アジア特許情報研究会・発表資料
2017年度
   機械学習を用いた効率的な特許調査
        ニューラルネットワークの特許調査への応用
予稿  発表資料
   ニューラル翻訳を用いた中国特許機械翻訳精度の検証
        中国特許の日本語及び英語への機械翻訳精度の検証
予稿  発表資料
   車載認識装置における自転車認識技術の動向
        トピック分析による認識技術の分類
予稿 発表資料
   PCT国際調査報告の統計解析の検討
        日本・中国・韓国のPCT国際調査報告の比較
予稿 発表資料
   テキストマイニングと機械学習による効率的な特許調査
      数理システムユーザーコンファレンス2017(2017年11月2日)
2016年度
   KHCODERによる中国特許の分析可能性評価
        中国特許分析の精度評価及び重点分野の動向分析
予稿  発表資料
   機械学習を利用した効率的な特許調査方法
        動向調査と先行技術調査への機械学習の応用
予稿  発表資料
   自動ブレーキの周辺特許の動向
        特許情報を用いたテキストマイニングによる動向解析の紹介
予稿 発表資料
   IPCCATを用いた新興国特許庁IPC付与の実態
        各国特許庁が付与するIPCの比較
予稿 発表資料
   韓国特許調査における機械翻訳クレーム検索
        機械翻訳されたクレームを検索する際の網羅性向上の検討
予稿 発表資料
   中国における特許ライセンス情報収集の留意点 予稿 発表資料
   ポスター発表
   中国特許の権利維持期間に関する研究   発表資料
2015年度
   口頭発表
   精度を重視した効率的な特許調査方法:引用情報と公報の類似度に
      着目した特許調査方法
予稿  発表資料
   テキストマイニングによる公報間類似度マップの検討 予稿  発表資料
   自動ブレーキの国内と中国の動向:テキストマイニングによる動向解析 予稿 発表資料
   中国語テキストマイニングを用いた中国特許出願動向分析 予稿 発表資料
   韓国特許調査精度向上の検討:CPC特許分類とステータス情報の活用 予稿 発表資料
   ブラジル特許庁の審査期間とIPC付与の実態、出願ならびに調査に
      関する留意点
予稿 発表資料
   ASEAN文献のテクニカルターム検証:タイ、ベトナム、インドネシア 予稿 発表資料
   東アジアの特許情報:中国・台湾特許データベース法律状態情報活用 予稿 発表資料
   中韓文献翻訳・検索システム:誤訳の実態と活用法 予稿 発表資料
   中韓文献翻訳・検索システム:検索漏れの低減案;収録率、翻訳不良
      の中国文法的観点からの検証
予稿 発表資料
   ポスター発表
   ①中国語データベースを活用した中国特許の実例 発表資料
   ②タイ特許調査方法 発表資料
2014年度
   中国ステータス情報:中国特許のステータス情報の実態とその精度の検証 予稿  発表資料
   中国特許解析・テキストマイニングによるKW分析:適合率を重視した特許調査支援 予稿  発表資料
   中国特許調査ノウハウ:中国語特許データベース「日本版CNIPR」の活用 予稿 発表資料
   韓国特許調査手法の検討:ハングルキーワード検索を併用した網羅性向上手法の検討 予稿 発表資料
   新興国におけるIPC付与の実態:各国特許庁と日本特許庁のIPC付与に見られる相違 予稿 発表資料
   新興国のテクニカルターム検証方法:タイ語・ベトナム語・インドネシア語の
      テクニカルターム収集
予稿 発表資料
   タイプミスを含む中国公報に関する留意点 予稿 発表資料
2013年度
   中国・台湾特許原語検索における出願人検索の留意点  予稿  発表資料
   アジア各国特許庁の審査経過情報の調査  予稿  発表資料
   台湾特許調査手法の検討  予稿 発表資料
   タイ特許調査方法の検討  予稿 発表資料
   中国出願の中国語発明者名を用いた発明者分析  予稿 発表資料
   中国特許の中国語キーワード検索検証  予稿 発表資料
   中国語キーワードによる中国特許情報解析  予稿 発表資料
2012年度
   2012年日本知財学会での企画セッション「アジア特許情報の最新動向」
   ・東南アジア知財ネットワークについて (JETROバンコク事務所:大熊靖夫知的財産部長)
   ・中国実用新案の活用状況 (北京北翔知識産権代理有限公司:西内盛二所長高級顧問・弁理士)
   ・韓国特許情報の現状と問題点 (富士フイルム株式会社:田畑文也)
   ・アジア・新興国の知財情報収集の現状 (アジア特許情報研究会:伊藤徹男)
   ・パネルディスカッション(アジア・新興国の特許情報と共有化)
 
