですが、叶いませんでした。




格安書店
公主墳北東の科学技術部地下

公主墳を東に歩くと、左側に地下商店があります。ここでは本を市価の3割引ぐらいで買うことが出来ます(要価格交渉)。
品数は多くはないのですが、新品なのでお得です。
そのほかにはCDやDVD、パソコンソフト、周辺機器などが売られていて、CD−R(15円位)なども格安で買うことが出来ます。
ここで水墨画アニメ(17枚セット)のDVDを買ったのですが、1枚抜けてました…。セット物を買うときは箱を開けてチェックすべき。









調理器具を買う

学校から支給された調理器具は包丁のみ。自宅で腕を振るうのにも学校の備品と同じものを使いたくて、少しずつ買い揃えていきました。
錦綉大地市場
西五環路近く 北京西駅から黄色バス102路終点

北京で1、2番に大きな調理関係の卸市場です。
体育館のような倉庫が何棟も立ち並び、調味料や乾物などのほかに、和洋中、ありとあらゆる調理器具が売られています。
日本で買うと何千円もするようなのが数十円、数百円で買えるので、私も結構買いだめをしてきました。
ぼったくる事はあまりしてきませんが、もともとの値段が安いので値引きはあまり期待できません。
調味料などは大袋サイズなので大変ですが、調理器具はスプーン1本からでも買うことが出来ます。
少し遠いですが、北京西駅向かいのケンタッキー前から黄色バス102路に乗って終点で下車します。
田園地帯にあるので帰りは心細くなりますが、バスは間違いなく通っています。




地安門大街の調理器具店
地安門付近

地安門大街の地安門寄りのほうに、調理器具店が数軒あります。交通の便が良いのですが、価格は上記の錦綉大地市場よりも高いです。品揃えは、箸から大きな業務用コンロまで、ありとあらゆる物が揃っていて電器調理器具が豊富なのが特徴です。
定価が付いているので、値引きは期待できません。









電気製品、携帯を買う
私はケータイ屋が連なる公主墳でデジタル式の携帯電話を買って痛い目に遭いました。もちろん新品のモトローラを買ったのですが、中身は中古だったと思われます。
中古のケータイ屋が数多くあり、安さにつられそうになりますが、絶対に手を出さないのが鉄則です。中古や個人経営の店では返品出来る可能性はありません。多少高くても有名な家電量販店で買ったほうが無難です。

ケータイにかかわらず、「安い=ニセモノ」は間違いありません。


中国のケータイ事情

現地での生活 通信


大中電器
テレビ塔の地下1,2階 その他支店多数

大中電器は北京で一番大きな規模の量販店で、テレビ塔地下にある店舗はその中でも最大規模の面積と品揃えです。
大型家電からカメラ、湯沸かし器まで、ありとあらゆるものを売っています。
週末や祝日にはセールをやっているので、欲しいものがあればそのようなときを狙っていくのが良いかもしれません。
ただし、ニセモノはいつどんな所に出現するか分からないので、実際に手にとって電源を入れてみてから買うしかありません。1年保障はつきます。



中関村の家電デパート

中国の秋葉原といわれる地帯で、筍のように家電ビルが増えてきています。しかし、ニセモノもかなり多いようなので、メーカー直営のテナントで買い物をしたほうがよさそうです。
買い物よりも相場価格をチェックしたり、見物するのにはうってつけの所です。
一番大きな海龍ビルには、ソニー直営店からパソコンの部品を売っているテナント、最上階にはフードコートもあるので結構楽しめます。


※海龍のフードコートは最初にカウンターで50元ほどのカードを買って、各店で会計をします。(残金はカウンターで返金できます)




買ったものは帰国の際に持って帰るか処分するしかありませんが、日本へ送る際は各地の郵便局で手続きできます。