マスコミへの掲載・出演-02(ラジオ・テレビ)




ここではテレビやラジオに取り上げていただいたものを紹介します。ラジオには時々紹介していただきましたが、インターネットの進化でテレビに出演しました。




12・NHK・第一・地球ラジオ(2009年06月28日)
日本時間: 2009年06月28日 18:07分 から 約7分間
地球ラジオには2年ぶり、5回目の出演となります。現地では朝の5時の出演となり、少々寒く眠かったです。

6月28日(日)6時台の放送(NHK ラジオ 第一)

6月28日(日)放送

サッカー観戦が欠勤の理由

来年南アフリカで開かれるサッカーのワールドカップ大会に向けて、南米でも予選リーグの真っ最中です。パラグアイでは、試合が行われている間は街は人通りはなくなり、サッカー観戦のため会社を欠勤、早退をする人もいます。

出演 パラグアイ 田中裕一さん



(台本)
「地球でっかいゾウ」。『でっかい地球には知らないことがいっぱい。リスナーが体験したカルチャーショック、びっくり、勘違い、大集合!だゾウ。』・・・ということで、今週はパラグアイ・アスンシオンにお住まいの田中裕一(たなかゆういち)さんに「サッカー観戦が欠勤の理由」というお話をうかがいます。日本との時差はマイナス13時間、現地は午前5時をまわったところです。

Q:田中(たなか)さん、おはようございます。田中さんがお住まいのパラグアイではサッカーというと今はワールドカップの予選が話題の中心でしょうか。
A:今は2010年の南アフリカで開催されるワールドカップの南米予選が行われています。前節までは首位に立っていましたが、ブラジル戦で敗退してパラグアイは現在3位に付けています。ブラジル戦はアウエーでしたが先制のゴールが決まるとあちこちで花火が鳴り響きました。結果は1-2で逆転負けとなりましたが、その前のホーム戦ではブラジル戦に2-0で快勝しました。その時は街中いたるところで自動車の上に人が乗り、横断幕や旗を振ったり、クラクションを鳴らしながら走り廻ったりと、お祭りムード一色の騒ぎでした。翌日は誰もが笑顔でサッカーの話で持ちきりでした。

Q:サッカー観戦で国民ガ一喜一憂するのはわかりましたが、サッカー観戦が欠勤の理由になっちゃうんですか?
A:サッカーの試合といっても、さすがにワールドカップの予選や、本戦の場合です。当然ながら、自動車も通行人ほとんどいなくなり、街は閑散としてしまいます。たとえば、試合開始が夕方だったりすると、仕事を切り上げて全員が早退する会社が驚くほどたくさんあります。また、昼の時間であれば事務所にテレビを持ち込んで事務所で観戦、電話も訪問客もなくなりますので、仕事を止めても全く問題なし。試合中に電話をかけるなど礼儀に反することとされます。そして、ワールドカップの本戦になると、平気で職場を休む人もいます。休んだとしても文句を言われません。サッカーがあるのに仕事などしていられるか、という感じですね。経営者もサッカーが見たいので余り文句も出ないようです。

Q:ワールドカップ以外のサッカー観戦はどんな様子ですか?
A:ワールドカップの予選、本戦と並び南米選手権も盛り上がりをみせます。これまでのW杯での優勝国は南米と欧州が8勝ずつと互角です。南米選手権は欧州選手権と並んで世界的な大会ですし、国民にとって優勝国は世界一に等しく、相当な熱が入ります。また、日本人とは異なりオリンピックにはパラグアイの人はほとんど感心がありません。中継は開会式とサッカーくらいでほとんど話題にもなりません。ただ、2004年のアテネオリンピックではパラグアイサッカー代表は決勝に進み、相手が宿敵アルゼンチンと戦いました。現地では未明の試合であったのですが、起き出してワールドカップの時のように皆がテレビに釘付けとなっていました。残念ながら負けてしまい銀メダルに終わったので、その後は静かでした。

Q:これまでで、印象的なエピソードはありますか
A:2002年W杯日韓大会の一次リーグ最終戦で、スロベニアを相手に10人で戦い2点差をつけ、奇跡の勝利を挙げてトーナメント進出を決めた時にはかつてない程の騒ぎとなりました。街中で花火が打ちあがり街はクラクションを鳴らした自動車の隊列、夜までお祭り騒ぎでした。丁度この日は取り消しになる予定の祝日だったのですが、一時予選の最終戦がトーナメント進出をかけた重大な試合となったため、急遽祝日取り消しが中止になったんです。おかげで皆さん欠勤することもなく堂々とテレビ観戦する事が出来たというワケです。

Q:さて、パラグアイのワールドカップ出場の行方はどうなんでしょうか。
A:残り4試合のうち2勝すれば出場が確定します。残り試合は、9月から10月にかけて行われます。9月5日にボリビアに勝利して9日のアルゼンチン戦に勝ち、2勝をあげれば最短で予選突破が確定します。もしアルゼンチンに負けたとしても、最終節のベネズエラ、コロンビアは格下相手ですから、予選突破は間違いないだろうと、どこか国民は楽観ムードです。南アフリカでは日本と同じグループとなり本戦で戦いが見たいものです。

Q:田中(たなか)さん、ありがとうございました。
A:ありがとうございました。

(後説)
「地球でっかいゾウ」。パラグアイ、アスンシオンにお住まいの田中裕一(たなかゆういち)さんにお話を伺いました。



11・地球アゴラ:NHK・BS1(2008年03月10日)
NHKテレビ「地球アゴラ・第22回」に出演しました。前回から約1年が経過し、今回は伊賀上さんがメインで友人としての参加です。それでも一応は参加者ですので2回だけですが発言もしました。

