写真 マエダ ■ 優しさと強さ 熱い心で県政を動かす

マエダ政明(まさあき) 日本共産党沖縄県議会議員 県議団幹事長

ホーム プロフィール 政策と主張 リンク

ごあいさつ

 ごらんいただきありがとうございます。

 県議会に送っていただいてはや4年、6月8日(日)には県会議員選挙がおこなわれます。

 4月から始まった後期高齢者医療制度で、無年金の94歳の方が保険料4万8千円の通知を受け、役所に問い合わせても「とにかく収めてもらわなければなりません」といわれたといいます。欠陥だらけのこの制度は廃止しかありません。また、介護保険制度の改悪で収入のない高齢者は施設から追い出されています。日本と沖縄をささえてこられたお年寄りを社会から締め出すようなことは断じて許しません。

 私は、認可外保育園への補助・助成の拡充、子ども医療費の無料化や高校授業料の減免制度の拡充を実現してきました。引き続き、中学校卒業までの医療費無料化など、子育て支援を強めます。沖縄の経済の主人公は地元の中小企業です。沖縄経済の着実な発展と雇用拡大のためにも、地産地消の推進と中小企業の育成のために、中小企業振興基本条例を具体化した経済対策をすすめます。沖縄の広大な米軍基地撤去は、沖縄県民が安心して生活し、経済発展をはかる上でも早期にはからなければなりません。

 侵略戦争に反省のない異常な政治に県民ぐるみで立ち上がったのが教科書検定意見の撤回を求める県民大会でした。沖縄戦の真実を守るため、検定意見書の撤回まで働きます。

 県民・市民の願い実現のため、引き続きがんばります。

 08年5月 マエダ政明


写真