ホームページを作成する際の感想記録


ホームページ作成の道程、今後の抱負、皆様へのお願い等を書き綴ってみました。このページの要するに履歴です。



満20年 (2017年・03月15日)
このウェブサイトを開始して本日で満20年となりました。実はどうして、どのように始めたのか今となっては余り覚えておらず、久しぶりに最初の頃の出来事を読み返して「なるほど」と思ってしまいました。導入初期はインターネットに接続するだけで大変で繋ぐ時には電話を使ってアクセスし、使い方はインターネットマガジンなる本を頼りにしていたのですね。また、デジタルカメラというものも無く3ヶ月くらい色々と探し、ようやく当時流行のカシオ QV100を手に入れた時には相当嬉しかった様子が書き綴られています。なお、このような感想を今から65年前まではまめに書いていて、多分面倒になったので放棄してしまったのでしょう。

当初はウェブサイトを置く場所に苦労し、日本の知り合いにお願いして場所を借りていました。そのお蔭でどこよりも早く検索システムに登録されたようで、長い間グーグルなどで「パラグアイ」と検索するとほとんどトップに出ていました。数年前にこれが解約となりトップページも無料のサイトに移したのですが、それ以降は上の方ではヒットしないようになり多分アクセスされる方も大幅に減ってしまった事でしょう。

昔はウィキペディアもブログもフェイスブックも無く、長い間、インターネット上で「パラグアイ」と検索するとこのサイトだけしかないような状況でした。それから20年が経過し、状況は一変し今ではパラグアイに関する色々な情報が出ています。以前はパラグアイの全ての情報を提供しなければならないというような気持ちもありましたが、今では好きな事、興味のある事を載せれば良いと気楽な気持ちで更新しています。その為、段々と脱線がひどくなり、南米の他の国、欧米諸国、訪日した時の感想、勝手な思い込みを書き込んでいる場所、韓国・朝鮮などどうみても本来のパラグアイとは関係の無いような話題が大半を占めています、これで良いのだと完全に居直っています。

色々な新しいサービスが登場して来ていますのでこのような個人のウェブサイトの使命はもう終わっているのかも知れませんが、ブログやフェイスブック等には無い良さもあると思い続けています。勿論フェイスブック、twitter も有力なツールですので活用しています、ただ基本はこのウェブサイトと考えていますので出来るだけSNSに掲載した記事にはウェブサイトに来てもらえれば良いと願いながらリンクを付けています。
当初は20年も続けるとは思ってもおらず、サイトの量も膨大になっていますが、昔書いたものはそれなりに価値があると考え残して行くつもりです。今後も興味のある事を書き留めて行くと事を基本方針に続けるつもりですので宜しくお願い申し上げます。



92・満14年 (2011年・03月20日)
サイトを立ち上げて14年経過しました。ここまで継続して更新を続け500ページ近くなって来ました。先週には東北関東大震災が発生し特設ページも作りました。
現在のページ数は489

91・2011年・元旦(2011年・01月01日)
サイトを立ち上げて14年目に入りました。最近カウンターが余り増えなくなり、このサイトへの訪問者が減少しているように感じます。ただ見ている方も多く居るので手を抜かずにペースは以前と比較して落ちていますが更新を続Kております。2010年は14.5%と驚異的な経済成長を遂げたパラグアイ、好景気の中新年を迎えています。今年も情報発信を続けて行きます。
現在のページ数は486



90・アクセス25万(2010年・07月04日)
入口に設置しているカウンターが25万に達しました。増え方が少ないのは表紙から入る人が減っている事もあるのでしょうね。サッカーワールドカップで日本と対戦した事もあり、この一カ月の来訪者は普段と比較しますと多かったです。パラグアイに関心を持つ方が広がる事を期待しています。
現在のページ数は472

89・満13年を迎えました(2010年・03月15日)
このページを立ち上げて満13年の歳月が経ちました。ここを書き換えるのも一年に一回と段々と怠惰になっています。引き算をしますとこの一年でも16ページを増やしており、多くのページで内容を増やしているのでますます肥大化しているのは間違いないのでしょう。写真もこの一年で4千枚くらいは増えていると思いますので全体を見るとなりますと大変であると思います。
現在のページ数は467



88・満12年を迎えました(2009年・03月15日)
このページを立ち上げて満12年の歳月が経ちました。時代の変化でトップページから入る方よりも検索して見たいページに直接入るケースが多くなっているのだと思います。トップページのカウンターは一年間で13,000と大幅にダウンしています。当初10年続くけば良いと考えいましたが、一回りしてしまいました。下の方に書いている10年以上前のインターネットという新しい媒体に取り組む若い意気込みは懐かしいものがあります。個人ではウェブサイトよりはブログが一般的となりパラグアイに住む多くの方が気軽に立ち上げています。色々な立場からの発信がありとても良い事であると思います。
現在のページ数は451

87・2009年・元旦(2009年・01月10日)
サイトを立ち上げて12年目に入りました。当時と比較しますとネットの環境は様変わり、インターネット無しの生活は考えられないという状況になっています。文字から映像への変化、ウェッブサイトからブログへと中身も大きく変化し、誰でも簡単に情報を発信出来るようになって来ました。映像放送も可能となって来ており、今後はミニ放送局のようなものが立ち上がって来るのでしょう。ただテレビが登場してもインターネットが出ても紙の新聞が無くならないのと同じように文字のサイトも併存して行くのでしょう。掲載したい情報は大体網羅しているようにも思いますが、今後も更新を続けて行くつもりです。現在のページ数は445



86・満11年を迎えました(2008年・03月15日)
本日で満11年を迎えました。インターネットに関してウェッブサイトよりもチャットや電話、動画が中心となり個人の情報もブログが主流となり個人サイトは少々時代遅れになって来ています。トップページへの訪問者の数は減少しており、今日までで22万アクセスを達成していません。最近はグーグルで検索をする人が多くなっているのかも知れませんが、次第に見られなくなっているのでしょう。そろそろ動画を含めた発信を考える時期に差し掛かっているのかも知れません。現在のページ数は437です。



85・クリスマス(2007年12月25日)
今年も早いもので年末を迎えています。今年に入りアクセス数が伸びず、減少に転じ、インターネットの志向が以前と比較しますと変化しているように感じます。何か調べるには多くの方はまず「ウィキペディア」に行く、インターネットは買物をする、電車の時刻を調べる、動画を見るなどに使われるようで個人のサイトはブログが中心となって来ているようです。個人のサイトは特殊なものを除くと次第に減少しているように思います。これは一つの傾向であり、このサイトも何か新しい対策を考える必要があるのかも知れません。10年一昔と言いますが、時が経てば当然起きる事だと思います。ただ今まで制作したものを急に減らすのはどうかとは思います。当サイトには定期的にご覧いただいている固定的な読者が居るようでもあり、何とか中身を残しながらもっと見てもらえるような方法を考えて行く必要があります、何か良いアイデアがありましたらご教示下さい。現在のページ数は431です。

84・21万アクセス(2007年08月06日)
ようやく21万アクセスとなりました。20万から7ヵ月半かかりました。今までは大体5ヶ月程度で1万づつ増えていたので、テンポが少々ゆっくりとなったようです。要するに表紙から訪問する方が3割程度減っている事になります。これは一つにはブログの発達により、多くのサイトが立ち上がリ閲覧する人も気軽に見る事が出来るブログを主に見るようになったからかも知れません。パラグアイ関係のブログも多くあるようで、そちらを見るのでしょう。もう一つの大きな要因に検索サービスがあります。以前日本語の検索では圧倒的にヤフーが利用されていました。最近は多様化が進み特にグーグルの人気が高まっています。グーグルで検索する場合には直接ページが表示されますので、表紙から入る人が減った事が推測されます。もう一つ、ウィキペディアの浸透が考えられます。以前ですと「パラグアイ」で検索すると表示されたページに行く事が多かったでしょうが、現在ですとウィキペディアを見る人が多いと思います。大体の事は書かれており、コンパクトによくまとまっているので、これで十分と考える人も多くなっているのでしょう。何とか工夫してアクセス数を維持する必要があるのかも知れませんね。現在のページ数は425です。