3月10日(日) BS1 生放送  21:10〜21:59 
3月15日(土) BS1 再放送  12:10〜12:59 
3月11日(月) ワールド・プレミアム(国際放送)  04:10〜04:59  
(いすれも日本時間)

今回はデンマーク、イタリア、サモア、モロッコの方と一緒でした。一年間番組を放送し今回で22回となり、スタッフの方も慣れて来たと感じました。リハーサルは想像よりも簡単で発言内容などはほとんどぶっつけ本番というのが実情です。



(写真:リハーサル風景)



(写真:直前の番組を見ている)

スタジオの様子、そして番組が始まってからは放映画面が正面に出ます。出演しているのは国外の人で生放送では無く数時間後に放送されます。



(写真:スタジオの様子-01)



(写真:スタジオの様子-02)



10・地球アゴラ:NHK・BS1(2007年04月15日)
NHKテレビ「地球アゴラ・第一回」に出演しました。ウェッブカメラで世界に散らばる在外邦人を結ぶ番組なのだそうで、今回は商工会の仲間二人と一緒に主演しました。生放送、それも当地日曜日の朝の放送で、打ち合わせ、リハーサルは午前6時半からという当地時間では少々眠い時間帯でした。

http://www.nhk.or.jp/agora/yotei/index.html
地球・アゴラ

4月15日(日) BS1 生放送  21:10〜21:59 
4月21日(土) BS1 再放送  12:10〜12:59 
4月16日(月) ワールド・プレミアム(国際放送)  04:10〜04:59  
(いすれも日本時間)

今回は第一回で当方の他はネパール、フランス、ギリシア、米国・ボストンの4箇所でした。本番直前までマイク、カメラの調整に手間取り、実際にはある程度ぶっつけ本番でしたが、スタッフ皆さんの気合で大きなトラブルは全く無く、順調に番組が終わりました。




(写真:リハーサル風景)

番組の途中まではポロシャツを着ていて途中で脱いで日系ベルマーレのシャツを下に着ているという趣向にしました。最初のポロシャツは国旗の色に合わせて「赤、白、青」としました。パソコンのモニターに上にウェッブカメラを取り付けて撮影をし、パソコン画面には放送されている画像が表示されます。



(写真:番組本番風景)

現在放送されている画像の下に小さくウェッブカメラの映像が出ます。パソコンの上に付いているのがNHKから送られたウェッブカメラです。



(写真:パソコン)

パソコンの画面には中央に現在のテレビの画面そして左の隅にカメラの映像が映し出されます。スタジオの綺麗さはテレビ以上で見とれてしまいました。



(写真:パソコン画面)

当地ならでは人付き合いのコツをというコーナーではパネルを出してキーワードを表示する事になっており、当方は「キス」と書きました。残りの4つは「質問」「パラカロ」「逆切れさせない」「ネタ」でした。また着ているのは当地「日系ベルマーレ」のユニフォームです。



(写真:キーワードを表示)

テレビの画面は下記のようになります。シャツを一斉に脱いで「日系ベルマーレ」のユニフォームとなりました。



(写真:テレビの画面)



09・名古屋のラジオ局ZIP FM(2006年11月12日)
名古屋のFM局の朝の番組に出演しました。番組名 Morning Jackの中の「Toyota Worldwiders」というコーナーで5分程度の出演でした。今回はビジネスに関するテーマという事で翌日から開催される三ヶ国展示会を紹介しました。台本が無くどのような質問が来るのか少々緊張しましたが何とか無難にこなす事が出来たと思います。8時からということでしたが、実際には8時02分からの放送となりました。

番組名 Morning Jack
「Toyota Worldwiders」です。
放送日 11月13日月曜日
放送時刻 午前8時より5分程度
番組URL  http://zip-fm.co.jp/index.html



08・NHK・第一・地球ラジオ(2006年03月25日)

2006年 2月29日 18:30分 から 約4分間
NHK第一・地球ラジオに2年ぶり4回目の出演となりました。今回はジーオ情報局とういコーナー、復活した蒸気機関車というテーマで事前録音での出演でした。生ですと時間帯が大変なので助かりました。質問が無くあらかじめ当方で用意した原稿を読む形式で、放送局からも訂正も無く当方が書いたものをそのまま読み上げました。

3月25日(土曜日)
世界まるごと質問箱
■  世界中には、どのような屋根の形や色をしたものがありますか?
■  理髪店や美容院の待ち時間にはどうしていますか?
ワールドテレフォン
ネットワーク
ザンビア・ルサカ 高橋 逸郎さん
ハンガリー・ブダペスト 渡辺 律子さん
ワールド
ミュージックシーン
お休みさせていただきました
地球ズームイン
お休みさせていただきました
ぼくたち私たち
元気だよ!
アブダビ日本人学校
(アラブ首長国連邦)
福本 眞久さん
藤原 有里沙さん
ジーオ情報局
復活した蒸気機関車 パラグアイ アスンシオン 田中 裕一さん
放送中に
お届けした曲
18:28ごろ
『Tico Tico』  演奏:国府弘子
18:35ごろ
『メランコリニスタ』 うた:YUKI
 


