いまさら電子メールまとめ〜Patmail.jp

メインのイメージ画像

CcとBcc

電子メールを送信する際の機能として、Cc(カーボンコピー、Carbon Copy)とBcc(ブラインドカーボンコピー、Blind Carbon Copy)とがある。メールの本来の送信先は一般的にTo:に指定して送信するが、本来の送信先以外にも一応コピーを送っておきたい相手などがいる、という場合にこの機能を使用する。

メールを初めて利用する人はもちろん、それなりに使い慣れている人にしても、この機能の本来の使用方法を理解していない事も多い。この機能を使うに当たっては、よく理解して使えばとても便利であるが、私用・公用に限らず、Cc機能とBcc機能の違い・それぞれに指定されて送信された相手に見える自分以外の送信先をよく理解して使わないと、例としてメールアドレスの個人情報漏洩など、色々な意味で問題を起こす事となる。

TOP


Cc(カーボンコピー、Carbon Copy)

To:で指定した本来の送信先以外にも、一応コピーを送っておきたい相手などがいる場合に使用する機能である。
To:で宛先を指定するのと同様に、Cc:にコピーを送りたい相手を指定して使用する。To:に指定された本来の相手には、To:とCc:に指定された宛先が全て見える。また、Cc:に指定された相手にも、To:とCc:に指定された宛先が全て見える。
要するに、送信者 (From:)、To:の相手、Cc:の相手、の各3者相互で、各アドレスが各3者全員に知られることになる。

TOP


Bcc(ブラインドカーボンコピー、Blind Carbon Copy)

To:で指定した本来の送信先以外にも、一応コピーを送っておきたい相手がいる、しかしTo:とCc:に指定した相手にはコピーを送った相手、もしくはその相手がいることを知られたくない、という場合などに使用する機能である。
To:で宛先を指定するのと同様に、Bcc:にコピーを送りたい相手を指定して使用する。メールの送信時に、メールサーバ (MTA) においてBcc:ヘッダを削除して転送するため、To:/Cc:に指定された相手には、このBcc:に指定された宛先は全く見えない。しかし、Bcc:に指定された相手には、To:とCc:に指定された宛先が全て見える。また、Bcc:の宛先アドレスが複数ある場合には、Bcc:指定された各宛先相互間で、自分以外の他の宛先を知ることはできない。
複数の電子メールクライアントから単一のメールアカウント・サーバにアクセスする場合には、Bccを活用したテクニックがある。Bcc:に From:(自分自身)と同じアドレスを指定する(電子メールクライアント (MUA) による常時設定も可能)事により、自分が送信したメールがそのままの内容で自分の電子メールクライアントの受信箱にも配信される。POP3等のメールサーバでサーバから電子メールクライアントへ受信したメールをサーバから除去しない(数日後に削除する)設定を電子メールクライアントにすることにより、1つの電子メールクライアントから送信したメールが他の電子メールクライアント全てにコピーとして配信される。これにより、通常は送信した電子メールクライアントの送信済み箱を見ないと分からない所が、複数の電子メールクライアントで送信メールを確認できる。
ネチケットの一つとして推奨されてきた電子メールの送信方法であるが、一斉メールはどのような場合でもBccを使用するべきかといえばそうでもない。例えば全メンバーがメールアドレスを交換し合っているグループ内ではBccを使う必要性はなく、むしろ宛先と目的がはっきりと明示されているToとCcを使いわけるのが普通である。時と場合によりTo/Cc/Bccを適切に使い分けるには高度なネチケット知識が必要である。
なお、時々「ブラックカーボンコピー(Black Carbon Copy)」と言われることがあるが、これは間違いである。

TOP