   INFOPRO2012_CNIPR新機能解析  予稿 発表資料
   INFOPRO2012_中国語キーワードを用いた特許情報解析  予稿 発表資料
   INFOPRO2012_中国実用新案情報の実態  予稿 発表資料
   >INFOPRO2012_網羅性のある韓国特許調査  予稿 発表資料
   INFOPRO2012_インド特許調査方法の提案  予稿 発表資料
   INFOPRO2012_ロシア特許調査におけるデータベースの現状と問題点  予稿 発表資料
2011年度
   INFOPRO2011CNIPRの徹底活用  予稿 発表資料
   INFOPRO2011テキストマイニング  予稿 発表資料
   INFOPRO2011英語・原語によるハイブリッド検索  予稿 発表資料
   INFOPRO2011中国早期公開・登録  予稿 発表資料
2010年度
   INFOPRO2010 新CNIPR(中国語検索データベース) 予稿 発表資料
   INFOPRO2010 中国・台湾・韓国の審査経過情報  予稿 発表資料
   INFOPRO2010 PATENT INTEGRATION(解析機能がついたデータベース)  予稿 発表資料
2009年度
   INFOPRO2009 中国・台湾・韓国全文検索  予稿 発表資料
2008年度
   INFOPRO2008 日本語検索可能な韓国特許データベースPatBridge  予稿 発表資料
 
「アジア特許情報研究会」設立:2008年4月


アジア特許情報研究会・発表論文
2018年
   機械学習を用いた効率的な特許調査方法(Japio YEARBOOK2018)
   PATENTSCOPEによるASEAN特許調査概要(Japio YEARBOOK2018)
   ASEAN特許調査環境の新たな変革(Japio YEARBOOK2018)
   知財情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2018)
   中国のAI動向を注視する観点から(情報の技術と科学 2018/7)
2017年
   機械学習を用いた効率的な特許調査方法(Japio YEARBOOK2017)
   インド知財庁データベースInPASSの調査性とバックログの現状(Japio YEARBOOK2017)
   ASEAN各国における意匠・商標調査(Japio YEARBOOK2017)
   知財情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2017)
2016年
   中国における特許ライセンス情報の収集(Japio YEARBOOK2016)
   機械学習を用いた効率的な特許調査方法(Japio YEARBOOK2016)
   ASEAN 3国の特許調査におけるFOPISERの有効性(Japio YEARBOOK2016)
   特許情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2016)
2015年
   中国特許情報の最新動向と中韓文献翻訳・検索システムの活用(Japio YEARBOOK2015)
   テキストマイニングを用いた効率的な特許調査方法(Japio YEARBOOK2015)
   ASEAN特許庁データベースのコンテンツ(Japio YEARBOOK2015)
   特許情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2015)
2014年
   網羅的な中国特許調査のための「中国語の拾い方」(Japio YEARBOOK2014)
   特許情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2014)
   中国における早期公開・ 早期登録特許の実態(パテント誌 2014)
2013年
   中国薬物特許データベースの紹介(Japio YEARBOOK2013)
   特許情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2013)
2012年
   中国特許調査におけるCNIPRデータベースの役割(Japio YEARBOOK2012)
   特許情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2012)
   中国特許統計データを読む際の留意点(パテント誌 Vol.65 2012)
   「特許情報解析」入門の手引き(情報管理 Vol.54 No.11)
2011年
   特許情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2011)
   特許情報における原語検索の必要性と自動翻訳によるサポート(情報管理 Vol.53 2011)
2010年
   特許情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2010)
2009年
   特許情報検索と解析の将来展望(Japio YEARBOOK2009)
   テキストマイニングと統計解析言語Rによる特許情報の可視化(情報管理 Vol.52 2009)
   Japio YEARBOOK
   
2018年
   IPI-Award2018受賞
   知財情報で世界的に活躍されている方に贈られるIPI-Award2018を桐山勉さんが受賞
   本研究会メンバーである桐山さんは、ヨーロッパで毎年開催される「IPI-ConfEx」、米国で
   開催される「PIUG 年次大会」などに参加され積極的に発表もされています。
   また、欧州の「PDG(Patent Documentation Group)」とも長年に亘り連携をして来られました。
   知財情報の世界で最も権威あるIPI-Award2018受賞は日本人では桐山さんが二人目です。
   受賞盾  受賞スピーチ  IPI-Award選考委員に囲まれて
   IPI-Awardのホームページ
2016年
   特許情報普及活動功労者表彰
   平成27年度(2015年)対象者として本研究会事務局長が受賞しました。
2014年
   INFOSTA「第39回情報科学技術協会賞」優秀機関賞を受賞