ML仲間からの感想
01・特に合わせるというのではなく、ちょうど車で出かける用事ができたので、カーラジオをつけるとぴったり始まったところでした。分かりやすく簡潔な内容で良かったと思います。中で蒸気機関の燃料効率のことに触れられていましたので、お人柄が忍ばれました。
02・聞きました!○月○日○時○○分のテレビ放送・ラジオ放送を聴いて!というのは苦手なほうでいつも気がつけば放送終了していることがいつもの事でしたが、今回はちゃんと聴くことができました。電話でのインタビューかと思ったら事前録音だったのですね。それにしても素人とは思えない、落ち着いた話し方で内容も簡潔にわかりやすくまとまっていていました。パラグアイで蒸気機関車に乗って喜んでいる子供たちの情景が目に浮かびました。感服しました。


暖かいご意見ありがとうございます。



07・KBCラジオ「PAO〜N」独占!大人の時間「世界うまうまハウマッチ」
(2004年11月03日)


KBCラジオ「PAO〜N」独占!大人の時間「世界うまうまハウマッチ」(水)
2004年11月3日(水)15:10〜15:24・南米編
奥田:独占!大人の時間。毎週水曜日は、「世界うまうまハウマッチ!」
沢田:ウッシッシ・・・智子、今日はどこだい?
奥田:今日は、・・・「パラグアイ!」
BGM
【パラグアイ 情報】
*正式国名:パラグアイ共和国 
*首都:アスンシオン
*面積:40万6752平方キロメートル
*人口:588万4491人
*時差:日本より13時間遅れ。
*ルート:
*通貨:グアラニー 1円≒57グアラニー
*言語:スペイン語、グァラニー語
*気候:気候は亜熱帯性で、平均気温は20〜24.5℃。夏期の11
月〜3月には30℃になる。
旅行には5〜8月が最適。
●「のどかな緑の国」
素朴でのどかなこの国はまさに桃源郷。なだらかな緑の丘の向こうに古い教会の白壁が映え、村の家々には色とりどりの花があふれる。この国の人々の誇りは、グアラニー族の祖先の血。パラグアイというのもグアラニー語で「鳥の冠をかぶった人々の国」という意味だし、通貨の単位や高級ホテルの名前までグアラニーである。南米でも有数の親日国で日系移民も4千人から5千人いる。

世界の国から、今日のお客様・・・田中 裕一さん (1990年10月よりパラグアイに)非常に引越しの多い方!日本で住んだ事がある都道府県は、宮城、千葉、山梨、東京、神奈川、大阪、京都、岡山、福岡と全国にわたる。外国で住んだ事がある国は、ブラジル、パナマそして現在のパラグアイだそうです。

〜質問〜
●「パラグアイで暮らすようになったキッカケは?」
親日的であり、しっかりとした日系社会もあり、未開拓の分野が多く将来性があるので引っ越して来ました。
●「パラグアイに住む人々の特徴は?」
そうですね、ひとなつこくて親切ですね。勿論本物のラテン系ですから陽気で明るい、楽しい連中です。
●「パラグアイのお食事は・・・」
牛肉が中心で後はパスタが好きですね。ここ首都アスンシオンには色々な料理が揃っており、日本食も充実していて、お寿司も食べる事が出来ます。
●「パラグアイでの生活苦労話などありましたら・・・」
特にありませんが、夏が半年続きますので夏ばてには注意しています。
●「パラグアイで日本人は生活しやすいですか?」
非常に住み易い土地柄と言えると思います。皆さんに来て欲しいですね。
●「パラグアイ観光・ここは見ておけ!という観光地は・・・
世界的な観光地というのはありませんが、パラグアイ自体面白いと思っています。のんびりと南米の風景そして人々を見て感じて欲しいですね。そしてサッカー観戦をして欲しいですね。パラグアイは先のオリンピックでは銀メダル、ワールド杯の常連でもある強国です。Jリーグで活躍していた福田健二選手も活躍しています。

奥田:さて田中さん、今週のハウマッチですが・・・田中さん:(なにかひとつパラグアイにまつわる物の値段をクイズとして出題をお願いいたします。)のお値段は、一体、ハウマッチ!・・・(     )!


食べ放題の焼肉レストラン一人分(肉、サラダが食べ放題)20000 グアラニ 400円
奥田:〜来週は、「      」です。お楽しみに・・・
沢田:世界うまうまハウマッチでした!!
〜田中さんの著書〜
南米のパラダイス・パラグアイに住む―脱・サラ日本人が見た〈南米共同市場〉の小さな楽しいラテン国 脱サラして南米・パラグアイに移住した著者が、「脱・日本」の指針と、美しい自然に恵まれ、かつヨーロッパ的文明生活も享受できるパラグアイの豊かな生活について語り尽くす。



06・NHK・第一・地球ラジオ(2004年02月29日)

2004年 2月29日 18:05分 から 約5分間

地球ラジオから依頼があり、今回で3回目の出演となりました。朝の6時と今までで一番早い時間、それも日曜日で、眠い中半分夢見心地でした。内容はほとんど台本通りでした。この点ではNHKはしっかりしていますし、気が楽です。4年に一度の閏年の2月29日、良い思い出になりました。


2月29日(日) 世界遺産の街から          
ラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとへスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群
(現地時間 午前6時過ぎ・時差= -12時間)

○世界各地の世界遺産がある街と、人々の暮らしを紹介する「世界遺産の街から」。
きょうは、パラグアイのラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとへスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群です。
○ 施設の名称については、ユネスコの表記では「トリニダード」とあります
が、現地では最後の「ド」は発音されずに「トゥリニダー」のように発音されています。
○パラグアイ・アスンシオンにお住まいの田中裕一さんと電話がつながっています。
日本との時差は-12時間、現地は午前6時をまわったところです。


