いまさら電子メールまとめ〜Patmail.jp

メインのイメージ画像

ヘッダ情報

一通一通それぞれのメールは、本文とは別に、ヘッダフィールドと呼ばれる各種の特殊な情報が記載された領域を持つ。殆どの電子メールクライアントでは、何らかの方法(電子メールクライアント毎に異なる)によって、このヘッダフィールドの情報を参照可能である。この情報は、脅迫メールやスパムなどのメールが届く場合などに、送信元の特定などに威力を発揮する。ただし、偽装も可能で必ずしもすべてのヘッダフィールドを付加する必要はないため、完全に判断することはできない。

TOP


代表的なヘッダフィールド

ヘッダフィールドは フィールド名:フィールド値 という形で記載される。

・Return-Path
SMTP通信で送信元として伝えられるメールアドレス

・Received
このメールが届くまでに経由したメール転送エージェント(IPアドレス)および経由した日時

・Message-ID
メール一通一通に付加された固有の番号

・In-Reply-To
返信元メールなどのMessage-IDの値のリスト

・From
著者のメールアドレス。単数または複数の名前やアドレスも含めることができる。 このヘッダの記載は送信者が電子メールクライアントの設定によって自由に変更できる。このような電子メールの仕様から、いわゆる「なりすまし」などの悪用を完全に防ぐことは困難とされる。

・Sender
送信者のメールアドレス。名前も含めることができる。著者と送信者が同一、すなわちFromが単一のアドレスでSenderと同じ場合は使うべきではない。逆に、異なる場合は必須である。

・To
受取人のメールアドレス。単数または複数の名前やアドレスも含めることができる。

・Cc・Bcc
それぞれカーボンコピーとブラインドカーボンコピーの受取人のメールアドレス。単数または複数の名前やアドレスも含めることができる。#CcとBccを参照。

・Reply-To
送信者が返信先として希望するメールアドレス

・Subject
話題を表す短い文。日本語ではサブジェクト、件名などと呼ばれる。返信の場合はRe:、転送の場合はFw:が先頭に自動的に付加される場合が多い(#ReとFwを参照)。

・Date
送信者が送信を行った日時

・MIME-Version
MIMEのバージョン

・X-Priority
送信者が指定した重要度

・X-Mailer
電子メールクライアントの種別

・X-IP
送信者のグローバルIPアドレス

・X-FROM-DOMAIN
送信者のドメイン



TOP