83・満10周年を迎えて(2007年・3月12日)
このウェッブサイトを立ち上げて間も無く10年となります。最初このサイトを立ち上げた時には文字だけのごく小さなものでしたが、自分で情報発信が出来る事に嬉しさと驚きがありました。今でこそ簡単にブログやプロフ等で自分で情報を発信する事が簡単に出来るようになっていますが、当時はエディターにHTMLで書く必要があり、大変な思いをした記憶があります。今ではヤフーなどの無料スペースがありますが、当時はスペースを借りる事も難しく、当地では小さなサイトを立ち上げるにも法外な料金を請求されて困った記憶があります。最初は写真も何も無く簡単にパラグアイに関して説明した15ページほどのものであり、印刷をしても紙が30枚もあれば足りたと思います。ただ最初に自分で決めた事は「まめに更新しよう」という事です。これだけは今日までずっと続けて来ました。現在ではパラグアイに関して多くのサイト、ブログがありますが、10年続いているものは余り無いと誇りに思っています。現在のページ数は415となっています。現在のサイトを全部印刷したらどのくらいの紙が必要となるのでしょうね?

82・新年を迎えて(2007年・1月1日)
今年はこのウェッブサイトを立ち上げて10年となる記念の年です。インターネットに関しては10年前には考えられないほどの発展を遂げて今では生活の一部となっています。この間の携帯電話の発達で軽くてシンプルなものが好まれる傾向になって行く事は想像出来ませんでした。ブログ、ミキシなどの登場で情報発信を行なうのは手軽なものになり、パラグアイからも多くの情報が発信されるようになっています。その中で重大長のこのサイトは時代に逆行しているように思いますが、居直って続けて行く事とします。各ページには多くの写真そして長い文章があり、「印刷プレビュー」をしますと40枚、50枚は当たり前になっています。平均でも軽く20枚くらいは行くと思っています。400ページX20枚=8,000枚という事になり、当方のサイトをもしも全部印刷するとなりますと大変な事が判ります。今年も同じような形で進めて行くつもりです。



81・年末を迎えて(2006年・12月31日)
今年も早くも年末を迎えました。このサイトを立ち上げて早くも10回目の年末年始となります。この間。更新だけはまめにして来ていますのでそれなりに量は多くなったように思います。今年一年も新しい情報をかなり加えております。個人ページの他に作成を担当している在パラグアイ日本商工会議所もこの数年活発な活動をしており、内容が充実しております。インターネットの世界にも新しい波が次々と押し寄せています。誰もが簡単に情報を発信する事が出来るようになっており、従来から在るウェッブサイトの相対的比重が低くなっています。来年の課題は如何に時代に対応して行くかにあると思っています。

80・20万アクセス(2006年・12月25日)
今回の一万アクセスも前回と同様に5ヶ月余りで達成し、ようやく一つの区切りである20万アクセスに到達しました。もうすぐ開設してから10年となります。時代の変化は大きくインターネットの利用に関しても様変わりとなっています。ウェッブサイトを閲覧するというのはインターネットの活用方法の中の一つでしかなくなり、何か調べる際には無料百科事典であるウィキペディアで大体は足りますし、色々な新しいサービスも登場しています。時代に合わせてブログを立ち上げ、MIXIで同名のコミュニティーを立ち上げなどしていますが、作業が多くなり反面忙しさが増している中ではなかなか全部に十分手が廻らない状況となっています。その中でもやはり本体であるウェッブサイトの充実が大事と考えております。また余りにもページ数が増えているので、最初の頃に作った「つれづれなるままに」というページが30ページ余りあったのですが、これを3ページに縮小し、30ページ以上ページ数を減らしました。その後新しいページを増やしており、現在のページ数は405となっています。ページ数では丁度一年前のと同じですが、量はかなり増えています。

なお、「つれづれなるままに」というシリーズは当ページを開設して最初に手掛けたシリーズで、約10年くらい前のものです。当方から見て内容はつたない面があるにしても(これは今でも?)10歳も若いので当然なのかも知れませんが若さエネルギーを感じます。なお、当時の小さいページとはいえ、10ページをまとめて1ページにしているのでかなり大きくなっていること、ご了承願います。

つれづれなるままに-01
つれづれなるままに-02
つれづれなるままに-03

79・19万アクセス(2006年・07月10日)
この10日は当方の誕生日、19万アクセスに達しました。18万アクセスから5ヶ月余りの達成となります。MIXIなるところに登録しアクセスが出来るようになり、同名の「パラグアイ行こう」というコミュニティーを立ち上げました。外部から遮断されているので迷惑メール的な書き込みが出来ないので安心して利用出来るようで会員数は非常に増えているようですね。現在のページ数は417

78・満9年を迎えました(2006年・03月23日)
この15日で満9年を迎えました。18万アクセスを超えていますので年平均2万アクセスを超えた事になります。多くの方に訪問していただき深謝いたします。最近はブロードバンドに押されて少々訪問者が減り気味ですが慌てずに従来通りの方針で更新をして行きたいと考えています。内容は増えていますが、ページ数を余り増やさないようにしていますので今年に入り新しいページは作成していません。現在のページ数は407

77・18万アクセス(2006年・02月05日)
来月開設して9年になりますが、ようやく18万アクセスを超えました。これで年間平均が2万を超えた事になります。更新は頻繁に行なっていますが、ページ数は増えていません。ブラジル・フロリアノポリスに関しては8年前に掲載したものを今回全面的に書き換えました。

76・2006年・元旦(2006年・01月01日)
このページも9回目の正月を迎えました。来年で10年になります。少しづつまめに書き溜めて行こうと考えており、この方針は変えて行かないつもりです。ブログの登場、そしてウェッブサイトもHTMLから新しい形式に変化して行こうとしています。このような形態で続けて行けるのも後1年くらいなのかも知れません。今年も無理をしないでマイペースで行きましょう。



75・400ページ(2005年12月31日)

今年もあっという間に一年が過ぎて大晦日になりました。インターネット情報発信の世界ではホームページからブログへの流れが急速に進んでいます。時代に対応する意味でも二つブログを立ち上げました。ブログは日記から発展して来ているので時系的で、作ってみますと従来のホームページとは異なっている、情報の取り上げ方も違うように感じます。
パラグアイに行こう・訪日ブログ
パラグアイに行こう・ブログ
現在のページ数は406

74・400ページ(2005年09月26日)
ページ数が400になりました。100ページ増えるのに3年半かかっています。300ページまでは5年ですのでページの増え方はかなりスローペースになっています。実は一番の要因は増やさないようにしている事にあります。以前ですと幾つかのページに分ける場合も出来るだけページ数を増やさないようにしているのでこれだけ時間がかかっています。この為最近更新したページはどれもかなりの大きさになっています。現在のページ数は400

73・17万アクセス(2005年08月27日)
17万アクセスに達しました。大体一ヶ月に2千くらいのアクセスがコンスタントにあり、五ヶ月で達成しました。最近は検索ワードで「イグアス」というのが結構増えているので不思議に思っていましたが、ある方が高校の教科書に「パラグアイのオムライス」なる小説が掲載されている、と教えていただき合点が行きました。舞台がイグアスになっているのでこの小説を読んだ高校生が検索しているのでしょう。宿題で感想を書きなさいという事になればここにやって来る方もいるのでしょう。舞台となっているエステ市にはオムライスを出す食堂がもうありませんので、アスンシオンの内山田のものを掲載しています。現在のページ数は399

72・16万アクセス(2005年04月08日)

開設以来満八年で16万アクセスに達しました。要するに平均しますと一年に2万アクセスという訳です。若干づつは増えていますがこの数年訪問者の数は安定しそれ程大きな変化は無いようです。目次にもカウンターを入れていますがこちらは99年頃に設置し、最初は表紙のものとかなりの開きがありました。昨年追いつきそして追い越して現在は17万と約1万の開きがあります。これはグーグルの登場で検索して直接ページに入り表紙を経由しない訪問者が増えている為であると想像しています。また、メーリングリストは出入りがあり、参加者は最大で450人まで行きましたが、現在は400人で落ち着いています。投稿は多くなりMLメンバーの皆さんには深謝いたします。