Q田中さん、今日のパラグアイのお天気はどうですか。
A(例)まだ明け方で外は暗いのですが、今日も晴天のようです。

Qさて、ラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとへスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群はどんなところですか?
Aスペイン人が入植した当初、イエズス会が理想の社会を築こうと、現在のパラグアイ南部からアルゼンチン北部一帯に元から住んでいたインディオの人たちと多くの入植地を造りました。このようなイエズス会の教化村は30ヶ所ほどあったそうです。しかし植民地支配に絶対を求めるスペイン王国は、自らの統治の及ばないイエズス会排除に乗り出し、イエズス会の理想郷は破壊つくされてしまいました。南部パラグアイを中心にアルゼンチン、ブラジルにかけてこの一帯にイエズス会の修道施設と居住施設が一緒になった遺跡が点在しています。その中で規模も大きく交通の便も良いサンティシマ・トゥリニダー遺跡で、幹線の国道沿いに在り、地の利も良く、パラグアイ有数の観光地となっています。パラグアイ政府が保護に乗り出し、現在は広大な遺跡公園として整備されています。そこから一番近いのがヘスース遺跡で12キロ離れています。ここを一緒に訪問する人も多いようです。

Qこの施設の見所は?また田中さんのおすすめはありますか?
Aここを訪問しますと理想郷を目指した当時の雰囲気を感じる事が出来ます。広い遺跡公園の中を散策するだけで往時を感じる事が出来ます。出来るならば早朝訪問する事をお勧めします。荘厳さが伝わって来ます。

Qこの施設に対して地元の方たちはどんな思いを持っていますか?
Aパラグアイ人達の多くは敬虔なカトリック教徒ですので遺跡に対しては非常に重要な物として見ています。

Q問題になっていることはありますか?
A入場者が非常に少ない事が挙げられます。私も数回は訪問していますが、いつもほとんど入場者が居ません。夏休みと週末にはある程度来ますが、それ以外の時にはゼロという日もあるようです。自動車を持っている人は行くことが出来ますが、一般の旅行者にとってはなか
なか訪問が難しいと思います。首都アスンシオンから400キロは離れていますし、バスを乗り換えて行かなくてはなりません。

Q訪れる人たちに、どんなことを感じてほしいですか?
A広い南米大陸の中央で理想のユートピアを求めて平和に暮らしていた人達の事を想像して欲しいですね。

○「世界遺産の街から」、きょうはパラグアイの田中裕一さんにうかがいました。


NHKのページより

2月29日(日曜日)
世界井戸端会議
最近、身の危険を感じたことはありますか
ワールドテレフォン
ネットワーク
ナイジェリア・ラゴス 吉成 潤子さん
ニュージーランド・クライストチャーチ 立川 正美さん
奮闘!ジパング
オランダ出身 ルネ・ボスマンさん
ボスマンさんは、オランダでパントマイム劇団に7年間在籍し、ヨーロッパ各地で公演しました。来日したのは1988年。現在はパフォーマーとして活躍するかたわら、横浜市の小学校で国際理解教室の講師も務めています。また1998年のNHK大河ドラマ「徳川慶喜」ではオランダ語指導も担当しました。
世界遺産の街から
サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとへスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群
パラグアイ 田中 裕一さん
にっぽんチャチャチャ
子育て留学奮闘中』 デンマーク 田中 伊緒さん
田中さんは日本の大学院で修士課程を終了後、就職し、結婚、出産と、学生生活からは遠ざかっていましたが、去年からデンマーク工科大学の博士課程にお子さんを連れて留学し、子育てをしながら研究生活を送っています。
ふるさと日本のうた

早春賦 唄:NHK東京放送児童合唱団

放送中に
お届けした曲
17:16頃 『太陽の接吻』 唄:パリス・マッチ

17:27頃

『テイラー・ウィロビー』 演奏:ロドニー・クロウェル
17:37頃 『ビューティフル・コリジョン』 唄:ビック・ルンガ
18:13頃
『桜』 唄:arp
18:28頃
『スムース』 演奏:キャンディ・ダルファー




05・「文化放送」「吉田照美のやる気manman」(2003年10月29日)


「文化放送」「吉田照美のやる気manman」という番組があり(パーソナリティは吉田照美さんです。)もう16年も続いてる文化放送の看板番組だそうで、番組のコーナーの中に、海外在住の日本人の方と国際電話をつないで日本との文化、習慣の違いで驚いたことや海外生活ならでは体験談など、カルチャーショックをテーマにお話する「海外カルチャーギャップ」というコーナーがあり、ここに出演しました。話題は先方に当方のウェッブの中から選んでいただき、「パーティー」「大学の資格」「道路の名称」の3つ話題を取り上げることになっていました。

10月28日・午後: 13時10分頃から10分間(日本時間)

(台本)

吉田:火曜日は、海外在住の日本人の方に国際電話でいろいろお話を伺うという、「海外カルチャーギャップ」です。今日は「南米・パラグアイ」です。パラグアイの首都、「アスシオン」にお住まいの、「田中裕一(たなか ゆういち)」さんとお電話がつながってます。もしも〜し!
☆パラグアイと電話つなぎ時差は「マイナス12時間」、深夜1時ちょい過ぎです。

田中   (挨拶)

