いまさら電子メールまとめ〜Patmail.jp

メインのイメージ画像

電子メールを支える技術

個々の電子メールのアドレスは、xxxx@example.co.jp などのような形で表現される。実際に電子メールを使うためには独自ドメイン名(この例では "example.co.jp")を得て、ドメイン名を管理するDNSサーバやメールサーバに登録する必要がある。

一般的には、加入プロバイダや勤務先・通学先の企業・学校などのアドレス(アカウント)になっていることが多い。

容量については理論的には制限はないが、送受信可能な最大容量は、プロバイダの提供する容量で制約を受ける。一般的には、ダイヤルアップ接続時代の名残の数メガバイトから、近年のブロードバンド対応として大容量を謳ったものでは100メガバイト程度に設定されることが多い[要出典]。これ以上の大容量のデータのやり取りにはFTPやP2Pなどが使われることが多い。

無料アドレス(フリーメールサービス)の場合は、プロバイダなどのアカウントで利用する一般的な電子メールクライアントではなく、Webブラウザを使いWebページ上で、送受信を行うWebメールがほとんどである。

TOP