71・新ページ並びに8年経過(2005年04月05日)

「情報」の部分を独立して一つのページとしました。これで19となります。3月15日は開設8周年を迎えました。少しづつ書き足して来てかなりのボリュームとなっています。これからも同じようなペースで無理をせずに続けて行くつもりです。ジオシティーのスペースが50メガになった事でかなり助かっています。当初は2メガそれから4メガ、12メガと来て今回の大幅なアップ、しばらくはスペースで苦労しなくても済みそうですね。「南米散策」のページも日本のジオシティーに移しました。これで米国のサーバーの利用は無くなりました。現在のページ数は391

70・謹賀新年(2005年01月01日)

21世紀の最初の数年が瞬く間に過ぎて行き、もう2005年になりました。このページを開設したのは97年ですのでもう8年になります。この間の世界は必ずしも前に進んでいるとは言い難いように見えます。日本の人達もバラ色の将来像を描く事が出来ないです。通信、交通網の発達で地球が小さくなったように感じますが、地球の大きさは太古の昔も現在も変わらず、実際にはパラグアイと日本も遠い事を再認識すべきであると考えています。原点に戻りコツコツとパラグアイの色々な場所、出来事そして人々の様子をアップして行きたいと考えています。



69・年末になりました (2004年・12月30日)
今年も終わりに近づいて来ました。今年は災害の年で、日本では台風そして中越地震、パラグアイではスーパーの大火災と悲劇が続きました。そして極めつけはこの26日に起きたスマトラ沖地震による大津波、大災害は年内に終わって欲しいものです。このページで大きい出来事としてはヤフーが12メガから50メガになった事です。今までは大きくなるとページを分割していましたが、これでしばらくは大丈夫だと思います。現在のページ数は387

68・15万アクセスに達しました (2004年・11月07日)
約3ヶ月で1万アクセスあり、15万アクセスに達しました。大火災そしてオリンピックでのサッカーの活躍で多くのアクセスがあり、短期間での達成となりました。11月に入りアクセス数は一日当たり60前後と落ち着いています。昔作成したページを見ますと小さい事に驚きます。最近作成しているページは印刷しますと大体10枚〜15枚はあるのに対して昔作成したのは5枚程度です。当ウェッブ最大のページは写真がふんだんにあり、色々な情報を満載したニューヨーク市で100枚以上の紙が必要となります、現在のページ数は384

67・14万アクセスに達しました (2004年・08月03日)
8月 1日に大火災が発生し中に人を閉じ込めて多くの犠牲者が出て世界中の注目を浴びました。この為にこの数日は普段の数倍のアクセスがあり、14万を突破しました。このようなニュースでは無く、楽しい話題が増える事を願っています。現在のページ数は374

66・地球の反対側で考えるページを分割しました (2004年・05月25日)
本体の一部となっていた「作者」のコーナーは他のページに紛れて余り閲覧されていないようですので、「地球の反対側で考える」という別のページにしました。現在のページ数は370

65・パラグアイの名所を再度分割しました (2004年・04月30日)
昨年11月にスペースの不足の問題が生じて「名所」ページを分割しましたが、半年で再度一杯となり、新たな場所を借りて一部を移しました。アスンシオンの部分をまとめて「アスンシオンに行こう」という名称にして今回はインフォシークの場所を借りてみました。インフォシークは既に2つのページで利用しているのですが、これはトライポットからの移行(トライポットがインフォシークに買われた)の為であり、インフォシークを借りたのは今回が初めてです。名所ページはどうしても写真が多くなるので直ぐにスペース不足となるようです。現在のページ数は368となっていますカウンターを見ますと月に1500程度と一時期は2000程度コンスタントにあったのと比較すると多少減っているようです。

64・13万アクセス(2004年・03月01日)
メインページのアクセス数が13万に達しました。一年かかっていますが、実はかなりの期間このアクセスカウンターが停止していたので、このように時間がかかりました。現在のページ数は365となっています。間もなく7周年となりますが、一年の日数が365ですから一日に1ページづつ見て行きますと全部見るのに1年かかる、また平均しますと1週間で1ページ作成して来たことになります。昨日はNHKの全国放送に出演しました。この番組には3度目なのですが、やはり緊張します。1000人に一人が聴いているとしても10万人が向こうに居ると考えますと大変なものです。

63・2003年・元旦(2004年・01月01日)
このページも7回目の正月を迎えました。昨年の初めにカウンターが機能しなくなり一年近くそのまま放置し、年末近くになり復活しましたので実際おアクセス数からみますとかなり少なくなっています。新しい年になりましたがイラクそしてパレスチナの問題は全く先が見えない状況であり、朝鮮情勢に関しても昨年一年は膠着していました。今年は世界情勢も好転するものと期待しています。現在のページ数は359となっています。



62・新ページを開設 (2003年・10月28日)
パラグアイ北部の情報を「名所」に掲載しようとしましたところ、スペース不足となり、仕方が無いのでこの部分を分離して新たに「雄大な北部パラグアイに行こう」なるページを立ち上げました。パラグアイの北部はこれからという場所が多く、また色々なものがモザイクのようにあります。行くまではもっと単調な地域だと想像していたのですが、驚きの連続で再認識させられました。現在のページ数は357となっています。

61・バージョン100 (2003年・10月15日)
開設以来バージョンを付けていますが、とうとう100になりました。また第二ページとして使って来た米国・ジオシティーのスペースがタイトになりましたので、新たに日本のジオシティーの場所を借り、二分割しました。グルメと買い物の部分を「パラグアイで食べよう・買おう」という名称にしています。現在のページ数は350となっています。

60・6年半(2003年・09月14日)
開設以来早いもので6年半経過してしまいました。よく「たなかさんは仕事中もページの更新をしているのですか?」と尋ねられますが、更新は勿論自宅で、帰宅後もしくは週末に行っています。また「印刷したら何枚になります?」と聞かれますが、これはやった事が無いので分かりません。さてどのくらいになりますか?ページ数から考えて多分A4で3千枚くらいにはなると思います。もし実行された方がいらっしゃいましたらご教示下さい。(おそらく居ないでしょうが・・・)
最近では段々と範囲を広げ、「世界を見て」のページではとうとう日本の沖縄を取り上げてしまいました。また、大統領選挙が実施され、ワールドカップの予選が始まりました。4年前に書いた文章とおなじですね。現在のページ数は347となっています。

59・満 6年 (2003年・03月15日)
当ページを始めて満6年となりました。最初の小さいページから比べますと巨大なページになったと思います。このページにはそれ程多くの時間を割いている訳ではありませんが、継続は力、少しづつ書き足している間にこのようなボリュームになったと思っています。

58・12万アクセス(2003年・02月24日)
メインページのアクセス数が12万に達しました。10万から9ヶ月の達成となりました。この数ヶ月間は毎月2千アクセス以上となっており、多少は訪問していただいている方が増えているようです。パラグアイの話題だけではなく、周辺諸国や日本の話題なども増えてしまいました。

57・新ページ(2003年・02月13日)
パラグアイ以外を扱った「南米散策」ページが大きくなり、南米以外を扱う部分を別にしました。「世界を見て」(南米日系人が見た世界)という名称で現在のところ、米国(ニューヨーク、フロリダ)を扱っています。「広山望選手応援」ページアクセス数が6万を超えました。メインページが12万くらいですので、1/2くらいの訪問者があったことになります。2001年開設、2年間での達成です。現在のページ数は335となっています。