○パラグアイで驚いたことは何でしょうか?
パーティーが多い事とその中身でしょうか?
パラグアイでは、誕生日はたくさんの人を招待して、盛大なパーティーをやります。誕生パーティ屋、会場の手配から飾り付け、パーティーを盛り上げる、アトラクション、子供の誕生日なら子供が喜ぶ手品や人形劇やピエロといった全てを準備してくれる「誕生パーティー屋」という商売が繁盛しているくらいです。毎年やるんで親はたまらないです。誕生日の中でも、特に盛大にやるのが女性の15才の誕生日です。「キンセ」と呼ばれていて、大人の女性としてデビューするといった意味で、日本でいう成人式みたいなものです。この「キンセ」のために親は何年も前からお金をためると言われるだけあって、100人、200人の招待客は当たり前。前に招待された最大規模の「キンセ」には2000人が 招待され、2日間に渡って行われました。招待客はプレゼントを持っていくので、プレゼント入れとして大きな箱が用意されています。
「キンセ」では、お祝いされる15才の誕生日の女性は、白いドレスを来て、ケーキカットをして、父親とワルツを踊るのが決まりとなっているので、結婚パーティーに近いものがあります。

他に驚いたことは何でしょうか?
パラグアイには日本のような国家試験がありません。大学の法学部を卒業した人は、裁判所に宣誓を行い手続きをすれば弁護士になれます。医師も、医学部を卒業すれば医師としての資格を得られます。大学卒業イコール国家試験、といった感じです。「ただ卒業するのは大変で、入学者の半分以下しか卒業できないのが普通で、弁護士も、数が多いだけに相当な努力と勉強をしないと生計を立てるまでにはなれません。パラグアイでは、大学の捉え方がそもそも日本と違います。高校を卒業してすぐに大学に行く人もいますが、職に就いてから、その仕事に役立つ知識をあとで大学に通って勉強するのが一般的です。仕事をしながら通う人が多いので、大体の場合、大学の授業は夜に行われます。40才で大学生という人も多いですし、途中途中休学しながら10年くらいかけて大学を卒業する人もいます。

他に驚いたことはありますか?
「道路の名称は記念日や人名や国名!」
パラグアイの道路の名称には、「記念日」や「地名・国名」や「人名」「戦争の激戦地」などが付けられています。街の中央を走っている通りはブラジル・アルゼンチン・ウルグアイと戦った3国戦争の英雄「マリスカル・ロペス」という名前が付いています。パラグアイの英雄だけでなく、中には「蒋介石」という通りもあります。国名も多く、「ブラジル」「アルゼンチン」「ペルー」「合衆国」などが重要な通りの名称に付けられています。日本大通り(アベニータ・ハポン)もあります。
☆よきところで
吉田   ありがとうございました。
田中   (挨拶)

台本は上記のようなものですが、実際にはパラグアイの国の様子、日系人が多い、美人が多い、一番有名な日本人は誰だ・・(武田選手と広山選手と答えました)など話題が転々とし、最後の道路の話題にまで至りませんでした。



04・ニッポン放送・ NECトレンドナビゲーター・克也 『 NECトレンドナビゲーター 』!(2002年12月13日)

日本時間・12月14日(土)9:33からの出演となったこの番組、小林克也さんが世界で活躍するビジネスマンと会話するという番組です。台本は以下の通り:

TM  CI〜BG、克也 お台場のニッポン放送と世界をつないで、気になる話題をお届けする『NECトレンドナビゲーター』。前半では、世界の街に電話をつないでいます。今日は、南米大陸の中央部に位置する、パラグアイから。人口の4分の1が集中する首都、アスンシオンと電話をつなぎます。その前に・・・
(曲紹介)→パラグアイの国民楽器「アルパ」の音色!M21 鐘つき鳥 / プルデンシオ・ヒメーネスとコンフント・パラグアジョ<10"> Φ3'30"
小林克也 (曲フォローあって)南米大陸のアルゼンチン、ブラジル、ボリビアの3カ国に囲まれた内陸国、パラグアイ。この国は、祖先である「グアラニー族」の血を誇りとしており、「パラグアイ」というのも、グアラニー語。意味は、「鳥の冠をかぶった人々の国」。通貨単位や、最高級ホテル名にも「グアラニー」が使われています。面積は、日本のおよそ1.1倍。人口は、約510万人。日系移民も多く、南米でも有数の親日国として知られています。では、首都、アスンシオンにお住まいの田中裕一(たなか・ゆういち)さんとお電話をつなぎます。現地との時差は、マイナス12時間。あちらは、金曜夜9時30分過ぎ。早速、つながっています、もしも〜し!
田中  BUEN DIA   QUE TAL, COMO ESTA  おはようございます。
克也  さて、田中さんはなぜ、日本からパラグアイへ渡ったのですか? お仕事は?
田中  アスンシオンに住んでもう12年になります。小さい時から南米が好きで、いつかは住んでみたいと思っていました。今こちらでは、保険会社に勤務しております。
克也  パラグアイは、どんな週末の過ごし方を?
田中  そうですね、パーティー好きな国民性で、週末は、結婚式、誕生会などさまざまなパーティーがあちらこちらで開催されています。友人、知人をたくさん呼んで、おいしい食事、お酒を飲みながらダンスを踊って、ワイワイと盛り上がりますね。
克也  日本のパーティーと違いますか??
田中  まずはその長さに驚きますね。例えば結婚式ですとケーキカットは午前零時を過ぎてからが当たり前、普通のパーティーでも深夜3時、4時まで続くという感じです。徹夜はもちろん、中には翌日の午後までパーティーを続けることもあるんですよ。また、深夜でも大きな音楽を流して、どんなにうるさくても、まあお互い様という暗黙の了解なのか近所からのクレームもありません。日本では考えられないことですよね!
克也  それなら、パーティーに関した商売も繁盛しているのでは?
田中  誕生日専門のパーティー屋さんが繁盛していますね。料理、ケーキ、飾り付けなどのパーティーの準備から、子供が喜ぶ手品、人形劇などのアトラクションまでスタッフが用意、後片付けまで全部引き受けてくれます。また、パラグアイでは、特に女性が15歳になると、「大人への仲間入り」ということになるのですが、1000人規模の盛大な誕生パーティーが開かれることもあるんです。小さなパーティーから大きなパーティーまで色々な形で幅広くパーティー屋さんが活躍していますね。
克也  パラグアイの田中さん、ありがとうございました。
田中  こちらこそ、ありがとうございました。
堂尾  このコーナーでご紹介した情報は、番組オリジナルホームページ、「1242.com」(くり返し)でも見ることができます。
「NEC トレンドナビゲーター」のページをチェックして下さい。

