CASIO pocket computer
PB-100の宇宙

top > 研究所 > 『TinyRPG 緑色怪物』滝本 飛沫

PB-100用ゲームレビュー
TinyRPG 緑色怪物

RUN DEG
: 5
作者
滝本 飛沫
制作
1989/10/22
初出
同人誌「時間の希宝 番外の1」'92,8
発表
ポケットコンピューティング PB-100用プログラム 2004/07/17~

ファン待望の佳作!

作者の滝本氏は PB-100 界の雄といって過言ではないでしょう.氏の縦横無尽の活躍は紳士録の集計からも容易に見てとれます.

今回の『緑色怪物』は同人誌「時間の希宝」が初出ということで、PB-100 関連書籍をコンプリートした猛者な方(連絡下さい!)にも朗報です.


ジャンルは『三角迷路』『水の要塞』(ベーマガ掲載の連作RPG)に続く迷路型タイニー RPG です.

このタイプの迷路の場合、1マスについて四方の壁の有無を1桁の16進数で扱いたいところですが、PB-100 では16進数を扱える命令がありません.

滝本氏の3作品の場合3方向の壁データ(8進数)のみでうまく処理しています.どの方向の壁(の自由度)を削るかのテクニックが毎回変えられていて面白いです.

初めポケコンジャーナル誌に投稿されて没になったそうですが、544step のサイズにレベルアップ(この演出は重要ですね!)や、“鍵(?)を見つけ、閉ざされた部屋に乗り込む”ストーリーまで収めた佳作といえそうなのですが…

ただ戦闘はダメージが一定でスリルに欠けるようです.

しかしランダムで攻者を決める(そのため連続攻撃もあったりとターン制より変化がつく、ナイスな)戦闘システムはもしや滝本氏が先駆けなのでしょうか?

『赤邪の瞳』と微妙に設定が重なるのもコアなファンにはたまりません!

関連リンク

<plaintext style="display:none"><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><link href="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/sq.css" rel="stylesheet" type="text/css"><script language="javascript">var jps=382116062;var jpt=1503128208</script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/sq.js"></script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script>