56・2003年・元旦(2003年・01月01日)
このページも6回目の正月を迎えました。今年は出来れば何か新しい企画をと思っていますが、さてどうなりますか。この一年は訪問者の数が一日60人、月にしてほぼ2千で一定して来ております。時々チェックされる、という方が多いようなので従来通り少しづつ書き足して行きたいと思います。パラグアイや南米ばかりではなく、何でも興味のある事は掲載しており、自分史とか韓国・朝鮮というようなページもアップしています。パラグアイの2003年は厳しい財政運営の中、4月には大統領選挙そして8月には新政権が誕生します。暗い話題ばかりの世相ですが何とか光明を・・と思っています。そしてサッカー、2002年はサッカーの年でしたが、2003年の8月には早くもドイツ大会へ向けての予選が開始します。熱い戦いが始まります。



55・2002年・年末(2002年12月28日)
このページを開設して以来、6度目の年末を迎えております。開設した当時はインターネットはまだ珍しいものでしたが、現在ではごく当たり前のものになったようですね。利用者が増え、ページを開設する方が増え、情報は溢れるようになっています。このような状況ではデパート的なページよりも専門店的なページが良いのかも知れませんが、当初よりデパートを目指していた当ページはこれからも「何でもあり路線」を続けて行くつもりです。
今年の話題はサッカー、6月のワールドカップと12月のトヨタカップ、二つの大きな話題に沸いた一年でした。現在のページ数は330、そして「パラグアイ・メーリング・リスト」には373人の方が参加されています。

54・11万アクセス (2002年09月15日)
当ページのアクセス数が11万に達しました。10万からは3ヶ月半での達成で、言うまでもなく、ワールドカップの影響であると思います。訪問者の数に大きな変化は無いのですが、最近は掲示板への書き込み・メールでの質問が減って来ています。これはパラグアイ関係のページが当方が把握しているだけでも34に達しており、分散されて来ているからでしょう。現在のページ数は320です。のんびりとマイペースで更新を続けて行くつもりです。

時々、「すごい量ですね、あれだけの量を書くのは大変でしょう」と聞かれるようになって来ました。確かに自分で現在のページの量を見ると当初想像した以上の分量になったと思います。ただここまで来るのにこのページでも分かりますように5年半の年月を費やしているのです。一回に書く量はごく僅かで更新しない時には半月以上全く触れていない事も珍しくありません。書きたい時に少しづつ書いて行くという方針で来た結果が現在の量という訳です。チリも積もれば山となる・・という事ですね。

53・一日のアクセス数630 (2002年06月15日)
パラグアイのワールドカップでの戦いが終わりました。ワールドカップのお陰もあり、毎日多くの方に訪問いただき、最後のドイツ戦の日(15日)には630アクセスという記録が出ました。以前、当地で行われた南米選手権の際に一日2400というすさまじい記録がありますが、その時に次ぐ記録です。普段ですと「ニュース検索」で「パラグアイ」と入れても「なし」と表示されるのに、大会期間中は記事に溢れていました。決勝トーナメント最初の試合で惜敗しましたが、日本で多少は関心を持っていただいたようです。
ワールドカップの前の松本キャンプから代表チームの動向をずっと追って来ました。予選から通じますと1年半の長い戦いでした。この間の戦いの様子は全部で10ページ程にまとめてあります。フランス大会の時も同様にアップしましたが、見比べますと情報量の違いに唖然とします。さすがに今回は日韓大会という事で日本のマスコミでの大きく取り上げられたようです。この半月間はサッカー情報だけのアップでしたが、敗戦により何時ものペースに戻したいと思います。現在のページ数は313です。

52・アクセス数100,000 (2002年05月31日)
当ホームページを開設して以来、ようやく100,000に達しました。開設した時の目標でもありましたので、嬉しい気持ちで一杯です。6月の中ごろになるのではと思っていましたが、ワールドカップのお陰で多少達成時期が早まりました。現在のページ数は308です。

51・開設以来 満5年 (2002年03月10日)
当ホームページを開設して満5年を迎えます。5年前にはホームページの数も少なくパラグアイは勿論南米関係のページも数えるほどしか無かったように思います。この5年間にこのページは11ホームページの連合体となり、全体で300ページを抱えるまでとなっています。アクセス数も95,000を超え、年間2万アクセスと安定しています。また各種掲示板、ML、チャット、URL・自動登録と機能を増強して参りました。2年前に開始したMLでは現在まで参加者数が「268」に達しております。
これからものんびりと地道に更新を続けて参るつもりです。現在のページ数は300です。

50・300ページ (2002年02月24日)
間もなくこのページを立ち上げて5年になりますが、本文のページ数が300に到達しました。内容が増えて来るに従い、年々増加するページ数も減少一途を辿っておりますが何とか5周年前に300ページになりました。このページを全部印刷するとかなりの数になるのでしょうね、多分。1ページに5枚必要とすると1500枚の紙が必要となります。多分これ以上の紙が必要となるのでしょう。今後は一年に50ページという従来の増加には至らないと思います。少しづつでも内容の充実に努めて行きたいものです。現在のページ数は勿論300です。

49・(2002年01月02日)謹賀新年
あけましておめでとうございます。激動の一年が終わり、2002年になりました。カレンダーが変わっても経済の不透明感には変化が起きるわけではなく、南米そして日本経済に関しても不安定な状態がまだまだ続くと思われます。このページも今年の3月で満5年を迎える事になります。この5年間でインターネットが普及し、生活の中に深く溶け込んで来たように思います。「分からない事があったらインターネットで調べる」というのごく普通になり、また学校教育でも取り入れられているようで、小学生等から色々な質問がやって参ります。なるべく多くの方からの質問に返答ますよう努めて参ります。
今年はワールドカップの年です。2大会連続出場のパラグアイの「大穴的」活躍を期待しております。サッカー以外の分野に関しても少しづつ情報を掲載して行くつもりにしております。



48・(2001年12月30日)年末のご挨拶
今年も年末を迎えました。年始には輝かしい世紀の始まりに見えたのですが、日本も南米も不況の一年、同時多発テロもあり、冴えない一年となってしまいました。インターネットにおいても感染し易いウイルスが出現し混乱しました。また迷惑メールが激増し、当方のようにホームページでメールアドレスを出している者にとっては必要の無いメールが数多く送信されて来るようになりました。ネット社会の問題も表面化した年であったように思います。当方のページではこの一年「広山選手」がセロでプレーし、その活躍を追って来ました、一年で4万アクセスを超え人気の高さを感じました。またサッカーではワールドカップ2大会連続出場を果たし「サッカー」のページに力が入ってしまいました。政治経済の方面では明るいニュースは少なく来年に託したいと思います。今年はマンネリからの脱却を目指して「南米いくぞ」のカラー化とフレーム化を行いました。バックミュージックも付け装いは一新したと思います。メインページの訪問者も今年一年で7万、8万、9万を達成し、現在は90,800を超えております。来年前半にはいよいよ10万アクセスに到達する事になります。現在のページは285となっており、一年で43ページ増加した事になります。また「パラグアイ・メーリング・リスト」には現在までで250名の参加があります。

47・(2001年12月16日)
アクセス数が9万を超えました。8万を超えて以来5ヶ月半で達成しました。今年は7万、8万、9万と達成し年間2万以上のアクセス数がありました。いよいよ10万アクセスが近くなって来ました。廣山選手が日本に戻りましたが今年初めに開設した応援ページは一年間でアクセス数、4万を超えました。現在のページは284です。

46・(2001年11月02日)
目次が大き過ぎでどこに何があるのかわからないという意見が多数寄せられましたので、目次を全面的に作り直し、フレーム形式にしてみました。また12月中旬までの限定として「旅のホームページ・グランプリ」に参加してみました。現在のページは280です。

45・(2001年10月13日)
開設以来ずっと使い続けている壁紙「南米いくぞ」をカラー化してみました。5年以上の間、ずっとこれを使っており、今更変更する気持ちはありませんが、余りにもマンネリなので、せめても・・と思いやってみました。また、アクセス解析を用いるようにしました。日本時間で午前中はほとんど訪問者が居ないこと、一日平均70アクセスくらいで、土日は少ないこと等が分かりました。
この3ヶ月の間も少しづつ更新を続けております。一番増えているのは「廣山選手応援」で後期に入り、リーグ戦、メルコスール杯の全試合は勿論、日本代表としても2試合出場しています。ここだけで10ページになっております。他の場所も少しづつですが、書き換え、ずっと放置していたページにも手を入れるようにしております。現在のページは279です。