このような台本であったのですが、小林克也さんは最初から台本など関係無しになって、当方の台詞を話され、またオリンピアの話題まで出て来ました。今まで一番あせりました。でも台本無し状態であったので楽しい話は出来たと思います。



03・NHK・第一・地球ラジオ(2002年12月04日)

2002年12月04日 18:32分 から 約5分間

再び地球ラジオに出演しました。前回は録音での出演でしたが、今回は生出演、時差の関係があり、朝の6時半の出演となり、眠い中で少々緊張もしました。内容はほとんど台本通りでした。

12月7日(土) 地球ズームイン          (12月4日版)
パラグアイ・アスンシオン      田中裕一(たなか・ゆういち)さん(現地時間 夏時間 午前6時32分・時差= −12時間) 
○ 世界でいま話題になっている出来事を現地から伝えて頂く「地球ズームイン」。きょうは、地下鉄の話題です。
○ 先月21日の未明、東京・中野の車両基地に保存されていた丸の内線の1号車両が来年6月に新装オープンする江戸川区の地下鉄博物館に大型トレーラーに載せられて移動しました。深夜にもかかわらず熱心な鉄道ファンも集まり、ちょっとしたニュースになりました。
○ ところが、日本での役目を終えた電車のなかには遠く海外で第2の人生を歩んでいるものもあるんですね。このあたりのことを南米パラグアイのアスンシオンにお住まいの田中裕一さんにお聞きします。
○ 日本との時差は夏時間でー12時間、午前6時半をまわったところです。

Q:田中さん、おはようございます。パラグアイのお天気はどうですか?
A:こんにちは、今日は朝からよく晴れている?南半球は夏真っ盛り。ここ数日は最高気温が○○度ぐらい、日中は◎◎度くらいまであがりそう。(など、当日の天気を)
Q:さて、日本の中古車両が南米で活躍しているんですって?
A:はい、そうなんです。私は鉄道が好きで、南米各地に行った際には必ず電車に乗るようにしているんですよ。パラグアイの隣のアルゼンチンなんですが、ブエノスアイレスの地下鉄では、東京の丸の内線、それから名古屋の地下鉄の東山線や名城線の中古車両が現役でがんばっているんですよ。はじめに来たのが丸の内線で1995年に113両がブエノスアイレスに来たそうです。名古屋の地下鉄は99年から順次はいってきて78両と聞いています。ですからざっと200両近くが走っている訳なんですね。
Q:えーっ、200両ですか?
A:びっくりするでしょ。でも日本の中古鉄道車両は東南アジアなどでも活躍しているそうですが、ブエノスアイレスの場合、地下鉄は全部で5路線、500両ほどですから、実に4割が日本の中古車両ということになりますね。
Q:へーっそうなんですか。で、実際に田中さんは乗ってみたんですよね?
A:はじめてブエノスアイレスの丸の内線にのったのは5年前の97年です。その時は嬉しかったですね。実は子供の頃には丸の内線の中野坂上に住んでいて、よくこの地下鉄をよく利用したのですが、子どものころの地下鉄のイメージそのままのあの「赤くて少し丸みを帯びた」丸の内線そのものでしたからねえ。行き先も「新中野」とか「後楽園」とかそのまま走ってたんですよ。電車の中は綺麗に掃除されていましたが、色も変えずそのまま使っています。電車に乗っていますと東京に居るんじゃないかと錯覚してしまいます。扇風機には営団地下鉄のログマークがそのまま付いていますし、他の路線ではあまりみかけないシルバーシートもそのままです。
Q:運転席はどうなんですか?
A:実は一生懸命写真をとっていたら、車掌が来たんですね。撮影を注意されるのかと思ったら「日本から来たのですか?それならどうぞ」と車掌室に入れてくれたんですよ。トビラのガラスには「乗務員室」と漢字で書いてありますし、計器類も全て日本語で書かれたものをそのまま使っていました。昨年、またブエノスアイレスに行って乗ってきたんですが、さすがに行き先の表示はスペイン語に代わって、車内も多少はよごれていましたが、やっぱり懐かしい丸の内線の姿で走っていましたよ。
Q:改めて南米で第2の人生を送る地下鉄にどんな思いがありますか?
A:市民は皆この電車が日本から来た事を知っていて、日本とアルゼンチンの架け橋になっているように思います。まだまだこれからも現役で頑張って欲しいですね。また実は多くの方がこの電車は中古とは知らず新車で来たと思っているのです、中古だと説明すると驚いて「何でこんなに綺麗で充分利用出来る電車を売ってしまうのか?」と聞かれてしまいました。日本でも、もっと物を大切に使って欲しいものですね。
ありがとうございました。ブエノスアイレスで活躍する日本の地下鉄について、パラグアイにお住まいの田中裕一さんに伺いました。

