司法試験合格者・元大学講師・現役弁護士が提供する司法試験情報
きっと合格してやるっ!!司法試験
 2005年ー2013年
司法試験のテキストはAmazonで。配送料無料です。
論証例・レジュメなどを全て無償で提供しております。
どうぞ受験にご利用下さい。


私は受験時代も,現在もですが,徹底的に理屈を考えることが好きでした。
そのような癖は受験にとって邪魔な場合もあるのですが,理解できないとおもしろくないじゃないですか?
理屈が必要な方々にヒントを与えることができるかなあと思います。
このホームページを縦横無尽にお使い下さい。あなたのモヤモヤを解決する何かを得られることがあるでしょう。
私は皆さんを応援しております。夢は,受験はあきらめてはいけません。あきらめず続ければきっとあなたのものになります。私もあきらめなかったことが合格の一番の理由と思っています。みなさんに,世界でもっとも著名な書籍,聖書より次の言葉を贈り,応援といたします。
・あなた方を襲った試練で,人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなた方を耐えられないような試練に遭わせることはなさらず,試練とともに,それに耐えられるよう逃れる道をも備えてくださいます(新約聖書・コリント信徒への手紙1・10章13節)。私たちは知っているのです。苦難は忍耐を,忍耐は練達を,練達は希望を生むということを(ローマ信徒への手紙5章3節・4節)。

価格比較でみたらAmazonが一番安くてびっくり
新刊書・司法権に関するニュース・雑記・更新の報告など
2015/1/25   管理者の司法試験結果の順位を掲載しました。
ちなみに、合格年の論文順位は57位です。
 2014/11/1  初学者のための学者講座 町野朔先生をブログに掲載。
 2014/10/14  ブログを作成しました。今後の改定は、ブログに掲載しようと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 2013/10/25  長らく、改訂改訂しておりませんでしたが、少しずつ手直ししていくことと致しました。
まず、民事訴訟法の定義・論証例集の改訂作業から始める予定です(その次は、刑法と憲法の順で考えております)。
また、ブログを開設して、そこで、改訂部分を細かく掲載して行こうかと考えております(ブログは最初の記事を載せたときにお知らせいたします)。
弁護士等業務の合間に行いますので、時間がかかると思いますが、今後も当HPをよろしくお願いいたします。
2012/02/14 勉強方法としての「速聴・倍速ICレコーダーの勧め」を書きました。ご参考に。
2011/09/21 平野哲郎「実践 民事執行法 民事保全法」は,非常に評価がいい本のようですね。民事訴訟法,民事執行と,保全は,実際に事件をやってみないとイメージしにくいんですね。良書が出てくれるのは,本当によいことです。平野さんは元裁判官です。刑事訴訟法もそうですが,やはり,訴訟法は実務家の本のほうがわかりやすいですね。
これは,Amazonに記載されていた感想です。
「一言でいえば、しっかり理解しながら読み進めていける本です。 
 現在、大学院博士課程で民法を研究している者ですが、最近、ものの理解ということにつき思いに耽っていた矢先、手にしたのが本書でした。  私たちがものを理解するといったとき、知識をベースにした理解をするのはもちろんですが、それにもまして大事なのが感性の領域でいかに理解できているか、といったことではないかと思います。これら2つの理解が兼ね備わり融和したとき、真の理解に行き着く、いわば「解せて腑に落ちた」という感覚とでもいいましょうか…。  そういう観点からみてみると、本書は、字面を追うだけでは理解できないことも、豊富な図と巻末に設けられている書式集は本文に対応して一つのストーリー性をもたせる形になっているので、イメージが湧きやすく、事件手続の疑似体験の世界に導いてくれるよう、工夫が凝らされている点は注目に値します。 
 また、「はしがき」において「通読するのに苦にならず、面白い内容」となることも著者が念頭におかれた1つであることが触れられていますが、興味深く楽しく読めるコラム欄をはじめ、読み手への細やかな配慮が感じられる記述で、初学者にも馴染みやすいので、教科書として適しているのはもちろんのこと、著者自身、裁判官の実務経験から培ってきたものがあますことなく盛り込まれていて、実務の世界を垣間見ることができるのも特徴です。  さらには、それにとどまらず、判例・通説を丁寧に紹介した上で、著者独自の見解も随所で展開されており、研究をしている立場の人にとっても、研究書として大いに活用できる優れものといえましょう。 
 また、当然ながら、本書の内容は、民法のさまざまな部分とリンクすることから、実体法の理解をさらに深める上でも座右においておきたい一冊だと思います。おすすめです!
2011/08/25 民法 相殺の担保的機能についての説明を掲載
 2011/7/13 自分の信じていることを絶えず,思い起こすことが,われわれにはひつようなのである。・・・いかなる信念にせよ,一度受け入れさえすれば,後は自動的に心の内に生き続けるというようなものではない。それはやしなわなければならないのである(C.Sルイス)。
2011/7/6 謙虚でなくては何も学ぶことはできない。学問の第一歩は自分の無知を知ることである。
素直な気持ちで学んで下さい。司法試験も,司法試験が問うていることを素直に受け取って,学びましょう。
2011/7/1 平野裕之「コア・テキスト 民法〈1〉民法総則 (ライブラリ民法コア・テキスト)」
コア・テキスト民法〈4〉債権総論 (ライブラリ民法コア・テキスト)。は全てそろっています。
前田雅英「刑法総論講義 第5版」前田先生の教育に対する意気込みが感じられます。が,実際使用夫井田・丸山「ケーススタディ刑法 第3版」
池田修判事ほか「新実例刑法 各論」設例が非常に具体的でいいと思います。わたしは受験時代も刑事
2011/6/9 しばらく更新しておりません。そのため,書籍情報,学者情報などはかなり古くなっております。しかし,論証例などはお役に立てるでしょう。今後は,受験への心構えなどについて何か役に立つ情報を更新したいと思っております。
コンテンツ
ブログ
司法試験のページ
目次です。
定義論証例集
定義・論証例集など掲載
レジュメ・資料集など
講義資料やレジュメなど掲載
勉強についての覚え書き
司法試験の勉強についてのメモ
法律書一覧
体系書等の一覧表(amazon)

初学者のための学者講座
体系書にでてくる学者の紹介

基本書等紹介
体系書等の紹介
最高裁判例検索
最高裁HPの検索画面へ
主要法令検索
法令データ提供システムへ
司法試験リンク
法律関係HPへのリンク集
今日の単語
法律用語などの解説
お勧め本等
管理人個人のお勧め本
ご挨拶
管理人の紹介
司法関連ニュース
司法関連のニュース
LEC
1