44・(2001年07月01日)
8万アクセスに達しました。7万アクセスから半年弱で達成しました。この間に「広山選手応援」ページを立ち上げましたが、こちらは半年弱でほぼ3万アクセスを記録しています。パラグアイで話題になったことを取上げていますが、広山選手は日本代表にも選ばれており、これからも注目して行きたいと思います。現在のページは267です。

43・しばらくお休みしていました(2001年06月17日)
約一ヶ月更新をお休みしていました。このページを開設して以来、最大のお休みということになりました。理由は簡単で旅行に行っていて不在であったのです。一度お休みすると面倒になるのも事実でなかなか復帰せずずるずると来てしまいました。このようなページでも何時もご覧になっている方がいるようで、「病気なのですか?」というようなメールもいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます。

42・廣山選手応援ページ最速で1万アクセス突破(2001年03月24日)
今まで12のホームページを立ち上げましたが一番新しいページは「広山望選手・応援のページ」で今年の1月17日に開設しました。そして既に1万アクセスを超えて来ました。僅か3ヶ月余りでの達成です。メインページが4年かけて7万ですからその速さを感じます。セロに来てから大活躍の廣山選手、これからも楽しみですね。現在のページは259ページです。

41・満4年を迎えました(2001年03月14日)
このホームページを立ち上げて満4年となりました。この一年を振り返りますと、新ページとしてはサッカー選手の「武田修宏選手応援のページ」 、そして「広山望選手・応援のページ」の二つを開設いたしました。武田選手は昨年の7月から10月まで広山選手は今年1月にパラグアイで選手生活を過ごしています。広山選手のページは1月17日に開設したのですが、2ヶ月経過していない時点で既に7千アクセスを達しています。併せて広山選手の応援メーリング・リストを開設、こちらは既に開設されている他の二つの応援ページとのタイアップで始めましたが、50人近い方に参加していただいております。サッカーのページは以前からありました「パラグアイ・サッカー」と併せてこれで3つとなり、この一年で一番充実した分野と言えます。サッカーのページでは新聞等では知り得ない競技場やサポーター、周囲の様子などを掲載しています。サッカーを通じて「パラグアイらしさ」を伝えて行きたいと考えております。また昨年3周年を記念して始めた「パラグアイ・メーリング・リスト」も満一周年を迎えました。こちらにも160名の方に参加していただいております。またサッカー・ナショナルチーム応援リングというのにも加入してみました。こちらはオランダを応援されている方が各国チームを応援するページを結ぼうというものです。メインページのアクセス数は74,000まであと僅かという所です。大体月に2千くらいでずっとコンスタントの来場者数ですね。でも広山選手応援ページの方が本体よりも5割も多いのです。この間のニュースとしては、メーリングリスト参加者の方が当地で挙式されたこと、ウイルスに感染しメーリングアドレスを通じて多くの方に配送してしまった事、朝日新聞社・アサヒ・パソコンに紹介された事等が挙げられると思います。メールで感染する事が多くなっているので気を付けて行きたいと思います。現在のページは258、一年間で56ページ増えています。昨年一年間もほぼ50ページですので大体同じペースでの増加となっています。

40・7万アクセス(20001年01月12日)
このホームページを開設して7万アクセスに到達しました。6万からは約5ヶ月経て達成しました。この間は毎月2千アクセスあったことになります。ありがとうございます。最近同じ様な主旨のページを繋ぐ「リング」なるものが多くあります。最初は「リンク」の間違いなのかと思っていましたが友達の「輪」のようで「リング」のようです。主旨が合っている「海外在住者リング 」「世界の旅行記リング」というのに入ってみました。現在のページ数は245ページです。

39・謹賀新年(2001年01月01日)
皆様明けましておめでとうございます。本年そして新世紀も宜しくお願いいたします。昨年一年間は日本もパラグアイもパッとしない一年でした。世紀が変わる事でこの流れが変わると良いですが。新世紀の年頭にあたり、パラグアイ・新世紀を迎えてというページを設けてみました。まずメーリングリストでいただいたご意見を掲載しております。パラグアイに対して厳しい見方が目立っています。本年はサッカーの面ではワールド・カップ日韓大会の南米予選の後半戦が行われます。パラグアイは出場出来るのでしょうか?当ページでも応援して行きます。現在のページ数は243ページです。



38・年末を迎えて(2000年12月27日)
このホームページを開設して何と4回目の年末を迎えています。当ページの今年を振り帰りますと、大きな出来事としては武田修宏選手応援のページを新たに開設したことと、メーリングリストを始めた事が挙げられます。武田さんの人気は大変なもので現在までで軽く1万アクセスを突破しています。(単独でヤフーに登録され、これで当方のページでヤフーに登録されたのは5つ)またメーリングリストには現在まで「パラグアイ・メーリング・リスト」には136人、「武田選手応援メーリングリスト」には何と173人の参加をいただいております。当初100人に到達することを目標としていたのですが、大きく上回りました。パラグアイの一年を振り返りますと、昨年から続いている政情不安の余震があり、副大統領には野党候補が当選、一段と先が見えない状況となっています。経済的にも苦しい状態は相変わらずでありますが、「マキラ」プロジェクトが発足し、日本の有名企業も名乗りを上げており、パラグアイ経済再建の起爆剤になるものと期待しております。アクセス数は今日現在で「69,076」となっています。昨年と同様、今年一年間で2万以上のアクセスがあったことになります。ありがとうございます。更なる発展を目指し来年は累計10万アクセスを目指して行きたいと思います。なお、現在のページ数は242ページ、今年一年間で49ページの増加となっています。

37・6万アクセス(2000年08月02日)
このホームページを開設して6万アクセスに到達しました。5万からは約7ヶ月経て達成しました。この一ヶ月は約2千のアクセスがありました。やはり武田選手の影響があったのだと思います。少しづつですが新しい話題を増やして行きたいものですね。武田選手を応援することを目的としたメーリングリストを始めました。「武田修宏選手応援」・メーリングリスト現在のページ数は224ページ、掲示板・各項目の表紙を併せますと271ページになります。

36・更新記録を付けるようにしました(2000年06月29日)
このホームページをよくご覧になっていただいている「常連」の方から変更した場所を明示して欲しいと依頼されましたので、「更新記録」のページを新設しました。これをご覧いただけると書き足した個所が分かります。最近の話題は何といっても武田選手でしょう。ルケーニョ入り日本で大きく報道されましたが、果して当地で活躍するか期待と不安があります。現在のページ数は217ページ、掲示板・各項目の表紙を併せますと264ページになります。

35・満3年を迎えました(2000年03月14日)
このホームページを立ち上げて満3年となりました。この一年間は途中に南米選手権というビックイベントがあり訪問者もその間には飛躍的に増加しましたが、現在はまた月に1000人〜1,500人と以前と同じペースになっています。満3周年を記念して今度は「メーリングリスト」を始めてみました。このようなサービスも使い勝手の非常に良い、無料のサービスがあることを知り、3月07日に登録しました。目次に参加勧誘のメッセージを掲載しているのでご覧になった方も多いと思います。始めた時には「果して参加者は集まるのか??」と不安で一杯でした。と言いますのはメジャーのフランス、イタリア、アジア等を取り扱っているメーリングリストは数十人の参加があるのですが、アフリカの内陸国である「マラウィ」の場合には参加者が無く、むなしく「1」(要するに本人だけ)というのを見て心配しておりました。しかしながら予想以上に参加していただく方が多く、1週間で16名に達しており、何とかメーリングリストらしくなって来ています。パラグアイ」・メーリングリストまた最近、再開したのが「つれづれなるままに」というエッセイのコーナーです。以前100項目まで書いて一度止めていたのですが、新たに場所をトリポッド・日本に借り再開しました。これを「パラグアイの風景-パート2」ホームページという名称の別のホームページとしています。これでホームページは全部で10になりました。そしてとうとう本文のページが200を超えました。2年目と同様に3年目も50ページ余り増えたことになります。今振り返りますと最初の一年で100ページ作成しているのですね、パワーがありましたね。後のニュースとしましては青年海外協力隊員の七澤香織さんがホームページを立ち上げたいというのでお手伝いさせていただきました。数十人活躍している協力隊員のページが無かった方が不思議なのですが、これで別の角度からパラグアイを紹介するページが増え、喜んでおります。まだ訪問されていない方は是非こちらもご覧ください。当方のページから独立したために構成など見た目は非常に似ています。パラグアイ・協力隊員・日記 (七澤香織さんのページ)現在のページ数は202ページ、掲示板・各項目の表紙を併せますと247ページになります。