12月7日(土曜日)
世界まるごと
質 問 箱
■家族が集まる記念日はありますか?
■お年玉について
■カップラーメンはありますか?
<ブラジル・サンパウロ 金原 正幸さん>
地球
ズームイン
日本の地下鉄 ブエノスアイレスで活躍
パラグアイ・アスンシオン 田中 裕一さん
先月21日の未明、東京・中野の車両基地に保存されていた丸の内線の1号車両が来年6月に新装オープンする江戸川区の地下鉄博物館に大型トレーラーに載せられて移動しました。深夜にもかかわらず熱心な鉄道ファンも集まり、ちょっとしたニュースになりました。ところが、日本での役目を終えた電車のなかには遠く海外で第2の人生を歩んでいるものもあるんですね。田中さんにうかがいました。
放送中webカメラでながした写真はhttp://www.mars.dti.ne.jp/~mitsui99/でご覧いただけます。
ジーオ
情報局

伝統の健康法
マレーシア・クアラルンプール 山森 淳さん
マレーシアには、100年以上前から伝わるちょっと変わった健康法があります。各家庭で行なわれるマッサージの一種だそうですが、どんな健康法なんでしょうか。山森さんにうかがいました。


 




02・NHK・ラジオ第一 (2001年11月08日)

NHKラジオ第一・地球ラジオに電話で出演しました。以前文化放送に出演した時には「生出演」でしたが、今回は事前に収録を行いました。台本があるのは文化放送の時と同じなのですが、今回は台本とは違う質問が多いのには戸惑いました。

 11月10日(土)ジーオ情報局・「新商売・誕生会パーティ屋さん」
 パラグアイ・アスンシオン  話し手・田中裕一さん      

  (前説)世界各地でラジオをお聞きのかたを結ぶ地球規模の伝言板「ジーオ情報 局」今日は南米パラグアイからの話題です。パラグアイでは子供の誕生日には自宅に、大勢を招待してパーティーを行うことが多いのですが、近頃は、共稼ぎの家庭も多く、準備・後片づけが面倒という理由で敬遠されがちです。そこで、ハンバーガー店などで、誕生会を引き受けますというところが多くなり、最近は、なんと専門の「誕生会・パーティ屋さん」が登場してなかなか繁盛しているんだそうです。パラグアイ・アスンシオンにお住まいの田中裕一さんにお話を伺いました。

<質問内容>
 Q1、誕生日多くの友人を招待するそうですが、その規模は?子供の誕生日に招待するのは、子供の友人のみ?それとも大人の親戚や近所の人なども招待するのでしょうか?計何人ぐらい招待するのが普通なのでしょう?
(田中)大小様々ですね、普通は子供だけでは無く、子供の年齢にもよるのでしょうが、親が同伴というケースが多いようです。大きな誕生日会になりますと子供だけで100人近い事もあるようです。

 Q2、なぜ、子供の誕生日に大勢を招くのでしょうか?例えば国・地域によっては子供が産まれることは村中で祝う祝い事という伝統のあるところがありますが、パラグアイの誕生会もそんな由来があるのでしょうか?
(田中)特に由来は無いと思いますが、年々盛んになって来ているように感じます。以前は1歳の誕生日だけは特別盛大に行い後は内輪で、という事が多かったように思います。

Q3、田中さんが取材なさった誕生日パーティ屋さんの様子の詳細を教えてくださ い。  ? 会場はどのくらいの広さで、どんなかんじでしたか
(田中)かなり広い会場ですね。屋内には舞台と椅子・テーブルなどがあり、外には遊戯施設がありました。

  * お誕生日パーティは何時頃から始まって何時頃まで続いたのでしょう。
(田中)多くの場合、入れ替え制になっているようで、最初の回が午前11時頃から、それから午後 4時頃、そして最後が夜に行われると聞いています。

* どんな人たちが何人ぐらいが招待されたのでしょう
(田中)親戚、近所の人、学校の友人、親の友人などが招待されます。パーティー会場を利用する場合には普通は大人・子供を含めて50人から150人くらいでしょうか?

 * パーティはどのように進行していったのでしょうか。進行役がいるのでしょう か。
(田中)会場にはプロのスタッフがおり、一般的な例としては、まずパジャソと呼ばれるピエロが出て来て手品等を行い動物のぬいぐるみのショーがあり、誕生ケーキと進みます。蝋燭を立てて、スペイン語でハピー・バースディーの歌を歌います。そしてピニャタと呼ばれる大きな風船を吊るしてそれを割ります。その中にはお菓子や玩具を居れてあり、子供達が争って取ります。

 * 費用はどのくらいかかるのでしょうか
(田中)どのくらいかよくは知りませんが、規模にもよるでしょうが、日本円にして全体で5万円〜10万円くらいはかかるのではないでしょうか?

