広島






広島



広島2号店(2012年 5月08日)
国際協力機構が入っているシティーバンクの建物の向いに在るオープンの食堂街の中に広島2号店が開店しました。店の入口には広島の象徴とも言えます厳島の鳥居があり、中は綺麗な和風の空間、日本人にとっては落ち着ける空間です。メニューは寿司が中心ですがお昼時には昼定食があり、「鳥の唐揚げ定食」「鮭焼魚定食」など数種類があります、値段は3万グアラニ〜5万グアラニ(邦貨 600円〜1000円)です。「メンチカツとコロッケ定食」を注文しましたがボリューム、味ともなかなかのものでした。日本でサラリーマンをしていた時に昼を食べに行った時に出る食事によく似ており、まるで日本で食事をしているようでした。



(写真:レストラン外観-01)



(写真:レストラン外観-02)



(写真:レストラン内部-01)



(写真:レストラン内部-02)



(写真:レストラン内部-03)



(写真:レストラン内部から外を見て)



(写真:レストラン外側の席)



(写真:お昼の定食・メンチカツとコロッケ)



(写真:本格的なお寿司)




広島(2012年 5月08日)

CHOFER DEL CHACO 1,803
TEL 662-945,609-938,FAX 601-202
水曜日が定休日

セントロ地区から自動車で15分くらいの住宅街に広島があります。エンカルナシオンに同名の日本食レストランがありますが、お二人は兄弟だそうです。ここではほとんどの種類の日本食を食べる事が可能です。特に寿司コーナーがあり、カウンターでは2世で日本で修行して来た星野さんが本格的なお寿司を握ってくれます。海の無いパラグアイですが、冷蔵で運ばれる魚は意外に新鮮で種類も多いのです。握り寿司で1,400円程度です。なお、「広島」の名はご主人が広島県出身ということのようです。



(写真:レストラン外観)



(写真:寿司コーナー)



(写真:レストラン内部)

(写真;握り寿司・上)




エンカルナシオン広島

11;30 〜 14:00  19:30 〜 23:00
月曜日定休
25 DE MAYO Y .VALENTINAS
TEL/FAX 071-206288 203505


アスンシオンにも同名のレストランがありますが、両者は兄弟の関係(実際に)なのだそうです。こちらのオーナーシェフは日本で和食と寿司の勉強をして来た方で、本格的な和食を食べる事が出来ます。



(写真:レストラン内部-01)



(写真:レストラン内部-02)




あじさい

あじさいは元はカラオケのお店であったようです。現在は現地食を加えたレストランとして繁盛しています。昼はカツ丼等の単品もありますが、多くの方はポール・キロと呼ばれる秤で幾らという食事を選択しているようです。

VILLARRICA 547 C/ C.A.LOPEZ ENCARNACION
TEL/FAX 071-202319




(写真:レストラン外観)



(写真:レストラン内部-01)



(写真:レストラン内部-02)



次のページ このホームページの目次に行く

綜合目次に行く*作者作成HP綜合目次