34・5万アクセスに到達(2000年01月21日)
ようやく、5万アクセスに到達いたしました。4万アクセスからは約半年、開設からもうすぐ3年です。アクセス数に関しましてはやはり昨年の南米選手権が大きかったように思います。それから半年、今では再び一日30アクセス、一ヶ月に約1000アクセスの状態に戻っております。このくらいののんびりとしたペースが一番ふさわしいのかも知れません。現在のページ数は195ページ、掲示板・各項目の表紙を併せますと237ページになります。

33・新しい年を迎えて(2000年01月01日)
いよいよ2,000年元旦となりました。かなり以前より意識していたこの日を無事に迎える事が出来、ほっとしております。昨年一年間はパラグアイにとっては激動の年でしたが、今年は多少とも落ち着いた一年となり、経済的にも成果が出る年になって欲しいものです。パラグアイに永年住んでいる人達も「先が見えない」と言うようなこの頃で、巷に不安感が蔓延しているのですが、それを一掃・払拭して欲しいものですね。今年一年も出来るだけ「パラグアイ」を現地から発信して行くつもりでおります。今年はカウンター・「49,003」で越年いたしました。振り返りますと昨年一年間で2万以上のアクセスがあったのですね、今年も皆様のお越しを楽しみにしております。



32・99年を振り返り(99年12月30日)
いよいよ1,999年も終わりに近づいて参りました。今年は3月には副大統領の暗殺、大統領ならびに黒幕の将軍の亡命という大事件が起き、6月にはサッカー南米選手権が行われ、日本からも代表チームが来ました。また個人的にはこのページから発展し本が出版されるなどこの一年間に色々な事が起きました。南米関係のページも次第に増えて来ており、パラグアイ関係では新聞社・日系ジャーナルがホームページを開設、またアルパ奏者のルシア塩満さんもホームページを開設されました。インターネットでも色々な角度からパラグアイが取り上げられるようになり、当方のページも一段と張り切らなければならないと思っています。目次に当ホームページの挨拶を加えました。来年はどのような方向にパラグアイが向かって行くのか追い続けて行きたいと考えております。来る2,000年も宜しくお願い申し上げます。この一年間に約50ページ程増えて、現在のページ数は193ページ、掲示板・各項目の表紙を併せますと235ページになります。

31・アクセス・ランキングへの参加(99年12月20日)
今すぐリンク、フリーリンクというのを付けて、訪問者が自分のページのURLを登録出来るようにしておりますが、今度は「アクセス・ランキング」というのに幾つか加入してみました。表紙にアイコンを付け、アクセス数をカウントするというもので、調べて見ますとこれがかなりの数、存在するのです。取り敢えずその中の幾つかをランダムに付けてみました。余り色の無かった表紙が一変し、カラフルになってしまいました。今まで訪問して来る可能性が無いような方もこれを経由してアクセスして来るかもしれません。現在のページ数は190ページ、掲示板・各項目の表紙を併せますと232ページになります。

30・目次の変更(99年11月27日)
ページ数が増えて来て、目次が見難いという指摘を受けるようになって参りましたので、個別の目次を設定し、表紙から個別の目次へも行けるように致しました。これで多少は見易くなったのでは?と思いますが如何でしょうか?なお、今までの「綜合目次」のページはそのまま残しています。表紙に目次を付けたのは久しぶりです、14項目に行けるようになっていますが、このページを立ち上げた時には全部で14ページでした、当時を思い出します。現在のページ数は187ページ、掲示板・各項目の表紙を併せますと227ページになります。

29・新ページ(パラグアイの名所を開設(99年 9月19日)
南米選手権の時のアクセス数が嘘のように静かになり、当方のページも毎日のアクセス数も30〜60と落ち着いています。一日2400を超えるアクセスがあったのが夢のようですね。さて、また第一ページが大きくなったので二つに分割しました。今回は観光・名所案内をしていた部分を切り離しました。これでホームページは合計で9つ、管理が大変です。ペース数は176ページ、表紙・掲示板・過去ログを含めますと210ページになります。

28・4万アクセスを超えました(99年 7月09日)
南米選手権の為アクセス数が急増し、7月3日には4万を超えました。3万アクセスから丁度2ヶ月での達成となります。これを機会に新ページ・「パラグアイ・サッカー」を立ち上げました。このページでは南米選手権ならびに今後はパラグアイのサッカーに関して情報発信して行く予定です。また、本が出ました。日本にて、アゴスト社より、「アゴスト・未来選書・1」として、作者の本、著書・「南米のパラダイス・パラグアイに住む」が発売となりました。このホームページを開設して以来、雑誌・新聞などに紹介されて来ましたが、いよいよ単行本の発売まで行われることになりました。本の内容ならびに発行までの経緯に関しましてはこのホームページに掲載してありますので、ご覧下さい。値段1,400円。書店もしくは直接アゴスト社にお問い合わせ下さい。

27・3万アクセスを超えました(99年 5月03日)
2ヶ月半で5千アクセス、3万アクセスを超えました。やはりサッカー・南米選手権の影響が大きいのだと思います。また3月末の政変の時には1週間のアクセス、問い合わせが多かった。出来るだけタイムリーにと考え、最終場面ではテレビを見ながら起きたことをキーボードに叩き、速報しました。今後も大事件が起きた場合には速報するつもりです。サッカーの1次予選が話題になっている反して、南米選手権について日本では全く盛り上がっていませんね。これが欧州選手権ならば大きな関心を持つのかも知れませんね。アウェーで本場での真剣勝負なのですが、マスコミもほとんど取り上げていないようで残念です。

26・開設以来、2年経過しました(99年 3月14日)
当ホームページを開設して2年が経過しました。ページ数も150ページとなり、かなり充実したと思います。(1年間で50ページ以上増えています。)後3ヶ月でサッカー南米選手権、なるべくホットな情報を提供して行きたいと思います。

25・カウンター25,000アクセス達成(99年 2月15日)
25,000アクセス達成した。2万アクセスを達成して2ヶ月半で達成したことになり、この間は月間約2千アクセスとそれまでの倍のペースになっている。これもサッカー南米選手権の影響であると想像されます。リマ、サンティアゴを訪問したので「南米散策」にこの両都市の訪問記録を写真を中心に掲載しました。ページ数は145ページとなり、かなりのボリュームとなっています。以前はページ数にカウントしていた掲示板・過去ログをカウントしないようにしており、実際には表紙を含めると170ページにもなっている。一回に書く量はたいした事は無いのですが、それを2年近く積み重ねるとこのような量になってしまうのです。



24・新ページ開設(98年12月31日)
第一ページがかなり大きくなり、仕方が無いので二つに分割することにいたしました。大きな容量が許されるのであれば全部を一つのページといたしたいのですが、決められた容量があるのでこれも仕方がありません。ページの数も140ページを超えて、当初14ページでスタートしたことを思うと10倍の規模に膨れ上がったということです。99年を迎えるに当たり、6月に行われる「南米カップ」を中心に情報を提供して行きたいと考えております。99年も宜しくお願いいたします。また12月の出来事としては当方の記事が出版社・アルク社より発売されたアルク・地球人ムック「スペイン語・ポルトガル語をモノにするためのカタログ」に紹介されたことです。39ページに掲載されていますので、関心のある方はご覧下さい。

