V O A

South Korean 'Goose Dads' Face Sacrifice, Loneliness for Children's Sake
Kurt Achin
Seoul
27 September 2006
For an increasing number of South Koreans, being a family man means seeing less of the family than ever before. Many South Korean fathers stay at home and work while they send their wife and children abroad - often for years at a time - for the sake of their children's education. The left-behind fathers have taken on a common nickname - and a common set of problems.

Geum Hee-yeon loves his family. He says that is why for most of the past four years, he has lived more than 10,000 kilometers away from them.

While he stays in South Korea and works, his two teenage children go to school in the United States. His wife takes care of them there.

Geum, the dean of political science at Seoul City University, says he wanted his children to have a U.S. education because he believes the rigidly conformist South Korean school system is inadequate.

"The education they got was how to memorize. Not how to analyze, how to describe, explain. They don't learn to solve a problem logically."

Many other South Korean fathers share Geum's disappointment with the education system here, or they want their children to study abroad to learn another language, particularly English. They have made the same decision to remain behind while they send their families abroad - for anywhere as long as 10 years. These fathers have earned the nickname - "kirogi appa," or "goose dads."

South Koreans say the name derives from the loyalty wild geese show to their mates. Figurines of geese are often given as a gift to couples here, to symbolize marital love and sacrifice.

Choi Yang-sook did post-doctoral research on goose dads at Seoul's Yonsei University. She says the practice is expanding.

She says there are no exact figures, but estimates there are between 30,000 and 50,000 goose dads in South Korea. She says, more important than the exact number is the psychological effect the goose dad trend has.

Geum has felt the psychological effects first hand. He says in Korea, families depend on a father as the hub of a household. But after his family had been in the U.S. for a while, Geum says he started to feel irrelevant.

"My wife, my kids, were doing everything right - without me," he said. "So I thought, oh, I'm just kind of a small part. Just give them money. I kept thinking - do they need me, or not?"

Geum's daughter, Ji-won is a junior at a university in Ohio, but was in Seoul on break recently. She said when she was younger she did not realize the loneliness and worry her father was going through.

She says she often took her father's sacrifice for granted, because it had been her parents' decision to have her study in the United States. She adds, as her younger brother entered adolescence, he began to grow apart from their father because of the distance.

Geum says about a year ago, the anxiety of being a goose dad began to take a physical toll.

"I got sick. Terribly sick. Some kind of stressful panic disorder," he said. "And the doctor said the only way to cure my disease is to let them come back and join me."

Geum says many goose dads deal with the stress of being away from their families by drinking alcohol with each other, which his health problems prevent him from doing.

Instead, his family came back for several months and now that Geum is recovering, they plan to return to the United States soon.

Despite the hardship, goose dads have a better situation than the men Koreans refer to as "penguin dads." As the nicknames imply, goose dads can fly, because they can afford the occasional plane ticket to visit their families. Penguin fathers, who work in lower income jobs, remain grounded - and often go for many years at a time without seeing their wives and children.

本文

増えつつある数多くの韓国人にとって、家庭的な男であることは、以前にもましてより少ない家族を見ることを意味します。多くの韓国の父親は妻と子どもたちを海外に送る間、家にいて、働きます - しばしば時に数年の間 - 彼らの子どもたちの教育のために。後に残された父親らは、共通なニックネームを受けました - そして共通の問題集合を。

グアム・ヒー・ヤンは家族を愛しています。彼はそれが過去4年間の大部分の間、彼らから10,000キロメートル以上離れて生活している理由だと言います。

彼が韓国に留まって、働く間、彼の2人の十代の子供たちはアメリカ合衆国の学校に行きます。彼の妻はそこで彼らの世話をします。

ソウル市立大学の政治学の学部長グアムは、彼が厳しく順応的な韓国の学校組織は不十分であると思っているので、彼が自分の子どもたちにアメリカ教育を受けさせたかったと言います。

「彼らが受けた教育はどのように記憶するかでした。どのように分析し、どのように記述し、どのように説明するかではありません。彼らは、論理的に問題を解決することを学びません。」

多くの他の韓国の父親たちはここの教育制度でグアムの失望を共有します、あるいは、彼らは彼らの子供たちがもう一つの言語を学ぶために留学することを望みます、特に英語です。彼らは彼らの家族を海外に送る間、自らは留まるという同じ決定をしました - 10年もの間どこかのために。これらの父親は、ニックネームを得ました - 「kirogi appa」すなわち「ガチョウおとうさん。」

韓国人は、その名前は、ガンが彼らのつがいの相手に示す忠誠に由来すると言います。婚姻の愛と犠牲を象徴するために、ガチョウのフィギュアがここでのカップルへのプレゼントとしてしばしば与えられます。

チェ・ヤン-スークは、ソウルのヨンセイ大学でガチョウおとうさんに関する博士号取得後の研究をしました。彼女はその慣習が拡大していると言います。

彼女は、正確な数字はないが、30,000から50,000のガチョウおとうさんが韓国にいると見積もっていると言います。正確な数がガより大事なのは、ガチョウおとうさん傾向が持っている心理的効果だと彼女は言います。

グアムは直接に心理的効果を感じました。彼は韓国で言います、家族は家庭の中心として父親に依存します。しかし、彼の家族がしばらくの間アメリカにいたあと、グアムは彼が無関係であると感じ始めたと言います。

「家内、私の子どもたちは、私なしでまさしくすべてをしていました 」と彼は言いました。「私は思いました、ああ、私はほんの小さな部分です。ただ彼らにお金を渡す。私は、考え続けました - 彼らは私を必要としているのか、そうじゃないのか?」

グアムの娘、ジ-ワンはオハイオの大学の三年生ですが、最近休みでソウルにいました。彼女は、彼女がより若かったとき、彼女は孤独を感じなかった、そして彼女の父親が経験していたことを心配しなかったと言いました。

それがアメリカ合衆国で彼女の勉強をするという彼女の両親の決定であったので、彼女はしばしば彼女の父の犠牲を当然と受け取っていたと言います。彼女は付け加えます、彼女の弟が青春期に入った時、彼は距離のせいで、彼らの父から離れて成長し始めました。

グアムは、1年ほど前にガチョウおとうさんである不安が身体的な警鐘を打ち始めました。

「私は病気になりました。ひどく具合の悪い、ある種のストレスパニック障害」と彼は言いました。「そして、医者は私の病気を治療する唯一の方法は彼らを戻し、私と一緒に住む事だと言いました。」

グアムは多くのガチョウおとうさんがお互いにアルコールを飲むことによって彼らの家族から離れているストレスに対処していると言います、そしてそれは、彼の健康問題が彼が上手くやるのを妨げます。

代わりに、彼の家族は数カ月の間戻りました、そしてグアムは回復している今、彼らは間もなくアメリカ合衆国に帰国する予定です。

困難にもかかわらず、ガチョウおとうさんには、男性韓国人が「ペンギンおとうさん」として言及するより、より良い状況があります。ニックネームが意味するように、彼らは彼らの家族を訪問するために時々の飛行機の切符を買う余裕があるので、ガチョウおとうさんは飛行機で行くことができます。ペンギンおとうさんは、彼らは下のもっと低い収入仕事で働きますが、地上に釘づけにされるままです - そして、しばしば長年彼らの妻子に会うことなくやっています。

単語意味
index