No.157
松山出雲 


ご挨拶 ようこそ「STEREO写真館」にご来館頂きありがとうございます。当館では”Anaglyph”形式のSTEREO写真を展示しております。右目は、左目はのセロファン紙で作った”STEREOメガネ”でご覧いただきますと画像が立体的に見えます。”STEREOメガネ”は文房具店で赤と青(シアン)のセロファン紙をご購入になりお作りになるか又は、当HPでご紹介しております【stereoeye.jp】からも入手できます。
画面 モニターの画面は1024×768ピクセル(XGA)以上に調整して「全画面表示」でご覧いただくことをお勧めします。
顔を左右に動かしてご覧いただきますと更に立体感が出ます

ご注意 長時間”STEREOメガネ”をご使用になりますと、ご覧になる方によりましては目が疲れる場合がありますので、連続使用は5分以内にしてください。
ツアー客は【新大阪】ひかり493号08:14出発、福山09:32着、バスで山陽道を西へ尾道からは尾道自動車道で北へ、途中松江自動車道を経て松江市内に到着、昼食後松江城に登城しました。次に横山大観の名画コレクションと14年間連続で「ジャーナル オブ ジャパニーズ ガーデン日本一に選ばれた5万坪に及ぶ日本庭園を鑑賞しました。出雲地方は水木しげるの故郷で、ゲゲゲの鬼太郎のお出向かいの【お菓子の寿城】に立ち寄りおみやげを物色し、この日は皆生温泉で宿泊しました。翌日は大きなしめ縄の出雲大社の拝殿で祈祷を受けました。古代の神殿心柱のすごく大きいのに驚きながら出雲の10月(神在月カミアリツキ)に全国の神々が集まり宿泊される東西にそれぞれ19社にお参りしました。参拝の後石見銀山の龍源寺間歩(リュウゲンジマブ)に行きました。バスの駐車場から3.3kmの上り坂を登ったところに間歩(マブ)の入り口があり、全長900mの内1/3の300mが公開されておりますが、観光用に公開されておることもあり感動が少なかったのは銀銅山の多い川西地方に住んでいるからでしょうか。帰りは来るときの逆のコースで新幹線こだま752号は新大阪に21:14に到着しました。
STEREO写真館
2006年9月28日に株式会社トリワークスのホームページ「くらえもんCOM」
に小生の紹介が下記webページに掲載されております。

古い時代の顕微鏡が3Dで回転しますよ
?rss=thttp://www.kuraemon.com/spuser/20060928/est
STEREO写真にご興味のある方は下記の【stereoeye.jp】をクリックしてください。STEREO写真の撮影方法、STEREO写真作成ソフト(無償)、作品の紹介などが豊富に掲載されており、私のお薦めホームページです。
【stereoeye.jp

「STEREO写真館」旧館はこちら
http://www.eonet.ne.jp/~stereoman/