いまさら電子メールまとめ〜Patmail.jp

メインのイメージ画像

Windows Live Hotmailとは

フリーメールサービスであり、Hotmailの後継のWebメールである。Windows Live IDを使用した、Windows Liveサービスのひとつでもある。2007年5月6日に発表、5月7日に提供が開始された(日本では5月8日)。現在、2つのドメインを選択して作成できるようになっている。
旧Hotmailは、21言語をサポートする世界最大級のWebメールサービスで、2005年7月のcomScoreの調査では35.5%の世界市場占有率を持っていた。
2007年11月8日には後継サービスとしてWindows Live Hotmailの提供が開始された。 当初はWindows Live Mailという名称になる予定だったが、2007年2月8日の発表で、名称変更を紛らわしく感じる人が居るとの理由から Hotmail の名称を残すことになった。
その後、2007年5月7日にWindows Live Mailの名称は、旧Windows Live Mail desktopの正式名称として使用される事となった。
表示がHTMLであることに由来し、サービス開始当初は綴りも「HoTMaiL」だった。それまではPCがあってもメーラーがインストールされていない、メーラーはあってもアカウント情報を憶えていないなどの環境や、一時的に読みたいだけでPCにメールを取り込みたくない、といった状況でも、ウェブブラウザでのメール送受信ができて、メールそのものの保存もサーバ側に置いたままで良いと言った、Webメールのはしりで、それまでにないメールサービスをわかりやすく表現した名前といえた。

Yahoo!などの同様の無料Webメールサービスよりも日本語への対応が数年早かったため、マイクロソフト傘下となる以前から、MacintoshやUnix系OS上でも多く利用されていた。
「HoTMaiL」という綴りは、1997年末に、提供元のHotmail社がマイクロソフトに買収され、現在のサービスとなり「Hotmail」に変更された。

TOP


旧Hotmailからの主な変更や追加

●容量無制限 2009年2月6日、保存容量が利用状況に応じて自動的に追加される機能が加えられ、容量無制限となった。
●添付ファイルの容量 最大10MB。さらに2010年夏からのフォトメール機能を利用すれば、送信者のアカウントのWindows Live SkyDriveにアップロードしたファイルに受信者がアクセスして受け取る方式で、最大50MBのファイルを200ファイルまでの合計10GBまで送ることができる。これはGmailの25MBの倍のサイズである。
●セキュリティの向上 情報バーの追加や、フィッシング防止機能の向上
●迷惑メール対策 Microsoft SmartScreen によりブロックする。
●アドレスのオートコンプリート メールの作成画面で宛先を指定するときに使える。
●自動返信 2007年8月13日に追加された。
●アカウント追加機能 2009年5月13日、POPアクセスが可能な他社のメールアカウントの送受信機能を実装。Gmail、Yahoo!メール、プロバイダ各社のメールサービスに対応。
●2009年3月23日、「Windows Live Web Messenger」の提供開始に伴い、受信トレイの「Messenger」ボタンから起動できる。
●メーラー対応 2009年1月14日、日本、イギリス、イタリア、オーストラリア、オランダ、カナダ、スペイン、ドイツ、フランスの9カ国版がPOP3/SMTPに対応。PC用の電子メールクライアントや携帯電話でメールの送受信が可能となった。日本で2012年2月現在、自動転送機能もある。
●アドレス帳のメーラーとの同期 Windows Live Mailなどと同期するアドレス帳を作れる。

TOP