No.164  カンボジア紀行③


ご挨拶 ようこそ「STEREO写真館」にご来館頂きありがとうございます。当館では”Anaglyph”形式のSTEREO写真を展示しております。右目は、左目はのセロファン紙で作った”STEREOメガネ”でご覧いただきますと画像が立体的に見えます。”STEREOメガネ”は文房具店で赤と青(シアン)のセロファン紙をご購入になりお作りになるか又は、当HPでご紹介しております【stereoeye.jp】からも入手できます。
画面 モニターの画面は1024×768ピクセル(XGA)以上に調整して「全画面表示」でご覧いただくことをお勧めします。
顔を左右に動かしてご覧いただきますと更に立体感が出ます。
ご注意 長時間”STEREOメガネ”をご使用になりますと、ご覧になる方によりましては目が疲れる場合がありますので、連続使用は5分以内にしてください。

カンボジア紀行③

トンレサップ湖

カンボジア遺跡Map

トンレサップ湖
私がトンレサップ湖を訪れたのは2012年10月21日でした。6日前の15日にカンボジア前国王シアヌーク殿下が89歳で静養先の北京で逝去され、10月17日~23日は国中が喪に服しており、宮殿に安置された棺に弔問のための行列が続きバスが渋滞にはまり込みました。シアヌーク前国王は18才で即位し、その後フランス領からの独立、タイ、ベトナム両隣国との紛争、国外追放と再度即位、ポルポトとの問題など混乱のカンボジアを生き抜いたとしてギネスブックに登録されております。なんとか渋滞から抜け出たバスはトンレサップ湖のクルーズ船乗り場に到着しました。トンレサップ湖はカンボジアの中央に位置する大湖で、「伸縮する湖」といわれ、乾期は約3000㎢、水深約1mの大きさであるが、雨期には約3倍の約9000㎢、水深9mにまで膨れあがります。(ちなみに我が国最大の琵琶湖の面積は約670㎢)湖には約300種類の淡水魚が生育すると言われ、東南アジアで最も淡水魚の多い湖といわれております。湖には湖岸の高床式住居や水上家屋が浮かび、その殆どが漁を商いにしております。学校も水上に浮かんでおります。クルーズ船が進んでいるとボートが近づいてきておみやげの販売や、クルーズ船に少年のボートが横付けしてマッサージをして1米ドルをもらっております。、たらい船で近づいてきた少年が首に巻いたニシキヘビを触らせて1米ドルを要求したりで、まるで海賊船に会ったような賑やかさでした。浮かんでいる土産物屋ではTシャツ、ワニ革製品などが並べられておりました。土産物屋では食用のナマズ、ワニも養殖しておりました。トンレサップ湖に別れを告げて一旦ホテルに戻り、夕食後シェムリアップ空港21:35発ベトナム航空でホーチミン空港にて乗り継ぎで、約2時間後の00:20発ベトナム航空で一路関空に向けての帰路となりました。日本時間10月22日午前4時15分(現地時間22日午前2時15分)台湾の手前900kmで機内から水平線上に美しい日の出が見られました。
STEREO写真館     
ドアをクリックしてください
2006年9月28日に株式会社トリワークスのホームページ「くらえもんCOM」
に小生の紹介が下記webページに掲載されております。

「STEREO写真館」は現在の場所に引っ越ししており、表示されませんが
古い時代の顕微鏡が3Dで回転しますよ

?rss=thttp://www.kuraemon.com/spuser/20060928/est
STEREO写真にご興味のある方は下記の【stereoeye.jp】をクリックしてください。STEREO写真の撮影方法、STEREO写真作成ソフト(無償)、作品の紹介などが豊富に掲載されており、私のお薦めホームページです。
【stereoeye.jp】
STEREO写真の原理・種類等の記事は下のURL「STEREO写真館」をご覧ください。
http://www.eonet.ne.jp/~stereoman/
次回もよろしくお願いします。