23・グルメのコーナーを新設(98年12月26日)
新しい企画として「グルメのコーナー」を新設してみました。アスンシオン市の食のレベルは高く、各国の本格的な料理を手軽な値段でいただくことが出来ます。出来るだけ色々な料理を紹介し、当地を訪問される方の一助になればと考えます。

22・2台目のデジカメ購入(98年12月19日)
最初に購入したデジタル・カメラ(カシオQV100)はオートフォーカス機能が働く無くなり、使用不可能となりました。しばらくデジカメ無しの生活を余儀なくされていましたが、当地でも最新型のソニー・マビカが手入るというので、早速手配しました。フロッピー・ディスクがそのまま使えてバッテリーは充電式で1時間は使えるというもので、ズーム(3倍)、動画も撮る事が出来る機能まで付いている。フラッシュさえも付いていない前のデジカメから見ると信じられない進歩です。一年半というのはデジカメの世界ではかなり長い期間なのですね。でもアスンシオン市内では2年前のデジカメが平然と最初の小売価格で売られています。

21・2万アクセスを突破(98年11月23日)
開設して以来のアクセス数が2万を突破しました。この間約20ヶ月ですので、月平均千アクセス。1万アクセスを突破するのに11ヶ月を要したのに対して、それから約9ヶ月での達成、訪問者が増えているのですね。来年6月に当地で開催されるサッカー・南米カップに日本が出場することになりました。これからはこの話題を最重要課題として更新して行くつもりです。ワールドカップの時にはパラグアイを応援しましたが、今回ははるばる地球の反対側から遠征して来る日本を全面的に応援して行きたいと思います。日本出場が正式に決定したので、ホームページにも専用の「南米カップ・特設掲示板」を取付けましたので、皆様書きこみをお願いいたします。なお、デジカメは故障したのでしばらく画像の取り込みは停止します。新しいデジカメを調達してまた画像を取り込んで行きたいものです。出来ましたら次回はフラッシュの付いたものが欲しいですね。

20・開設以来、一年半経過しました(98年 9月15日)
最初のページを開設して一年半が経過しました。「17,500アクセス」を既に数えています。これは平均・月に約千アクセス、マイナーな国を扱っている割にはかなり多いと思っています、ご訪問していただいた皆様に感謝いたします。ページ数がかなり多くなり維持管理も大変になって来ています。「いますぐリンク」「ゲストブック」等の活用宜しくお願いします。

19・新ホームページを増設(98年 8月14日)
第一ページの掲載分量が大きくなりすぎて来たので、分割することにしました。「大統領選挙」「ワールドカップ」など特定の大きな話題を取り上げて「特集」して 来ましたが「パラグアイ・あの日あの時」という名前のページを立ち上げそちらに移しました。これでホームページは全部で5つとなり、全体で120ページくらいになっています。

18・アクセス15,000突破(98年 7月05日)
昨年の開設以来、15,000アクセスを突破しました。2月中旬に10,000アクセスを突破して以来、月に千アクセスをコンスタントに維持した結果、多くの方にご覧いただいている結果だと思います、この場を借りてお礼申し上げます。この数ヶ月間は大統領選、ワールドカップと特定の大きな話題があり、それらの話題を追いかけて更新して参りましたが、クーバス氏が次期大統領に決まり、またワールドカップではトーナメントで延長戦の末フランスに敗戦で結末を迎え両方とも結論が出てしまいました。久しぶりに通常に戻りまた地道にパラグアイの話題を取り上げて行きたいと考えております。

17・(98年 5月31日)
あと2週間足らずに迫っているワールドカップに焦点を合わせている。日本は当然のことブラジル、アルゼンチンを始め世界の主要出場チームには専門の応援ページが出来ているではないか!!これは大変っとにわかに「頑張れパラグアイ」を始めてみた。パラグアイの応援は余り数が無いと思うので期間中応援を続けて行きたいと思っています。写真は多いがどこか殺風景な当方のページにイラストを依頼してみた。描いているのは飯塚智美さんと言う方で2枚描いていただき、「サッカー少年」の方は当ページに、また「海岸の女の子」の方は第五ページの表紙に使わせていただいています。飯塚さんありがとうございます。南米の大都会であるブエノスアイレスは東京、パリ、ロンドン、ニューヨーク、ソウル等と並ぶ世界屈指のハイセンスな大都会だと思っているのですが、日本語のホームページではほとんど紹介されていない、出来れば紹介したいと思い続けていたのですが、先週2泊3日でブエノスアイレスに行くチャンスがあったので、用事の合間を縫って写真を撮影し、第五ページに4ページほど掲載しました。余り時間が無く市内のごく一部しか回れず天気も良くなかったのでどこまで街の雰囲気が伝えられるか心配ではあります。その中で鉄道ファンでもある作者は、特に「丸の内線」(ブエノスアイレス・地下鉄物語)は紹介してみたかったので特に1ページを割いています。東京にお住まいの方であの「赤い丸の内線」を利用された方は是非ご覧下さい。

16・大統領選挙の終了(98年 5月17日)
大統領選挙が結果的には何の混乱も無く、次の日には次期大統領が決定し、半年に渡り注目して来たテーマがひとまず終わった。これからはいよいよ来月のワールドカップに国民の関心が移り、当方もこの話題を中心に伝えて行きたいと思っています。

15・ラジオ(98年 3月28日)
ホームページを開設して以来、インターネットを通じて、新聞(朝日新聞・朝刊・全国版)ならびに雑誌(日系ゼロワン)に紹介されました。今度はラジオ放送の話が来ています。文化放送で毎週土曜日11時からの放送で在外日本人が登場するコーナーがあるそうですが、そこに出ないか?という話です。ラジオですと電話で済むのでどこからでも出演が出来るというわけです。

14・新・ホームページ「南米散策」を開設。(98年 3月26日)
パラグアイだけで無く、南米諸国に行く機会があれば、それもどんどんと紹介しようというわけで新たに「南米散策」というホームページを開設してみました。(表紙を入れて8ページ)ホームページを開設して以来、国境地帯を除いてアルゼンチンに一回、ブラジルに二回行く機会があり、それぞれの記録をデジカメの映像で紹介しています。ブラジル・サンタカタリーナでは海の映像を沢山掲載しています。南米の海の美しさを少しでも皆さんにお伝え出来ればと願っています。

13・開設一周年(98年 3月15日)
ホームページを開設して一年が経過いたしました。当初は14ページでスタートした当ホームページも現在は100ページ近いボリュームとなりました。カウンターも一万を超えています。2年目は量より質を図りたいと思います。皆さんのご意見・ご感想をお待ち申し上げています。

12・カウンター10,000突破(98年2月18日)
カウンターが待望の1万を突破しました。 目標としていた一年以内で達成出来、非常に嬉しいですね。今後とも宜しくお願いします。一万突破記念として新しく掲示板を設置しました。これで掲示板は都合4つとなりました。訪問された皆様、ご記入宜しくお願い申しあげます。

11・番外編(98年2月15日)
近隣諸国を訪問した時にはデジカメを持参してその土地を紹介して行くことにしました。まずアルゼンチン北部のコリエンテス市とブラジルの中心都市・サンパウロ市を取り上げました。今後ある程度の量になれば独立させて「南米散策」とでも名付けたいと考え米国・ジオシティーに新に場所を確保しそこに書き込むようにしています。これで当ホームページは日本、米国、パラグアイの3個所に分散して存在するというになります。




10・新ページ・セントロ日系(97年11月15日)
新たに「セントロ・日系」のページを立ち上げた。今のところは日本語だけで、それも先日行われた「アサード・スポーツ大会」だけですが、今後は色々な側面を取り上げてパラグアイの日系人の姿を理解してもらうようにしたいと考えています。出来れば会員の誰かに依頼してスペイン語版も創りたいと考えています。

