はじめに

自分がまだ小学生の頃、父親が発売されたばかりのPC-6001を買って来ました。パピコンと呼ばれたオレンジ色のキーボードのやつです。

マイコンブームだったのか、友達もPC-8001、MZ-700、FM-7などを持っていました。当時は暇があれば、マイコンBASICマガジンなどを読んでプログラムを入力しては遊んでいました。

グラフィック機能はいまいちでしたが、SCREEN1〜4それぞれの色が大好きでした。サウンド機能は充実していて、市販のゲームではなかなか楽しめるものが多かったです。

ダウンロード

yaPC-6001 は、マルチプラットフォームで動作するNEC PC-6001 エミュレータです。Windows版のバイナリも提供しています。

実装は、オープンソースのエミュレータであるCommon Source Code Projectをベースにしています。

事前準備

本エミュレータを使用するには、PC-6001 本体から吸い出した ROM イメージが必要になります。HashiさんのHome Pageを参考にしてください。

ディスクオートスタート機能を利用するには、mk2 本体から吸い出した ROM イメージが必要になります。西田さんのHome Pageを参考にしてください。

64KBフルRAM構成を一部サポートすることで、CP/Mの動作が可能となっております。秋川さんのHome Pageを参考にしてください。

戦士のカートリッジを一部サポートすることで、ベルーガの動作が可能となっております。西田さんのHome Pageを参考にしてください。

遊び方

ROMイメージのファイル名は以下になります。実行ファイルと同じフォルダにおいてください。 特殊キーには以下を割り当てています。設定ファイルなどはありませんので、あとは色々いじってみれば理解出来ると思います。 戻る


2015年9月19日