 Q4、いま、誕生日パーティ屋さんは何件ぐらいあるのでしょう?繁盛していますか?
(田中)現在アスンシオン市内には専門のお誕生日会場は数軒ですが、マクドナルド、バー ガーキング等のハンバーガー店、そしてショッピング・センターのミニ遊技場などでも同様のサービスを行っており、競争は激しくなっています。それでも人気の会場は週末を中心に希望の日の予約を取るのは大変なようです。

 Q6、プロの誕生会パーティ屋さんにパーティをしてもらうメリットは?
(田中)今でも自宅で行う場合も多いのですが、自宅の場合には招待する側の用意が大変であり、外の会場を利用する場合には値段は少々高くなりますが、後片付けも必要無く、面倒な事は一切する必要が無いのが繁盛の理由であると思います。

Q7,誕生日パーティ屋さんの登場・繁盛をにたいしてマスコミなどは批評したりしていますか?田中さん自身のご意見・ご感想は?
(田中)マスコミで取上げられる事は少ないようです。都市部でも広い場所が確保出来、人件費がまだ安いパラグアイならではだと思います。

(受け)南米パラグアイ・アスンシオン在住の田中裕一さんから「誕生会パーティ屋さん」の話題を届けていただきました



01・ラジオ・文化放送(1998年 4月25日)


日本のラジオ・文化放送石倉三郎の土曜ワイド」という番組の中の「日通・世界の街角」コーナーに電話で出演。

*日本時間・4月25日・土・11:30分から10分間程度

世界の街角・台本
(シグナル)
中村:続いては、世界の話題をお届けする、日通・世界の街角、日本通運がお送りします。

(CM)

中村:世界の話題をお届けしているこのコーナー、今日はパラグアイのお話です。電話に出て下さるのはパラグアイの首都アスンシオンで、損害保険の仕事をしていらっしゃる田中裕一さんです。田中さんはパラグアイに住まれて8年ほどになるそうです。

お電話が繋がっています。

石倉:もしもし田中さんおはようございます。

田中:今晩は、はじめまして。 今晩はと言いますのは、こちらアスンシオンは日本との時差13時間で現在、金曜日の午後10時半すぎなのです。

石倉:パラグアイというと、余り日本では馴染みが無いと思うのですが、どのあたりにあるのでしょうか?気候はどんな感じでしょうか?

田中:位置は南米大陸の真ん中あたりになります、ブラジル、アルゼンチン、ボリビア3国に囲まれた内陸国で、国土の中央に交通の要となっているパラグアイ川が流れています。小さい国と思われている方が多いようですが、実際、国土は日本よりも広いです、緯度は沖縄くらいで気候は亜熱帯ですが、内陸国なので寒暖の差は大きいです。今は秋で、これから冬に向かい7月末ごろ、冬場の明け方には気温が0度近くにまで下がります。

石倉:パラグアイに住もうと思ったきっかけは?日本人は多いのでしょうか?

田中:当初はブラジルに日本企業の駐在員として赴任していたのですが、南米が好きでそのまま居着いてしまいました。会社を退職した際にのんびりと暮らせそうなので隣のこのパラグアイに移って来たのです。 パラグアイの人口は約5百万人でその内、日本人・日系人は7千人くらいでしょうか。日本からのツアーは無く、日本からの観光客はほとんど来ていないようです。

石倉:首都のアスンシオンというところはどういったところなのでしょうか?

田中:人口は周辺を入れて百五十万人くらいでしょうか、首都としてはのんびりとした街です、市内には有名な観光地というのは特に無く、見物する場所は大統領官邸とか国会議事堂など政府の建物や大聖堂、またパラグアイの靖国神社とも言えるパンテオン、薪で走るSLなどがあります。物資は豊富で食材もほとんど手に入りますし、市内にはすし屋も数軒あります。日本米もあり、日本食中心の生活も可能です。 でも現地の人にとってのご馳走は何と言っても牛肉で、塩だけで味付けをし炭火で焼くアサードは非常に美味しいです。

石倉:パラグアイ全体ではどこか名所といったものはありますか。

田中:世界的に有名なイグアスの滝の近くにあるエステ市は南米の香港とも呼ばれる街で中国人、アラブ人などが商売をしていて非常に活気があります、この街の近くには、世界一のダム「イタイプ・ダム」があります。 南部にあるトリニダー遺跡はイエズス会が現地住民とユートピアを建設しようとしたあとで、スペイン軍に破壊されて廃虚となり、現在は公園として整備されていて往時をしのぶことが出来ます。 また、パラグアイ西部には宗教上の理由でメノニータと呼ばれるドイツ系住民の一部が童話に出てくるような中世さながらの生活を守って暮らしています。

石倉:パラグアイの生活は如何でしょうか?

田中:パラグアイは大豆・綿花等を生産して輸出している農業国で、万事にのんびりとしており、国民性はラテンの中では比較的穏やかで、物資は豊富で非常に暮らし易く、また治安もほとんど問題ありません。 このような情報はインターネットを通じて日本語で「パラグアイにいこう、イグアスにいこう」という名称のホームページをつくり、写真などを用いて説明しておりますので、皆様、是非ご覧下さい。 また、日本の方にパラグアイにもっと来ていただきたいのですが、南米では一部を除き英語がほとんど通じませんのでその点はご注意下さい。

石倉:今日はどうもありがとうございます。

田中:こちらこそどうもどうもありがとうございます。

中村:パラグアイにお住まいの田中裕一さんでした。

放送前日に台本が送られて来て質問に合わせて多少当方で色付けをして原稿としました。当方の出番の数分前に電話がかかって来て、出番までしばらくは放送を聞いていました。放送は大体この台本に沿った内容となりましたが、一部アドリブもあります。良い経験となりました。



次のページ へ

綜合目次に戻る このページの目次に戻る