9・朝日新聞への掲載ならびに日経ゼロワンでの紹介(97年10月25日)
当ホームページを見て、朝日新聞の記者からメールが入り、二都物語という個所に何か書いて欲しいということになり、パーティーの事を書き、これが作者の写真入りで掲載されました。(10月2日・木・朝刊)また日経ゼロワンという雑誌(11月号)37ページに当ホームページが紹介されました。在外日本人の創ったホームページの紹介ごのことで、神瀬氏の「チリつも」等と共に紹介されています。ほとんど書きたい事は書き尽くした感じもあり、最近はめっきりと更新のペースが落ちていますが、先週は初めてパラグアイ東北部・サルト・デ・グアイラに行き、そこの様子を書き足しました。既存のページで随分と更新していないものも多いので、また最新の情報に随時更新して行きたいと思います。

8・新ページ(パラグアイの風景)(97年 9月 3日)
分量が次第に増えて来るに従い、「多すぎる」というメールを数多くいただくようになりました。確かに64ページとおいのはかなり大きいと思い、二つに分割することにしました。誰かに場所を借りるのでは無く、なんとかパラグアイのドメインpyを付けたホームページを開設したいと思い、加入しているウニネットに掛け合いました。最初は「最低月に50ドルだ」とかなり強気の事を言っていましたが、交渉の結果、1・内容は「パラグアイの風景」というパラグアイの普段姿を日本の人に知ってもらうHPとする。一切商売に関わることを載せない。2・特別に課金しないかわりにウニネットの宣伝を行う。3・3メガを限度とする。ことでまとまり、従来のホームページの一部をそちらに移転しました。

7・デジカメ(97年 6月16日)
ようやく日本でデジカメ(カシオ QV100)を買い、ホームページにも利用出来るようになりました。コンピュータに問題があり、買って来ても使えなかったのでが、シリアルホートなるものを増やして使えるようになりました。早速、「アスンシオンの風景」というコーナーを設け、幾つかの写真を従来のものからデジカメで撮影したものに交換しました。今後は写真の多いホームページに変身することでしょう。

6・訪日に際して(97年 5月 6日)
明日、5月7日から月末まで日本に行く事にした。2年ぶりの訪日であり、前回訪問した時にはまだインターネットはほとんど普及しておらず、デジタル・カメラも無かった。今回はインターネット関係の雑誌、本等を沢山買い込みたいと考えています。デジタル・カメラも購入して是非当ホームページに利用したいものです。従いまして、月末まで更新はありません。

5・画像に関するお願いに対して
上の要望に応えて、横浜のMさんがヴィデオに収録した画像を20枚位提供してくれました。早速これを利用して、エッセイ集??「つれづれなるままに」という新・コーナーを設けました。セマナ・サンタのお休みにどんどんと加筆し、現在35項目(3月31日現在)になり、このコーナーだけで、文章の分量だけなら全体の半分程になってしまいました。また、数箇所「ロゴ」等も入れて、表紙もカラフルにし、自己紹介のページも創ってみました。当初、「14ページ」でスタートしたこのホームページ、現在は、「39ページ」になっています。

4・画像に関するお願い
自前の画像が無いのが自分でも悔しいですね。エステ市に「デジタル・カメラ」探しに行ったのですが、半年前のを定価で売っていました。日進月歩で日本でより良いものが安く出ているのを知っていますので、ためらっております。その内に訪日する機会でもあれば買ってくるつもりです。訪日したら、「秋葉原のLA OX」でも行きたいですね。日本語で書かれたパソコンの本、ソフト大量に買い込んでしまいそうです。綿本さんからいただいた付録にあった「フォト・ショップ・プロ4.0」で絵でも描こうかと思っているのですが、これが英語でさっぱり理解出来ない、これの「易しい解説書」、日本には売っているのでしょうかね?ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示下さい。また、もしパラグアイ、イグアスを旅行された方でご自身で撮影された写真をJEPEGもしくはGIF形式に出来る方が居ましたら、作者宛、メールに添付して送付して下さい。宜しくお願いいたします。

3・今後の方針
出来るだけ広範囲に「パラグアイ」と「イグアス」の楽しさを紹介して行きたいと思います。教科書みたいなデータ集や「ガイド・ブック」は避けて、現地からの情報発信の特性を生かして、生の情報を色々な視点から取り上げて行きたいと思います。例えば「音楽・アルパ」の詳しい紹介、出来ればアルパの音をここから聞けるようにしたいですね。(どうやってやるのか知りませんが)また活躍する日本人・日系人の具体的な紹介や「セントロ日系」の活動状況、将来は、経済や金融の話等も出来れば取り上げて行きたいと思います。

2・ホームページ作成まで
さてはて、「ホームページとはどうやって書けば良いのか?」これが良く解らない。メールで友人に尋ねても、これが理解出来ない「特別な事は無い、HTML言語は、タグ言語で、簡単なエディターがあれば出来る」「??」さっぱり何の事やら理解出来ない。色々と聞いていると日本ではインターネット関係の雑誌が色々とあると言う。これを読めば良いという訳で、「日経ナビ」の定期を始めました。日本で580円の雑誌、当地で購読すると2,500円くらいします。とにかく、これを読んで何となく「エディター」というのはどういうものか、おぼろげに理解出来ましたが、でもどうやって使うのか理解出来ない。日本の知人に頼んで「はじめてのHTML」という本を送ってもらい、ようやく基本の基本を理解する事が出来ました。でもやっぱりよくは解らない。そうするうちに「ヤッフー」を見ていると新着のところに綿本氏の「南米行くぞ」というホームページ名が飛び込んで来ました。作者の綿本氏に早速メールを書き、これを「パラグアイ情報」(今でもあります)として掲載してもらいこれが当ホームページの第一歩となりました。綿本氏としばらく交信、そのうちに「南米に来る時にはアスンシオンにまず入り、色々と教えてあげよう。」との親切なメールが来て、2月中旬、オホーツク海に面している、北海道紋別市からはるばるとアスンシオン市の我が家に来てくれました。お土産は「インターネットマガジン」(ちなみに当地で購入すると1冊4,500円する)付録のCD−ROMからエディターを取り出し、彼のホームページを実際に書き直して、ftpを用いて日本のサーバーに送信して見せてくれました。「なるほど」これは良く解った。2日間貴重な旅行中の時間を割いていただき、ホームページ作成の基本を教えていただきました。さてホームページは書けるようになった、次の問題は「どこに載せるのか」当地のサーバーに尋ねると「月額、最低でも50ドル」。ちょっと高い。次に「チリもつもれば」 サンティアゴの神瀬さんに問い合わせたら、米国のサーバーを使っていると言う。場所を教えてもらい、そこに行き説明を読むが良く解らない。次に考えたのは日本の知り合いにお願いする事。これで、やっと場所が確保出来ました。3月15日に一応簡単にまとめて、とにかく「ベタ版?」で立ち上げました。メール交換させていただいている皆さんに早速連絡して見ていただくようお願いし、様々な意見をいただき、今はそれを参考に毎日修正を加えています。(3月20日現在)なお、大きな変更をした時には表紙に示す「VER」を増やして行くようにして行くことにしました。(毎日のように、大修正をしているので、本日6日目で既にVER.6.0)当初から見ると大分改善出来たのではないでしょうか?(ボリュームも倍くらいになってしまいましたが。)アドバイスをしていただいた皆様には感謝いたします。今後ともアドバイス宜しくお願いいたします。

1・当ホームページ作成の動機
昨年の前半、日本の雑誌を読んでいますと「インターネット」の話題が多く、関心を持っていたのですがパラグアイではまだ使うことが出来ず、イライラしていたところ、9月頃に民間・プロバイダーが幾つか出来、早速加入しました。インターネットの便利さ、安さに感激し、毎日、インターネットにかじりつきとなり、友人等とメールの交信をいたしました。日本語で書かれているホームページを見ていると、欧米、アジアに比べて南米に関するホームページが非常に少なく、特に「パラグアイ」についての「ホームページ」は皆無、誰か作ってくれるかと期待したが、周りを見渡しても、どうも誰も立ち上げる気配が無いようだ。では「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆...。よし!」という訳で自分でホームページを立ち上げる決心をしました。



次のページ へ

綜合目次に戻る このページの目次に戻る