車内灯

 イージーに作った車内灯が気に入らず、また白色LEDの性能向上が著しいので、作り直した。さらに、電球色LEDを使うより、白と橙のLEDを混ぜて使う方が合理的だと気づき、今回はかなりの自信作。

 前席は、マップランプが左右に計2つと室内灯という構成になっている。橙と白のLEDをうまく混ぜたところが自慢である。

  • 室内灯配線図
    日亜NSPW500C(白)×12
    + SANDER SDL-5M3PTY(橙)×6
  • マップランプ配線図
    日亜NSPW500C(白)×4
    + SANDER SDL-5M3PTY(橙)×2

     右上は室内灯とマップランプを両方点灯したところ、右下はマップランプ片方のみ。

  •  さらに前席には、サンバイザーの裏の鏡を開くと点灯するミラー用ランプが左右にある。ここもLED化。

  • ミラー灯配線図
    日亜NSPW500C(白)×6
    + SANDER SDL-5M3PTY(橙)×4

     左がミラー灯。

  •  後席の左右にも室内灯がついている。どちらも、前席の室内灯と同じ構成に。

  • 室内灯配線図
    日亜NSPW500C(白)×12
    + SANDER SDL-5M3PTY(橙)×6

     右は後席室内灯である。

  •  下は、照らされた車内の様子。夜に撮影。以前のLEDの明かりは「冷たい感じ」と不評だった。電球色を混ぜたりしたが、電球色LEDはまだまだ値段が高く、効率が低い。橙のLEDには安くて明るいものがあるので、混ぜて温かい光を実現した。

     下左は前席で地図を開いてみたところ、下右は車の外から中を写したところ。

    [Back]